レビュー
運動中でもグルーヴ感のあるサウンドを楽しめる“EXTRA BASSサウンド”

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン第2弾「WF-SP700N」は防滴・ノイキャンの全部盛り!

アップル「AirPods」が登場以降、左右のイヤホンの左右をつなぐケーブルがない手軽さなどにより、爆発的な人気を博している“完全ワイヤレスイヤホン”。ソニーも昨年、初の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」を市場に投入し、大きな話題となったのは記憶に新しい。そんなソニー製完全ワイヤレスイヤホンの第2弾モデルとなる「WF-SP700N」が、本日ついに発表された。

ソニー「WF-SP700N」

「WF-SP700N」は、今年1月に米国ラスベガスで行われた「CES 2018」の会場でお披露目され、今春発売とアナウンスされていたスポーツタイプの完全ワイヤレスイヤホン。日本での発売は4月23日で、市場想定価格は22,880円前後(税別)となっている。

スポーツタイプの完全ワイヤレスイヤホンということで、楕円形の丸みを帯びたボディには「WF-1000X」にはなかったIPX4相当の防滴(生活防水)に新たに対応。運動中の汗や突然の雨などにもしっかりと対応できるようになっている。また、シリコン製のサポーターを組み合わせることで、激しい運動でも外れにくい高い装着性を実現。本体カラーについても、ブラックやホワイトといったベーシックなカラーに加え、イエローやピンクといったスポーツウェアに映えるポップなカラーリングが用意されているのもポイントだ。

楕円形のユニークな形状を採用した「WF-SP700N」。昨年発売された「WF-1000X」よりも一回りほどサイズが大きくなっている

イヤーピースは「WF-1000X」同様、細長いタイプのものが付属

イヤーピースは「WF-1000X」同様、細長いタイプのものが付属

本体カラーはイエロー、ピンク、ブラック、ホワイトの4色をラインアップ

本体カラーはイエロー、ピンク、ブラック、ホワイトの4色をラインアップ

付属のイヤーピースとサポーター

付属のイヤーピースとサポーター

機能面では、日常生活での利用も想定し、デジタルノイズキャンセリング機能を「WF-1000X」に引き続き搭載。ちなみに、IPX4以上の防水性能を持つ左右独立型ワイヤレスヘッドホンにおいてデジタルノイズキャンセリング機能を搭載したモデルは「WF-SP700N」が世界初になるという。また、「WF-1000X」同様に、専用アプリ「Headphones Connect」との連携にも対応。外音の取り込みのレベル等を調整できる「外音コントロール」や、サウンドを自分好みにチューニングできる「イコライザー」などをカスタマイズすることが可能だ。

専用アプリ「Headphones Connect」を使って各種カスタマイズが可能。ノイズキャンセリング周りで設定できる項目は「WF-1000X」とほぼ同じ

さらに、「Siri」や「Googleアプリ」といったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応。スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作で電話や音楽再生、天気予報などの簡易検索などを行うことができる。なお、「CES 2018」の会場では「Googleアシスタント」の連携が発表されているが、日本国内での対応は現時点では未定とのこと。

スポーツイヤホンは運動中でもしっかりとしたサウンドを感じられるように低域を強調したモデルが多いが、「WF-SP700N」も重低音重視の「EXTRA BASS」シリーズの流れを汲むサウンドチューニングを採用することで、激しい運動中でもグルーヴ感のあるサウンドを楽しめるようになっている。

本体カラーと合わせたバッテリー内蔵の専用ケースは、片手でスッと開けられるスライド式のフタを採用。内蔵バッテリー内蔵の専用ケースでは約2回分の充電が可能となっている。ケース部分には、対応スマートフォンとワンタッチでペアリングできるNFC機能も搭載する。

専用ケースはスライド式のフタで、片手でさっと取り出して使える

専用ケースはスライド式のフタで、片手でさっと取り出して使える

イヤホン単体のバッテリー駆動時間は、デジタルノイズキャンセリングON/OFFかかわらず最大3時間。イヤホンとスマートフォン、左右イヤホン間の接続はBluetoothとなっている。Bluetoothの対応コーデックはSBCとAACの2種類で、音質モードを「接続優先モード」に設定した場合はSBC固定、「音質優先モード」に設定した場合はAACが優先して設定される。なお、製品購入時のデフォルト設定は「接続優先モード」となっている。

IPX4相当の防滴性能、デジタルノイズキャンセリング機能、完全ワイヤレスとここ最近のイヤホンのトレンドを全部入りした「WF-SP700N」。アクティビティが盛んに行われるゴールデンウィーク突入直前に発売されるということで、かなり人気が出そうな予感だ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る