特集
高機能なハイエンドモデルから高コスパモデルまで!続々登場する最新機種も完全網羅!

《2018年》完全ワイヤレスイヤホン一気レビュー!音質や装着感をイヤホンのプロが徹底検証

《2018年》完全ワイヤレスイヤホン一気レビュー!音質や装着感をイヤホンのプロが徹底検証

2016年秋に、Apple「iPhone 7」シリーズがヘッドホン出力端子を廃止して以降、急激に注目度を高めているのがBluetooth方式のワイヤレスヘッドホン&イヤホンだ。実際、ここ1〜2年で過去の数倍に匹敵する新製品が各社から登場。いまやヘッドホン&イヤホンジャンルのなかでも、主流のひとつとなりつつあるのは確かだ。

Bluetooth方式のワイヤレスヘッドホン&イヤホンが急速に拡大(写真はiPhone 7 PlusとAirPods)

ヘッドホン出力端子が廃止されたiPhone 7/iPhone 7 Plusの登場で、Bluetooth方式のワイヤレスヘッドホン&イヤホンが急速に拡大している(写真はiPhone 7 PlusとAirPods)

“ワイヤレス”という圧倒的な利便性をもつBluetoothヘッドホン&イヤホンだが、よくよく見てみると、最新モデルのなかにいくつかのトレンドがあることに気がつく。まず、中上級クラスの製品の大半が、aptXやAACなどの高音質コーデックに対応するようになったことだ。

これは、単純にいま主流のBluetoothモジュール(安価なものを除く)がaptXに対応したためで、ひと昔前のようにaptX対応を“自慢”することが差別化のアピールにはならなくなってきている。いま、高音質をアピールしたいのであれば、LDACやaptX HDへの対応が必須だ。とはいえ、音質面での底上げが進んでいることは、いちユーザーとして嬉しい限りではある。

いっぽうで、Bluetoothヘッドホン&イヤホンの低価格化、正確な表現をすると価格帯のワイドレンジ化というのも進んできている。これは、いままで市場になかった3,000円前後のBluetoothイヤホン、5,000円前後のBluetoothヘッドホンといった、エントリー向けの格安モデルが登場してきたからだ。

こちらは、Bluetoothの利便性をより多くのユーザーに提供すべく、音質や耐久性よりも手頃な価格を優先したモデルとなっている。そのため、大半の製品がスタンダードなSBCコーデックしか対応していなかったりするが、圧倒的な説得力を持つ低価格さで、過去にない数の売れ行きを示しているのも確かだ。

そのいっぽうで、LDACやaptX HDをも採用する5万円超の高級モデルも新たに登場してくるなど、いまやBluetoothヘッドホン&イヤホンは、さまざまなタイプや趣向のユーザーに向けた、多彩なラインアップが取り揃うようになってきた。

そういった、幅広い製品ラインアップのなかにあって、ここ最近特に注目を集めているのが、"完全ワイヤレスイヤホン"だ。「トゥルーワイヤレス」や「耳栓型イヤホン」「左右分離型」など、いろいろな呼ばれ方をしているこちらのタイプ。一般的なBluetoothイヤホンに存在する左右の筐体を結ぶケーブル等を廃して、完全左右独立となったイヤホンとなっている。

そう、ワイヤレスといっても、Bluetoothイヤホンは左右の筐体(耳に装着する部分)をつなぐケーブルが必要となっており、ヘッドバンドで左右をつないでいるヘッドホンはまだしも、イヤホンに関しては、この左右の接続ケーブルの扱いに不満を持っているユーザーが少なからずいたのも確かだ。完全ワイヤレス方式のBluetoothイヤホンでは、左右の筐体それぞれに小型バッテリーを内蔵したり、機器の認識方法を工夫するなど、左右をつなぐケーブルを不要としたのだ。結果、これまでにないほどに身軽なワイヤレスイヤホンが登場することになったのである。

