レビュー

外の音はどれくらい聞こえる? 穴のあいたソニーの完全ワイヤレス「LinkBuds」実機レビュー

ソニーからユニークなデザインの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds(WF-L900)」が2月25日に発売される。今回、発売に先駆けて実機を試す機会を得たので、さっそくレビューを届けしよう。

「LinkBuds」は、完全ワイヤレスイヤホンなのに穴のあいた“リング型デザイン”という前代未聞のデザインが大きな特徴だ。まずは、実機の写真を見てほしい。

リング型デザインの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」

リング型デザインの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」

写真右下の穴のあいている部分が、リング型ドライバーユニットが内蔵されている部分だ。音を鳴らす仕組みとしては一般的なイヤホンと同じで、ドライバーユニットの口径は12mm。イヤホンの基盤部などは左上のSONYロゴが入った場所に格納されている。

メインチップには、ノイズキャンセリング機能を搭載した同社完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデル「WF-1000XM4」にも採用されている「統合プロセッサーV1」が使われており、左右同時伝送技術にも対応している。ただし、Bluetoothコーデックはハイレゾ音質のLDACには非対応で、SBC/AACまでの対応となっている。

リング型ドライバーユニットと基板部がつながった独特過ぎる形状

リング型ドライバーユニットと基板部がつながった独特過ぎる形状

「LinkBuds」の形状を見て疑問に思うのは“どうやって耳にフィットするのか”というところだが、装着写真は写真の通り。音の出どころとなるリング型ドライバーユニットが耳穴に向き合い耳の外も開けた形でセットされ、そしてSONYロゴの入った基板部が耳のより広い部分にはまり、シリコン製のフィッティングサポーターで軽くサポートする形だ。

耳全体を使ってすっぽりとフィット。穴の近くにリング型ドライバーユニットが配置される

耳全体を使ってすっぽりとフィット。穴の近くにリング型ドライバーユニットが配置される

装着感について語ると、まず形状は耳の形に合っていてスムーズに着けられる。装着感はインナーイヤー型イヤホン(カナル型=耳栓型ではない)に近い。これは耳に触れる存在感がゼロではないが、カナル型のような密閉感はなくラクという意味合いだ。ただ、注意してほしいのは、リング型ドライバーユニットの耳に触れる側も含めて固い素材で作られているということ。

あまりメディアで見る機会のないソニー「LinkBuds」の裏側

あまりメディアで見る機会のないソニー「LinkBuds」の裏側

リング型ドライバーユニットの形状は、インナーイヤー型イヤホンからイヤーパッド(触れる部分をカバーするやわらかい素材のクッション)を外した、剥き出し状態に似ている。サイズが大きくキツいことはないが、インナーイヤー型イヤホンを剥き出しで装着すると耳が痛くなるのと同じように、耳への負担は若干あると思う。

なお、耳への固定をするフィッティングサポーターは全5サイズが付属しており、簡単に交換することができる。ただこのパーツはしっかりと固定するというより、落ちやすい耳の形状の人の軽いサポートくらいの効果だ。

全5サイズが付属するフィッティングサポーター

全5サイズが付属するフィッティングサポーター

最大サイズのXLに交換した状態だが、やわらかいのでガッチリ固定するという感じではない

最大サイズのXLに交換した状態だが、やわらかいのでガッチリ固定するという感じではない

バッテリーは本体のみで約5.5時間、ケース充電込みで約17.5時間、10分充電で90分再生可能のクイック充電にも対応する。本体のみで約5.5時間というスペックはいまどきの完全ワイヤレスイヤホンとして普通かやや短めなので、このスペックから見ても一日つけっぱなし、スマホとつなぎっぱなしにはやや物足りない。なお、連続通話時間は本体バッテリーのみで約2.5時間と短いので、電話会議等で通話時間が長めの人は要注意だ。

コンパクトな付属の充電ケース

コンパクトな付属の充電ケース

イヤホンのサイズに合わせたサイズ感といったところ

イヤホンのサイズに合わせたサイズ感といったところ

「LinkBuds」のユニークな機能が、イヤホン本体による操作。ボタン操作ではなくタップ操作になっており、イヤホンだけでなく顔の周囲も含めたワイドエリアタップに対応している。実際に試すと、タップ操作が有効になるのはおおむね耳の前あたりのエリアで、下記に掲載する写真のあたりまではしっかりと反応してくれる。どうやら振動を検出しているようで、強く指で叩けば耳の後ろ側でも反応してくれた。操作は2回/3回タップのみで1回タップには反応しないので、誤反応の心配はなさそうだ。

タップ操作は耳の少し手前位置くらいまで反応する

タップ操作は耳の少し手前位置くらいまで反応する

操作内容は標準では左右とも2回で再生/一時停止、3回で次の曲となっており、「Sony | Headphones Connect」アプリから左右個別に音量アップ/ダウン、音声アシスタント呼び出しなどを登録することも可能だ。

