ニュース
久々のSignature Seriesはなんと据え置き!

税別78万円!ソニー本気の超弩級ニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」誕生

税別78万円!ソニー本気の超弩級ニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」誕生

ソニーが長年培ってきたアナログとデジタルの高音質技術を集結し、高音質を徹底的に突き詰めたハイエンドオーディオ「Signature Series」に久々の新製品が登場! 今回発表されたのは、ニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」。昨年のIFA 2019で初披露され、大きな話題となった注目モデルがついに日本でも発売される。発売日は6月20日で、価格は78万円(税別)だ。

“究極の解像度“と“ステージ感”を提案するニアフィールドスピーカー。物量が半端じゃなくスゴイ

「SA-Z1」の設置イメージ

「SA-Z1」の設置イメージ

“室内のパーソナル空間で究極の解像度とステージ感を実現する”をコンセプトに開発し、Signature Seriesで初の据え置きスピーカー「SA-Z1」。税別78万円という価格もそうだが、とにかくこだわりがすごい。

まず“究極の解像度”という点では、ユニット制御技術に注目だ。「SA-Z1」は、スピーカー1基当たり、メインツイーター×1、アシストツイーター×2、ウーハー×2の合計5基のユニットを搭載している。それぞれのユニットを同軸に配置するとともに、各ユニットからの音波の出力タイミングを正確に制御し、音波の波面を揃えて点音源化することで、ニアフィールドリスニングにおける高い解像度を確保したという。

メインツイーター×1、アシストツイーター×2、ウーハー×2の合計5基のユニットを同軸に配置し、音波の波面を揃えて点音源化することで高い解像度を確保している

言葉で表すと非常に簡単だが、実際は片側5基、左右ペアで計10基というユニットを緻密にコントロールしなければならない非常に高度な技術となっている。この正確無比なユニット制御を実現するために「SA-Z1」に導入されたのが、デジタルアンプとアナログアンプを組み合わせた「D.A.Hybrid AMP」とFPGAを組み合わせた回路システムだ。

「SA-Z1」の回路部分

「SA-Z1」の回路部分

「D.A.Hybrid AMP」については、これまでにもSignature Seriesのヘッドホンアンプ「TA-ZH1ES」で採用された実績があるが、パワードスピーカーはヘッドホンアンプと異なり、大きなスピーカーユニットをドライブする必要があるため、新たに次世代パワー半導体用素材「GaN(窒化ガリウム)」を採用するなど、素材レベルから改良を実施。この「D.A.Hybrid AMP」をメインツイーター、アシストツイーター、ウーハー×2のそれぞれに1基ずつ割り当てることで、計10基ものユニットを駆動させている。

そして、この「D.A.Hybrid AMP」を理想的な形で処理するためにFPGAを左右1基ずつ搭載。1基のFPGAで4基の「D.A.Hybrid AMP」を制御するとともに、左右のスピーカーを専用ケーブルでつなぎ、左右のFPGAで共通の高精度マスタークロックを用いて制御することで、高精度な時間軸制御を実現したというわけだ。

左右のスピーカーを専用ケーブルで接続し、左右のFPGAで共通の高精度マスタークロックを用いて制御することで、高精度な時間軸制御を実現

もうひとつのテーマである“ステージ感”。こちらは、ウーハーユニットとツイーターの構造が大きく関係している。

エンクロージャー内に配置されたウーハーユニットは、対向に配置した「Tsuzumi」と呼ばれるつづみ構造とすることで不要な振動を最大限に抑えるとともに、背面に向かって配置されているアシストウーハーから出る音を音道から側面から放射することで、自然な低音域の広がりを実現。ツイーターも、ハイエンドスピーカー「ESシリーズ」で開発された「I-ARRAY System」を採用。口径が大きくて音圧の高いメインツイーターを、指向性の広いアシストツイーター2基で挟み込むように配置することで、高域まで自然で広い指向特性を確保した。この2つのユニットの組み合わせにより、ニアフィールドスピーカーでは難しい広大で奥行きのあるステージ感を実現したという。

つづみのように対向に配置したウーハーユニット

つづみのように対向に配置したウーハーユニット

背面に向かって配置されているアシストウーハーから出る音を、音道でエンクロージャー側面から放射することで、自然な低音域の広がりを実現

「I-ARRAY System」を拡大したところ。口径が大きくて音圧の高いメインツイーターを、指向性の広いアシストツイーター2基で挟み込むように配置することで、高域まで自然で広い指向特性を確保している

もちろん、究極の解像度とステージ感以外にもこだわりは満載だ。特にアンプ回路を有したパワードスピーカーということで、6枚の分厚いアルミ板を使用したスピーカーエンクロージャーの採用や、アンプ部へのFBWシャーシの採用、スピーカーのエンクロージャーとアンプ部分をアーム型のブリッジで接続し、スピーカーの振動をアンプに伝えない構造、5mm厚の高強度鋼板を使用したボトムプレートの採用など、ユニットが発生する振動の抑制に関してはかなり気を使っている。

スピーカーエンクロージャーの接合部分。日本の伝統的な木組みから着想を得た独自の接合方法で、エンクロージャーの不要な残響も低減させている

アンプ部のヒートシンクは、切れ目がない煙突構造を採用。これにより、不要な共振の抑制と効果的な放熱を実現している

正直、パワードスピーカーにここまで物量を投入している製品は他には見たことがない。税別78万円というプライスタグも十分納得できるレベルだ。

音のカスタマイズ機能がユニーク。入力はDSDが最大22.4MHz、PCMが768kHz/32bitまで対応

「SA-Z1」は、一気に8倍のサンプレイングレートに変更することで高精度なオーバーサンプリングを実現する「8倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター」をはじめ、CDや圧縮音源をハイレゾ音源相当にする「DSEE HX」、入力されたPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換する「DSDマスタリングエンジン」など、音質機能もかなり充実している。

また、「D.A.Hybrid AMP」「Tsuzumi」「I-ARRAY System」のそれぞれの動作方法を切り替えて音の質感を微調整できる機能もユニークだ。音源データを直接操作するのではなく、本体のダイアルスイッチでそれぞれの回路の物理的特性を直接変えてやることで、信号劣化なく音の質感を変えて楽しめるというのは、「SA-Z1」ならではの音質機能といえるだろう。

L側のサブスピーカー上部に用意されているダイアルで音の質感を調整できる

L側のサブスピーカー上部に用意されているダイアルで音の質感を調整できる

デジタル入力は、USB(Type-B)、ウォークマン専用USB、角形光デジタルを各1系統、アナログ入力は、3.5mmステレオミニ、XLRバランス、RCAを用意。USB接続時は、DSDが最大22.4MHzまで、PCMが最大768kHz/32bitまで対応する。

利用頻度の高いUSBとウォークマン用USB、光デジタル、3.5ステレオミニ入力はR側のメインスピーカー側面に配置

R側のメインスピーカー背面には、XLRバランスとRCS入力を搭載。画像下部のSync端子が左右スピーカーの接続用端子だ

R側のメインスピーカー上部には、各種ステータスを確認できるディスプレイとボリュームダイアル、音質機能のON/OFFボタンを配置

細身の付属リモコン。電源や音質機能のON/OFFなどを操作できる

細身の付属リモコン。電源や音質機能のON/OFFなどを操作できる

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る