もちろん、完全ワイヤレス方式のBluetoothイヤホンならではのデメリットもある。連続再生時間が短かったり、紛失しやすかったり、スマートフォンに認識させるのにちょっとしたコツが必要だったりする。しかし、充電機能を持った小型ケースが付属していたり、独自の認識方式を採用することで手間なくスマートフォンでも使い始められたりと、最新モデルではさまざまな改善が行われ、デメリットも解消されつつある。

また、2018年に入ってからはさまざまなメーカー/ブランドから次々と新製品が登場し、完全ワイヤレスBluetoothイヤホンはますますの盛り上がりを見せている。そんな完全ワイヤレスイヤホンの注目の製品を一気レビューする本特集。音質をメインとしつつも、接続時の手間などユーザビリティも含めてご紹介させていただく。自分にとってのベストワンを選び出す参考にしていただけたらと思う。

目次
2018年9月10日追加の最新注目モデル
1. JVC「XX HA-XC70BT」
2. ANKER「Soundcore Liberty Lite」
3. ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Ear Duo XEA20」
4. Nuheara「iQbuds IQB-S1」
2018年8月以前に紹介した製品はコチラ
5. アップル「AirPods」
6. ソニー「WF-SP700N」
7. ソニー「WF-1000X」
8. Bose「SoundSport Free wireless headphones」
9. B&O PLAY「Beoplay E8」
10. EARIN「EARIN M-2」
11. サムスン「Gear IconX」
12. パイオニア「SE-C8TW」
13. Jabra「Elite 65t」
14. Nuforce「BE Free5」
15. NuForce「BE Free8」
16. NUARL「NT01」
17. GLIDiC「Sound Air TW-5000」
18. JayBird「RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」
19. ERATO「Apollo7s」
20. ERATO「VERSE」
21. hearable LAB「FF-TW10」
22. BRAGI「The Dash PRO」
23. YEVO Labs「YEVO1」
24. SOL REPUBLIC「AMPS AIR」

【関連リンク】
《2018年》おすすめイヤホン15選!人気の製品を6つのタイプ別に紹介
《2018年》初心者向けおすすめBluetoothイヤホン8選!基礎知識の解説も
高音質で高コスパ! 1万円以下で買えるBluetoothイヤホン6選

JVC「XX HA-XC70BT」
重低音&タフさが魅力のJVCブランド完全ワイヤレスイヤホン第2弾

JVC「XX HA-XC70BT」 ラバー素材でコーティングされたイヤホン本体。落としたときも衝撃をしっかりと吸収してくれる 円筒形のユニークな形状を採用した専用ケース。カラビナ等でカバンなどに取り付けも可能だ JVC「XX HA-XC70BT」を装着したところ

スポーツモデル「HA-ET900BT」に続くJVCブランドの完全ワイヤレスイヤホン第2弾としてデビューしたのが、重低音&タフさが魅力の「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズ「HA-XC70BT」だ。

こちら、XXシリーズならではの重低音が特徴で、本体ハウジング内にレイアウトされた「エクストリームディープバスポート」に加え、内蔵アンプを使って低音を増強する「バスブーストモード」を搭載。迫力の重低音サウンドを楽しめるほか、右本体のボタンで簡単に「バスブーストモード」機能のオンオフを行うことができ、重低音のバランスを好みに合わせて調整することもできる。これはありがたい。

また、タフさに関しては、イヤホン本体に全体を覆うラバープロテクターを採用することで、衝撃からイヤホンを守るようになっている。もし万が一、不測かつ突発的な水没・破損などの故障、片耳側の紛失などが起こってしまっても、自己負担金5,000円を支払うことで代替品に交換してくれるという保証がついている(補償期間中に限り1回のみ、詳細はWebページを参照)ので安心だ。

いっぽう、付属する円筒形の専用ケースには、充電3回分のバッテリーが内蔵されており、本体と合わせてトータル12時間の音楽再生が可能となっている。ケースにバッテリー残量が分かるLEDが配置されているのは便利だ。また、円筒形デザイン専用ケースはやや大柄ながら、ラバープロテクターを採用して衝撃からイヤホンを守ってくれたり、カラビナ等をケースのリングに装着することで衣服のベルトなどに着用できるなど、“タフさ”というコンセプトに沿ったデザインにまとめ上げられている点は大いに好感が持てる。

