今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2018年11月12日〜18日)

パナソニックから、新4K衛星放送に対応したBDレコーダー「DIGA DMR-SUZ2060」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、パナソニックのブルーレイレコーダー「DIGA DMR-SUZ2060」や、リコーのタフネスカメラ「RICOH WG-60」、富士通の13.3型モバイルノートPC「LIFEBOOK UH-X/C3」を紹介する。

パナソニック「おうちクラウドディーガ DMR-SUZ2060」

2018年11月16日(金)発売

パナソニックから、2018年12月1日にスタートする新4K衛星放送に対応したブルーレイディスクレコーダー「DIGA DMR-SUZ2060」が登場する。

業界で初めて(国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2018年11月16日発売予定)新4K衛星放送に対応したモデル。BS4K/110度CS4K放送/地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送×1、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送×2の計3チューナーを装備する。HDD容量は2TB。放送画質のまま、HDDへの録画やブルーレイディスクへのダビングに対応する点が特徴だ。

なお、新4K衛星放送は、放送画質(4KDRモード)または従来のハイビジョン画質(1.5倍〜15倍録モード)の録画が可能。従来のハイビジョン画質で録画する場合はいったん、放送画質で録画後に指定した録画モードに自動変換する。新4K衛星放送の番組を放送画質(4KDRモード)でダビングしたブルーレイディスクは、他機器で再生できない場合があるとのこと。また、新4K衛星放送の複数同時録画には非対応。新4K衛星放送対応チューナーで、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送を録画している際は、新4K衛星放送の視聴/録画はできないという。

また、4K/HDR(HLG)で送られてくる新4K衛星放送番組を、テレビに合わせて自動で変換し、HDMI出力する機能を搭載。たとえば、HLG方式に対応していない4K/HDRテレビと接続した場合は、HDR10方式に自動で変換するため、ダイナミックなコントラスト表現を損なうことなく楽しめるという。フルハイビジョンテレビやHDR非対応のテレビと接続した場合は、ハイビジョン解像度やSDRに変換して出力するため、使用しているテレビに関わらず、楽しめるとのことだ。

加えて、次世代のブルーレイディスク規格である「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応。独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載し、Ultra HD ブルーレイを再生する場合でも、より鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた4K映像を再生するという。ULTRA HD PREMIUM認証も取得している。

機能面では、スマートフォンとの連携機能を強化。録画番組の視聴だけでなく、同モデルに保存した音楽や写真、動画を、アプリ「どこでもディーガ」を通じてスマートフォンで楽しめる。スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」を使って、外出先での録画予約も可能だ。

主な仕様として、入出力端子は、光デジタル音声出力が1系統、HDMI映像・音声出力が2系統。そのほかのインターフェイスは、USB 2.0端子が前面1系統、USB 3.0端子が後面1系統、LAN端子が1系統。本体サイズは430(幅)×66(高さ)×199(奥行)mm(突起部含まず)。重量は約2.8kg。

リコー「RICOH WG-60」

2018年11月16日(金)発売

リコーから、タフネスカメラ「RICOH WG-60」が発売される。

スタンダードクラスの防水コンパクトデジタルカメラ。水深14mで連続2時間の水中撮影が可能な防水性能(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)を実現するほか、1.6mからの耐落下衝撃性能やホコリに強いIP6X(JIS保護等級6)相当の防塵性能、マイナス10度でも動作が可能な耐寒構造、100kgf(重量キログラム)までの重さに耐える耐荷重構造などを備えたタフネスモデルになっている。

また、高感度、低ノイズ特性にすぐれ、画像信号の高速な読み出しが可能な裏面照射型CMOSイメージセンサーと、高性能画像処理エンジンを採用。最高ISO感度6400の高感度性能と、有効約1600万画素の高精細画像を実現する。

光学性能では、焦点距離5〜25mm(35mm判換算で約28〜140mm相当)の光学5倍ズームレンズを搭載。被写体に最短1cmまで近づいての迫力ある近接撮影から、広大な風景まで、さまざまな撮影シーンを幅広くカバーする。

さらに、手ぶれ補正は電子式を採用。自分撮りアシスト機能も備えた6灯のLED補助光や、水中撮影に適した専用モードを搭載。動画撮影は1920×1080ドット/30fpsに対応する。

記録メディアは、内蔵メモリー(約68MB)に加え、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、FlashAirカードに対応。バッテリー寿命は約300枚となる。

本体サイズは122.5(幅)×61.5(高さ)×29.5(奥行)mm。重量は約193g(電池、SDメモリーカード含む)。ボディカラーは、レッドとブラックの2色を用意する。

富士通「FMV LIFEBOOK UH-X/C3」

2018年11月15日(木)発売

富士通から、13.3型モバイルノートパソコン「LIFEBOOK UH-X/C3」が発売される。

13.3型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載したモデル。基板設計を一から見直すことで、従来モデル「UH75/B3」の約748gよりもさらに軽量化を実現し、世界最軽量約698gとなったのが特徴だ(13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして世界最軽量。2018年10月1日時点。同社調べ)。

主な仕様は、CPUが「Core i7-8565U」、メモリーが8GB、ストレージが512GB SSD。OSは64bit版「Windows 10 Pro」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応。インターフェイスは、USB 3.1 Gen2 Type-C×1、USB 3.1 Gen1 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、SDカードスロット×1、HDMI×1、LAN×1などを備える。

このほか、バッテリー駆動時間は約11.5時間。本体サイズは309(幅)×15.5(高さ)×212(奥行)mm。重量は約698g。ボディカラーはピクトブラック。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
テレビ・レコーダーのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る