ニュース
ARCAMブランド再上陸も告知

未発表の完全ワイヤレスイヤホンもチラ出し! JBLとMark Levinsonの2020年秋新製品

ハーマンインターナショナルから、同社が取り扱うJBLやMark Levinson(マーク・レビンソン)の新製品が一挙に発表された。以下より、プレス向けの展示会で披露された実機の写真を交えながらご紹介していこう。記事後半では、正式発表前の参考出品情報も!

JBLの人気Bluetoothスピーカーに新モデル登場

まずはJBLブランドから。ポータブルBluetoothスピーカー「JBL GO」シリーズに、新モデルの「JBL GO3」が登場した。JBLオンラインストア価格は4,380円(税別)で、2020年11月13日より順次発売を開始する。

Bluetoothバージョンは5.1で、連続使用可能時間は最大約5時間

Bluetoothバージョンは5.1で、連続使用可能時間は最大約5時間

手のひらサイズのコンパクトな筐体でJBLサウンドを継承するJBL GOシリーズは、全世界累計販売台数3,200万台を超える大人気のBluetoothスピーカー。新モデルのJBL GO3は、本体サイズ75(幅)×87.5(高さ)×41.3(奥行)mm、重量約209gというコンパクトな設計を引き継ぎながら、サウンドと外観デザインがゼロから再設計された。

その内部には、本機のために専用設計されたという43×47mm口径のフルレンジスピーカーを1基搭載している。加えてパッシブラジエーターも配置することで、コンパクトなサイズながらパワフルな再生を実現。本体には防水防塵仕様のファブリック素材を使用し、耐久性の高い落下防止ストラップを付属するなど、さまざまな場所に持ち運んでJBLサウンドを楽しめるようになっている。

ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、オレンジ、ピンクの6色をラインアップ。なお、ホワイトとオレンジの2色は少し遅れて11月下旬発売予定とのこと

ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、オレンジ、ピンクの6色をラインアップ。なお、ホワイトとオレンジの2色は少し遅れて11月下旬発売予定とのこと

デザイン性の高いファブリック素材を備えながら、IP67の防塵機能にも対応。万が一の水没にも対応しており、アウトドアや水辺の環境でも使用できる

防水機能のあるファブリック素材を備えながら、IP67の防塵機能にも対応。万が一の水没にも対応しており、アウトドアや水辺の環境でも使用できる

USB Type-Cの充電ポートも防水防塵設計なので、汚れたときに丸洗いも可能

USB Type-Cの充電ポートも防水防塵設計なので、汚れたときに丸洗いも可能

そのほかにもJBLからは、ゲーミングヘッドホン「JBL Quantum」シリーズの新モデルとして、初のゲーミングイヤホン「JBL Quantum 50」が発表されている。ゲーミングヘッドセットの圧迫感が苦手な人が使いやすいように開発された有線イヤホンで、2020年11月13日の発売を予定しており、JBLオンラインストア価格は2,880円(税別)。

スポーツイヤホンのノウハウを生かして開発された特許技術「ツイストロック構造」を採用するゲーミングイヤホン。イヤホンを耳に装着してからひねって最適な位置にフィットさせる構造で、長時間のゲームプレイに集中できるようになっている

スポーツイヤホンのノウハウを生かして開発された特許技術「ツイストロック構造」を採用するゲーミングイヤホン。イヤホンを耳に装着してからひねって最適な位置にフィットさせる構造で、長時間のゲームプレイに集中できるようになっている

内部には8.6mm口径のドライバーを採用し、ゲーム内の音声をリアルに再現する独自のゲーミング用音響技術「JBL Quantum SOUND シグネチャ」を搭載。これにより、迫力のある爆発音やプレイ中に重要となるかすかな足音なども再現し、ゲームへのより高い没入感を演出する。

ケーブルの一部にファブリック素材を採用しており、耐久性にも配慮

ケーブルの一部にファブリック素材を採用しており、耐久性にも配慮

クリアなチャットボイスをピックアップするボイスフォーカスマイクを搭載。また、音声マイクとは別にインラインコントローラーを装備しており、音声マイクをミュートするときに必要なマイクON/ミュートスライダーと音量調整スライダーが搭載されている。マルチファンクションボタンも搭載し、ゲーム中にかかってきた電話に出ることも可能

クリアなチャットボイスをピックアップするボイスフォーカスマイクを搭載。また、音声マイクとは別にインラインコントローラーを装備しており、音声マイクをミュートするときに必要なマイクON/ミュートスライダーと音量調整スライダーが搭載されている。マルチファンクションボタンも搭載し、ゲーム中にかかってきた電話に出ることも可能

マクレビ「No5000」シリーズ第3弾はアナログプレーヤー

続いては、Mark Levinsonのアナログレコードプレーヤー「No5105」を見ていこう。40年以上の歴史を持つハイエンドオーディオブランドのMark Levinsonが、その技術を盛り込んだコストパフォーマンスの高いラインとして展開中の「No5000」シリーズの新モデルだ。メーカー希望小売価格は650,000円(税別)で、2020年12月の発売を予定している。

本体サイズは438(幅)×154(高さ)×395(奥行)mmで、重量は34kg。アルミ切削加工の筐体はブラックアノダイズド処理を施したうえ、さらに上質なヘアライン仕上げとしている。ラバーアイソレートされたアルミ切削加工の脚部による3点支持構造を採用

本体サイズは438(幅)×154(高さ)×395(奥行)mmで、重量は34kg。アルミ切削加工の筐体はブラックアノダイズド処理を施したうえ、さらに上質なヘアライン仕上げとしている。ラバーアイソレートされたアルミ切削加工の脚部による3点支持構造を採用

