ニュース
Dolby Visionの画質を引き出す新技術「Dolby Vision IQ」もサポート

パナソニック4K有機ELビエラ最新モデルは4K放送の画質が進化!転倒防止スタンドにスイーベル機能も

パナソニックは2020年5月26日、4K有機ELテレビの2020年モデル「HZ1800」シリーズ(65V/55V型)、「HZ1000」シリーズ(65V/55V型)を発表した。「HZ1800」シリーズは8月下旬より、「HZ1000」シリーズは6月26日より発売する。

4K有機ELビエラ HZ1800シリーズ

4K有機ELビエラ HZ1800シリーズ<(写真は65V型)

4K有機ELビエラ HZ1000シリーズ

4K有機ELビエラ HZ1000シリーズ(写真は65V型)

【4K有機ELビエラ2020年ラインアップ】
■HZ1800シリーズ
TH-65HZ1800(65V型、8月下旬発売、市場想定価格未定)
TH-55HZ1800(55V型、8月下旬発売、市場想定価格未定)

■HZ1000シリーズ
TH-65HZ1000(65V型、6月26日発売、市場想定価格42万円前後)
TH-55HZ1000(55V型、6月26日発売、市場想定価格28万円前後)

2020年モデルは、いずれも新4K衛星放送の高画質機能をさらに拡充したのが大きな特徴。映像エンジンこそ2019年モデルと同じ有機ELパネル向けに最適化された「ヘキサクロマドライブ プラス」だが、新4K衛星放送のHDR(HLG)画質を向上させるため、「AI HDRリマスター」を進化させ、HLGの映像信号に含まれる明るさ情報をシーンごとにリアルタイムに解析することで、新4K衛星放送の高画質化を実現したのがポイントとなっている。また、画素単位で明るさや色の情報を個別で制御することで高コントラストを実現する独自のパネル制御技術「Dot Contrastパネルコントローラー」も強化。明るさの分布まで解析し制御するアルゴリズムを新たに追加し、 暗いシーンのコントラスト表現をさらに高めているという。

映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」

映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」

「AI HDRリマスター」を新4K放送に最適化

「AI HDRリマスター」を新4K放送に最適化

独自のパネル制御技術「Dot Contrastパネルコントローラー」も強化された

独自のパネル制御技術「Dot Contrastパネルコントローラー」も強化された

もうひとつ2020年モデルの大きな特徴となっているのが、対応フォーマットの拡充だ。従来モデル同様、HDR10、HLG、HDR10+、Dolby Visionの4方式のHDRフォーマットをサポートするほか、Dolby Visionの画質を最大限に引き出す新技術「Dolby Vision IQ」にも新たに対応。テレビ本体に内蔵した光センサーから取得した部屋の明るさ情報をHDR画質処理に活用することで、視聴環境の明るさに左右されることなく、Dolby Vision本来の画質を楽しめるようになっている。

Dolby Visionの画質を最大限に引き出す新技術「Dolby Vision IQ」をサポート

Dolby Visionの画質を最大限に引き出す新技術「Dolby Vision IQ」をサポート

サウンド面では、従来機種同様に、立体音響技術のDolby Atmosを全機種でサポート。上位モデルの「HZ1800」シリーズは、天井の反射を利用して高さ方向の音を再現するイネーブルドスピーカーを搭載した総合出力80Wのサウンドシステムや、リモコンのマイクで音響環境を計測して視聴環境に合わせた最適な音質補正を自動的に行ってくれる「Space Tune Auto」を新たに搭載し、天井にスピーカーを配置した映画館のような迫力のサウンドを手軽に楽しめるようになっている。

「HZ1800」シリーズのサウンドシステム

「HZ1800」シリーズのサウンドシステム

リモコンのマイクで音響環境を計測して視聴環境に合わせた最適な音質補正を自動的に行ってくれる「Space Tune Auto」も新たに搭載された

さらに、スタンド部分に左右15度、合計30度のスイーベル(首ふり)機能も搭載。スタンド底面がテレビ台にしっかり吸着する「転倒防止スタンド」を有機ELテレビとして初めて搭載したのもポイントとなっている。なお、「転倒防止スタンド」については、スッキリとした有機ELテレビにデザインをマッチさせるため 、従来モデルのものをそのまま採用するのではなく、スイッチ構造を見直すなど、新規開発したそうだ。

「転倒防止スタンド」を有機ELテレビとして初めて搭載

「転倒防止スタンド」を有機ELテレビとして初めて搭載

スイーベル(首ふり)機能も搭載された

スイーベル(首ふり)機能も搭載された

チューナーは、地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基、BS4K・110度CS4Kチューナーを2基搭載し、別売りの外付けHDDへの4K放送裏番組録画にも対応。お部屋ジャンプリンクは、新たに新4K衛星放送の受信をサポート。新4K衛星放送対応のディーガに録画した番組なども楽しめるようになっている。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る