特集
4K放送の受信、視聴、保存機能を徹底比較しました

4Kチューナー内蔵レコーダーの“買い”はどっち?パナソニック、シャープの2機種をガチ比較

年末年始で特番シーズンが近づく今、テレビ放送を録画するレコーダー買い替えを考えている人も多いはず。特に今だから考えておきたいことが、12月1日にスタートした新4K衛星放送も含めた視聴・録画環境をどう整えるかということ。大晦日には紅白歌合戦も4K/8K放送で独自編成される予定で、高画質放送時代の紅白を一目みたい人も多いだろう。

既存の4Kテレビで新4K衛星放送を視聴するだけなら各社発売する単機能の“外付けチューナー”も存在するが、どうせ買うなら4Kチューナーの機能とともにHDD録画、そしてBDドライブ保存まで1台で揃う“4Kチューナー内蔵レコーダー”で、一気に“4K放送レディ”の環境にして年末年始を迎えたいところ。

2018年12月時点で発売されている4Kチューナー内蔵のレコーダーは、パナソニックの“おうちクラウドディーガ”、そしてシャープの“AQUOS 4Kレコーダー”と2社から製品が発売中だ。

12月中旬現在、4Kチューナー内蔵のレコーダーはパナソニックとシャープの2社から発売中だ

12月中旬現在、4Kチューナー内蔵のレコーダーはパナソニックとシャープの2社から発売中だ

パナソニックの「DMR-SUZ2060」(DMR-SCZ2060)は、4Kチューナーを1系統と地デジ/BS/CSチューナーを3系統内蔵し、2TB HDDを内蔵。シャープも4Kチューナーを1系統と地デジ/BS/CSチューナーを3系統備え、「4B-C40AT3」が内蔵HDD 4TB、「4B-C20AT3」が2TBと容量違いで2モデルをラインアップする。

今回はパナソニック「DMR-SUZ2060」、シャープの「4B-C40AT3」のレコーダー2機種を用意して、4K放送を受信、視聴、保存する目的でどちらを選ぶべきか確かめた。なお、設置環境の都合で今回はBS4Kの右旋チャンネルのみの受信できる環境で検証している。

※記事初出時に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

4K放送の録画の仕組みとは?

まずは、新4K衛星放送対応の4Kレコーダーの検証にうつるまえに、“4K放送の録画ってどうなってるの!?”という基礎知識から解説しておこう。

新4K衛星放送では、4K/60p、H.265/HEVCの圧縮形式、HLG方式のHDR映像と映像フォーマットも大きな変更が加えられた。レコーダーで重要な録画容量に直結するビットレートは新4K衛星放送では約33Mbps。地デジ放送は約17Mbpsなので、DRモードの録画時間は地デジの半分程度になったことになる。2TBのHDDを内蔵したパナソニック「DMR-SUZ2060」で約133時間、4TBのHDDを内蔵したシャープ「4B-C40AT3」で約262時間だ(公式スペックの表記準拠)。

新4K衛星放送は、4K画質のままBDへのディスク保存も可能だ。保存に用いるメディアは従来の録画用のBDメディアと同じ。1層25GBでは約90分、2層50GBで約180分保存と、こちらも地デジの約半分の録画時間となる。なお、現存する録画用BDの最大容量は4層128GBなので、1枚あたりの最大録画時間は約8時間10分だ。

新4K衛星放送のコピー制御は、基本的には現行の地デジと同じ“ダビング10”の方式。有料放送は“コピーワンス”“コピーネバー”も用いられるが、それは現在のBS有料放送と同じこと。結局は、地デジ/BSと同じ運用に落ち着いたという訳だ。

一通りの基礎知識を叩き込んだ所で、パナソニック「DMR-SUZ2060」、シャープの「4B-C40AT3」では実際どのように新4K衛星放送をあつかえるのか。実際に操作していこう。

4K放送を意識せず扱えるパナソニック「DMR-SUZ2060」

パナソニック「DMR-SUZ2060」から検証

パナソニック「DMR-SUZ2060」から検証

まず、パナソニック唯一の新4K衛星放送対応レコーダーである「DMR-SUZ2060」から検証をスタート。

「DMR-SUZ2060」ではもちろんライブで4K放送も視聴でき、チャンネル変更のレスポンスも約5秒となかなか高速。チューナーは1系統のみなので、4K放送視聴中の4K裏番組視聴には対応しない。ただし、地デジとの同時録画はしっかりカバーしていて、録画スタート後に地デジにチャンネルを変えれば“4K+地デジ+地デジ”の3番組録画も可能だ。

