特集
聴こえ方、音質、接続性、装着感をくわしくチェックしました

話題のウェアラブルネックスピーカー“買いの1台”はコレだ!ソニー、JBL、Boseの製品を徹底比較

ここ最近、新感覚のワイヤレススピーカーとして注目を集めている「ウェアラブルネックスピーカー」。名前の通り、肩に乗せる形で装着して、スピーカーでサウンドを流しながら、外の音も聴ける新しい音響機器の形。ワイヤレスなので、自分専用にスピーカーを身に付け、家の中を歩き回ることもできるアイテムなのだ。

ブームの先駆けとなった製品は昨年10月に登場したソニー「SRS-WS1」だったが、今年に入りテレビ番組に取り上げられたことで大ブレイク。3月にはBoseの「SoundWear Companion speaker」、4月にはJBLの「SOUNDGEAR」も登場し、製品を選べる段階に入った。

はたしてどれがもっとも”買い”なのか。今回はこの3製品を実際にじっくりと比較してみた。

ソニー、JBL、Bose。話題のウェアラブルネックスピーカー“買いの1台”はコレだ!

ソニー「SRS-WS1」、JBLの「SOUNDGEAR」、Boseの「SoundWear Companion speaker」の接続性、そして装着感をチェック

まずは最古参となるソニー「SRS-WS1」から。こちらの最大の特徴は、実は接続できる機器にある。製品は肩乗せタイプのスピーカー本体、そしてテレビから光デジタルかアナログで接続する送信機がセットとなっている。スマートフォンを使ったワイヤレスリスニングで大活躍するBluetoothには残念ながら対応していない。つまり、「SRS-WS1」は、薄型テレビ、そしてホームシアター用機器も手がけるソニーらしい”テレビの音声を聴く”ことを念頭に置いた製品なのだ(一応、ヘッドホンジャックのあるスマホなら専用のmicro USB端子から変換でアナログ入力も可能ではある)。

ソニー「SRS-WS1」

ソニー「SRS-WS1」。今回紹介した製品で一番サイズが大きい

専用送信機。スピーカーとの接続にはBluetoothではなく、2.4GHz帯を使った独自の無線通信を使用する

専用送信機。スピーカーとの接続にはBluetoothではなく、2.4GHz帯を使った独自の無線通信を使用する

実際のセットアップから装着までの流れは、薄型テレビの光デジタル端子に送信機をセット(USB電源が必要だが基本的にはテレビのUSB端子を利用可)、ウェアラブルネックスピーカーは充電クレードルがあるので充電しておき、首元にセットするだけだ。

ソニー「SRS-WS1」を装着したところ

ソニー「SRS-WS1」を装着したところ

「SRS-WS1」のスピーカー本体は曲がらない硬いボディだが、防汚性を備えたファブリックが貼り付けられている。重量は335g、サイズとしても3製品でサイズはもっとも大柄だが、首から肩にかけてのラインにフィットして馴染んでいて重さはそれほど感じない。スピーカーの開口部はスリット型で、顔の前側にあたるスピーカーの先端近くまで広がる。本体のボタンは左手側にボリューム、右手側に電源と、低音に連動する三段階のバイブレーションの調整に対応。なお、バッテリー駆動は約7時間だ。

スリット型のスピーカー開口部。顔に向かって口が開いており、ここから音が包み込むように流れる

スリット型のスピーカー開口部。顔に向かって口が開いており、ここから音が包み込むように流れる

JBLの「SOUNDGEAR」は、「SOUNDGEAR」単体で購入するとBluetooth接続のワイやレススピーカーだ。しかし、「SOUNDGEAR BTA」のパッケージには、テレビ用Bluetooth送信機を同梱しているのでテレビ接続にも対応可能となっている。セットアップはBluetooth送信機をテレビの光デジタルかアナログ入力でセットして、「SOUNDGEAR」を装着する形だ。

JBL「SOUNDGEAR」

JBL「SOUNDGEAR」

「SOUNDGEAR BTA」には、テレビ用Bluetooth送信機が付属

「SOUNDGEAR BTA」には、テレビ用Bluetooth送信機が付属

装着感は一見すると小柄で首まわりがキツそうだが、身に付けてしまえば無駄なスペースなくフィットする形で圧迫感もない。スピーカーの位置は正確には把握しづらいが、やや首真横から後ろ寄りの位置に31mm径スピーカーを4基とバスブースト用ユニットを搭載している。重量は約370gで、だいたい重量相応の感覚といったところ。本体ボタンは左手側にボリュームと再生/停止、右手側に電源とペアリングと偶然にもBoseとほぼ同じ。バッテリー駆動は約7時間だ。

JBL「SOUNDGEAR」を装着したところ

JBL「SOUNDGEAR」を装着したところ

スピーカー開口部は首元後ろ側に配置されている

スピーカー開口部は首元後ろ側に配置されている

Boseの「SoundWear Companion speaker」は、あくまでBluetoothでスマホと接続して音声を流す前提の製品。形としてはウェアラブルネックスピーカーだが、本機には純正機器でテレビと接続する方法がない。Boseは「SoundLink mini」などBluetoothスピーカーのノウハウを持っているので、得意のワイヤレススピーカーをネックバンドスタイルに変えて発売した訳だ。

Bose「SoundWear Companion speaker」

Bose「SoundWear Companion speaker」

「SoundWear Companion speaker」の装着は首に取り付けるのみ。ポイントは骨の埋め込まれたシリコンのような本体で、少し力を加えるとぐにゃりと曲がってそのままで止まる。本体内に11インチの“ウェーブガイド”を2基内蔵していて、端より少し手前あたりの上向きだ。検証途中で気づいたのだが、Boseの使いこなしのコツは、スピーカー本体を躊躇なくキツめに曲げて首にフィットさせ、上向きのドライバーユニットをなるべく耳の前に持っていくこと。重量は266gだが、首に重量がかかるので重さを感じやすいタイプだ。

自由に本体の形が変わるユニークな仕様

自由に本体の形が変わるユニークな仕様

Bose「SoundWear Companion speaker」を装着したところ

Bose「SoundWear Companion speaker」を装着したところ

本体のボタンは左手側にボリュームとマルチファンクション(再生/通話/アシスタント)、右手側に電源とペアリング。バッテリー駆動は約12時間だ。スマホとの接続はBluetoothで「Bose connect+」のアプリに対応するが、ファーム更新時以外は不要。なお、出荷時から専用カバーが付属しているのもユニークだ。

ファブリックとレザーの異なる2種類の素材を組み合わせた専用カバーが付属する

ファブリックとレザーの異なる2種類の素材を組み合わせた専用カバーが付属する

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る