特集
最新機種はネット対応、全録、新4K衛星放送対応などに注目!

【2019年夏】ブルーレイレコーダーの選び方・最新トレンドを徹底解説

【2019年夏】ブルーレイレコーダーの選び方・最新トレンドを徹底解説

テレビ番組を録画するのに欠かせないブルーレイレコーダー。ネット動画や映像配信がこれだけ普及しても、地デジで放送されている連続ドラマやアニメ、スポーツ、バラエティとテレビ放送でしか観られない番組を便利に視聴したり、お気に入りの番組をBD/DVDに残しておきたいという需要は根強く、年間約200万台近くが販売されるAV機器の定番カテゴリーだ。

ブルーレイレコーダーの基本機能は登場時から変わらず放送番組の番組録画と再生だが、パナソニック、シャープ、東芝、ソニーと主要メーカーのブルーレイレコーダーを見ると、録画・再生をより便利、そして高画質にする機能が満載。そんな2019年夏のレコーダー選び方と注目機種を紹介していこう。

2019年夏のブルーレイレコーダー最新トレンド

まずは、2019年夏のブルーレイレコーダー選びで押さえておきたい4つのポイントから解説していこう。

1. スマホによるリモート視聴&ネット対応

スマホによるリモート視聴&ネット対応

2019年現在のレコーダーで必須の機能がスマホ連携だ。地デジ放送を録画するレコーダーだが、テレビ視聴だけでなく各社スマホ・タブレット向けに視聴アプリも提供。リビングのレコーダーで録画した番組を自分の部屋で観たり、通勤・通学の電車で録画済み番組を視聴する機能も幅広い機種に広まっている。

2. 録り逃しなしの”全録”対応

録り逃しなしの”全録”対応

レコーダーにとってもっとも重要な“番組を録り逃さない”という要素。この要素を極めるコンセプトで登場しているのが全録対応のレコーダーだ。通常のレコーダーは気になる番組をあらかじめ録画予約するという事前準備が必要だが、全録対応のモデルは6ch以上のチューナーを内蔵し、過去1週間分をまるまる録画というように、基本的に全番組を録画してくれる。SNSで盛り上がった番組を後追いでチェックできるなど、これまでのレコーダーの視聴スタイルが変わるほどの便利さが好評を得ている。

3. 新4K衛星放送対応レコーダーも選べる

新4K衛星放送対応レコーダーも選べる

2018年12月に放送を開始した新4K衛星放送の録画も、4K画質によるHDD録画、4K画質でBDへの保存まで対応するレコーダーが登場している。レコーダーは新4K衛星放送を視聴するチューナー代わりにもできるので、4Kチューナー非搭載のテレビに4Kチューナー搭載レコーダーを買い足して“4K放送レディ”にするのもアリだ。

4. Ultra HD Blu-ray再生対応も定番化

Ultra HD Blu-ray再生対応も定番化

2016年から発売されているブルーレイの高画質規格「Ultra HD Blu-ray」の再生もレコーダーの上位モデルで対応している。Ultra HD Blu-rayは4K/HDRの映像を収録しており、対応レコーダーと4Kテレビとの組み合わせでは4K映像を視聴できる。

レコーダーの基本スペックは搭載チューナーと内蔵HDD容量

先に紹介したように、最近のブルーレイレコーダーは録画・再生をより便利、そして高画質にする機能が充実しているが、レコーダーの選び方の基本はやはり録画性能だ。レコーダーの基本スペックは、「搭載チューナー数」と、「内蔵HDD容量」。各社レコーダーは、型落ちも含めると2つのスペックの組み合わせで概ね機種を選べるように展開している。

パナソニックの例。搭載チューナーと内蔵HDD容量という2つのスペックの組み合わせで概ね機種を選べるようになっている

価格.comでもっとも売れ筋でオーソドックスなスペックが「2チューナー搭載」で内蔵HDD「1TB」のモデル。4万円程度で購入できることもありコスパも◎。あとは家族で共有するレコーダーなら同時録画数を重視して3チューナー搭載、または全録レコーダー、また連ドラやアニメを1クール録り貯めて一気見することが多いならHDD容量を2TB、3TBと増やすことを検討しよう。

以上のトレンドとスペックの基礎知識を踏まえ、次ページからレコーダー大手4社の「スタンダードレコーダー」「全録レコーダー」「4Kレコーダー」の3カテゴリーから注目機種を紹介しよう。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る