新製品レポート
全面直下LEDにタイムシフトマシン、BS/CS 4Kチューナー、重低音バスーカまで

東芝4K液晶テレビ「REGZA Z720X」シリーズ登場!Zの名に恥じない高画質・高音質・高機能に注目

2018年8月22日、東芝映像ソリューションは4K液晶テレビの新モデル「REGZA Z720X」シリーズを9月下旬より発売すると発表した。同社は2018年モデルとして、有機ELテレビのフラッグシップモデル「X920」、重低音バズーカを搭載したミドルレンジ4K液晶テレビ「BM620X」、スタンダード4K液晶テレビ「M520X」をすでに発表済みだが、今回登場した「Z720X」は、空白となっていた4K液晶テレビのハイエンドクラスを埋める存在だ。“Z”の名に恥じない高画質・高音質・高機能をふんだんに盛り込んだ最新モデルの特徴を紹介していこう。

REGZA 2018年モデル全ラインアップ

REGZA 2018年モデル全ラインアップ

有機ELテレビ「X920」と同じ「レグザエンジンEvolution PRO」を搭載。新開発の全面直下LEDバックライトと最新 IPSパネルで高コントラストを実現

今回発表された「REGZA Z720X」シリーズは、55型の「55Z720X」と49型の「49Z720X」の2サイズラインアップされている。市場想定価格は、「55Z720X」が24万円前後、「49Z720X」が20万円前後(いずれも税別)だ。

4K液晶テレビ「REGZA Z720X」シリーズ

4K液晶テレビ「REGZA Z720X」シリーズ

ただし、そこは“Z”を冠したハイエンドモデル。画質面においては一切妥協はない。映像エンジンについては、フラッグシップモデルの有機ELテレビ「X920」シリーズと同じ「レグザエンジンEvolution PRO」を採用。地上デジタル放送の高画質アップコンバート技術「地デジビューティX」やBS・110°CS 4K放送向け高画質技術「BS/CS 4KビューティX」についても、フラッグシップモデルと同じ“PRO”の付いた強化版「地デジビューティX PRO」「BS/CS 4KビューティX PRO」が搭載されている。

有機ELテレビ「X920」と同じ「レグザエンジンEvolution PRO」を搭載

有機ELテレビ「X920」と同じ「レグザエンジンEvolution PRO」を搭載

地上デジタル放送の高画質アップコンバート技術「地デジビューティX PRO」

地上デジタル放送の高画質アップコンバート技術「地デジビューティX PRO」

BS・110°CS 4K放送向け高画質技術「BS/CS 4KビューティX PRO」

BS・110°CS 4K放送向け高画質技術「BS/CS 4KビューティX PRO」

また、Zシリーズでおなじみの全面直下LEDバックライトに新開発のものが採用されたのも見逃せないポイントだ。全白信号が入ってきたときのパネル全体の明るさのムラをなくすようにLED配置を見直したほか、パネル全面に配置したLEDの点滅を緻密に制御する新開発の「リアルブラックエリアコントロール」を搭載することで、バックライト部分制御の精度もさらに高まっているという。

さらに、液晶パネルもRGBセルの電極に透明電極を使用し、外光反射を従来よりも抑えた新開発の「高コントラストIPS液晶パネル」を採用。前述した「リアルブラックエリアコントロール」と組み合わせることで、IPSパネルでもVAパネルのような高コントラストを実現できたという。

新開発の全面直下LEDバックライトと「高コントラストIPS液晶パネル」で従来比約2倍の高コントラストを実現

新開発の全面直下LEDバックライトと「高コントラストIPS液晶パネル」で従来比約2倍の高コントラストを実現

「REGZA Z720X」シリーズに搭載されている全面直下LEDバックライト

「REGZA Z720X」シリーズに搭載されている全面直下LEDバックライト

高音質にさらに磨きをかけた「重低音バズーカーオーディオシステムPRO」。録画機能はおなじみの「タイムシフトマシン」を搭載

近年、同社はブラウン管テレビに採用されていたブランド「BAZOOKA(バズーカ)」をREGZAブランドで復活。「重低音バズーカウーファー」を搭載した液晶テレビシリーズ名の頭に“B”を冠してラインアップしていたが、今回登場した「REGZA Z720X」シリーズは、“B”を冠してはいないものの、この「重低音バズーカウーファー」が搭載されている。

搭載されているオーディオシステムは、総合出力66Wの「重低音バズーカオーディオシステム PRO」。総合出力だけ見ると「BZ710X」シリーズと同じだが、「BZ710X」シリーズの「バズーカオーディオシステム」、「BM620X」シリーズの「重低音バズーカオーディオシステム」とも異なる“PRO”が付いたオーディオシステム名になったことからもお分かりの通り、着実な進化を遂げている。

なかでも注目したいのがスピーカーユニット部分だ。スピーカーユニットそのものは、有機ELテレビ「X920」シリーズと同じ最新タイプのものが搭載されているのだが、「BZ710X」シリーズはインビジブルタイプの「X920」シリーズと異なり、スピーカーユニットをフロントに向けて配置しているのだ。音響補正機能の「レグザ サウンドイコライザー」も、「X920」シリーズに搭載されていたものと同じ最高クラスの「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」を搭載。これらの組み合わせにより、中高域をしっかりと出し、その上で重低音バズーカウーファーならではの迫力のある重低音を重ねてやることで、自然で一体感のあるサウンドを体験できるようになっているというわけだ。

総合出力66Wの「重低音バズーカオーディオシステム PRO」

総合出力66Wの「重低音バズーカオーディオシステム PRO」

録画機能はZシリーズといういうことで、おなじみの全録機能「タイムシフトマシン」を搭載。チューナーについては、地上/BS/110°CSを3基、BS/110°CS 4Kを1基備る。なお、BS/110°CS 4Kチューナーについては、4K放送対応の新CASデータを入れた「BS/CS 4K視聴チップ」を装着する形で対応。このあたりは、2018年に同社が発表したREGZAラインアップと同様だ。

録画機能はZシリーズおなじみの「タイムシフトマシン」

録画機能はZシリーズおなじみの「タイムシフトマシン」

BS/110°CS 4Kチューナーももちろん標準対応だ

BS/110°CS 4Kチューナーももちろん標準対応だ

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る