ニュース
従来モデルから装着感・音質・接続性などさまざまな部分を強化

わずか6g!Jaybird史上最小・最軽量の完全ワイヤレスイヤホン「VISTA」

ロジクールが展開するランナー向けイヤホンブランドのJaybirdから、完全ワイヤレスイヤホンの新モデル「VISTA」が発表された。カラーバリエーションによって発売日が異なっており、BLACKが8月8日、NIMBUS GRAYが8月22日、MINERAL BLUEが10月25日発売となっている。価格はいずれもオープンで、直販サイト「Jaybirdオンラインストア」での販売価格は23,880円(税別)だ。

Jaybird「VISTA」。写真左からBLACK、MINERAL BLUE、NIMBUS GRAYだ

Jaybird「VISTA」。写真左からBLACK、MINERAL BLUE、NIMBUS GRAYだ

Jaybirdブランドの完全ワイヤレスイヤホンとしては、「RUN」「RUN XT」に次ぐ3モデル目の製品で、これまでの製品課題となっていたさまざまな部分をアップデートしたという。

なかでも、ランナー向けの完全ワイヤレスイヤホンということで、本体のサイズ感や装着感にはかなりこだわっている。ランニング中もしっかりとフィットさせるには、耳穴にしっかりと収まる小型ボディが重要だと考え、本体を片耳わずか6g、イヤージェルを外した状態で4.7gというJaybirdイヤホン史上最小・最軽量ボディを実現。しかもこれだけ小型・軽量ながら、IPX7相当の防水性能も装えており、イヤホン本体の丸洗いもできるというのだから驚きだ。

左が「RUN XT」、右が「VISTA」。「RUN XT」も元々かなり軽量だったが、「VISTA」はさらに軽量化された

左が「RUN XT」、右が「VISTA」。「RUN XT」も元々かなり軽量だったが、「VISTA」はさらに軽量化された

また、独自のイヤージェルで固い樹脂素材で覆われたイヤホン本体が直接耳に触れないようにすることで、耳へのフィット感を高めているのもポイントだ。イヤージェルはイヤーチップやフィンと一体となった特殊形状となっており、イヤーチップ部分だけ別のものに交換するといったことはできないが、耳に当たる部分をイヤージェルですべて覆うような設計とすることで、付属の3サイズのイヤージェルだけで、どんな耳でも安定した装着感が得られるようになっているという。

イヤージェルは耳に当たる部分をイヤージェルですべて覆うような設計だ

イヤージェルは耳に当たる部分をイヤージェルですべて覆うような設計だ

3サイズのイヤージェルが付属する(うち1つは本体装着済み)

3サイズのイヤージェルが付属する(うち1つは本体装着済み)

ドライバーユニットは、「TARAH PRO」にも採用された6mm径タイプのものを採用。継ぎ目のない一体成型とすることで、ひずみを抑えたクリアな音に仕上がっているという。ちなみに、Jaybirdのイヤホンはすべて6mm径のドライバーユニットが用いられているのだが、ドライバーユニットを大口径化することで高音質化することも可能なのに、イヤホン本体が大きくなってフィット感が損なわれてしまうため、あえて小口径のものを使っているそうだ。

また、Jaybirdでは、イヤホン本体の装着感だけでなく、音までフィットさせるというブランドポリシーから、専用アプリ経由によるEQのカスタマイズや、イヤホン本体へのカスタムEQの保存などを提供しているが、こちらは「VISTA」にもしっかりと継承されている。

JayBirdのイヤホンではおなじみとなっている専用アプリ経由でのEQカスタマイズなどにもしっかりと対応している

ボタン操作のデフォルト設定はこちら。ちなみに、専用アプリでカスタマイズすることで、ボリューム調整やボイスアシスタント起動といった機能をアサインすることも可能だ

充電ケースについては、ランニングパンツのポケットに入れて走っても邪魔にならないように徹底的に薄型・軽量化を実施。充電用端子に最新のUSB Type-Cを採用したほか、イヤホン収納部やケース開閉部にマグネットを採用するなど、使い勝手についてもかなり配慮したそうだ。なお、バッテリー駆動時間は、イヤホン単体で6時間、10時間分充電できるケースとの併用で最大16時間。5分の充電で1時間再生できる急速充電機能も備えている。

薄型の長方形デザインになった「VISTA」の専用ケース。サイズ感だけでなく耐久性にもこだわっており、叩きつけても壊れないくらいにはなっているそうだ

フタをあけるとこんな感じ。左右イヤホンの間の部分にある丸いボタンがペアリング用ボタンだ

フタをあけるとこんな感じ。左右イヤホンの間の部分にある丸いボタンがペアリング用ボタンだ

「VISTA」と「RUN XT」のケースの比較。だいぶ薄くなっていることがおわかりいただけるだろう

「VISTA」と「RUN XT」のケースの比較。だいぶ薄くなっていることがおわかりいただけるだろう

そして、「VISTA」最大の特徴といえるのが、接続安定性と音の遅延の改善だ。「RUN」や「RUN XT」では、スマホやDAPから送信した信号を親機側で受け取り、そこから子機に信号を再送していたため、信号のドロップアウトや映像と音(リップシンク)のズレが発生していたのだが、「VISTA」では、新開発した「JBS1」チップを新たに搭載。イヤホンケースから先に取り出したイヤホンを親機とし、スマホやDAPからは親機に対してのみ信号を送信、後から取り出した子機側は、スマホやDAPから親機に対して送られている信号を自ら取りに行くことで、接続安定性や音の遅延といった課題を解決したという。

ちなみに、「VISTA」では左右のイヤホンのどちらか片方だけでも運用できるようになっているのだが、左右のイヤホンを装着した状態から親機として立ち上がったイヤホンを収納した際は、子機側が瞬時に親機に切り替わり、途切れることなく音楽を楽しめるということだ。

実際に、お昼過ぎの地下鉄車内でスマホと「VISTA」をつなげて、YouTube動画やゲームアプリなどを試してみたが、信号のドロップアウトはほぼなかった。リップシンクのズレについては、コンテンツによって多少感じられるものの、「RUN」や「RUN XT」に比べれば劇的に改善されていた。遅延が大きいといわれているSBCコーデックのみの対応で、これだけの遅延に抑えられているのは、やはり新開発の「JBS1」チップのおかげなのだろう。

Jaybirdがランナーのための機能を突き詰めて開発した最新の完全ワイヤレスイヤホン「VISTA」。ランニング用に装着感にすぐれた完全ワイヤレスイヤホンを探している人は、ぜひチェックしてみてほしい。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る