33/45回転対応の12Vシンクロナス・フルデジタル・モーターを搭載するベルトドライブ駆動方式を採用したアナログプレーヤーで、ボディは50mm厚のアルミニウムブロックから切削加工されており、シンプルでコンパクトなサイズ感ながら重量級である。共鳴吸収材によってダンピング処理を施したビーズブラスト仕上げのソリッドアルミニウムプラッターを採用している。

フロントには、洗練された印象のガラスディスプレイを装備。回転スピードの切り替えや電源ON/OFFなどの操作を行うコントロールパネルを搭載する

フロントには、洗練された印象のガラスディスプレイを装備。回転スピードの切り替えや電源ON/OFFなどの操作を行うコントロールパネルを搭載する

本体背面の様子。RCA出力端子を装備

本体背面の様子。RCA出力端子を装備

センタースピンドルの軸受けには、メンテナンスフリーのシンターブッシュ、ベアリングを採用し、潤滑剤と複合素材で構成されたオイルフリーのベアリングボトムを使用。スピンドルシャフトには精密研磨された硬化鋼を採用する。シンプルなシグナルプーリーと、四角断面のドライブベルトを使ったシングルベルト駆動方式としている

センタースピンドルの軸受けには、メンテナンスフリーのシンターブッシュ、ベアリングを採用し、潤滑剤と複合素材で構成されたオイルフリーのベアリングボトムを使用。スピンドルシャフトには精密研磨された硬化鋼を採用する。シンプルなシグナルプーリーと、四角断面のドライブベルトを使ったシングルベルト駆動方式としている

トーンアームは、高精度ベアリングを採用したジンバルサポート方式スタティックバランス型で、カートリッジは別売となる。軸受けにはプリロード負荷型ベアリングを使用。

アームは10インチ長のカスタムメイドのストレート型で、グロスブラック仕上げのカーボンファイバー素材を使用。オリジナルデザインのアルミニウム製ヘッドシェルを搭載する

アームは10インチ長のカスタムメイドのストレート型で、グロスブラック仕上げのカーボンファイバー素材を使用。オリジナルデザインのアルミニウム製ヘッドシェルを搭載する

No5000シリーズは、第1弾製品がプリメインアンプ「No5805」、第2弾製品がネットワーク対応SACDプレーヤー「No5101」で、それに続く第3弾が今回発表されたNo5105となる。これにより、デジタルからアナログまでカバーするラインアップが揃った。なお、シリーズ第2弾のSACDプレーヤー、No5101は元々2020年初旬に発売予定とされていたが、コロナ禍の影響で長らく延期に。このたび、2020年10月に改めて発売されることが決定したので、こちらもぜひ注目されたい。

No5000シリーズの3機種が出揃った

No5000シリーズの3機種が出揃った

未発表の完全ワイヤレスイヤホンやARCAMブランド再上陸も

そのほかにも、ハーマンインターナショナルがプレス向けに開催した展示会では、2020年10月21日時点で未発表の製品も公開されていた。現時点でわかっている情報を簡単にご紹介しよう。

▼JBLのノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン

まずは、JBLブランドから新しい完全ワイヤレスイヤホン「LIVE FREE NC+ TWS」が登場予定だという。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、ワイヤレス充電Qiにも対応するモデルとなる。

発売時期や価格は未定とのことだが、2020年内発売を目指すとしている

発売時期や価格は未定とのことだが、2020年内発売を目指すとしている

JBLサウンドを継承するチューニングはもちろんのこと、特徴的なのは、オンライン会議での使用を想定した機能が搭載されていること。クリアな音声通話を可能にする「デュアルビームフォーミングマイク」を採用し、片側のイヤホン単体でモノラルでも使用することができる「デュアルコネクト」機能にも対応している。

そのほか、周囲の環境音を取り込める「アンビエントアウェア」や、イヤホンを装着しながらでも会話がしやすくなる「トークスルー」機能なども搭載し、専用アプリからさまざまなカスタマイズと調整が行える仕様になるという。

既存モデル「LIVE 300TWS」(左)の後継機となり、並べてみるとケースからコンパクト化していることがわかる

既存モデル「LIVE 300TWS」(左)の後継機となり、並べてみるとケースからコンパクト化していることがわかる

4色のカラバリで登場予定とのこと

4色のカラバリで登場予定とのこと

▼ARCAMブランドの再上陸も告知

最後にこちら。英国のオーディオブランド「ARCAM」(アーカム)の製品が、新たにハーマンインターナショナルが輸入代理店を務める形で、2021年前半に日本へ再上陸することが告知された(かつて、日本ではデノンラボが輸入代理を行っていたがすでに撤退)。

日本に導入される製品や詳細時期はまだわからないそうだが、今回のプレス向け展示会ではネットワークSACDプレーヤー「CDS50」、ネットワークプリメインアンプ「SA30」、ストリーミングアンプ「SOLO UNO」などの実機が披露されており、今後の展開に期待が高まる。

ネットワーク対応のSACDプレーヤー「CDS50」。SACD再生のほか、ネットワーク経由でハイレゾ再生にも対応する

ネットワーク対応のSACDプレーヤー「CDS50」。SACD再生のほか、ネットワーク経由でハイレゾ再生にも対応する

ネットワーク対応のプリメインアンプ「SA30」。こちらはステレオアンプでありながらHDMI端子も装備しており、テレビとの接続も想定しているのがポイント

ネットワーク対応のプリメインアンプ「SA30」。こちらはステレオアンプでありながらHDMI端子も装備しており、テレビとの接続も想定しているのがポイント

ストリーミングアンプ「SOLO UNO」は、音楽ストリーミングサービスを手軽にスピーカー再生で楽しめるように開発された1台

ストリーミングアンプ「SOLO UNO」は、音楽ストリーミングサービスを手軽にスピーカー再生で楽しめるように開発された1台

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る