新製品レポート
今度は水に浮く!オプション充電台で充電も簡単に♪

Ultimate Earsから完全防水の360°スピーカー「MEGABOOM 3」「BOOM 3」登場! 音質や使い勝手などが正当進化

2018年9月13日、ロジクールはUltimate EarsのBluetoothスピーカーの新製品発表会を開催。「MEGABOOM」「BOOM 2」の後継モデルとなる「MEGABOOM 3」「BOOM 3」と、専用オプションのワイヤレス充電ドック「POWER UP」を9月20日より発売すると発表した。市場想定価格は、「MEGABOOM 3」が29,880円、「BOOM 3」が22,880円、「POWER UP」が4,480円だ。

Ultimate Ears「MEGABOOM 3」「BOOM 3」

Ultimate Ears「MEGABOOM 3」「BOOM 3」

いずれも、外装にファブリック素材やラバー素材を使用した円筒形の360°スピーカー。従来モデルから、音質・デザイン・耐久性・使い勝手などをブラッシュアップしている。

「MEGABOOM 3」

「MEGABOOM 3」

「BOOM 3」

「BOOM 3」

具体的には、音質面は低域をさらに強化しつつ、中高域もクリアに聴こえるようにサウンドチューニングを実施。長時間のリスニングでも聴き疲れないように仕上げたという。

デザイン面では、外装のファブリック素材をアップデート。2色の素材を組み合わせることで、独特の立体的なカラーを実現している。カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、パープル、レッドの4色をラインアップ。Apple Store限定カラーも用意される予定だ。

ファブリック素材を使った特徴的な外観

ファブリック素材を使った特徴的な外観

店頭販売モデルのカラーバリエーションは全4色

店頭販売モデルのカラーバリエーションは全4色

Apple Store限定カラーも用意される予定

Apple Store限定カラーも用意される予定

耐久性については、複数回の落下テストなど、25種類以上にも及ぶ独自基準の耐久性テストを実施。「MEGABOOM 3」は約1m、「BOOM 3」は約1.5mの高さから落としても問題なく動作できる耐久性を実現している。

耐久性も向上。「MEGABOOM 3」は約1m、「BOOM 3」は約1.5mの高さから落としても大丈夫だという

耐久性も向上。「MEGABOOM 3」は約1m、「BOOM 3」は約1.5mの高さから落としても大丈夫だという

使い勝手の面では、本体側面のボリューム調整ボタンに加え、本体上部に「MAGIC BUTTON」と呼ばれる新たなボタンを用意。再生や停止、曲送り/戻しといった楽曲コントロールを行えるほか、アップルの音楽配信サービス「Apple Music」との連携にも対応しており、「Apple Music」連携時はボタンを押すだけでプレイリスト再生が可能となっている。

本体上部の「MAGIC BUTTON」

本体上部の「MAGIC BUTTON」

また、本体底面に専用充電端子を新たに搭載。専用オプションのワイヤレス充電ドック「POWER UP」を用意すれば、充電ドックに本体をおくだけで充電できるようになった。microUSBケーブルを使った通常の充電についても、端子の位置や防水カバーの向きを調整し、本体を立てたまま充電できるように改良されている。

本体底面に用意された充電ドック用専用充電端子

本体底面に用意された充電ドック用専用充電端子

充電ドックに本体をおくだけで充電できる

充電ドックに本体をおくだけで充電できる

microUSB端子の位置や防水カバーの向きも変更された

microUSB端子の位置や防水カバーの向きも変更された

さらに、防水性能についてもIP67相当へと進化したほか、誤って水の中に落としたときに本体が浮くようになったのもポイント。Bluetoothの通信距離が約45mに伸びているのも地味ながらうれしい改良点だ。

防水性能はIP67相当へと進化

防水性能はIP67相当へと進化

コンパニオンアプリついては、「MEGABOOM 3」「BOOM 3」から新世代のものに切り替わる予定。機能については従来から大きな変更はなく、150台以上を連携できる「PartyUp」やイコライザー調整機能などを利用可能だ。

今回、Ultimate Earsブランドとしては約4年ぶりに発表会が開催された。会場には、クリスブラウンの振り付けなども手がけるダンサーのKAZ the FIREさんが登場。普段からUltimate EarsのBluetoothスピーカーを愛用しているそうで、発表会では新製品の耐久性や機能性をダンスで表現。トークセッションでは、新製品について「ストリートで練習するときも持ち運びやすいし、前モデルより低音が出ているのに聴きやすいのもいい。防水でプールなどでも使えるし、これ1台持っていればなんでもできる」と太鼓判を押していた。

発表会にはダンサーのKAZ the FIREさんも登場

発表会にはダンサーのKAZ the FIREさんも登場

会場では新製品の耐久性や機能性をダンスで表現するパフォーマンスも行われた

会場では新製品の耐久性や機能性をダンスで表現するパフォーマンスも行われた

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る