特集
全メーカー4K対応モデルとなり薄型テレビ買い替えは今が狙い目!

予算10万円/20万円/30万円から選ぶ2019年夏の4Kテレビバイヤーズガイド

今年の夏は、薄型テレビ買い替えが狙い目だ。昨年12月にスタートした新4K衛星放送は、ついに全メーカーから新4K衛星放送チューナー内蔵モデルが出そろい、買い控えする理由はまったくナシ。今年はラグビーW杯、来年には東京五輪とスポーツ国際大会もあるので、今のうち4K放送を観られるようにしておきたいところだ。そこで本特集では、2019年夏のテレビ購入で抑えておきたいポイントと注目機種を紹介していこう。

スポーツ国際大会に向けて薄型テレビの買い替え時期に入る2019年夏

スポーツ国際大会に向けて薄型テレビの買い替え時期に入る2019年夏

2019年夏の4Kテレビ購入で抑えておきたいポイントは、やはり新4K衛星放送チューナーの内蔵だ。昨年12月1日から新4K衛星放送がスタートし、現在のBS放送を受信している人は追加の設備投資なしでNHK BS4Kを始めとしたBS右旋の6chを視聴できる。テレビは購入から約10年使うものなので、今のタイミングで4Kチューナーなしを買ってしまうと後悔する可能性大。4Kチューナーを内蔵しない“格安4Kテレビ”や、型落ちモデルは一部を除いて選びにくいタイミングとも言える。

2019年夏の4Kテレビ選びは4Kチューナー搭載がマスト

2019年夏の4Kテレビ選びは4Kチューナー内蔵がマスト

テレビを購入する際に、最初に考えるのは予算と画面サイズだ。2019年夏の購入ガイドとしては、4Kテレビの購入予算は10万円コース、20万円コースの4K液晶テレビ、30万円コースの有機ELという予算感で考えると探しやすい。

10万円コースの選択肢となるのはメーカー各社の4K液晶テレビエントリーラインで、サイズは43-50型程度。予算重視と言っても当然4Kチューナーは搭載しているし、Wi-Fi内蔵でNetflixなどの映像配信なども搭載している。

20万円コースは4K液晶テレビとしての上位モデルで、サイズは同じく43-50型程度。最上位の高画質エンジン搭載、LEDバックライトのエリア駆動に対応した高画質モデルもいくかラインアップされている。

30万円コースは、有機ELテレビの55型モデル。2019年夏の時点で各社テレビラインラップの最上位は有機ELにシフトしていて、今では有機ELの中でもシリーズが存在するほど。なお、有機ELは各社65型モデルも存在するが、予算も跳ね上がり40-60万円近い価格帯になる。

ここからはそれぞれの予算コースから注目機種をピックアップして紹介しよう。

予算10万円前後のハイコスパ4K液晶テレビ

実売価格早くも7万円突入!ハイコスパの決定版
ハイセンス「50E6800」

ハイセンス「50E6800」

ハイセンス「50E6800」

昨年から日本のテレビ市場で価格破壊を進めているブランドがハイセンス。中国メーカーと侮りがちだが、昨年4月に東芝映像ソリューション(以下、東芝)を傘下に収めて以降は東芝REGZAと共同開発した高画質エンジンを搭載したモデルをラインアップ。画質は鮮やか志向のチューニングだが地デジがキレイという特徴はREGZAと共通だ。「レグザエンジンNEO」を搭載した「50E6800」は5月下旬発売だが、6月下旬時点で最安値は早くも7万円台に突入。ハイセンスがこの価格で購入できるとなると、4Kチューナーを内蔵しない格安4Kテレビを選ぶ理由はもうないだろう。

IPS液晶搭載にドルビーアトモス対応でお得感満載
LGエレクトロニクス「49UM7100PJA」


LGエレクトロニクス「49UM7100PJA」

LGエレクトロニクス「49UM7100PJA」

4K液晶テレビの入門モデルながら、視野角の心配のないIPSモデルを探しているという人にヒットするのがLGエレクトロニクスの4K液晶テレビ。4月発売の49型入門モデル「49UM7100PJA」も当然4Kチューナーを内蔵している。内蔵のスピーカーは立体音響の「DolbyAtmos」対応と、サウンドも入門クラスとは思えない水準。ネット機能は上位機種と同じくAmazonプライム・ビデオまで対応しているのがうれしい。

IPSパネル搭載で日本ブランドの定番
パナソニック「VIERA TH-49GX750」

パナソニック「VIERA TH-49GX750」

パナソニック「VIERA TH-49GX750」

日本の大手メーカーからは、パナソニック「TH-49GX750」を紹介したい。2019年1月発売と登場が早かったこともあり、6月下旬の価格.com最安値で10万円を割り込む価格で販売されている。4Kチューナーも内蔵しているし、入門クラスながらIPS液晶を採用していて視野角が広いとこもスキなし。Amazonプライム・ビデオまでカバーする豊富なネット機能や、テレビ放送もネット動画も一画面で探せる「アレコレチャンネル」といった決め細やかな操作性などは、さすが日本メーカーといったところだ。

予算は20万円以下!高画質・多機能な4K液晶テレビ

4K液晶上位モデル並の設計が驚きのハイコスパ
ハイセンス「55U7E」

ハイセンス「55U7E」

ハイセンス「55U7E」

3月に発売されたハイセンスの「55U7E」は、ハイセンスらしい激安プライスが炸裂しているモデル。倍速液晶にエッジ型LEDながらエリア駆動に対応、東芝と共同開発した高画質エンジンの上位版「レグザエンジンNEO plus」を搭載していて、ハイセンスらしい鮮やかな画質チューニングを実施。高画質スペックで考えると、日本メーカーの4K液晶テレビ上位モデル並みだが、6月下旬時点の実売価格ではすでに日本メーカーの入門機と並ぶ10万円近いプライスとなっており、お買い得感モデルであることは間違いない。

