ニュース
デザインを刷新し、より幅広い画面サイズから選べるように!

ハイセンスが液晶テレビ2020年モデル発表! 「U8F」シリーズは75型で税別23万円

ハイセンス液晶テレビ2020年モデル

ハイセンス液晶テレビ2020年モデル

ハイセンスは4月27日、4K液晶テレビの新モデル「U8F」シリーズと「U7F」シリーズを発表した。前者は価格.com プロダクトアワード2019の金賞を受賞したハイエンドクラス「U7E」シリーズの後継モデル、後者は価格.comの「薄型テレビ・液晶テレビ」カテゴリーの人気売れ筋ランキング1位(2020年4月27現在)の「E6800」の後継モデルとなるエントリークラスの製品だ。いずれも、BS/CS 4Kチューナーを内蔵し、BS/CS 4K放送の視聴や録画にも対応。5月下旬より順次発売開始となる。

■U8Fシリーズ
75U8F(75型) 2020年6月下旬発売 市場想定価格23万円前後(税別)
65U8F(65型) 2020年5月下旬発売 市場想定価格18万円前後(税別)
55U8F(55型) 2020年5月下旬発売 市場想定価格15万円前後(税別)
50U8F(50型) 2020年秋発売 市場想定価格13万円前後(税別)

■U7Fシリーズ
65U7F(65型) 2020年5月下旬発売 市場想定価格14万円前後(税別)
55U7F(55型) 2020年5月下旬発売 市場想定価格10万円前後(税別)
50U7F(50型) 2020年5月下旬発売 市場想定価格9万円前後(税別)
43U7F(43型) 2020年5月下旬発売 市場想定価格8万円前後(税別)

ハイエンドクラス「U8F」シリーズ

「U8F」シリーズは、同社が“4K ULED TV”の名を冠して発売する液晶テレビのハイエンドクラスの製品だ。2019年モデル「U7E」シリーズでは、65型と55型の2サイズ展開だったが、「U8F」シリーズでは、75型/65型/55型/50型の4サイズ展開となり、より幅広い画面サイズから選べるようになっている。

また、今回の新モデルから本体デザインを刷新。大海原を航海する帆船をイメージしてデザインしたそうで、スタンド部は、65型/55型/50型がセーリングスタンドデザイン、大画面モデルの75型は、より安定感を重視したバタフライスタンドデザインと呼ばれるものとなっている。さらに、視聴位置から見下ろす角度にあるアンダーフレームに山形の角度を設け、より薄く見えるようにするアンダーフレームデザインも取り入れたのもポイント。65型/55型/50型の3モデルは、サランネットを装備したフロントスピーカーとなり、音の滑らかさも向上しているという。

ハイセンス「55U8F」

ハイセンス「55U8F」

ハイセンス「75U8F」。大画面サイズということで、こちらのモデルのみスタンドデザインやスピーカーデザインが異なる

65型/55型/50型の3モデルは、サランネットを装備したフロントスピーカーに変更され、音の滑らかさが向上しているという

映像エンジンについては、「U7E」シリーズに搭載されていた「レグザエンジンNEO plus」から、「レグザエンジンNEO plus 2020」に変更。「レグザエンジンNEO plus」に搭載されていた「3段階超解像処理」などの各種高画質化機能に加え、新たにAIによる超解像処理が追加された。シーンを判別し、それぞれのシーンに適した超解像処理を行う「シーン別超解像処理」、映像の動き量をAIで判断し、前後のフレームから超解像処理に最適なフレームを選択して処理を行う「モーション別超解像処理」、映像のエリアごとの黒つぶれや白飛びを識別して処理を行う「エリア別適正露出復元」といった高画質化機能により、さらに美しい映像が楽しめるようになったという。

東芝映像ソリューションと共同開発した「レグザエンジンNEO plus 2020」を搭載

東芝映像ソリューションと共同開発した「レグザエンジンNEO plus 2020」を搭載

液晶パネルは倍速駆動対応で、バックライトは直下型LEDによるローカルディミングをサポート。倍速駆動とバックライト制御によるフレーム補間技術「SMR(Smooth Motion Rate)」は、今回のモデルから他社製品の同様機能の性能数値化算出方法を参考に数値化することにしたそうで、「SMR 960」という名称となっている。

直下型LEDバックライトはローカルディミングに対応

直下型LEDバックライトはローカルディミングに対応

倍速パネルとLEDバックライト制御によるフレーム補間技術「SMR(Smooth Motion Rate)」も搭載

倍速パネルとLEDバックライト制御によるフレーム補間技術「SMR(Smooth Motion Rate)」も搭載

操作性の面では、独自UIである「VIDAA」が、最新の「VIDAA 3.0」にアップデート。従来モデルの「VIDAA 2.5」では左右にスクロールする形の操作系だったが、「VIDAA 3.0」では、1段目にグローバルの動画配信サービスやテレビ機能を、2段目に日本独自の動画配信サービス機能を、さらにその下に動画配信サービスのおすすめコンテンツを配置するといったように、横だけでなく縦にもスクロールする形の操作体系に改められた。

最新の「VIDAA 3.0」のユーザーインターフェイス

最新の「VIDAA 3.0」のユーザーインターフェイス

また、テレビリモコンのデザインも大きく変更。従来機種では、動画配信サービスへのダイレクトボタンは、「Netflix」と「YouTube」の2つしか用意されていなかったが、新モデルでは「Amazon Prime Video」「Hulu」「AbemaTV」「U-NEXT」といった使用頻度の高いボタンが新たに追加されている。

付属のテレビリモコン。、動画配信サービスへのダイレクトボタンが6つに増えた

付属のテレビリモコン。、動画配信サービスへのダイレクトボタンが6つに増えた

エントリークラス「U7F」シリーズ

液晶テレビエントリークラスの新モデル「U7F」シリーズ。こちらも「U8F」シリーズ同様に本体デザインをリニューアルしたほか、画面サイズも65型/55型50型/43型の4サイズ展開に拡充されている。

ハイセンス「U7F」シリーズ。「U8F」シリーズと同じく、大海原を航海する帆船をイメージしてデザインしたそうだ

映像エンジンは最新の「NEOエンジン2020」で、高精度の映像信号処理によって階調性や
微小信号の再現性が高まり、グラデーションなどをより滑らかに再現できるようになったという。また、昨年モデル「E6800」に搭載されていた「NEOエンジン」との差分として、「ワイドビューアングル」という機能を搭載したのもポイント。映像設定から同モードをONにすることで、視野角を広げて斜めから見ても引き締まった映像を楽しめるという。

搭載する映像エンジンは「NEOエンジン2020」

搭載する映像エンジンは「NEOエンジン2020」

なお、液晶パネルは「E6800」同様に等倍速パネルを採用。バックライトと偏光フィルムの間に特殊なフィルムを取り付け、偏光フィルムで遮られた光をフィルムで反射させて再利用することで輝度を高める「バックライトブーストフィルム」も、「E6800」から引き続き搭載する。

「バックライトブーストフィルム」も引き続き搭載

「バックライトブーストフィルム」も引き続き搭載

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る