ニュース
動作レスポンスも大幅改善。新機軸の「5upコンバーター」にも注目!

4Kダブルチューナー仕様に正常進化。シャープ「AQUOS 4Kレコーダー」第2世代モデル登場

9月12日、シャープは新4K衛星放送チューナーを内蔵した「AQUOS 4Kレコーダー」の最新モデル「4B-C40BT3」(4TBモデル、市場想定価格14万円前後+税)、「4B-C20BT3」(2TBモデル、市場想定価格11万円前後+税)、「4B-C10BT3」(1TBモデル、市場想定価格10万円前後+税)の合計3モデルを発表。10月24日に発売をスタートさせる。

「AQUOS 4Kレコーダー」最新モデル

最大の特徴は、4K放送の2番組同時録画に対応する4Kダブルチューナーの内蔵だ。シャープは昨年12月の新4K衛星放送の開始に合わせて4Kレコーダーを発売していたが、内蔵チューナーは1系統のみで4K番組録画中のチャンネル変更のレスポンスが遅いなど、不満の声も寄せられていた。

今回第2世代として発表された4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3では、システム的な4Kの同時録画は2系統までだが、内部的には地デジ/BS/110度CSとともに4Kチューナーも3系統用意(スペック表記上は地デジ/BS/110度CS×3、4Kチューナー×2)。4K以外の動作制限はトリプルチューナーモデルに近く、4K+4K+地デジの3番組録画にも対応する。

4Kダブルチューナー仕様となった第2世代モデル(写真は4TBモデルの4B-C40BT3)

4Kダブルチューナー仕様となった第2世代モデル(写真は4TBモデルの4B-C40BT3)

4K放送録画時の動作制限も大幅に緩和されており、基本的には4Kチューナーすべてが視聴も録画も可能な仕様。4K放送を録画している最中に裏番組の4K放送の視聴もできるし、レスポンスの遅れもない快適な操作性を実現している。制限がかかるのは4K+4K+地デジの3番組録画中にUltraHD Blu-ray再生ができないという程度に落ち着いている。4K録画番組の可変速の音声付き再生機能にも対応する。

録画機能については、4K画質の長時間録画こそないものの、アップデートでHDD上で4K録画番組を2K番組に変換する機能を追加予定。2Kに変換した番組は地デジのDRモードと同じ扱いになるので、地デジと混在する形でBD等のディスクにアーカイブすることも可能だ。
 
4K放送を録画したディスクに関しては、「TS/TLV再生対応」も追加された。4K放送は元々MMT/TLV形式で放送されているが、「AQUOS 4Kレコーダー」では、TS形式に変換して記録している。しかし、他社製のレコーダーはTLV形式のまま記録するため、再生互換性の確保が問題になってきた。第2世代モデルとなる4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3では、この問題に対処する目的で、他社方式であるTLVでの4K放送を録画したディスクの仕様もカバーする形にアップデートされた。

4Kレコーダーとして、第1世代の不満点に細かく対処していった正常進化モデルといえそうだ。

2KのSDR映像も4K放送並みの高画質にする新機軸の「5upコンバーター」

4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3では、最新の映像エンジン「4Kマスターエンジン BD-Premium」を搭載。新機軸の機能として、地デジなどの2KのSDR映像を4K放送級のスペックに引き上げる「5upコンバーター」が追加されたのもトピックだ。

地デジなどの2KのSDR映像を4K放送級のスペックに引き上げる「5upコンバーター」

地デジなどの2KのSDR映像を4K放送級のスペックに引き上げる「5upコンバーター」

「5upコンバーター」の仕様

「5upコンバーター」の仕様

“5up”とは画質を決める5つの要素のすべてを引き上げることを表すもので、解像度を4K、色域をBT.2020、ビット深度を10/12bit、フレームレートを60p、輝度をHDRへとアップコンバートする。従来のBDレコーダーでは、特に輝度と色域をアップコンバートする機能は提供されてこなかったので、かなりユニークな機能といえる。

実際に説明会でデモ映像を視聴したが、黄金色のオブジェクトのようなものではBT.2020の色の深み、HDRの輝度感で実力が発揮されることが見てとれた。

このほか、レコーダーの基本機能では、新たに「HDD/BDドライブ健康診断」の機能が追加。従来から採用する「ホコリシールドBDドライブ」とともに、信頼性をさらに高めている。

HDD/BDドライブ健康診断の機能が追加

HDD/BDドライブ健康診断の機能が追加

ドライブの健康状態は3つのランクで確認できる

ドライブの健康状態は3つのランクで確認できる

音声操作の強化、スマホから4Kビデオを取り込んでBD保存も可能

音声による操作も4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3では強化される。

具体的には、音声操作に対応するフレーズを追加。従来は音声で操作しても番組選択などの決定はリモコン操作する必要があったが、4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3では画面上の検索結果のリストに番号が振られるようになり、音声のみで予約が完了できるようになった。

キーワード検索の結果リストに番号が付き、音声操作が可能に

キーワード検索の結果リストに番号が付き、音声操作が可能に

スマホで撮った写真や4K動画を転送できる新機能「スマホ写真・動画まるごとストレージ」も、年内のアップデートで追加される。4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3とスマホを同一のWi-Fiネットワークに接続し、専用アプリ「AQUOS BD 写真&動画転送」を使って転送。転送した4K動画はHDD上の通常タイトル(2K動画)に変換できるので、スマホで撮影したビデオ保存にも活用できる。スマホのコンテンツ保存への対応は、レコーダーの付加価値として定着を始めたようだ。

専用アプリ「AQUOS BD 写真&動画転送」によりレコーダーの写真とビデオを転送。転送した写真と動画はBDレコーダー上で再生できる

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る