ニュース
デノンサウンドをTWSで

デノンからも出た! ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「AH-C830NCW」「AH-C630W」登場

デノンから、同ブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン(TWS)が発表された。ラインアップは「AH-C830NCW」と「AH-C630W」の2機種で、2021年10月中旬に発売予定。価格はオープンだが、上位モデルのAH-C830NCWは19,800円前後(税込)、下位モデルのAH-C630Wは9,900円前後(税込)での実売が想定される。2機種とも最大の特徴は、デノンのHi-Fiサウンドの再現を目指して開発されたということ。その詳細を見ていこう。

デノンのHi-Fi&AVアンプを手がける山内氏が開発

2020年に創業110周年を迎えたデノン。ヘッドホン開発だけでも55年の歴史があるが、上述の通り、完全ワイヤレスイヤホンを発表したのは今回が初めて。そこで後発組のデノンが最もこだわったのは、老舗ブランドならでの「らしい音質」を完全ワイヤレスで実現することだったという。

AH-C830NCW

AH-C830NCW

AH-C630W

AH-C630W

実はこの2機種、デノンのHi-FiやAVアンプなどのオーディオコンポーネントを手がけてきた同社サウンドマイスターの山内慎一氏が全面的に開発を担当している。

狙ったのは、「デノンのHi-Fiオーディオの音をイヤホンにもそのまま反映すること」で、サウンドコンセプトとして、デノンのHi-Fiコンポーネントと同じ「Vivid & Spacious」を掲げている。具体的には、「より鮮明で伸びやかで躍動感のある音、開放感にあふれた3次元的に広がる音場の中にシャープに音像がフォーカスされるイメージ」(山内氏談)という。

基本スペックをチェック! 安定感のあるスティック型を採用

続いては、2機種共通の特徴を紹介しよう。まずはデザイン面だが、いずれもブラックとホワイトの2色をラインアップしており、形状は同じ。各モデルとも本体重量約5gの軽量設計で、装着性と安定性の観点からスティック型を採用している。耳介に自然に沿う形状のおかげで、耳介の広い面でイヤホンを支えることができ、フィット感が高いのがポイントだ。デノンでは開発時、数多くの耳の形状データを元に3Dシミュレーションを繰り返し、24の形状サンプルを作成。その中から最も付け心地がよく、落ちにくいとされた形状を選択したという。ちなみにBluetoothはVer. 5.0 with LE/Class 1に対応し、コーデックはAAC/SBCをサポートする。

上位モデルのAH-C830NCW(左)は光沢仕上げ、下位モデルのAH-C630W(右)はマット仕上げとなっている。本体重量は、AH-C830NCWが5.3g、AH-C630Wが4.7gと超軽量。IPX4の防滴性能も備える

上位モデルのAH-C830NCW(左)は光沢仕上げ、下位モデルのAH-C630W(右)はマット仕上げとなっている。本体重量は、AH-C830NCWが5.3g、AH-C630Wが4.7gと超軽量。IPX4の防滴性能も備える

全長約25mmの高性能なFPCアンテナの搭載、通信状況に応じた出力制御などのソフトウェアのチューニングを行い、接続安定性を高めている。なお、イヤホン片側だけでの使用も可能で、どちらか片方だけで音楽再生やハンズフリー通話も行える

全長約25mmの高性能なFPCアンテナの搭載、通信状況に応じた出力制御などのソフトウェアのチューニングを行い、接続安定性を高めている。なお、イヤホン片側だけでの使用も可能で、どちらか片方だけで音楽再生やハンズフリー通話も行える

ラインアップ紹介! AH-C830NCWとAH-C630W

ここからは、モデルごとの特徴を解説していこう。上述の通り、目指すサウンドの傾向や本体デザインは2機種とも共通しているが、内蔵するドライバーや搭載機能に差異がある。

▼AH-C830NCWはノイキャン&アンビエント機能搭載の上位モデル

まずは、上位モデルのAH-C830NCWから。その内部には、山内氏が試聴と調整を繰り返して完成度を高めたという10×11mmのダイナミックドライバーを搭載している。ドライバーの素材はポリウレタンとポリエーテルエーテルケトンだが、特に後者は、耐熱性・耐久性・耐加水分解性にすぐれたスーパーエンジニアリングプラスチックの一種で高級素材。このドライバーと、内蔵するDSPの調整により、完全ワイヤレスイヤホンでデノンサウンドの再現を行う。

さらに本機は上位モデルとして、アクティブノイズキャンセリング機能や外音取り込み(アンビエント)などの便利機能を搭載しているのがポイントとなる。デノンならではのサウンドを実現しつつも、音楽再生だけではなく、リモートワークなどで使いやすい今どきの性能をきちんと押さえている。

