ニュース
参入メーカーが増え、8Kテレビのラインアップがさらに拡大

CES 2020で披露された最新8K・4Kテレビの注目モデルをまとめてレポート

米国・ラスベガスで行われた世界最大級の家電見本市「CES 2020」。薄型テレビ関連で話題の中心になっていたのは8Kテレビ。各社の発表内内容を一気に紹介しよう。

米国・ラスベガスで開催されたCES 2020をレポート

米国・ラスベガスで開催されたCES 2020をレポート

ソニーは海外向けの8Kテレビラインアップを下に拡大

日本では8Kテレビを発売していないが、海外では昨年より8Kテレビを販売しているメーカーがソニーだ。今回のCES 2020では、BRAVIAの海外向けラインアップとして8K液晶テレビ「Z8H」シリーズ(85/75型)と、4K有機ELテレビ「A8H」シリーズ(65/55型)を出展した。

昨年に引き続き8Kテレビの新製品を出展したソニー

昨年に引き続き8Kテレビの新製品を出展したソニー

8K液晶テレビ「Z8H」シリーズは、“8”という型番から分かる通り、昨年から展開している8K液晶テレビ「Z9G」シリーズのひとつ下のグレードとなる8K液晶テレビで、液晶テレビとしてはミドルハイクラスの製品となる。最上位モデルと同じ8K対応の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」、「Full Array LED」(直下型LED部分駆動)に加えて、視野角を広げる「X-Wide Angle」、倍速駆動技術「X-Motion Clarity」を搭載。特徴的な新機能が「Frame Tweeter」で、液晶テレビのフレーム部分を振動させて、スピーカーのように音を鳴らす技術。有機ELテレビで展開している画面を振動させる「アコースティックサーフェイス」の仕組みを応用し、液晶テレビに持ち込んだというわけだ。

8K液晶テレビ「BRAVIA Z8H」シリーズ

8K液晶テレビ「BRAVIA Z8H」シリーズ

会場では、4K有機ELテレビ「A8H」シリーズも発表された。こちらも“8”という型番を冠するミドルハイモデルだが、8K対応の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。新機能は有機ELテレビとして初搭載の「X-Motion Clarity」で、明るさを損なわずに動きを補完できるのがポイント。スピーカーは、画面を振動させる「Acoustic Surface Audio」を引き続き採用。新たに、左右独立した2基のサブウーハー構成へと進化を遂げていた。

4K有機ELテレビ「BRAVIA A8H」シリーズ

4K有機ELテレビ「BRAVIA A8H」シリーズ

LGは8K有機ELも8K液晶も揃う。48型の小型有機ELテレビも登場

日本でも発売への期待の高まる8K対応モデルを大量に出展していたブランドがLGエレクトロニクスだ。

例年、ブースの主役として有機EL(OLED)を積極展開しているLGエレクトロニクス

例年、ブースの主役として有機EL(OLED)を積極展開しているLGエレクトロニクス

8Kテレビだけでも8K有機ELテレビ「ZX」シリーズ(88/77型)と、NanoCell技術を用いた8K液晶テレビ「NanoCell TV Nano 9」シリーズを展開しており、8Kテレビでも液晶と有機ELの2種類のパネルから選べるのがLGエレクトロニクスの強みだ。ちなみにLGエレクトロニクスは、映画監督が意図したままの映像を表示する「Filmmaker Mode」、そしてドルビーによるHDRの新方式「Dolby Vision IQ」の採用も発表している。

8K有機ELテレビ「ZX」シリーズ

8K有機ELテレビ「ZX」シリーズ

8K液晶テレビの「NanoCell TV Nano 9」シリーズ

8K液晶テレビの「NanoCell TV Nano 9」シリーズ

4K有機ELテレビも、デザインバリエーションとして「RX」「WX」「GX」「CX」「BX」の5シリーズを展開。なかでも注目は、昨年のCES 2019で発表され世界中の注目を集めた巻き取り型の「RX」(65型のみ展開)。新たに天井から吊り下げ設置も可能となった。一般ラインアップとして追加されたことで、実際に購入できるようになった所も前進だ。

巻き取り式の4K有機ELテレビ「RX」シリーズも市販間近だ

巻き取り式の4K有機ELテレビ「RX」シリーズも市販間近だ

もうひとつ注目の機種が、今までにない48型の4K有機ELパネルを採用した「LG 48CX」の展開だ。LGエレクトロニクスの家庭用テレビとして初めてNVIDIAの「G-SYNC」に対応しており、48型4K有機ELゲーミングモニターとしても注目だ。

日本でも人気の出そうな48型4K有機ELテレビ「LG 48CX」はゲーミングコーナーに展示されていた

日本でも人気の出そうな48型4K有機ELテレビ「LG 48CX」はゲーミングコーナーに展示されていた

サムスンは8Kテレビは当然の立場!?

欧米で最も積極的に8Kテレビを販売しているメーカーがサムスンだ。ブースでは、CES 2020の会場で発表した8K QLED TVのフラッグシップモデル「Q950S」シリーズ(85/75/65型)を出展していた。サムスンは展示内容をすでに高画質エンジンの「第2世代Quantum Processor 8K」による高画質化にシフトさせており、8Kテレビのなかの高画質化と技術進化がポイントとなってきている。

サムスンによる8K液晶フラッグシップ「Q950S」シリーズ(85/75/65型)

サムスンによる8K液晶フラッグシップ「Q950S」シリーズ(85/75/65型)

毎年恒例となっているMicro LEDディスプレイ

毎年恒例となっているMicro LEDディスプレイ

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る