ニュース
8K REGZA向けに開発した機能をいち早く取り入れた注目機種

2020年の4K液晶REGZAは映像エンジンがクラウドにつながって高画質化してくれる!

4K液晶テレビ「REGZA」の2020年モデル

4K液晶テレビ「REGZA」の2020年モデル

東芝映像ソリューション(以下、東芝)は2月5日、4K液晶テレビ「REGZA」の新製品を一挙発表した。ラインアップは、タイムシフトマシン対応の最上位モデル「Z740X」シリーズ(65/55/50型)、ミドルクラスの「M540X」シリーズ(65/55/50/43型)、エントリー向けの「C340X」(55/50/43型)シリーズの計3シリーズ。発売日と価格は以下の通りだ。

■Z740Xシリーズ
65Z740X(65型) 2月21日発売 市場想定価格29万円前後(税別)
55Z740X(55型) 2月21日発売 市場想定価格21万円前後(税別)
50Z740X(50型) 5月下旬発売 市場想定価格18万円前後(税別)
■M540Xシリーズ
65M540X(65型) 4月中旬発売 市場想定価格17万円前後(税別)
55M540X(55型) 4月中旬発売 市場想定価格13万円前後(税別)
50M540X(50型) 2月21日発売 市場想定価格11万円前後(税別)
43M540X(43型) 2月21日発売 市場想定価格9万円前後(税別)
■C340Xシリーズ
55C340X(55型) 3月上旬発売 市場想定価格12万円前後(税別)
50C340X(50型) 3月上旬発売 市場想定価格10万円前後(税別)
43C340X(43型) 3月上旬発売 市場想定価格8.5万円前後(税別)

2020年のREGZA液晶テレビは、全モデルでVAパネルを採用。「Z740X」シリーズは倍速パネル仕様で、直下型LEDによるバックライトエリア駆動にも対応。「M540X」シリーズと「C340X」シリーズは直下型LEDを採用する。

タイムシフトマシン対応の4K液晶テレビ最上位モデル「Z740X」シリーズ

タイムシフトマシン対応の4K液晶テレビ最上位モデル「Z740X」シリーズ

ミドルクラスの「M540X」シリーズ

ミドルクラスの「M540X」シリーズ

「C340X」シリーズ。エントリークラスとしては初めて4Kチューナーを搭載する

「C340X」シリーズ。エントリークラスとしては初めて4Kチューナーを搭載する

2020年のREGZAの新機能であり、各シリーズの差別化ポイントとなっているのが映像エンジンだ。「Z740X」シリーズに搭載される映像エンジンは、「レグザエンジン Cloud Pro」で、昨年に引き続き「AI超解像技術」などを搭載。ミドルクラスの「M540X」シリーズは「レグザエンジン Cloud」、エントリークラスの「C340X」シリーズは「レグザエンジン G」を採用。それぞれ周辺回路も含めた構成は新規開発となっている。

新モデルはシリーズごとに異なる映像エンジンを搭載。すべて新規開発のものとなっている

新モデルはシリーズごとに異なる映像エンジンを搭載。すべて新規開発のものとなっている

「Z740X」シリーズに搭載されている「レグザエンジン Cloud Pro」

「Z740X」シリーズに搭載されている「レグザエンジン Cloud Pro」

汎用チップをカスタマイズしたものと独自開発チップによる2チップ構成となっており、パワフルな処理能力を生かしたさまざまな高画質処理が行えるのが特徴だ

「M540X」シリーズに搭載されている「レグザエンジン Cloud」。こちらは1チップ構成となっている

「M540X」シリーズに搭載されている「レグザエンジン Cloud」。こちらは1チップ構成となっている

「レグザエンジン Cloud Pro」と「レグザエンジン Cloud」で、東芝REGZAが業界初の高画質化手法として打ち出す新技術が「クラウドAI高画質テクノロジー」だ。レグザエンジンがクラウドと連携し、詳細ジャンルやコンテンツごとの画質調整パラメーターをクラウドで管理。クラウドからテレビに画質調整パラメーターを配信し、番組に応じて高画質化が行われるというもの。先日開発発表が行われた8K REGZA向けに開発した技術をいち早く4K液晶テレビに導入した形だ。

クラウドと連携する高画質化技術「クラウドAI高画質テクノロジー」

クラウドと連携する高画質化技術「クラウドAI高画質テクノロジー」

「クラウドAI高画質テクノロジー」で対象となるのは2K/4Kのテレビ放送番組で、外付けHDDやタイムシフトマシン機能で録画した番組にも適用できるという。なお、BDレコーダーなどの機器を使って入力した信号や、映像配信サービスなどは対象外となっている。クラウド経由でのデータ配信は6月の開始を目指しているとのこと。「クラウドAI高画質テクノロジー」については、記事後半で担当者に確認した内容を詳しく解説しているので、そちらを参照していただきたい。