機能面では、音声アシスタントに対応しているほか、スマートフォン向けアプリ「JVC Headphones Manager」も用意され、ビープ音とLEDの光でイヤホン本体の位置を知らせるFIND機能やサウンドモードの切り替え(Flat/Bass)、バッテリー残量の確認(10段階)を行うことができる。コーデックはAAC、SBCの2つ。カラーはブラックとレッドの2色が用意されている。

そのサウンドは、まさにXXシリーズのイメージそのもの。超絶ボリュームの低域とキレのよい中高域によって、迫力のサウンドを楽しませてくれる。特に音のパワフルさやエネルギー感の高さは素晴らしく、EDM系の楽曲であればかなりヘビーなサウンドが楽しめる。いっぽう、低域がローエンドまで目一杯粘っていないため、テクノポップ系やハードロックではビートのパンチ力が物足りなく感じる場合もあった。音楽ジャンルによっては音の好みが分かれそうだが、逆にいえば、そういった個性的なサウンドを持ち合わせる完全ワイヤレスイヤホンは数少なく、とても貴重といえる。個性派の登場を大いに歓迎したい。

イヤホン重量(片耳):約5.5g
再生時間:最大3時間
充電方法:専用ケース(内蔵バッテリーで3回分のフル充電が可能)
対応コーデック:SBC、AAC
カラーバリエーション:ブラック、レッド

ANKER「Soundcore Liberty Lite」
5,999円という圧倒的コストパフォーマンスが魅力の1台

ANKER「Soundcore Liberty Lite」 コンパクトなイヤホン本体。イヤーウイングも付属しており、ポロリとこぼれ落ちることを防いでくれる 専用ケースも非常にコンパクト。安価なモデルながら、充電状況を確認できるLEDインジゲーターも搭載 ANKER「Soundcore Liberty Lite」を装着したところ

スマートフォン/パソコン用アクセサリー製品を幅広く展開しているAnkerの完全ワイヤレスイヤホン。Ankerでは、先日より完全ワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーなどのオーディオ製品にも注力しはじめているが、この「Liberty Lite」はその最新モデルとなる。完全ワイヤレスイヤホンとしては、既存の2モデルの弟機、スタンダードモデルに位置付けられる製品となっている。

とはいえ、その内容はAnkerらしいというべきか、コストパフォーマンスの高いパッケージングにまとめ上げられているのが特徴だ。上位の既存モデルに対しては、ケース込みの使用時間が減っていること(トータル12時間)や、マイクまわりでノイズ低減機能の省略などが目につくが、グラフェンコート振動板採用の6mm口径ダイナミック型ドライバー搭載や、イヤーウイングの採用による確かな装着感、IPX5の防水構造&ナノコーティングによる防汗性能など、上位機種「Zolo Liberty+」に遜色のない基本性能を持ち合わせている。また、充電機能付きの専用ケースは、小柄でスマートなサイズにまとめ上げられており、持ち運びが容易となっている。このあたりは、スマートフォン用アクセサリーメーカーの面目躍如と行ったところだろう。

装着感に関しては、まずまずといった印象で、付け心地は悪くない。イヤーウイングの採用もあってか、ポロリとこぼれ落ちることも(短い試聴時間ながら)まったくなかった。

さて、肝心の音質についてはというと、ひとことでいうならば丁寧な表現が持ち味のサウンド。AACとSBCコーデックのみの対応ゆえか、解像感の高さはある程度の限界が感じられる、抑揚のニュアンス表現をとても自然に再現するなど、チューニングを丁寧に煮詰めていった様子がうかがえる。おかげで、ボーカルはニュートラルな歌声となっているし、聴いてて心地よい。グラフェンコート振動板採用のダイナミック型ドライバーは、キレがよい代わりに高域にクセが出がちで、Jポップとの相性が悪い製品も多いが、この「Liberty Lite」はそのあたりが巧みにいなされていて、中域重視の巧みなバランスにまとめ上げられている。結果として、音楽ジャンルを選ばない優等性となっているのだ。その代わり、やや音場が遠かったり、ピアノの音色に伸びやかさが不足していたりと、不満に思う点もいくつかあるが、全体的にはまとまりのよいサウンドを巧みに作り上げられている。この価格でこの音質を実現した、コストパフォーマンスの高さは大いに魅力だ。

