連載
今週発売の注目製品ピックアップ(2018年5月14日〜20日)

パナソニックから、10ch全自動録画おうちクラウドディーガが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、パナソニックの10ch全自動録画に対応したおうちクラウドディーガ「UBX7050」や、auの5.8型有機ELスマートフォン「Galaxy S9 SCV38」(サムスン電子製)、ASUSの985gのモバイルノートパソコン「ZenBook 13 UX331UAL」を紹介する。

パナソニック「おうちクラウドディーガ DMR-UBX4050」

2018年5月18日(金)発売

パナソニックから、ブルーレイディスクレコーダー「おうちクラウドディーガ」の10ch全自動録画モデル「DMR-UBX7050」が登場する。

「チャンネル録画」機能を使って予約なしで複数のチャンネルを同時に自動録画できるのが特徴だ。HDD容量は7TBで、最大10チャンネル×28日間(10チャンネルのうち、BS/110度CSは最大5チャンネルまで選択可能)の「チャンネル録画」に対応する。

また、ゴールデンタイム(地デジ)のドラマを約90日間保存(初期設定では、19時〜22時台に放送開始するチャンネル録画された地上デジタル放送のドラマが設定)。ドラマに加えて、アニメも時間帯を選んで保存ができるようになった。

さらに、番組を自動で整理する「新着番組」も進化。ジャンルごとに「新番組」「特番」をまとめて表示でき、話題になっているドラマの1話目が一覧で表示され、簡単にまとめて見られるという。

このほか、録画番組や放送中の番組に加えて、ディーガにためた写真・動画やCD楽曲などのコンテンツを、スマートフォンやタブレットで楽しめる点も特徴。音楽CDをリッピングすれば、アーティストの出演番組がまとめて表示される。

なお、Ultra HD Blu-rayの再生に対応。計11チューナー数を装備し、本体サイズは430(幅)×66(高さ)×239(奥行)mm(突起部含まず)。重量は約4.2kg

サムスン「Galaxy S9 SCV38」(au)

2018年5月18日(金)発売

au(KDDI)から、スマートフォンの2018年夏モデル「Galaxy S9 SCV38」(サムスン電子製)が発売される。

カメラ機能では、メインに約1220万画素カメラ、サブに約800万画素カメラを採用。メインカメラはF1.5の明るいレンズを採用し、周囲の明るさに合わせてF1.5とF2.4を自動で切り替え、レンズの絞りを調整できる「デュアルアパチャー」も搭載した。

加えて、メインカメラでは、1回の撮影につき約0.2秒間録画し、約6秒間かけてスローモーション再生する「スーパースローモーション」を搭載。カメラが自動で被写体の動きを検知して、スーパースローモーション(960fps)で撮影をスタートする「モーション検出」に対応する。

このほか、オーディオブランドAKGが監修したステレオスピーカーを装備。さらに、多次元サウンドを実現する「Dolby Atmos」に対応する。機能面では、自撮り写真でオリジナルの動くアバター「AR絵文字」の作成が可能だ。

主な仕様は、ディスプレイが約5.8型QHD+有機EL(2960×1440ドット)、プロセッサーがSDM845、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。IPX5/IPX8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能も備えた。OSは「Android 8.0」をプリインストールする。

バッテリー容量は3000mAh。連続通話時間が約1710分(VoLTE)、連続待受時間が約400時間(4G LTE/WiMAX 2+エリア)、電池持ち時間が約100時間。本体サイズは69(幅)×148(高さ)×8.5〜8.8(奥行)mm、重量は約161g。ボディカラーは、チタニウム グレー、ライラック パープル、ミッドナイト ブラック。

ASUS「ZenBook 13 UX331UAL」

2018年5月18日(金)発売

ASUS JAPANから、13.3型の軽量モバイルノートパソコン「ZenBook 13 UX331UAL-8250」が発売される。市場想定価格は139,800円(税別)。

従来のアルミニウム合金と比べて約33%軽量化したマグネシウム-アルミニウム合金を採用し、堅牢性、剛性を犠牲にすることなく、13.3型ながらも約985gという軽量ボディを実現したのが特徴だ。

ディスプレイは、左右約10mm、上部約15mmの狭額ベゼルを採用した、ノングレア仕様の13.3型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載。CPUは第8世代インテル「Core」プロセッサーを採用。指紋認証センサーや、オフィスソフト「WPS Office」を標準搭載する。

主な仕様は、CPUが「Core i5-8250U」、メモリーが8GB DDR3、ストレージが512GB SSD(SATA3接続)。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応。インターフェイスは、HDMI×1、USB 3.1 Type-C Gen1×1、USB 3.0×2、microSDXCカードスロット×1、マイク/ヘッドホン・コンボジャック×1を備える。

このほか、バッテリー駆動時間は約9.6時間。本体サイズは313(幅)×13.9(高さ)×216(奥行)mm。重量は約985g。ボディカラーはディープダイブブルー。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る