4K+地デジ+地デジの3番組同時録画の動作を確認

4K+地デジ+地デジの3番組同時録画の動作を確認

番組表から録画予約については、基本的には今までのパナソニックの“おうちクラウドディーガ”とまったく同じ感覚。4K放送の録画予約は放送そのままの“4K DRモード”以外に、HD画質の1.5〜15倍の録画モードも指定できる。ただし、実際の動作は一度4K DRモードで録画した上で、HDD上で後で自動変換する仕組み。通常の番組表以外にも「新番組/特番お知らせ」のようなガイド機能も、4K放送もレコーダーとして十分カバーする。

BS/CS4K放送も番組表から一発録画予約が可能

BS/CS4K放送も番組表から一発録画予約が可能

リモコンの専用ボタンから飛べる「新番組/特番お知らせ」も4K番組にしっかりと対応

リモコンの専用ボタンから飛べる「新番組/特番お知らせ」も4K番組にしっかりと対応

録画番組の表示も4Kレコーダーといっても変わりなく、タブで絞り込み、繰り返し録画は自動でまとめる従来どおりのスタイル。4K録画の番組はサムネイルに“4K”と入り、モードに“4K DR”と表記されるが、地デジと混在して表示する形となっている。録画時のオートチャプターはないので、再生やスキップは手動操作頼みとなってしまうのは、現行のレコーダーユーザーとして不満の残るところ。いっぽうで、編集機能については「部分消去」は利用でき、不要部分を消去して番組を残したい人もカット編集が可能と地デジと同じ機能性を確保した。

録画一覧で2K/4Kの両方の番組を管理

録画一覧で2K/4Kの両方の番組を管理

開始点と終了点を指定してカット編集できる「部分消去」も4K番組に対応している

開始点と終了点を指定してカット編集できる「部分消去」も4K番組に対応している

4K放送番組のダビングについても、BDメディアをセットして高速ダビングする流れは従来とまったく変わず、「かんたんダビング」の画面からすぐに実行できる。ただし、“4K DR”の画質で保存したディスクは、他のレコーダーとの再生互換性がなくなる点は注意。HD画質の1.5〜15倍の録画モードへの画質変更ダビングも指定できるので、“4K放送の番組だけど、ディスクに収まるようにHD画質で残したい”といった用途も問題ナシだ。ただし、“4K DR”の番組をHD画質に変換してダビングすると、人肌の色バランスがやや崩れたのが気になった。4K放送と地デジ等のHD放送は色域が異なるためだろうが、現状の仕様として要注意だ。
さらには“4K+地デジ+地デジ”録画中にも4K番組の高速/HD画質でのダビング、同じく“4K+地デジ+地デジ”再生中にUltra HD Blu-ray再生まで対応とマルチタスク性能も強力だ。

BDのディスク残量が分かりやすい「かんたんダビング」

BDのディスク残量が分かりやすい「かんたんダビング」

ダビング時にはHD画質への変換も可能だ

ダビング時にはHD画質への変換も可能だ

左が4Kのオリジナル素材、右がHD変換したものだ。4K番組を2Kに変換すると人肌の色が変化しているのがわかる

左が4Kのオリジナル素材、右がHD変換したものだ。4K番組を2Kに変換すると人肌の色が変化しているのがわかる

最後にパナソニックの「DMR-SUZ2060」は実は4Kチューナーとして使う際にも画質面でユニークな機能がある。4Kチューナー内蔵テレビの比較記事でも、4K放送は一部機種で画面が暗くなりがであると言及したが、これにはHDR信号の特性にも原因があり機器側に調整機能があれば補正が可能となっている。そこで「DMR-SUZ2060」に搭載する、4K/HDRの映像出力の明るさを持ち上げて出力する「ダイナミックレンジ調整」が大活躍する。特に、ハイエンドではない4Kテレビで4K放送を視聴する際には、この画質調整をぜひ試してみてほしい。

「ダイナミックレンジ調整」を上げると画面全体をより明るくできる。バックライトがあまり優秀ではない格安4Kテレビで威力を発揮する

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る