バッテリー駆動時間は、本体のみで最長6時間。ノイズキャンセリング機能を使用しながら音楽を再生した場合は4.8時間となる。充電ケースで3回の充電ができるため、音楽再生で約24時間、ノイズキャンセリング機能を併用した場合で約19時間の使用が行える

バッテリー駆動時間は、本体のみで最長6時間。ノイズキャンセリング機能を使用しながら音楽を再生した場合は4.8時間となる。充電ケースで3回の充電ができるため、音楽再生で約24時間、ノイズキャンセリング機能を併用した場合で約19時間の使用が行える

ノイキャンについては、デノンのノイズキャンセリングヘッドホン「AH-GC30」「AH-GC25NC」などの開発経験を生かした、強力なアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。また、アンビエント機能は不自然さがなくナチュラルにかかかるように配慮している。なお、ノイズキャンセリング機能のオン/オフとアンビエント機能は、左側のハウジングをタッチする操作で切り替えることができる。このとき、一般的によくある「ノイズキャンセリング、オン」といったようなボイスメッセージが流れるのではなく、「ピッ」というアラートで知らせる仕様になっている。これは、ピッと一瞬で切り替わったほうがユーザビリティがよいという配慮によるものだそうだ。

また、通話用のマイクも含めた3マイクによる「ノイズ&エコーキャンセル」機能も便利。3基のマイクとビームフォーミング技術、エコーキャンセル技術によって、通話時にユーザーの話し声をしっかりと拾い、相手の声も明瞭に再生するようになっている。通話時にノイキャン機能をオンにしておけば、自動でノイズ&エコーキャンセルもオンになる。

ハウジング内にフィードバックとフィードフォワードの2マイクを搭載。スティックの先に通話用マイクを内蔵する

ハウジング内にフィードバックとフィードフォワードの2マイクを搭載。スティックの先に通話用マイクを内蔵する

さらに、上位モデルだけの機能として、「Google Fast Pair機能」にも対応している。これは、Android OS搭載デバイスと簡単にペアリングできるもの。イヤホンをペアリングモードにしてAndroidデバイスに近付けると、Androidデバイスの画面にポップアップが表示されるので、それをタップするだけでペアリングが完了する。

初めてペアリングするときは、充電ケースのフタを開けると自動的にペアリングモードになる。スマホ側の操作は一切していないが、すぐにスマホの画面にペアリングのポップアップ画面が表示される

Android端末と初めてペアリングするときは、充電ケースのフタを開けると自動的にペアリングモードになる。スマホ側の操作は一切していないが、すぐにスマホの画面にペアリングのポップアップ画面が表示されてスムーズ

▼AH-C630Wは実売1万円以下でデノンサウンドを楽しめるシンプルモデル

いっぽうのAH-C630Wは、機能性を省いたシンプルな仕様とすることでコストを抑え、実売価格1万円以下でデノンサウンドが楽しめる下位モデルとしてラインアップされる。上位モデルのノイズキャンセリング&アンビエント機能やノイズ&エコーキャンセル機能、Google Fast Pairなどの機能はすべて省略。内部のドライバーユニットは、素材は上位モデルと同じポリウレタンとポリエーテルエーテルケトンだが、大きさが異なっており、こちらは10mm口径のダイナミック型を搭載する。

もちろん通話用マイクは搭載するので、接続中のスマホに電話がかかってきた場合の着信応答は行える。バッテリー駆動時間は本体で4.5時間、充電ケースを合わせて約18時間

もちろん通話用マイクは搭載するので、接続中のスマホに電話がかかってきた場合の着信応答は行える。バッテリー駆動時間は本体で4.5時間、充電ケースを合わせて約18時間。なお、本記事にはブラックの写真しかないが、ホワイトモデルもある

なお、短時間だが2機種のサウンドを実際に聞くことができたので、簡単に印象をお伝えしよう。基本的なサウンドの方向性は共通しており、いずれも空間表現に重点的にこだわったことが感じられた。1つひとつの音の配置に余裕がある。上述の通り、デノンのHi-Fiコンポーネントと同じ「Vivid & Spacious」がテーマということで、どちらかといえば高解像度志向でディテールの表現に寄りつつも、高解像すぎずバランスを取っている印象。さらに上位モデルのAH-C830Wのほうが、より低域がシャープで立体感が向上するイメージだ。

というわけで、「デノンのHi-Fiサウンドの再現」を目指したというAH-C830NCW とAH-C630Wをご紹介した。日本の老舗オーディオブランドが新しく手がけた完全ワイヤレスイヤホンに、ぜひ注目していただきたい。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る