イヤホン重量(片耳):約12g
再生時間:最大3.5時間
充電方法:専用ケース(内蔵バッテリーで最大12時間の使用が可能)
対応コーデック:SBC
カラーバリエーション:ブラック

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Ear Duo」
音楽を聴きながら外の音も聴こえる“デュアルリスニング”に注目!

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Ear Duo XEA20」 下掛けスタイルの独特の装着方法を採用するイヤホン本体。左右の接続は接続が切れにくいNFMIだ ファンデーションケースのような薄型の専用ケースを採用 ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Ear Duo XEA20」を装着したところ

“ソニー”ではなく“ソニーモバイルコミュニケーションズ”がリリースした製品だけに、基本的にはウェアラブルデバイスとして作り上げられている完全ワイヤレスイヤホンが、この「Xperia Ear Duo」だ。

なかでも、最大の特徴となっているのが“デュアルリスニング”と呼ばれる希有なスタイルだろう。

もともと「Xperia Ear Duo」は、バッテリーやアンテナを内蔵する本体部分にパイプで延長されたイヤホン部分が付属する、特殊なスタイルとなっていて、しかも、一般的な耳掛け型の装着ではなく、イヤホンからのパイプが耳の下側を通って本体と接続している下掛けスタイルのレイアウトが採用されている。なんとも個性的なスタイルで、装着に慣れるまでは多少時間を必要とするが、正しく装着を行えばしっかりとしたホールド感を保っているので、不便に思うことはない。逆に、耳掛け型でケーブルを配置するのが苦手という人や、カナル型イヤホンは耳が蒸れていやだという人は、こちらの方が好ましく思うかもしれない。

とはいえ、もっとも重要なのはイヤホン先端部分の形状だ。ドライバー自身は本体に内蔵されており、イヤホン部分はあくまでもパイプの先にイヤーチップを付けたような印象で、さらにこのイヤーチップがリング形状となっている。そのため、一般的なカナル型イヤホンとは異なり、装着した際でも耳穴全体をふさぐことなくまわりの音が聞こえるようになっている。音楽等を聴きつつも、環境音がしっかりと届いてくるのだ。ノイズキャンセリングヘッドホンのようなマイク集音による環境音の再現ではなく、実際にまわりの音が入ってくることで屋外でも安全に利用できる、というのがこの“デュアルリスニング”ならではの特徴だ。

実際、イヤホンを装着しつつリアルな環境音を聴くことができるこの構造に、なかなかの好印象を持った。当然といえば当然の話なのだが、まわりの音の“定位”も“音色”も自然なため、周辺の様子がしっかりと把握できるのだ。その分、音楽に集中して存分に楽しむことは一般的なカナル型イヤホンに劣るが、ボーカルやメイン楽器など中域の音がしっかりと届いてくれるため、BGM的に音楽を楽しむ以上の音量や存在感の強さを確保できている。音色も自然で、歌声ものびやか。特に女性ボーカルは、ほんの少し艶やかさの乗った美しい歌声を聴かせてくれる。まわりの騒音がここまで入り込んでくるのに、それに音楽が負けず、しっかりとした存在感を示してくれるのは嬉しいかぎりだ。

ちなみに、左右イヤホンの接続をNFMI (Near Field Magnetic Induction/近距離電磁誘導) を採用している恩恵か、はたまたアンテナの設計が巧みなのか、音切れも気にならないレベルに収まっていた。

