特集
新4K8K衛星放送対応製品も選べる!

【2018年冬】今がまさに買い時! タイプ別4Kテレビ選び方ガイド

【2018年冬】今がまさに買い時! もくてきタイプ別4Kテレビ選び方ガイド

2018年冬、薄型テレビが久々に“買い時”のタイミングとなっている。

一番の理由は12月1日に新しいテレビ放送として「新4K8K衛星放送」がスタートすること。今までは“どうせ4K放送がないし”と言われることも多く、特に今年前半は“どうせ今年後半には新しい放送があるのに”と買い控えもあった。だが、今のタイミングなら「新4K8K衛星放送」レディでも製品を選べる。ただし、すべてのメーカーがそろう訳ではないのが悩み所ではある。

放送以外を見ても、4Kの映像配信は「Netflix」、Amazonの「プライム・ビデオ」、そして「YouTube」でも4K映像を配信しているのも珍しくなってきた。

映像配信サービスは4K/HDR対応がかなり進んできている

映像配信サービスは4K/HDR対応がかなり進んできている

また、12月1日の「新4K8K衛星放送」では、日本が世界に先駆けて8K放送をスタートする。このタイミングにあわせ、シャープから11月17日に8Kチューナー内蔵の8K液晶テレビ「AQUOS 8K AX1」シリーズも登場。60型で60万円オーバーという初物価格だが、それでも“8K”を放送込みで試聴できる、高画質体験へのインパクトは絶大だ。

8Kチューナー内蔵の8K液晶テレビもついに登場!

8Kチューナー内蔵の8K液晶テレビもついに登場!

2018年冬商戦に並ぶ4Kテレビ全体のラインアップを見ると、ハイエンドはほぼ有機EL一色。昨年と比べて価格も下がり、有機ELは日本メーカーの2018年モデルで20万円台〜30万円クラスと、2、3年前から3割以上値下がりしてかなり値ごろ感も出てきた印象がある。

4K液晶テレビは50型前後の大型モデルで20万円前後、格安モデルが10万円前後というのが相場となっている。日本メーカーが4Kテレビを続々投入した2013年には4K液晶は40万円前後だったことを振り返ると、だいぶ価格もこなれてきた。

まさに今が買い時となっている4Kテレビ。本特集では、製品選びのポイントや注目機種を解説していく。ぜひ製品選びの参考にしてほしい。

【目次】
・製品選びの前に、大手メーカーの薄型テレビの特徴をチェック!
・2018年冬でもっともホットな4Kチューナー内蔵の20万クラス
・10万円前後の低価格も4Kチューナー内蔵モデルで異変あり!
・最高画質を求めるなら有機ELテレビ一択

製品選びの前に、大手メーカーの薄型テレビの特徴をチェック!

購入する4Kテレビを選ぶ際の基準は何か? というと、画面サイズと予算、画質や音質といったクオリティ、そして録画やネット機能と、見るべきポイントは多岐に渡る。

薄型テレビの機能や録画やネットといった機能や操作性は、メーカーが同じなら価格レンジを問わず共通点が多い。そこで、実際に購入する製品選びをする際の予備知識として国内の薄型テレビ販売シェアの上位4社(シャープ、パナソニック、ソニー、東芝映像ソリューション)のメーカー別の特徴を解説しよう。

4Kチューナー内蔵モデルも展開。明るいリビング向きのシャープ「AQUOS」シリーズ

シャープ「AQUOS」

液晶テレビの売れ筋ブランドがシャープの「AQUOS(アクオス)」だ。現在唯一の8Kテレビ「AX1」シリーズを発売。4Kチューナー内蔵の「AN1」「AL1」も展開している。画質面では外光の映り込みを低減する低反射「N-Blackパネル」採用で明るいリビング向きだ。AIoTクラウドサービス「COCORO VISION」で映像配信、そして番組録画とテレビ視聴の統合を進めており、録画機能も万遍なくカバー。ネット系機能はAndroid TVベースだが、最新機種はAmazonプライム・ビデオには対応していない。

>>価格.comでシャープ「AQUOS」をチェック!

画質・音質・機能とオールラウンダーなパナソニック「VIERA」

パナソニック「VIERA」

「VIERA(ビエラ)」ブランドを展開するパナソニック。ハイエンドは4K 有機ELの「FZ1000」「FZ950」を、4K液晶テレビは「EX850」をトップエンドに「FX800」「FX780」「FX750」「FX600」の計5ラインを展開中だ。ネット動画と放送中のテレビ番組の両方を一覧表示する「アレコレチャンネル」で、テレビとネット動画の垣根をなくす取り組みにも積極的。上位機はトリプルチューナー内蔵で録画派も使いやすく、同社のレコーダー「DIGA(ディーガ)」と一体操作も対応。映像配信はAmazonプライム・ビデオも含め主要サービスもカバーする。なお、2018年11月時点で4Kチューナー内蔵モデルのラインアップはない。

>>価格.comでパナソニック「VIERA」をチェック!

Android TVでネット動画に強いソニー「BRAVIA」

ソニー「BRAVIA」

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」は、ハイエンド向けの有機ELラインアップに「A9F」「A1F」の計2シリーズを展開するほか、液晶テレビにもハイエンドの「Z9F」を用意。有機ELでは自社の4K高画質プロセッサー、液晶テレビはバックライト制御と自社技術の高画質化に定評がある。Android TV採用で映像配信への対応が豊富なほか、2018年モデルは「Google アシスタント built-in」にもアップデートで対応予定。Amazonプライム・ビデオも含めたネット動画機能に強いいっぽうで、上位モデルでも2チューナー内蔵で録画機能は若干手薄。2018年11月時点で4Kチューナー内蔵モデルはなし。

>>価格.comでソニー「BRAVIA」をチェック!

有機EL、液晶も4Kチューナー内蔵で全録までそろう東芝「REGZA」

東芝「REGZA」

東芝映像ソリューションの発売する「REGZA(レグザ)」は、有機ELの「X920」、液晶の「Z720X」「BM620X」「M520X」と4Kチューナー内蔵だけで上位からエントリーまで展開。“レグザエンジン”の名前を冠する高画質回路により、2Kの地デジ放送もきれいに楽しめるほか、上位モデルの「X920」「Z720」は外付けHDDによる地デジ6chの全録にも対応する。エントリー機についても、3チューナー内蔵と録画機能に強い。ゲーマーからはゲームモード対応も高評価だ。ネット機能「見るコレ」は録画連携が強力ないっぽう、2018年モデルは対応動画配信サービスにAmazonプライム・ビデオがはいっていないのがやや残念なところだ。

>>価格.comで東芝「REGZA」をチェック!



以上はシェア上位4社のざっくりとしたメーカーの特徴。続いては、これまで紹介してきた4社に三菱電機、LGエレクトロニクス、ハイセンスらを加えて、今買いたい機種を解説していこう。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る