ニュース
今年も注目製品目白押し

エントリー完全ワイヤレスに伝統のウッドモデルまで!オーディオテクニカ新製品を一挙レポート

9月19日、オーディオテクニカが毎年恒例となる新製品発表会を開催した。昨今、大きなトレンドとなっている完全ワイヤレスイヤホン市場に向けて、裾野を広げるエントリー価格帯のモデルを新たに投入するほか、伝統のウッドハウジング採用ヘッドホンに新製品を一挙3モデル投入するなど、今年も意欲的なラインアップ展開となっている。さっそく実機の写真を交えながら、新製品を一挙レポートしていこう。

プッシュプル方式のダイナミック型とバランスド・アーマチュア型を組み合わせたハイエンドハイブリッドイヤホン「ATH-IEX1」

ATH-IEX1は、昨年発売された「ATH-AP2000Ti」「ATH-CK2000Ti」「ATH-CM2000Ti」の流れを組む、チタンハウジングを採用したハイエンドイヤホンだ。ドライバーユニットには、フルレンジの9.8mm径ダイナミック型ドライバーと、パッシブラジエーターの8.8mm径ダイナミック型ドライバーを向かい合わせに配置したデュアル・フェーズ・プッシュプルドライバー構造に、超高域用のスーパー・ツイーターとして駆動する2基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせたハイブリッドドライバー構造を採用。すべてのドライバーユニットをバランスよく同軸に配置することで、音のつながりとバランスにすぐれたサウンドを実現したという。ちなみに、チタンでできたハウジングは、鍛造や切削など5つの工程で作られており、マテリアルから製品の形に仕上げるまで、約45日もかかっているそうだ。イヤホンケーブル端子は独自のA2DCコネクターを採用しており、3.5mmアンバランスケーブルと4.4mm5極バランスケーブルの2本が標準で付属する。発売は10月11日で、市場想定価格は140,000円前後(税別)だ。

チタンハウジングを採用したATH-IEX1

チタンハウジングを採用したATH-IEX1

ATH-IEX1のドライバーユニット。デュアル・フェーズ・プッシュプルドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせた世界初のハイブリッドイヤホンとなっている

ハイエンドモデルということで、ラグジュアリー感のある専用ケースも付属

ハイエンドモデルということで、ラグジュアリー感のある専用ケースも付属

完全ワイヤレスイヤホン初心者に向けて価格を抑えたシンプルモデル「ATH-CK3TW」

同社の完全ワイヤレスイヤホンとして4製品目となるATH-CK3TWは、完全ワイヤレスイヤホンを初めて購入する層に向けてできるだけ価格を抑えて開発されたモデルだ。オーソドックスなラウンドフォルムを採用するイヤホン本体には、5.8mm径のダイナミック型ドライバーが組み合わされており、メリハリのある低音と鮮やかなボーカル再生が楽しめるという。また、エントリーモデルながら、クアルコムの「True Wireless Stereo Plus」にも対応するなど、通信安定性にしっかりと配慮されているのもポイント。バッテリー駆動時間も、イヤホン単体で約6時間、専用充電ケースとの組み合わせで最大約30時間と、必要十分なスペックに仕上がっている。カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色をラインアップ。発売は11月15日で、市場想定価格は13,000円前後(税別)となっている。

ATH-CK3TW。全4色のカラーバリエーションをラインアップ

ATH-CK3TW。全4色のカラーバリエーションをラインアップ

イヤホン本体はオーソドックスなラウンドフォルム形状だ

イヤホン本体はオーソドックスなラウンドフォルム形状だ

専用充電ケース。充電端子は最新のUSB Type-Cを採用

専用充電ケース。充電端子は最新のUSB Type-Cを採用

黒檀を使用した伝統のウッドヘッドホンの最新モデル「ATH-AWKT」

ATH-AWKTは、ハウジングに独特の縞模様が特徴的な黒檀(縞黒檀材)を採用したヘッドホン。黒檀は高密度で制震効果があり、管楽器やピアノなどに採用されている木材となる。その内部には本機専用の大口径53mmドライバーを搭載しており、ドイツ製パーメンジュール磁気回路や強磁力マグネット、専用設計の6N-OFCボビン巻きボイスコイルなどを採用し音質を高めている。独自の「D.A.D.S(ダブルエアーダンピングシステム)」構造を採用し、伸びやかな低音の再現を図っているのもポイントだ。発売は11月15日で、市場想定価格は200,000円前後(税別)。

こちらがATH-AWKT。黒檀は樹齢約200年を超えると比重が高くなり、黒と茶色の杢目の縞模様が形成されるという

イヤーパッドとヘッドバンドには、しなやかな肌触りが心地良いシープスキンを使用。新設計のマグネシウム成型アームにより、装着性も高めている

6N OFC+OFC導体の両出し式バランスケーブル(3.0m/XLR端子)を付属

6N OFC+OFC導体の両出し式バランスケーブル(3.0m/XLR端子)を付属

国産のアサダ桜を使用した「ATH-AWAS」

ATH-AWASは、樹齢100年を超える伝統的な日本の木材であるアサダ桜をハウジングに採用した密閉型モデル。アサダ桜はその高い強度と耐久性により、オーディオスピーカーなどでも使われている素材となる。内部には、アサダ桜の音響特性を最大限に引き出すために設計されたという大口径53mmドライバーを搭載。上述のATH-AWKTと同じ独自の「D.A.D.S(ダブルエアーダンピングシステム)」構造や、高域特性にすぐれたDLCコーティング振動版を採用しているのも特徴となる。発売は11月15日で、市場想定価格は150,000円前後(税別)だ。

アサダ桜の赤いカラーが目を引くATH-AWAS

アサダ桜の赤いカラーが目を引くATH-AWAS

イヤーパッド&ヘッドバンドはなめらかな人工皮革の立体縫製

イヤーパッド&ヘッドバンドはなめらかな人工皮革の立体縫製

こちらもケーブルは両出し式。着脱可能なOFCバランスケーブル(3.0m/XLR端子)を付属する

こちらもケーブルは両出し式。着脱可能なOFCバランスケーブル(3.0m/XLR端子)を付属する

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る