新製品レポート
UHD対応モデルは4K放送録画ディスクも楽しめる

今度のAQUOSブルーレイは面倒な操作も声でラクラク操作できちゃうスグレモノ!

2019年2月15日、シャープからAQUOSブルーレイの新モデルが一挙発表された。ラインアップはUHD BD対応の「2B-C20BT3」(3チューナー/2TB)、「2B-C10BT3」(3チューナー/1TB)、UHD BD非対応の「2B-C10BT1」(3チューナー/1TB)、「2B-C20BW1」(2チューナー/2TB)、「2B-C10BW1」「2B-C10BW2」(2チューナー/1TB)、「2B-C05BW1」(2チューナー/500AGB)の計7モデルだ。

3月発売予定のAQUOSブルーレイの新モデル。売れ筋の2チューナー/1TBモデルにはホワイトモデルもラインアップされる

UHD BD対応モデルは3チューナー/2TBと3チューナー/1TBの2モデルをラインアップ

UHD BD対応モデルは3チューナー/2TBと3チューナー/1TBの2モデルをラインアップ

今回発表された新製品群の最大の特徴は、複雑な操作を声で簡単にできる「声でラクラク操作」に対応したこと。通常、大容量HDDに撮り溜めた膨大な数の番組から特定番組の最新話を探して再生したり、出演者情報で番組表を検索したりする場合、リモコン操作だと何回もボタンを押して画面を遷移したり、文字入力して検索するなど複雑な操作をする必要があるが、今回搭載された「声でラクラク操作」なら、「最新の○○を再生して」「○○の番組を探して」といったように、声で話しかけるだけで操作できるようになっている。録画番組再生時の細かな操作にも対応しており、「最初から再生して」「○○分飛ばして」といったようなこともできる。

新機能「声でラクラク操作」

新機能「声でラクラク操作」

番組検索、録画番組の再生操作などもすべて声のみで操作できる

番組検索、録画番組の再生操作などもすべて声のみで操作できる

なお、「声でラクラク操作」自体はGoogleアシスタントのスキル機能を活用した機能となっており、同機能を利用するにはレコーダー本体をネットワークと接続し、スマートフォン向けの専用アプリ「AQUOSスマートスピーカーコネクト」を使ってクラウドサービスと連携する必要がある。

「声でラクラク操作」は専用アプリ「AQUOSスマートスピーカーコネクト」を使ってクラウドサービスと連携することで利用できる

音声操作を始める際は、Google HomeなどのGoogleアシスタント対応のスマートスピーカー、Googleアシスタント対応スマートフォン、Android TV搭載のAQUOS付属リモコンなどから「レコーダーに接続して」というウェイクワードを伝え、レコーダーとクラウド経由で接続。接続完了後に操作したい内容を伝えることで音声操作できるようになる仕組みだ。レコーダー付属のリモコンでは「声でラクラク操作」は利用できてない点は注意したい。

スマートフォンからの操作には「AQUOSスマートスピーカーコネクト」とアカウント連携が必要。1アカウントで管理できるのは1デバイスのみだ

Android TV搭載AQUOSのリモコン(左)とAQUOSブルーレイ付属のリモコン(右)。レコーダー付属のリモコンにはマイクが搭載されておらず、「声でラクラク操作」を利用できない点は注意したい

「声でラクラク操作」機能をは「レコーダーに接続して」というウェイクワードで呼び出す形

「声でラクラク操作」機能をは「レコーダーに接続して」というウェイクワードで呼び出す形

ウェイクワードを伝えてレコーダーに接続したあとは、設定されたタイムアウトまで音声で連続操作することも可能で、たとえば「○○を検索して」と伝えて番組を検索し、検索結果の中から再生したいものがあれば、続けて「○○再生して」というように伝えることで、番組検索から番組再生まですべて音声で操作することも可能となっている。

タイムアウトまでは連続して音声操作が行える

タイムアウトまでは連続して音声操作が行える

ちなみに、「声でラクラク操作」にはレコーダーに付属するリモコンボタンの機能はすべて登録しており、音量調整やチャンネル切り替えはもちろん、やろうと思えば録画番組編集も声だけでできるそう。ただし、タイムアウトになると最初のウェイクワードを伝えるところから再度始めなければいけないため、簡単な操作だったり細かな操作が連続して続くような番組編集などを行う際は、小回りの効くリモコン操作のほうが向いているだろう。簡単な操作はリモコンで、面倒な操作は音声でといったような使い分けが本機能のキモといえそうだ。

「声でラクラク操作」以外では、番組表表示の新機能「指定ジャンル強調」がトピックだ。これまでにも、「ドラマ」や「スポーツ」「アニメ/特撮」といったジャンルごとの色分けは行われていたが、新機能では指定したジャンルのみをハイライトして表示してくれるのがポイント。番組表を一覧表示した状態でハイライトされるので、録画予約などを行う際に同時間帯に放送されている同じジャンルの番組をサっと調べるといったときに重宝しそうだ。

ザッピングや番組予約のときに重宝しそうな「指定ジャンル強調」

ザッピングや番組予約のときに重宝しそうな「指定ジャンル強調」

このほか、UHD BD対応の2機種は、4Kチューナー内蔵のAQUOSブルーレイでBDメディアに保存した4K放送番組を再生できる機能を搭載したのも見逃せない。4Kチューナー内蔵のAQUOSブルーレイでサポートした、HLG方式のHDR放送をHDR10に変換して出力する機能も備えており、HLG方式非対応の4Kテレビへの対応もバッチリだ。ディスクメディアだけとはいえ、4Kチューナーを内蔵しないレコーダーでも4K放送のコンテンツを楽しめるようになったのは大きなポイントといえるだろう。

4Kチューナー非搭載でも新4K衛星放送を録画したディスクが再生できるのはうれしいポイントだ

4Kチューナー非搭載でも新4K衛星放送を録画したディスクが再生できるのはうれしいポイントだ

新モデルの発売日は、UHD BD対応の2モデルが3月29日、UHD BD非対応の5モデルが3月8日。市場想定価格は、「2B-C20BT3」が9万円前後、「2B-C10BT3」が8万円前後、、「2B-C10BT1」と「2B-C20BW1」が7万円前後、「2B-C10BW1」「2B-C10BW2」が6万円前後、「2B-C05BW1」が5万円前後(いずれも税別)だ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
テレビ・レコーダーのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る