レビュー
Android搭載だからケーブルレスで動画を見られる!

キャンプでも大活躍! 350ml缶サイズのモバイルプロジェクター「Nebula Capsule」を試す

気になるプロジェクターがAnkerから発売されました。その名も「Nebula Capsule」。映画「スター・トレック」に登場するネビュラ級宇宙船や、マンガ「聖闘士星矢」の瞬が繰り出す必殺技ネビュラチェーンを思い出させるSFチックな響きで、中二病ごころをくすぐるかっこいい名前です。

名前に劣らず、その性能も魅力的。350mlの缶ジュースサイズのボディにAndroidを搭載し、NetflixやYouTube、Amazonプライム・ビデオといった動画ストリーミングサービスをケーブルレスで手軽に楽しめます。しかも、スピーカーも内蔵しています。つまり、自宅や会社から、キャンプ場などアウトドアでも、これ1台で楽しめちゃうというわけです。

持ち運びにぴったりなモバイルプロジェクター「Nebula Capsule」

持ち運びにぴったりなモバイルプロジェクター「Nebula Capsule」

「Nebula Capsule」を使えば、自宅のリビングで映画など動画コンテンツを大画面で堪能できます。もうスマートフォンの小さい画面には戻れません

リビングで見るのに疲れたら、寝室に持って行けばOK。小型サイズ&ケーブルレスなので、使う場所を選びません。

ひとりになりたいときにトイレに持ち込むという荒技もできます。サスペンス映画を見れば、用を足すのも忘れてしまうでしょう

家族とケンカして家を飛び出してしまっても、もうマンガ喫茶で時間をつぶす必要なし。自宅の壁に動画を映せばいいのです。あ、もちろんキャンプ場などアウトドアでも活躍してくれます。というか、そっちのほうが理想的な使い方です。通りかかった猫がけげんそうな顔でこちらを見ていました

何かと使い勝手がよさそうなモバイルプロジェクター「Nebula Capsule」ですが、実際のところはどうなのでしょうか。気になる性能やスペックなど、実際に試して確かめてみました。

家でも外でも使える缶ジュースサイズ

「Nebula Capsule」の大きな特徴は、そのサイズ。実際に350mlの缶ジュースと比べてみても、ほとんど同じ大きさなのでカバンに入れて持ち運ぶのが苦になりません。重量は450gと、手で持つとズッシリ重たいのですが、設置の際に安定するので、特に気にはなりませんでした。

ボディは継ぎ目のないアルミニウム製で、スタイリッシュな見た目

ボディは継ぎ目のないアルミニウム製で、スタイリッシュな見た目

インターフェイスはmicroUSBポートとHDMIポートを備えます

インターフェイスはmicroUSBポートとHDMIポートを備えます

天面にはBluetooth接続ボタン、音量調節ボタン、電源ボタンを搭載

天面にはBluetooth接続ボタン、音量調節ボタン、電源ボタンを搭載

「Nebula Capsule」の解像度は854 ×480 で、輝度は100ルーメン。写真右に見えているのは、ピントを合わせるフォーカスダイヤルです

ボディには360°全方位スピーカーを内蔵しています

ボディには360°全方位スピーカーを内蔵しています

底面に三脚ネジ穴を備えているため、カメラ三脚に取り付ければ、設置場所や高さを自由に調節可能。小型の三脚があれば、テーブルに設置したときでも角度を細かく調整できます

microUSBケーブル、ACアダプター、赤外線リモコン、取り扱い説明書、クリーニングクロス、専用収納バッグ、OTGケーブルなど、HDMIケーブルを除いて必要なものはすべて同梱されていました

本体サイズは、直径約68mm、高さ約120mm。350ml缶ジュースと並べると、ほとんど同じ大きさです

本体サイズは、直径約68mm、高さ約120mm。350ml缶ジュースと並べると、ほとんど同じ大きさです

重量は450gと重いですが、安定性を考慮するならこれは許容範囲でしょう。軽い衝撃で倒れられるほうが心配です

Android搭載なのでNetflixやYouTubeをケーブルレスで手軽に楽しめる

「Nebula Capsule」のもうひとつの特徴は、OSにAndroid 7.1を搭載していること。本体にNetflixやYouTube、Amazonプライム・ビデオといった動画ストリーミングアプリをインストールして、映像コンテンツをケーブルレスで楽しめます。

ただし、注意したいのは、一般的なAndroidスマートフォンのようにGoogle Playに対応しているわけではない点です。アプリのインストールは、デフォルトで搭載されている「AptoideTV」というアプリから行います。「AptoideTV」で取りそろえられているアプリの数は、お世辞にも多いとは言えません。もちろん、APKファイルからインストールする方法もありますが、ライトユーザーにはハードルが高いかもしれません。

