ニュース
NetFlixやhuluなどのネット動画も楽しめる!

パナソニックのモニター付きワイヤレススピーカーはYouTube好きでスマホが手放せない人必見!

6月17日、パナソニックはYouTubeの動画をスマートフォンから簡単にディスプレイに再生できるディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発表した。発売予定は7月19日で、市場想定価格は3万円前後。

ディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」。SBC/AAC対応のBluetoothスピーカーとしてだけでなく、ディスプレイやWi-Fi機能を活用した新しい使い方ができるという

YouTubeが好きでスマホが手放せないという人に向けて開発したという新機軸のワイヤレススピーカー。Bluetoothスピーカーに、10型(1024×600ドット)のモニターとWi-Fi機能を内蔵。製品単体でのYouTube再生はもちろん、同じWi-Fiに接続しているスマホのYouTubeで再生している動画をキャストして楽しめる機能を備えており、YouTube動画をワイヤレススピーカーのモニターで、SNSなどのほかの作業をスマホで同時に利用できるのがポイントとなっている。

10型(1024×600ドット)のモニターと円筒形のBluetoothスピーカーを組み合わせたユニークな形状を採用。本体サイズは、333(幅)×168(高さ)×105(奥行)mmと、比較的コンパクトだ。なお、ディスプレイはタッチ非対応。電源は専用ACアダプター経由で供給する形となっている

付属の専用リモコン。電源ON/OFFやボリューム調整、入力切り替えなどの本体のボタンで操作できる機能以外を操作する場合は、こちらのリモコンを使用する

また、スマホからBluetoothスピーカーで再生している楽曲の曲名やアーティスト名から関連したYouTube動画を複数サジェストする機能も用意。サジェストされたYouTube動画は、付属の専用リモコンのほか、楽曲の再生に使用しているスマホ側の音楽アプリの再生/一時停止ボタンのタップ操作で簡単に再生できるようになっているのもユニークだ。

さらに、YouTube以外にもネット動画用アプリを内蔵しており、NetFlixやhulu、Paravi、DAZN、dTV、radiko.jpといったコンテンツも本体だけで楽しめるのもポイント。DLNA機能も備えており、お部屋ジャンプリンク対応の同社製レコーダーとの組み合わせなら放送中の番組や録画番組を楽しめる。ちなみに、他社製レコーダーとの組み合わせでも録画番組は再生可能だ。このほか、本体背面にHDMI端子を装備。ChromeCastやFire TV、HDMI接続対応のゲーム機などの接続にも対応している。

YouTube以外にも、NetFlixやhulu、DAZNといった主要動画配信サービスにも対応している

YouTube以外にも、NetFlixやhulu、DAZNといった主要動画配信サービスにも対応している

本体背面にはHDMI入力×1も用意。ゲーム機などを接続し、本機をモニター代わりに使うこともできる。このほか、ヘッドホン出力×1も用意されている

円筒型のスピーカー部は、360度全方位に音が広がるように独自形状のディフューザーを採用。モニター背面空間を活用したロング・バスレフポートも備え、コンパクトなボディながら、クリアで豊かな重低音再生を実現している。

スピーカーの実用最大出力は10W。独自形状のディフューザーで部屋中に音を広げてくれるという

スピーカーの実用最大出力は10W。独自形状のディフューザーで部屋中に音を広げてくれるという

スマホでYouTube動画を探してモニターにキャストするだけという簡単操作はいまどきのスマホユーザーライクで、ワイヤレススピーカーらしく音質も折り紙つき。テレビは見ないがYouTubeなどのネット動画はよく見る、タブレットよりも高音質でコンテンツを楽しみたいという人にまさにうってつけの製品といえそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る