ニュース
5,000円前後で買える最大35時間再生のエントリーヘッドホンも登場

ソニーの重低音ノイキャンヘッドホンがリニューアル!フォルムを刷新し、音質・機能性も向上

9月10日、ソニーはBluetoothワイヤレスヘッドホン・イヤホンの新モデルを発表した。重低音サウンドが特徴のソニー「EXTRA BASS」シリーズからは、ノイズキャンセリング機能を備えたアラウンドイヤータイプのヘッドホン「WH-XB900N」、オンイヤータイプの「WH-XB700」、ケーブル一体型イヤホン「WI-XB400」の3モデルが登場。5,000円前後で買える最大35時間再生のエントリーヘッドホン「WH-CH510」もラインアップされる。いずれも、10月5日発売。

「EXTRA BASS」シリーズのノイズキャンセリング機能付きヘッドホン「WH-XB900N」

ソニー「WH-XB900N」

ソニー「WH-XB900N」

「WH-XB900N」は、重低音×ノイキャンで人気を博した「MDR-XB950N1」の後継モデルだ。「MDR-XB950N1」といえば、丸いハウジング形状と肉厚のイヤーパッドが特徴的だったが、「WH-XB900N」は本体デザインを刷新。ハウジングが楕円形の形状に変更されたほか、イヤーパッドも厚みを抑えてより顔にフィットするように改良され、「WH-1000XM3」に通じるフォルムに生まれ変わっている。

カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色をラインアップ

カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色をラインアップ

「WH-1000XM3」に近いフォルムに刷新

「WH-1000XM3」に近いフォルムに刷新

スイーベルに対応しており、フラットにして持ち運びできる

スイーベルに対応しており、フラットにして持ち運びできる

操作系についても「MDR-XB950N1」のボタン操作から、「WH-1000XM3」のようにハウジング部のタッチセンサー+ボタン操作となり、「WH-1000XM3」のようにタッチセンサーに触れるだけで周囲の音を素早く確認できる「クイックアテンション」も新たに搭載。MP3など圧縮音源をCD音源相当までアップスケーリングする「DSEE」をはじめ、専用アプリ「Headphones Connect」を使った重低音調整機能、ユーザーの行動を検出してノイズキャンセリング機能を自動で調整する「アダプティブサウンドコントロール」、GoogleアシスタントやAmazon Alexaといったボイスアシスタント対応など、機能面も大幅に強化されている。

タッチセンサーを新たに搭載し、タッチ操作で楽曲操作などをコントロールできる

タッチセンサーを新たに搭載し、タッチ操作で楽曲操作などをコントロールできる

タッチセンサーに触れるだけで周囲の音を素早く確認できる「クイックアテンション」も新たに搭載

タッチセンサーに触れるだけで周囲の音を素早く確認できる「クイックアテンション」も新たに搭載

ドライバーユニットは「MDR-XB950N1」と同じ40mm径。音作りは「MDR-XB950N1」のインパクトのある重低音から、ポップスのトレンド変化に合わせて迫力のあるビートとクリアな中高音メロディーを意識したチューニングに変更し、より幅広い重低音好きに好まれるように仕上げたという。

バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングONで最大30時間、ノイズキャンセリングOFFで最大35時間。10分の充電で1時間再生可能なクイック充電にも対応する。対応コーデックはSBC/AAC/aptXのほか、ハイレゾ相当のaptX HD/LDACにも対応。バッテリー切れ時の有線接続にも対応する。カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色。市場想定価格は27,000円前後(税別)となる。

「EXTRA BASS」シリーズのオンイヤーヘッドホン「WH-XB700」

ソニー「WH-XB700」。ブラックとブルーの2色のカラバリを用意

ソニー「WH-XB700」。ブラックとブルーの2色のカラバリを用意

「WH-XB700」は、「MDR-XB650BT」の後継モデルとなるオンイヤータイプのヘッドホン。こちらも「WH-XB900N」同様に本体デザインが変更されており、これまでの重厚感のあるデザインから、「h.ear on 2 Mini Wireless」に近いフォルムへと変更されている。

機能性は、ノイズキャンセリング関連機能以外は「WH-XB900N」とほぼ同等で、アップスケーリング機能の「DSEE」や専用アプリ「Headphones Connect」を使った重低音調整機能、Googleアシスタン/Amazon Alexaのボイスアシスタントなどに対応。ドライバーユニットは30mm径で、音作りの方向性は「WH-XB900N」と同じだ。バッテリー駆動時間は最大30時間で、10分の充電で90分再生可能なクイック充電にも対応する。対応コーデックはSBC/AAC/aptX。バッテリー切れ時の有線接続にも対応する。カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色。市場想定価格は17,000円前後(税別)となる。

専用アプリ「Headphones Connect」を使った重低音調整機能も搭載

専用アプリ「Headphones Connect」を使った重低音調整機能も搭載

ケーブル一体型Bluetoothイヤホン「WI-XB400」

ソニー「WI-XB400」

ソニー「WI-XB400」

「WI-XB400」は、アンダー1万円クラスに投入されるケーブル一体型イヤホンだ。バッテリーボックスとコントロールボックスを左右均等に配置した本体形状や最大15時間のバッテリー性能などを、7月発売の「WI-C200」「WI-C310」と共通しつつ、「EXTRA BASS」シリーズならではの躍動感のあるサウンドをプラス。エントリーモデルでも音質にこだわりたいという人をターゲットにしたモデルに仕上がっている。

対応コーデックはSBCとAAC。カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色。市場想定価格は8,000円前後(税別)だ。

オンイヤータイプのエントリーヘッドホン「WH-CH510」

ソニー「WH-CH510」。カラバリは、ブラック/ブルー/ホワイトの3色

ソニー「WH-CH510」。カラバリは、ブラック/ブルー/ホワイトの3色

「WH-CH510」は、「WH-CH500」の後継モデルにあたるオンイヤータイプのエントリーヘッドホンだ。「WH-CH500」もエントリーモデルながら最大20時間というバッテリー性能を備えていたが、新モデルの「WH-CH510」は、バッテリー性能をさらに強化。エントリーモデルとは思えない最大35時間というスタミナバッテリーと、10分の充電で90分再生可能なクイック充電機能を新たに備え、さらに使いやすいモデルへと進化している。

対応コーデックはSBCとAAC。カラーバリエーションは、ブラック/ブルー/ホワイトの3色をラインアップ。市場想定価格は5,000円前後(税別)となる。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る