なお、「AptoideTV」から動画ストリーミングサービスの「Hulu」をインストールできますが、英語版のため日本のアカウントではログイン不可。また、ストリーミングデバイスの「Chromecast」はサポートされていないので、こちらを使おうと考えている人は注意が必要です。

「Nebula Capsule」のホーム画面。初回起動時以外は、毎回この画面が表示されます。OSはAndroidですが、シンプルなUIのため普段はiPhoneを使っている人でも操作に迷うことはないでしょう

ホーム画面にある「App Store」をタップすると、「AptoideTV」というサードパーティー製のアプリストアが起動します。基本的には、この「AptoideTV」からインストールしたアプリしか使えません。日本ではなじみの薄いアプリが多く、品ぞろえはほどほどです

操作は、スマートフォン向け専用アプリ「Capsule Control」、もしくは付属のリモコンを使用。「Capsule Control」では、スマートフォンの画面をタッチパッドのように使い、投影画面に表示されたマウスポインターを操作します。タイムラグも発生せず、操作は快適。Wi-Fiの接続時や動画の検索時など、文字入力が必要なときに、スマートフォンのキーボードで文字入力できるのもストレスフリーで使いやすかったです。

アプリの操作スペース(写真左、グレイアウトのエリア)を指でタップして操作。タップで実行、2本指でスクロールなど、操作はノートPCのタッチパッドと同じ。アプリからは、スマートフォンのキーボードで文字入力できるので便利です(写真右)

アプリでの操作時は、画面にポインター(赤枠)が表示されますが、操作していないときは非表示になるので、動画を見る際などにじゃまになりません

「Nebula Capsule」の性能面についてですが、投影距離は0.58〜3.08m。スローレシオが、100インチで3.08m、80インチで2.46m、60インチで1.73m、40インチで1.15mです。輝度は100ルーメンと、ライトが点灯していたり、カーテンをしていない日中の部屋などでは視聴に耐えうるレベルでないものの、ブラインドで遮光していれば十分見えます。もちろん、真っ暗な環境であれば、十分な明るさです。

左がブラインド全開、右がブラインドを閉じた場合の画面の明るさ。「Nebula Capsule」はホワイトボードから約2.5m離れた場所に設置しました(画像編集ソフトでの編集なし。できるだけ見た目に近い明るさで撮影)

真っ暗な環境だと鮮明に見えます。キャンプなどでも楽しめそう

真っ暗な環境だと鮮明に見えます。キャンプなどでも楽しめそう

「Nebula Capsule」の解像度は854×480。大型プロジェクターほど高解像度ではありませんが、手軽に使う分としては十分です。もちろん、投影距離が長いとジャギーが目立ちますが、投影距離が短いとそれほど気にはなりません。投影距離が長くても、投影した資料の文字がつぶれたりすることはなく、プロジェクターとして一般的なレベルに落ち着いています。

一眼レフで撮影した写真をスマートフォンのミラーリングで投影。投影した写真をズームして撮影したのが右の画像になりますが、羽の模様までしっかりと見えます。自宅の壁に投影しているため、壁のでこぼこにより画質が低く見えますが、スクリーンを使えば、もっと滑らかで鮮明に表示可能です

「Nebula Capsule」は、一般的なプロジェクターと同様にHDMIケーブルでパソコンやテレビの画面を表示することができるうえに、iPhoneやAndroidスマートフォンの画面をミラーリングで映し出すこともできます。パソコンでExcelやPowerPointなどの資料を投影できるのはもちろん、スマートフォンの画面をミラーリングで投影しホームページや写真を表示させるといった使い方もできるわけです。

気をつけてほしいのは、著作権で保護されたコンテンツはミラーリングできないようになっていること。たとえば、dTV、U-NEXT、dアニメストア、Gyao!といった動画サービスのコンテンツは表示できません。せめてChromecastはサポートしてほしかったところです。

ミラーリング機能を使えば、スマートフォンの画面を投影可能

ミラーリング機能を使えば、スマートフォンの画面を投影可能

映像の視聴に欠かせないスピーカーについてですが、特に可もなく不可もなくという印象。プロジェクターに内蔵されているスピーカーとしては十分でしょう。音質に過度な期待は抱かないほうがいいかもしれません。

どこでもこれ1台でこと足りるのは非常に魅力的。気になるのは価格だけ

「Nebula Capsule」はモバイルプロジェクターとしては完成されており、使っていて満足度も非常に高いですが、気になるのは39,800円(税込)という価格です。「やっぱり、それくらいはするよね」という価格設定だと感じました。機能性は高いものの、モバイルプロジェクターの中では比較的高い値段設定です。もう少し価格が低ければ“即買い”レベルでした。とはいえ、缶ジュースレベルのサイズ、Android搭載、スピーカー内蔵など、これ1台でこと足りるのは非常に魅力的なので、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る