レビュー
3製品それぞれサウンドキャラクターが異なる!

ゼンハイザーの新世代モニターイヤホン「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」「IE 40 PRO」を聴く

ゼンハイザーの新世代モニターイヤホン「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」「IE 40 PRO」を聴く

ゼンハイザーから、新世代となるイヤーモニター「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」「IE 40 PRO」が登場した。いずれも、これまでの製品とはまったく異なるデザインコンセプトを持ち、それでいてダイナミック型ドライバー搭載など、こだわりの部分は変わらず継承されている。そんなゼンハイザーの新世代モニターイヤホンについて、今回、ひとまとめに紹介させていただこうと思う。

カナル型、耳掛けタイプのイヤーモニターという共通点はあっても、「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」の2つと先に登場した「IE 40 PRO」とでは、着脱式ケーブルのコネクター部分が異なっているなど、微妙にコンセプトが異なっていたりする。そこで、まずは一番最初に発売された「IE 40 PRO」から、詳細を紹介していきたいと思う。

「IE 500 PRO」と「IE 400 PRO」はクリアとスモーキブラック、「IE 40 PRO」はクリアとブラックのカラバリが用意されている。今回はすべてクリアカラーを用意したが、同じクリアでも「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」と「IE 40 PRO」では透過具合も異なっているようだ

カナル型、耳掛けタイプのイヤーモニターという共通点はあっても、「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」の2つと先に登場した「IE 40 PRO」とでは、着脱式ケーブルのコネクター部分が異なっているなど、微妙にコンセプトが異なっていたりする。そこで、まずは一番最初に発売された「IE 40 PRO」から、詳細を紹介していきたいと思う。

「IE 40 PRO」は、耳にフィットする薄型の筐体と、耳掛けタイプの着脱式ケーブルを持つカナル型イヤホン。プロユース、特にユニバーサル・ステージモニターを前提とした作りが為されているようで、堅牢な作りがアピールされている。実際、小柄&薄型のイヤホン本体はなかなか丈夫そう。

ゼンハイザー「IE 40 PRO」

ゼンハイザー「IE 40 PRO」

ゼンハイザー「IE 40 PRO」を装着したところ

ゼンハイザー「IE 40 PRO」を装着したところ

また、シリコンタイプに加えてフォームタイプのイヤーピースを付属し、イヤーピース自身にもゴミや汗の浸入を軽減させるのが目的と思われるフィルターが装備されている。さらに着脱式ケーブルの端子がかなり奥まで潜り込むようなレイアウトになっていたり、イヤホン本体のノズル部分にもフィルターが装着されているなど、確かに、プロ目線でのさまざまな配慮が盛り込まれている様子がうかがえる。

「IE 40 PRO」の付属品。イヤーピースはシリコンタイプがS/M/Lの3つ(うち1つは装着済み)、フォームタイプがMサイズ1つだ

ゴミがノズルに入り込まないように、ノズルの先端部分にスポンジ素材が入っているほか、イヤーピース側にもフィルターが用意されている

ちなみに、着脱式ケーブルの端子は独自タイプで、オーディオテクニカで採用されているA2DCをさらに細くしたようなデザインとなっているが、まったくのオリジナルタイプのようだ。なお、着脱式ケーブルの長さは1.3mで、アンプ側は3.5mmのL字型コネクターが採用されている。プロユース前提なので、インラインリモコンなどは付属していない。

ドライバーは、こういったタイプのイヤホンとしてはやや大柄な部類に入る、10mm口径のダイナミック型ユニットが搭載されている。新規開発ユニットか、はたまたこれまでにもあったものかなどなど、詳細はまったくの不明だが、もしかするとIE60またはIE80など、これまでのイヤーモニター製品に搭載されていたユニットと何らしらの共通点があるのかもしれない。

いずれにしろ、プロユースのステージモニターというコンセプトに集中して作り上げられた製品であることは随所からうかがえる。手頃な価格や、現在ユニバーサル・ステージモニターとして評判の高いSHURE「SE215」に劣らぬ装着感の高さなど、“プロ向けの製品”として高い人気を集めそうだ。

さて、実際のサウンドはというと、メリハリのしっかりしたパワフルなサウンド。押し出しの強い低域によってグルーヴ感がしっかりと伝わり、演奏自身も躍動的に感じる。対して高域は派手やかで鋭いヌケを持つ。サウンドキャラクターとしては、同社製のヘッドホン「HD25」に近いイメージかもしれない。もともとの音楽の特徴が分かりやすい、ダイレクトさを重視したサウンドといえる。

続いて、「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」の詳細を見ていこう。同時発売されたこちらの2つは、イヤホン本体のデザインがほぼ一緒だったりと、姉妹機と呼んでいい内容となっている。搭載ドライバーの口径も7mmと同じで、こちらは「IE800s」の流れをくむユニットのようだ。ちなみに、ドライバーユニットが小口径となったためか、「IE 40 PRO」に対してよりノズルに近い位置となっている。よりピュアなサウンドを求めるため、このレイアウトを採用したのかもしれない。

