レビュー
動画配信サービスで配信されていないDVD作品を手軽に楽しめるのが魅力!

popIn AladdinにDVDミレルを組み合わせ、手持ちのDVDをおうちの大画面で楽しむ方法

シーリングライトにプロジェクター機能やネットワークプレーヤー機能を合体し、天井に取り付けるだけで手軽に大画面のホームシアター環境を導入できる大人気プロジェクター「popIn Aladdin」。先月末には、新開発の短焦点レンズを搭載し、フルHD表示にも対応した後継モデル「popIn Aladdin 2」も登場。1日で初回生産分の3000台が完売するなど、こちらも大きな話題となっている。

そんなpopIn Aladdinに先日、アイ・オー・データ機器が発売している「DVDミレル」を使ってDVDを大画面で簡単に楽しめる機能が追加された。さっそくこの連携機能を試してみたので、使い勝手などを詳しくレポートしていきたいと思う。

popIn AladdinにDVDミレルを組み合わせ、手持ちのDVDをおうちで楽しんでみた

popIn AladdinにDVDミレルを組み合わせ、手持ちのDVDをおうちで楽しんでみた

popIn AladdinとWi-Fiで連携するDVDミレル。モバイルバッテリーを使えばコンセントがなくても設置可能

DVDミレルは元々スマートフォンとWi-Fiで接続し、接続先のスマートフォンでDVDを見るための外付けDVDドライブとして発売された製品だが、4月上旬にpopIn Aladdinに正式対応を果たし、popIn AladdinでもDVDを手軽に楽しめるようになった。

今回popIn Aladdinと組み合わせたDVDミレルは、最新の「DVRP-W8AI3」というモデルだ

今回popIn Aladdinと組み合わせたDVDミレルは、最新の「DVRP-W8AI3」というモデルだ

popIn AladdinでDVDミレルを使うには、最初にpopIn Aladdinに専用アプリをインストールし、popIn Aladdin側でWi-Fiセッティングを行う必要がある。初回設定時のみDVDミレルの本体背面に記載されているパスワードの入力作業が発生するが、一度Wi-Fiセッティングを完了してしまえば、次回以降は環境設定からWi-Fi接続先をDVDミレルに切り替えてからアプリを立ち上げるだけでOK。あとはDVDを挿入するだけで、いつでもDVD再生を楽しめる。

popIn AladdinでDVDミレルを使うために、まずは「App Selection」からDVDミレル専用アプリをダウンロードしてインストール

インストールが終わったら、環境設定からWi-Fi接続先をDVDミレルに切り替える

インストールが終わったら、環境設定からWi-Fi接続先をDVDミレルに切り替える

初回設定時だけパスワード入力の作業が発生する

初回設定時だけパスワード入力の作業が発生する

パスワードはDVDミレル本体裏側に記載されている

パスワードはDVDミレル本体裏側に記載されている

あとはアプリを再度立ち上げて、ドライブ選択画面から接続したDVDミレルを選択すればDVD再生が始まる

あとはアプリを再度立ち上げて、ドライブ選択画面から接続したDVDミレルを選択すればDVD再生が始まる

ちなみに、DVDミレルは付属ACアダプターのほか、モバイルバッテリー用のUSB接続ケーブルが付属しており、5V2A以上の出力のあるモバイルバッテリーと接続することで、電源を確保できない場所でも利用できるようになっている。

付属のACアダプターを使って接続するとこんな感じになる

付属のACアダプターを使って接続するとこんな感じになる

ACアダプターのほかにもうひとつ付属しているUSB接続ケーブルがこちら

ACアダプターのほかにもうひとつ付属しているUSB接続ケーブルがこちら

5V2A以上の出力のあるモバイルバッテリーと組み合わせることで、電源のない場所でも利用できる

5V2A以上の出力のあるモバイルバッテリーと組み合わせることで、電源のない場所でも利用できる

今回は手持ちのAnkerのモバイルバッテリーを接続して使ってみたが、壁コンセントからが近くにない場所でもDVDミレルを設置でき、ディスクの出し入れを手元でできるのは思いのほか便利だった。ACアダプターを使わないことでコンセントまわりもすっきりするので、天井にケーブルレスでスマートに設置できるpopIn Aladdinとの相性もいい。手元にモバイルバッテリーが余っているなら、ぜひ積極的に活用していきたいところだ。

モバイルバッテリーを使って手元にDVDミレルを設置すれば、ディスクの入れ替えも簡単だ

モバイルバッテリーを使って手元にDVDミレルを設置すれば、ディスクの入れ替えも簡単だ

DVD再生中の画面UIデザインは基本的にスマートフォン向けに提供されている専用アプリと同じで、操作はすべてpopIn Aladdinのリモコンで行う形。10秒戻しや60秒送り、レジューム再生(つづきから再生)、ディスク再生中の字幕や音声の変更といった基本的な再生機能もひと通り用意されており、ボリューム調整もpopIn Aladdinのリモコンのボリュームボタンと連動していて、リモコンボタンから直接操作可能だ。

スマートフォンアプリのようにシークバーを直接タップして細かく操作することができず、10秒戻しや60秒送りのレスポンスが若干遅いため、見たいシーンに素早く合わせて見るといったことには不向きだが、DVD本編を最初から見る分には問題になることはなさそうだ。

DVD再生中の画面UI。操作メニューはすべて画面下部に並ぶ

DVD再生中の画面UI。操作メニューはすべて画面下部に並ぶ

音声切り替えなども再生画面から直接操作可能

音声切り替えなども再生画面から直接操作可能

10秒戻しや60秒送りのレスポンスが若干遅く、見たいシーンに素早く合わせて見るといったことには不向きだ

10秒戻しや60秒送りのレスポンスが若干遅く、見たいシーンに素早く合わせて見るといったことには不向きだ

動画配信サービスにないコンテンツを楽しむのに最適

popIn Aladdinといえば、Android OSを搭載し、NetflixやAmazonプライムビデオなどのさまざまな動画配信サービスを楽しめることが魅力のひとつ。popIn Aladdinのリモコンひとつでいろいろなコンテンツに簡単にアクセスでき、いつでも迫力の大画面を手軽に楽しめる点は、まさにpopIn Aladdinならではの体験といえる。

いっぽうで、自分の契約している動画配信サービスでは配信されていないコンテンツや、そもそも動画配信サービスに配信していないコンテンツもまだまだたくさんあるのも事実。たとえば、DVD化はされているが動画配信サービスには配信されていない作品や、CDの初回特典などでしか手に入らないアーティストのライブ映像を収めたDVDなどがまさにそうだろう。

自宅にpopIn Aladdinを導入している人の中には、新型コロナウイルスの影響で、今年のゴールデンウィーク中は外出を控え、自宅に籠って“動画ざんまい”なんて人もいるだろう。動画配信サービスを楽しむというのももちろんアリだが、DVDミレルを組み合わせて、昔のDVD資産を引っ張り出して楽しむなんていうのも面白いかもしれない。“DVDもまだまだ現役で、手持ちのDVD資産をpopIn Aladdinの大画面で楽しみたい!”という人にまさにうってつけの製品と言えそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る