スタンダードクラスなのに全録に対応した多機能モデル
東芝「50RZ630X」

東芝「50RZ630X」

東芝「50RZ630X」

東芝REGZAは、「RZ630」シリーズが面白い存在だ。新型番である「RZ630X」は、搭載エンジンは「レグザエンジン Evolution-S」でエントリー機種のM530X相当ながら、地デジ9チューナーで「タイムシフトマシン」対応と機能は上位モデルのZ730X相当。2TBのUSB HDD搭載で本製品を購入するだけで全録ライフを手に入れられる。50型の「50RZ630X」は、6月下旬時点の価格.com最安価格で14万円台。M530XとZ730Xとちょうど中間で、Z730Xの機能面に惹かれた人におすすめだ。

4K液晶テレビで高画質モデルといえばREGZA
東芝「49Z730X」

東芝「49Z730X」

東芝「49Z730X」

4K液晶テレビの高付加価値モデルとして注目したい機種が東芝「49Z730X」。全面直下LEDエリア駆動にIPSパネル(65型のみVAパネル)、高画質エンジン「レグザエンジン Professional」と4K液晶REGZAの最高峰らしい高画質機能満載のモデルだ。地デジもキレイというREGZAの特徴はさらに強化されたほか、USB HDD増設で「タイムシフトマシン」による全録にも対応。有機ELほどの予算は出せないが、高画質・高機能が欲しい人にジャストフィットするモデルだ。

予算30万円コース。高画質をとことん追求した4K有機ELテレビ

有機ELでもコスパ最強はハイセンス
ハイセンス「55E8000」

ハイセンス「55E8000」

ハイセンス「55E8000」

有機ELテレビ購入でコスパを重視するなら、ハイセンス「55E8000」がぴったりだ。6月下旬の価格.com最安価格で20万円割れと、先に紹介した予算20万円クラスの選択肢にも入る圧倒的コスパが魅力的。ラインアップは55型の1機種のみだが、有機ELパネルに東芝と共同開発した高画質エンジン「レグザエンジンNEO plus」と、国内メーカーに遜色ない高画質を実現。全録対応ではないものの、3チューナーによるダブル録画対応と機能面で不安はない。

多機能の有機ELテレビならREGZAが鉄板
東芝「REGZA 55X930」

東芝「REGZA 55X930」

東芝「REGZA 55X930」

日本メーカーの有機ELテレビで高画質だけでなく多機能まで狙うなら東芝REGZA「X930」だ。“プロスペックREGZA”として映像制作プロフェッショナル向けの機能を開放したほか、HDMIを7系統備えるなど、映像マニアにはたまらないモデルに仕上がっている。もちろん、画質についても折り紙付き。最新の「レグザエンジン Professional」による精細感の高い美しい映像、そして有機EL随一の地デジの高画質はさすがREGZA。「タイムシフトマシン」の全録対応と録画機能も充実しており、機能性で選ぶなら「X930」がトップ候補だ。

独自構造「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」を搭載
パナソニック「VIERA 55GZ2000」

パナソニック「VIERA 55GZ2000」

パナソニック「VIERA 55GZ2000」

2019年夏の有機ELテレビの注目モデルのひとつがパナソニックの「GZ2000」。有機ELパネルをセル単位で購入し、自社工場で組み上げる独自構造「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」を搭載。液晶テレビと比べて有機ELテレビで課題であるとされていた画面の暗さを、独自のパネル技術で克服し、パネルの輝度性能を大きく向上させているのがポイントとなっている。サウンドは“Tuned by Technics”で、本体に上向きのイネーブルドスピーカーを搭載し、天井反射による「DolbyAtmos」にも対応。2019年夏の有機ELテレビのなかでも、映像性能でトップのモデルとして推したいモデルだ。

AI機能の先進性と安定のコスパで選ぶなら
LGエレクトロニクス「LG OLED TV 55C9PJA」

LGエレクトロニクス「LG OLED TV 55C9PJA」

LGエレクトロニクス「LG OLED TV 55C9PJA」

有機ELテレビの価格競争を牽引してきたLGエレクトロニクスも、2019年夏モデルで4Kチューナー内蔵モデルを展開してきた。なかでも狙い目のモデルが、スタンダードな「C9P」シリーズ。機能面では、「AI映像」「AI輝度」を始めとしたAIによる画質最適化、「AIサウンド」によるサウンドの最適化と、AI技術を前面に押し出しているのが特徴となる。ちなみに、音声入力によるAIアシスタントについても、独自のThinQ AI、Googleアシスタント、Amazon Alexaと、全3種類に対応。スピーカーは立体音響のDolbyAtmosに対応するなど、サウンド面もなかなか。価格と先進的なAI機能で選ぶならおおいにアリだ。

映像を音の一体感で魅せる1台
ソニー「BRAVIA J-55A9G」

ソニー「BRAVIA J-55A9G」

ソニー「BRAVIA J-55A9G」

画面を振動させて音を出す「アコースティックサーフェイスプラス」を採用し、映像と音の一体感を高めているソニーの有機EL BRAVIA。最新機種の「A9G」は次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載とともに、新たに立体音響のDolbyAtmosもアップデートに対応を予定。Android TV搭載で、映像配信、Googleアシスタント対応とネット連携も強力。映像と音、そしてネットワークと高次元でバランスの取れたモデルだ。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る