ニュース
「SR15」と同じDACだけど中身は全然違う!

Astell&Kernの新スタンダードDAP「A&norma SR25」はバッテリー長持ちでさらに使いやすく!

Astell&Kern(アステルアンドケルン)のハイレゾDAPスタンダードライン「A&norma(エーアンドノーマ)」に、新モデル「SR25」が加わった。発売はちょっと先の5月22日で、直販価格は94,980円だ。

Astell&Kern「A&norma SR25」

Astell&Kern「A&norma SR25」

今回、発売前の「SR25」にいち早く触れることができたので、実機の写真を交えながら、新製品の特徴を詳しくレポートしよう。

「SR15」と同じDAC構成だが、中身は大きく進化

“The New Hi-Fi Standard”をキャッチコピーに開発された「SR25」。「A&norma」には第1弾製品として「SR15」(2018年発売)というモデルがすでにあるが、今回登場する「SR25」は、「SR15」の進化モデルという位置付けとなっている。

DACは、シーラス・ロジック社製DAC「CS43198」をLR独立して1基ずつ搭載したデュアルDAC構成を採用。これは「SR15」のスペックとまったく同じだ。ただし、ここから先が大きく異なっている。

それが、メイン基板のフルリニューアルだ。DACと連動して信号処理を行うクアッドコアCPUをより早い信号処理が可能な新世代のものに切り替えたほか、その高速な信号処理能力を生かして、再生中の音源ソースのデータサイズに応じてシステム内のメモリーカードを自動的に最適化する新しいパフォーマンスモードを実装。これにより、「SR15」では実現できなかった最大PCM 384kHz/32bit、DSD256 (11.2MHz/1bit)のネイティブ再生に新たに対応したというわけだ。

もちろん、長年ハイレゾDAPを手がけてきたAstell&Kernらしく、ネイティブ再生のスペックを単に引き挙げて再生できるようにしたというところでは終わらない。最大PCM 384kHz/32bit、DSD256 (11.2MHz/1bit)という超高解像度音源のポテンシャルを余すことなく再現するために、「Ultra Low Noise Filter」と呼ばれるオーディオ回路設計を新規に開発。オーディオパスの長さを最適化し、歪みのない信号伝達とノイズ除去に徹底的に配慮した回路設計により、遅延や歪み、ノイズのない超高解像度サウンドの再生を実現したという。

さらに、このオーディオ回路設計の見直しにより、電源効率も大きく改善したというのも見逃せない。「SR25」のバッテリー容量自体は「SR15」とまったく同じなのだが、連続再生時間については「SR15」の2倍以上となる最大約21 時間まで伸びているというだから驚きだ。

CPUを強化し、オーディオ回路設計をリニューアル。DACこそ「SR15」と同じだが、中身はまったくの別物になっている

本体については、液晶部分を斜めに配置した印象的なデザインを「SR15」から踏襲。基板をリニューアルしたことに加え、タッチパネル液晶を「SR15」の3.3型(480×800ドット)から、3.6 型(720×1280)へと大型化したこともあり、本体サイズは約63.5(幅)×108.3(高さ)×16.1(奥行)mm、重量は約178gと、「SR15」に比べると若干高さが増し、重量もちょっとだけ重くなったが、手に持ったときの絶妙な収まり具合は健在だ。

「SR15」と「SR25」の大きさを比べた写真。高さが若干伸びているのがわかる

「SR15」と「SR25」の大きさを比べた写真。高さが若干伸びているのがわかる

手にスッと収まる絶妙なサイズ感は健在だ

手にスッと収まる絶妙なサイズ感は健在だ

ユーザーインターフェイスは、「A&ultima SP1000」や「A&futura SE100」などの第4世代AKシリーズと同じ見た目だが、Android 9.0ベースに切り替わったようで、より安定稼働できるようになったという。もちろん、音楽ストリーミングサービスアプリ(Opne APK)をインストールして使用できる「Open APP Service」も、他の第4世代AKシリーズ同様に利用可能となっている。

内蔵ストレージは64GB。アナログ音声出力端子は、3.5mmアンバランス出力と2.5mmバランス出力の2系統を本体上部に用意。本体底面には、USB Type-C形状となったUSB端子と拡張用のmicroSDメモリーカードスロットが配置されている。

本体上部に3.5mmアンバランス出力と2.5mmバランス出力の2系統のアナログ出力を装備

本体上部に3.5mmアンバランス出力と2.5mmバランス出力の2系統のアナログ出力を装備

本体底面のUSB端子は最新のUSB Type-C形状に。microSDメモリーカードスロットは1TBまで対応する

本体底面のUSB端子は最新のUSB Type-C形状に。microSDメモリーカードスロットは1TBまで対応する

AKシリーズでおなじみのボリューム端子。ボリュームは151段階で調整可能だ

AKシリーズでおなじみのボリューム端子。ボリュームは151段階で調整可能だ

背面はガラス仕上げ。光の角度で模様が変化する

背面はガラス仕上げ。光の角度で模様が変化する

このほか、見えない部分だと、Bluetoothの対応コーデックが拡大しているのもポイント。SBC、aptX、aptX HDに加え、新たにAACとLDACへの対応を果たした。ここ最近SBCとAACのみ対応しているBluetoothイヤホン・ヘッドホンも増えているので、対応コーデックの種類が増えたことは素直に歓迎したいところだ。

「SR25」を聴いてみた

短い期間ではあるが、発売前の新製品をお借りして試聴することができたので、最後に簡単なインプレッションをお届けしよう。今回は、同じAstell&Kernが手がけたイヤホン「AK T8iE MkII」を組み合わせて試聴した。

Astell&Kernっぽいという言葉がまさにぴったりな、色付けの少ないナチュラルな音色が心地いい。帯域バランスもよくメリハリもしっかりしているので、多くの人がいい音って感じられるサウンドだ。中低域の音に厚みがあり、ボーカルの質感も滑らかで、歌ものとの相性がよさそう。バランス接続にすると、音の重心がさらに下がって、立体感がさらにアップしたようなイメージにシフト。音がさらにリアルに感じられるようになり、アコースティック楽器の演奏やライブ音源などでは、臨場感のある演奏が楽しめそうだ。

手のひらに収まるコンパクトサイズはそのままに、音質だけでなく、画面サイズアップによる操作性やバッテリー駆動時間も大幅に強化した「SR25」。Astell&Kern の新スタンダードDAPにふさわしい、バランスの取れた1台と言えそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る