「Sony | Headphones Connect」アプリからタップ操作のカスタマイズが可能。珍しい機能としては「Quick Access」でSpotifyのプレイリストにダイレクトに飛べる

「Sony | Headphones Connect」アプリからタップ操作のカスタマイズが可能。珍しい機能としては「Quick Access」でSpotifyのプレイリストにダイレクトに飛べる

ほかにも、ソニーのイヤホン・ヘッドホンの定番機能として、周囲の騒音に応じて音量を変える「アダプティブボリュームコントロール」や、発話すると自動的に音量が下がる「スピーク・トゥ・チャット」といった機能も利用できる。

ユーザーが特に気になるのは、「LinkBuds」を装着してどれくらい周囲の音が聞こえるのかというところだろう。

まず、「LinkBuds」を装着しただけの状態では、リング型穴ドライバーで耳をふさいでいないので周囲の音もそのまま入っている。周囲の音がどれくらい聞こえるのか? というと、耳は完全にオープンなので音楽を流していなければ、エアコンの騒音でも丸聞こえだし、テレビも普通に視聴できるし、人との会話に差し支えることはない。ただ、聞こえ方は少しイヤホンで音が遮られている感があるようだ。

イヤホンを装着しているように見えるが、周囲の音もそのまま聴ける

イヤホンを装着しているように見えるが、周囲の音もそのまま聴ける

音楽を流しつつでは音量次第だが、iPhoneの音量で下から5〜6段階目くらいまではテレビの音声なども聞き取れるくらい。人の呼びかけやインターホンに気付けるようにするなら7段階目くらいだろう。この7段階目は僕が普段音楽を聴くのと同程度の音量なので、周囲の音に気づける安心感としてはとてもいい。

音質については、iPhoneと接続してApple Musicでテストすると、想像以上に普通のイヤホンらしい軽やかで聴き心地のいいサウンドだ。たとえばYOASOBIの『三原色』を聞くと冒頭の楽器のギターの音はクリアさが物足りなく聞こえるが、歌声は適度に空間に浮かぶような心地よさが出る。そして音空間の広がり大きく、低音も音楽として聞ける程度にはある。高音質と呼ぶほどではないが大きな不満のない、AirPodsのようなサウンドを想像すると近いかもしれない。

iPhoneとペアリングして音質を検証

iPhoneとペアリングして音質を検証

「LinkBuds」はソニーによる空間オーディオ360 Reality Audio認定モデルでもある。Amazon Musicで試しにYOASOBI『群青』を聞いてみると、想像以上に空間オーディオとしての効果がいい。元々「LinkBuds」の持つ開放感に音がぐるりと回り込む効果も合わさり、空間オーディオの醍醐味を感じられる。なお、音楽配信サービスDeezerなら個人最適化も可能で、聞くと音の定位感アップの効果も体感できた。

360 Reality Audioの空間オーディオ用のイヤホンとしてとても優秀

360 Reality Audioの空間オーディオ用のイヤホンとしてとても優秀

Deezerで聴くとより効果を実感しやすい

Deezerで聴くとより効果を実感しやすい

「LinkBuds」とPC/Macとペアリングし、ビデオ会議で使うということもあるだろう。「LinkBuds」には、AI技術を活用した「高精度ボイスピックアップテクノロジー」という機能も搭載されているので、さっそくZoomでテストをしてみたが、特にマイクの集音音質がよく声のニュアンスも伝わる。そして何より会議中も自分の周囲の音が聞こえているので、インターホンが鳴ったり家族に呼び出されたりしたりしても反応しやすい安心感がある。意外とテレワークのビデオ会議用に「LinkBuds」を導入するという用途はアリだ。

Macと接続してZoomのアプリで通話性能をテスト

Macと接続してZoomのアプリで通話性能をテスト

さて、今回ソニー「LinkBuds」を使ってみて、技術的にはインナーイヤー型イヤホンに近いと思いつつも、よくできた“ながらイヤホン”であるということがわかった。テレワークの普及で在宅時間が伸びている昨今、音に没入し過ぎずに周囲の音聞けるというのは求められる要素。ビデオ会議用にも通用するデバイスだ。目下のライバルは骨伝導デバイスになると思うが、ソニー「LinkBuds」は仕組み上イヤホンなので、音質では明らかに有利。と言っても、本格的に高音質を狙ったイヤホンとは別路線の製品だし、正直言って23,000前後という市場想定価格に対して音質は物足りないと思う。だが、ソニー「LinkBuds」は用途提案型で、“こういうイヤホンがほしかった!!”という声とともに、ヒットしそうな予感がする。気になる人は、ぜひ実機を手に取って体験してほしい。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る