また、ネット動画に対しては、新たに映像配信サービスごとの圧縮コーデックや解像度、フレームレート、ビットレートに合わせた最適なパラメーターで高画質化する技術を追加。「M540X」シリーズはスタンダード版にあたる「ネット動画ビューティー」、「Z740X」シリーズはさまざまな4K超解像技術を追加した「ネット動画ビューティーPRO」で、さらに自然な高画質を楽しめるという。

映像配信サービスごとに最適な高画質化処理を行う「ネット動画ビューティー」と「ネット動画ビューティーPRO」

さらに、「Z740X」シリーズと「M540X」シリーズは、色温度センサーによる視聴環境の検出とコンテンツ自動判別による高画質化技術「おまかせAIピクチャー」も搭載。昨年発売された「X930」シリーズや「X830」シリーズでは「リビングAI」と呼ばれた機能の名称を変更したもので、一昨年まで採用していた「おまかせオートピクチャーAI」に近い名称が復活したことになる。4K放送については実際の輝度ヒストグラムに即した映像信号処理が実施されており、4K/HLGフォーマットながら実際にはSDR相当の75%までの輝度信号しか入っていないようなケースで発生していた“4K放送が暗い”という問題もばっちり対処済みだ。

名前がリニューアルされた「おまかせAIピクチャー」

名前がリニューアルされた「おまかせAIピクチャー」

「おまかせAIピクチャー」以外にも、いくつかのモード名が変更されている

「おまかせAIピクチャー」以外にも、いくつかのモード名が変更されている

リモコンについても昨年より対応の始まったAmazonプライム・ビデオの専用ボタンが追加され、ワンボタンで起動できるようになっている。

2020年モデルのリモコン

2020年の4K液晶モデルのリモコン

Amazonプライム・ビデオの専用ボタンも追加

Amazonプライム・ビデオの専用ボタンも追加

スピーカーは、「Z740X」シリーズで総合出力80W、クアッドパッシブ重低音バズーカウーファー、クリアダイレクト2ウェイスピーカー搭載の「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」を搭載。「M540X」シリーズと「M340X」シリーズは総合出力20W(43C340Xは総合出力14W)のスピーカーを搭載する。

「Z740X」シリーズに搭載されている「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」

「Z740X」シリーズに搭載されている「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」

「クラウドAI高画質テクノロジー」はレグザ画質担当の画質調整データをネット配信

「クラウドAI高画質テクノロジー」については業界初の機能ということもあり、その詳細について、東芝映像ソリューションで高画質技術を担当する住吉氏に伺った。

REGZAシリーズの画質設計を担当する住吉肇氏

REGZAシリーズの画質設計を担当する住吉肇氏

「クラウドAI高画質テクノロジー」対応予定のモデルは、最上位モデルの「Z740X」シリーズとミドルクラスの「M540X」シリーズ。いずれも、「おまかせAIピクチャー」の映像モードの高画質化処理の一部として追加される。

開発の原点となったのが、現在も高画質化処理で活用されているテレビのEPG(番組表)に含まれるジャンル情報の細分化だ。たとえば「アニメ」というジャンルでは、セル画のアニメも3DCGアニメも同一ジャンル扱いとなっているが、制作手法が異なれば最適な映像処理は異なる。「スポーツ」というジャンルも、細かな水しぶきのある水泳とスタジアムで行われる陸上競技といった感じに、競技によって高画質化処理のアプローチが異なるし、「ドラマ」についても特徴的な絵作りがなされていれば、補完する映像調整データを入れるべきケースも出てくるはず。ここにアプローチできれば面白いのではということで開発がスタートしたというわけだ。

「クラウドAI高画質テクノロジー」で配信する画質調整用データは、REGZAシリーズの画質エンジニアが実際に放送された番組を確認して作り込んだもの。映像設定をすべて個別に作り込む訳ではなく、REGZAに実装されている映像エンジンによる映像解析と信号処理で最適な画質にならない場合に、補完的に調整するようなデータを配信する形をとっているそうだ。ちなみに、配信される画質調整用データは、ユーザーにも開放されている画質調整の機能を利用する。東芝の画質エンジニアが番組を確認した上で、デフォルトで最適な画質で表示できていると認定した番組も、「クラウドAI高画質テクノロジー」対応番組という扱いになるという。

アニメやドラマなどクール単位で繰り返し放送される番組については、1週目の放送以降に配信を開始。6月の「クラウドAI高画質テクノロジー」運用開始時点では1週間に10番組程度を予定しており、話題になっているアニメなどから順次提供される。スポーツ国際大会の中継も対象番組にする予定だそうだ。「クラウドAI高画質テクノロジー」のデータ配信は、テレビの電源を入れた際にクラウド上にあるすべての番組の画質調整用データを取得し、該当の番組を視聴する際に適用する形となる。

東芝の画質担当が確認した高画質パラメーターで視聴できるという「クラウドAI高画質テクノロジー」。運用がスタートするのは6月と製品発売より少し先になるが、番組内容にまで踏み込んだ高画質技術の新しい試みに注目だ。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る