加えて、Assistant for XperiaやSiri、LINEメッセージの音声入力&送信など各種アシスタント機能や、地図情報や天気などユーザーの状況に合わせた情報を伝えてくれるデイリーアシスト機能、ヘッドジェスチャーによる簡単操作が行えるスマート機能など、スマートフォンと連携した便利機能が多数盛り込まれているのは嬉しいかぎり。音楽もそれなりに楽しめる便利なウェアラブルデバイスが欲しい、という人にとっては、かなりの有力候補だろう。

イヤホン重量(片耳):約10.6g
再生時間:最大4時間
充電方法:専用ケース(内蔵バッテリーで3回分のフル充電が可能)
対応コーデック:SBC、AAC
カラーバリエーション:ブラック、ゴールド

Nuheara「iQbuds IQB-S1」
聴きたい音、聴きたい声だけを聴く新感覚のヒアラブルデバイス

Nuheara「iQbuds IQB-S1」 聴覚補助用マイクなどを内容したためか、BA型ドライバー搭載モデルながら本体はやや大きめ 専用ケース。内蔵バッテリーと合わせてトータル約16時間使用可能だ Nuheara「iQbuds IQB-S1」を装着したところ

“聴きたい音、聴きたい声だけを聴く”というユニークなコンセプトを掲げているのが、オーストラリアに本拠を構えるウェアラブルオーディオブランド、Nuheara(ニューヒエラ)社の「IQbuds」だ。こちら、端的にいうと補聴器的機能をあわせ持つ完全ワイヤレスイヤホンで、専用アプリを活用することで、ユーザーに最適な、かつシチュエーションに応じた外音の取り込みが行えるのだという。

では、どうやってそれを実現しているのか。実は、アプリには「個人プロファイル」を設定する項目があり、左右個別に音量を調整、かつ低音/高音で5パターンのイコライジングを選択することができるようになっている。さらに、外界ノイズと音楽再生のバランスをコントロールする「SINC」と、外音の帯域バランスを調整する「外音EQ」を活用することで、楽しく音楽を聴いたり、安全に外音を取り込むことができるようになっている。ユーザーの聴覚に合わせてイコライジングを行い、さらに外音ノイズを低減&必要な音のみを取り込んでいるため、音楽再生を停止すると補聴器的な役割を果たすこともできる。音楽再生も外音も“聴きやすい”のが、「iQbuds」のメリットといえる。

また、一般的な完全ワイヤレスイヤホンとしてみても、「iQbuds」はなかなかに巧みなまとめ上げがなされている。ドライバーはBA型が採用されており、本体重量は片側で7.6gと一般的なレベル。さらに、バッテリーは音楽再生で約4時間、補聴機能のみの利用で約8時間と、こちらもごくごく一般的な持続時間を持ち合わせている。なお、専用ケースからは3回の充電が可能となっていて、そちらを活用すればトータル約16時間の音楽再生が可能と、十分な数値といえるだろう。

また、イヤホン本体のアウターハウジングはタッチセンサーになっており、音楽再生や通話、SiriやGoogleNowの呼び出し、外音調整のプリセット選択などを行うことができる。こちらを使った操作感も、特にクセもなく扱いやすかったが、細かい設定や調整はスマートフォンのアプリから操作したほうがやりやすかった。

さて、肝心のサウンドはというと、コーデックがSBCのみの対応ながら、芯のしっかりした明瞭なサウンドが楽しめる。特にボーカルの表現は、中域重視かつ細部の表現までしっかりと伝わる、丁寧さと闊達さをあわせ持つ歌声が楽しめる。リアルとまでは行かないが、かなりの明瞭さを持ち合わせているのは確かだ。このあたりは、補聴器的な機能を重要視している「iQbuds」ならではのアドバンテージかもしれない。補聴機能が気になる人はもちろんのこと、外音取り込みイコライジング機能に興味がある人、ボーカル系の楽曲をよく聴く人にオススメしたい。

イヤホン重量(片耳):約8g
再生時間:最大4時間(聴覚補助機能のみ利用時で最大8時間)
充電方法:専用ケース(内蔵バッテリーで3回分のフル充電が可能)
対応コーデック:SBC
カラーバリエーション:ブラック

関連記事
ページトップへ戻る