ニュース
新型ウォークマンと同じカラバリを採用した「h.ear」シリーズも!

WH-1000XM3と同じノイキャン技術を搭載したソニーのネックバンド型イヤホン「WI-1000XM2」

ソニーの最新イヤホン・ヘッドホン

2019年10月16日、ソニーはワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンの新モデル「WI-1000XM2」と、「h.ear」シリーズのヘッドホン「WH-H910N」「WH-H810」を発表した。発売日は、「WI-1000XM2」が12月7日、「WH-H910N」が11月9日、「WH-H810」が11月23日。市場想定価格は、「WI-1000XM2」が35,000円前後、「WH-H910N」が30,000円前後、「WH-H810」が20,000円前後(いずれも税別)だ。

「WH-1000XM3」と同等のノイズキャンセリング技術を搭載したネックバンド型イヤホン「WI-1000XM2」

ソニー「WI-1000XM2」。カラーバリエーションは、ブラックとプラチナシルバーの全2色

ソニー「WI-1000XM2」。カラーバリエーションは、ブラックとプラチナシルバーの全2色

「WI-1000XM2」は、「WI-1000X」の後継モデルとなるノイズキャンセリング機能付きネックバンド型ワイヤレスイヤホンの最新モデルだ。ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのフラッグシップライン「1000X」シリーズには、すでに完全ワイヤレスタイプの「WF-1000XM3」というインイヤーイヤホンがラインアップされているが、「WF-1000XM3」が「1000X」シリーズの最新ヘッドホン「WH-1000XM3」に搭載されている高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1」から省電力化を図った「QN1e」と呼ばれるチップを搭載していたのに対し、今回登場した「WI-1000XM2」は、高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1」や「デュアルノイズセンサーテクノロジー」、LDACによるハイレゾ級ワイヤレスなど、「WH-1000XM3」とほぼ同じ性能を有したモデルとなっている。

ちなみに“同じ性能”ではなく“ほぼ同じ性能”と書いたのは、ハイレゾ級ワイヤレスにおいて「WH-1000XM3」と「WI-1000XM2」で対応コーデックに差異があるためだ。「WH-1000XM3」は、aptXやaptX HDといったクアルコム系のコーデックもサポートしているが、「WI-1000XM2」は対応コーデックからaptXとaptX HDがなくなっている。「WI-1000XM2」もLDACに対応しているため、ハイレゾ級ワイヤレスの条件は満たしてはいるが、対応コーデックが少なくなっているという点は覚えておいたほうがよさそうだ。

ノイズキャンセリング機能以外では、本体デザインを大きく変更したのもトピックだ。先代の「WI-1000X」はネックバンド部が金属製でやや重たく、折りたたみできなくて扱いづらいという問題があったが、「WI-1000XM2」ではシリコン素材を新たに採用。「WI-1000X」と比べて20%以上の軽量化と、折りたたみ可能な本体形状を実現した。また、イヤホン部分の形状見直しも実施。「WI-1000X」ではイヤホン本体とイヤーピースが直線に配置されていたが、「WI-1000XM2」ではイヤーピースに角度を付けた「アングルドイヤーピース方式」としたことで、装着感と遮音性の向上を実現している。このほかにも、イヤホンを使用していないときにハウジングの内蔵マグネットでくっつけてまとめておける機能や、リモコンをL側のイヤホンケーブル中間部に配置するなど、使い勝手を高める工夫がいろいろと盛り込まれている。

シリコン製のネックバンドとなり、折りたたんでコンパクトに持ち運びできるようになった

シリコン製のネックバンドとなり、折りたたんでコンパクトに持ち運びできるようになった

イヤーピースに角度を付けた「アングルドイヤーピース方式」を採用し、装着感を高めている

イヤーピースに角度を付けた「アングルドイヤーピース方式」を採用し、装着感を高めている

ハウジング内のマグネットを使って左右イヤホンをまとめられる

ハウジング内のマグネットを使って左右イヤホンをまとめられる

ドライバーユニットは「WI-1000X」と同じで、専用設計の9mm径ダイナミックドライバーと、「XBA-N3」や「XBA-N1」と同じバランスド・アーマチュア・ドライバーを組み合わせたHDハイブリッドドライバーシステムを採用する。バッテリー駆動時間はノイズキャンセリング機能ONで最大10時間。充電端子にUSB Type-Cを採用し、10分の充電で約80分使用できる急速充電機能も備えている。対応Bluetoothコーデックは、SBC/AAC/LDACだ。

ヘッドバンドやイヤーパッドが個性的!「h.ear」シリーズの最新ヘッドホン「WH-H910N」「WH-H810」

「h.ear」シリーズの最新ヘッドホンとなる「WH-H910N」「WH-H810」。いずれも、同時発表された新型ウォークマンと同じブラック、レッド、ブルー、オレンジ、アッシュグリーンの5色のカラーバリエーションを用意。ブラックを除く4色は、ヘッドバンドとイヤーパッドで異なるカラーを配したツートンカラー仕上げとなっている。「h.ear」シリーズらしく、カラーごとに表面の質感やイヤーパッドのプリントデザインを変えるなど、デザイン面もかなりこだわっている点も注目だ。

ソニー「WH-H910N」

ソニー「WH-H910N」

「WH-H910N」(ブラック) 「WH-H910N」(オレンジ) 「WH-H910N」(アッシュグリーン) 「WH-H910N」(ブルー) 「WH-H910N」(レッド)
ソニー「WH-H810」

ソニー「WH-H810」

「WH-H810」(ブラック) 「WH-H810」(オレンジ) 「WH-H810」(アッシュグリーン) 「WH-H810」(ブルー) 「WH-H810」(レッド)

ちなみに、新製品ではBluetoothコーデック「LDAC」のサポートや、圧縮音源を最大96kHz/24bitまでアップスケーリングする「DSEE HX」でワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で楽しめるという従来モデルのコンセプトを継承しつつ、コンパクトさと高音質の両立を目指したそうで、ドライバーユニットには「h.ear」シリーズの従来モデルで採用されていたものよりも小口径な新開発の25mmドライバーを新たに採用。ヘッドバンドやハウジング形状も見直し、全体的にスタイリッシュな印象に仕上がっている。

新開発の25mmドライバーを新たに採用

新開発の25mmドライバーを新たに採用

「WH-H910N」はノイズキャンセリング機能を備えたアラウンドイヤータイプのヘッドホン。通気構造見直しによる遮音性の向上や、通話用マイクとノイズキャンセリング用のフィードフォワードマイクの配置見直しなど、「WH-1000XM3」の開発で培ったノウハウを取り入れることで、ノイズキャンセリング性能をさらに高めているという。また、「WH-1000XM3」で好評の「外音コントロール機能」を新たに搭載し、使い勝手も高めたそうだ。バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングON/DSEE HX OFF時で約35時間。10分の充電で約2.5時間使用できるクイック充電機能も備える。

「WH-H810」は、「WH-H800」の後継モデルとなるオンイヤータイプのヘッドホンだ。同社のオンイヤータイプのヘッドホンとして初めてタッチ操作に対応。カスタムボタンも備え、GoogleアシスタントやAmazon Alexaといったボイスアシスタント機能も利用可能となっている。バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングON/DSEE HX OFF時で約30時間。10分の充電で約3.5時間使用できるクイック充電機能も備える。

同社のオンイヤータイプのヘッドホンとして初めてタッチ操作に対応

同社のオンイヤータイプのヘッドホンとして初めてタッチ操作に対応

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る