ゼンハイザー「IE 500 PRO」

ゼンハイザー「IE 500 PRO」

ゼンハイザー「IE 500 PRO」を装着したところ

ゼンハイザー「IE 500 PRO」を装着したところ

ゼンハイザー「IE 400 PRO」

ゼンハイザー「IE 400 PRO」

ゼンハイザー「IE 400 PRO」を装着したところ

ゼンハイザー「IE 400 PRO」を装着したところ

というのも、「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」は、ステージモニター前提の「IE 40 PRO」に対して、モニターイヤホンとしての音質のよさにこだわった部分が垣間見られるからだ。もちろん、「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」も薄型のイヤホン本体を採用し、耳掛け型の着脱式ケーブルを採用しているが、同時にノズル部分のフィルターが取り払われ、ノズルと一体化されたガードに変更されている。

「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」は、ノズル先端部分の加工が「IE 40 PRO」と異なり、フィルターとノズルが一体成型されている

また、上位モデルの「IE 500 PRO」は、着脱式ケーブルがシルバー色のツイストペアケーブルに変更されているなど、堅牢さやコストパフォーマンスをやや音質よりにシフトさせた様子がうかがえる。ちなみに、着脱式ケーブルのコネクターは「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」専用タイプで、見かけはMMCXをさらに丈夫にしたようなデザインとなっている。なかなか丈夫そうなコネクターだが、残念ながら「IE 40 PRO」と互換性はない。精度の低い市販品を使われたくない、という意思表示なのかもしれないが、せめて「IE 40 PRO」くらいは共通化してほしかった。できれば、(「IE 40 PRO」を「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」と同じタイプへ変更するなど)今後の改良を期待したい。

「IE 500 PRO」のみ、着脱式ケーブルがシルバー色のツイストペアケーブルを採用する

「IE 500 PRO」のみ、着脱式ケーブルがシルバー色のツイストペアケーブルを採用する

着脱式ケーブルの先端部分。写真左の「IE 500 PRO」と中央の「IE 400 PRO」と、右の「IE 40 PRO」で形状が異なっている

なお、付属のイヤーピースは(「IE 40 PRO」)フォームタイプが3サイズへ増え、シリコンと合わせて6ペアが同梱されることとなった。どちらのタイプにもフィルターが内蔵され、ゴミ等の侵入を防ぐようになっている。

「IE 40 PRO」よりも上位のモデルということで、付属品も若干豪華に。フォームタイプのイヤーピースがS/M/Lの3サイズになっていたり、セミハードタイプの専用ケース、3.5mm⇒6.5mm変換アダプターも標準で付属する

さて、姉妹機となる「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」だが、この2製品では何が異なっているのだろう。外観を見る限り、違いはまったくといっていいほど分からない。刻まれている製品名が異なるくらいだ。よく見ると、ドライバー背面のカバーが異なっているなど、仕様の違いがうかがえるが、目に見えるのはそのくらいだ。

しかしながら、そのサウンドを聴いてみると、両者では異なるサウンドキャラクターを持ち合わせていることが分かる。

まず「IE 500 PRO」は、艶やかで煌びやかな高域と、締まりのよい、それでいてボリューム感のある躍動的な表現の低域が特徴。とてもエネルギッシュな、印象の強いサウンドを持っている。金管楽器は鋭く、そして煌びやか。まるで音が光り輝いているかのような、派手やかな音に感じられる。ピアノも、倍音成分がしっかりと乗っている、通りのよい音を聴かせてくれる。指のタッチも軽やかで、とてもリズミカルに感じられる演奏だ。

そしてそれ以上に印象的だったのが女性ボーカルだ。普段にも増して声のヌケがよく、それでいて低域側の付帯音もしっかりと伝わってくるため、とても伸びやかな、それでいて厚みのある歌声を楽しませてくれた。解像度も高く、チェロのボーイングやアコースティックギターの胴鳴りなど、空気感を含む細やかなニュアンスがしっかりと伝わってくるので、音にリアルさが伴っている。なかなかに魅力的なサウンドといえる。音色傾向や解像感の高さなど、サウンドキャラクターは「IE800」に近いイメージかもしれない。

いっぽうの「IE 400 PRO」は、もうすこし「IE 40 PRO」というか、ゼンハイザー製ヘッドホンのモニターサウンドに近いイメージを持つ。パワフルで押し出し感の強い、ボリューム満点の低域を持ち、高域も鋭く派手やかだ。おかげで、金管楽器、木管楽器ともにキレのよい、勢いのある演奏に感じられる。いっぽう、低域はグルーヴ感よりも迫力が勝っている印象で、ドラムも普段より力のこもった演奏に感じられる。解像感もそれなりに確保されているが、どちらかというとパワー感溢れるサウンドを一体感よく聴かせてくれる、といったイメージだ。

このように、ゼンハイザーの新世代イヤーモニターは、共通するイメージの外観を持ちながらも、3製品それぞれにサウンドキャラクターが異なっていて、特に「IE 500 PRO」「IE 400 PRO」と「IE 40 PRO」とでは製品のコンセプトも異なっている、キャラクターのハッキリした製品だ。利用するシチュエーションでベストな1台は変わるし、それ以上に音の好みが分かれるかもしれない。ぜひ、3製品ともに1度は試聴して、自分にとってのベストワンを選びだしてほしい。

蛇足で筆者のお気に入りを挙げるとすると、やはり「IE 500 PRO」だろうか。この艶やかな音は、大いに魅力的だ。

野村ケンジ

野村ケンジ

ヘッドホンなどをはじめ幅広いジャンルで活躍するAVライター。ハイレゾ音源についても造詣が深く、アニソンレーベルのスーパーバイザーを務めるほか、TBSテレビ開運音楽堂「KAIUNハイレゾ」コーナーではアドバイザーとしてレギュラー出演している。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る