ニュース
「DRA-100」の後継となるデザインシリーズ最新機

最新世代DDFA搭載でBTL構成! デノンの小型ネットワークレシーバー「PMA-150H」

デスクトップサイズのミニマムなHi-Fiコンポーネントとして人気を博す、デノンの「デザインシリーズ」。クアルコムのデジタルアンプモジュール「DDFA」を採用することで、高音質化とフルデジタルによる小型化を両立するのが特徴だ。そのシリーズ最新モデルとして、ネットワーク対応の小型プリメインアンプ「PMA-150H」が発表された。

ポイントはDDFAの第二世代を搭載し、機能強化を果たしていること。メーカー希望小売価格は12万円(税別)で、2019年9月下旬発売を予定している。そのコンパクトなサイズで多様化するオーディオスタイルをサポートする、PMA-150Hの魅力を紹介しよう。

「DRA-100」の後継機! Alexa対応のコンパクトな多機能レシーバー

PMA-150Hは、デノンから2015年に登場し大ヒットしたプリメインアンプ内蔵ネットワークプレーヤー「DRA-100」の後継モデルとなる。その特徴を簡単に言うと、「DDFAを搭載するコンパクトで多機能なネットワークレシーバー」だ。

本体サイズは280(幅)×104(高さ)×337(奥行)mm(アンテナを寝かせた状態)、重量は5.6kg。入出力端子として、アンバランス入力×2、同軸デジタル入力×1、光デジタル入力×2、USB-B入力×1、サブウーハープリアウト×1、ヘッドホン出力×1を装備する

アンプ出力は70W+70Wを確保し、最大11.2MHz DSD、382kHz/32bit PCM対応のUSB-DAC機能を搭載するほか、IEEE 802.11a/b/g/nのWi-Fi規格(2.4/5GHz)にも準拠。デノンのネットワーク再生機能「HEOS」テクノロジーに対応しており、ホームネットワーク経由でNAS内音楽の再生やインターネットラジオの聴取が行える。また、「Spotify」などの音楽ストリーミングサービスの再生や、Amazon Alexa対応スマートスピーカーと連携しての音声コントロールにも対応した。

さらにBluetooth入力も可能なほか、ワイドFM対応のAM/FMチューナーも搭載している。コンパクトな高音質レシーバーという位置づけはそのままに、ここ数年で登場したSpotifyやAlexaといった最新のネットワーク連携機能に対応した形だ。

最新世代「DDFA」を4基搭載し、BTL構成を採用

続いて設計面の特徴を見ていきたい。上述の通り、PMA-150Hは最新の第二世代DDFAモジュールを搭載している。このあたりを少し解説しよう。

まずDDFAを採用するメリットとしては、筐体を小型化できることと、内部処理を全てデジタルドメインで行うため、音質の劣化を抑えられることなどがあげられる。それに加えて第二世代のDDFAモジュールは、モジュレーターとフィードバックプロセッサーがひとつのチップに集約されており、外付けの部品点数や外部から供給する電源の種類を減らすことが可能となった。その結果、デノンではPMA-150Hの開発時に多くの時間をかけて音質検討を行うことができ、従来では深く手を入れられなかった個所まで設計を詰められたという。

なかでもPMA-150Hのパワーアンプ部設計でトピックなのは、4基のアンプと4基のDDFAを内蔵したBTL構成を採用していることだ。スピーカー1台につき2基のパワーアンプで駆動するBTL構成により、デノンの公式発表によればDRA-100との比較で-85%ものノイズレベル減を実現している。

第二世代DDFAの搭載により部品数が減ったため、開発時には音質の検討に多くの時間をさけるようになったという。なおDDFAクロックも超定位相雑音クリスタル

アナログ基盤のパワーアンプセクション

アナログ基盤のパワーアンプセクション

BTL方式でグランドとつながらないことにより、アンプは純粋にスピーカー駆動に集中できる

BTL方式でグランドとつながらないことにより、アンプは純粋にスピーカー駆動に集中できる

Hi-Fi思想の内部設計で音質強化

PMA-150Hは、内部のネットワーク、デジタル、アナログセクションをそれぞれ分離して、独立基盤設計としているのもポイント。さらに、カスタム抵抗やフィルムコンデンサーなど、サウンドマネージャーによる入念な試聴を重ねて選定されたオーディオグレードのパーツを多数搭載している。

DRA-100では混合基盤設計としていたが、PMA-150Hではセクションごとに独立した基盤設計に。パーツもハイグレードなものをふんだんに使用している

また、電力を増幅する出力段のゲートドライバーとMOSFET、ローパスフィルターにはデノン独自のノウハウを投入したディスクリート回路を採用。独自のアナログ波形再現技術の最新版としてPCM 384kHz/32bit入力対応の「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載するなど、徹底的な高音質化を図っている。

44.1kHz系/48kHz系、2系統のクロックを装備し、分周によるジッターを低減

44.1kHz系/48kHz系、2系統のクロックを装備し、分周によるジッターを低減

電源回路も新しくなり、低ノイズのソフトスイッチング方式を採用。DRA-100と比較して最大出力電流が約86%アップした

バイアス電流を制御し低ノイズ化した、ディスクリートバッファー搭載のヘッドホンアンプ。同社の「PMA-60」と比べて、出力が5.5%アップしている。3段階のゲイン切替を備え、ハイインピーダンスヘッドホンの駆動にも対応

というわけで、最新世代DDFAを搭載するPMA-150Hの概要を見てきたが、いかがだっただろうか? そのコンパクトな筐体にデノンならではのHi-Fi思想を投入しつつ、最新のネットワーク再生機能強化を果たしているのは大きな魅力。デスクトップサイズの小さな筐体で、多様化するオーディオ再生スタイルに対応する1台として、ぜひ注目したい。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る