ニュース

動画配信サービスみたいに使える!パナソニックの全自動ディーガ2022年モデルは使い勝手が大幅アップ

動画配信サービスみたいに使える!パナソニックの全自動ディーガ2022年モデルは使い勝手が大幅アップ

パナソニックのブルーレイレコーダ「全自動ディーガ」の2022年モデルが発表された。ラインアップは、4Kチューナー内蔵モデル2機種、2K専用モデル3機種の全5機種。いずれも5月27日発売だ。各機種のスペック詳細・市場想定価格は以下のとおり。

■全自動ディーガ2022年モデルラインアップ
DMR-4X1002:市場想定価格33万円前後
10TB HDD、2Kチャンネル録画8ch×28日間、4Kチャンネル録画1ch×13日間、2Kまたは4K×1番組の通常録画)
DMR-4X602:市場想定価格19万円前後
(6TB HDD、2Kチャンネル録画4ch×28日間、4Kチャンネル録画1ch×7日間、2Kまたは4K×1番組の通常録画)
DMR-2X602:市場想定価格18万円前後
(6TB HDD、2Kチャンネル録画10ch×28日間、2K×1の通常録画)
DMR-2X302:市場想定価格10万円前後
(3TB HDD、2Kチャンネル録画6ch×24日間、2K×1の通常録画)
DMR-2X202:市場想定価格7.5万円前後
(2TB HDD、2Kチャンネル録画6ch×16日間、2K×1の通常録画)

ラインアップ的には、4Kチューナーを内蔵しない2K専用のモデルに注目したい。ユーザーからの要望が多かったという最大10chのチャンネル録画が行える「DMR-2X602」をラインアップに復活させたほか、チャンネル録画用のBS/CSチューナーの数を2基にして価格を抑えた「DMR-2X202」を追加。録画できるチャンネル数を重視するヘビーユーザーから地デジの録画中心のライトユーザーまでしっかりとカバーできる布陣となった。

チャンネル録画10ch対応モデルが復活。6TBのHDDを内蔵した「DMR-2X602」なら、チャンネル録画10chを最大28日間分保存できる

チャンネル録画10ch対応モデルが復活。6TBのHDDを内蔵した「DMR-2X602」なら、チャンネル録画10chを最大28日間分保存できる

チャンネル録画専用チューナーを地デジのみに絞り込むことで価格をグッと抑えた「・DMR-2X202」。全自動ディーガを試してみたいという人にもぴったりだ

チャンネル録画専用チューナーを地デジのみに絞り込むことで価格をグッと抑えた「・DMR-2X202」。全自動ディーガを試してみたいという人にもぴったりだ

ちなみに、4Kチューナー内蔵モデルは4K UHD Blu-ray再生にも対応。Bluetooth機能も備えており、専用アプリ「どこでもディーガ」と連携し、「ただいま転送」や「フルHD持ち出し」といった機能も利用できる。HDMI出力も、映像と音声をそれぞれ独立して出力できるように2系統用意しているのも4Kチューナー内蔵モデルのみだ。なお、最上位モデルの「DMR-4X1002」のみ、インシュレーターも装備している。

4Kチューナー内蔵モデルのみBluetooth機能を搭載。あらかじめディーガとBluetoothペアリングしておけば、番組持ち出しやスマホの写真のバックアップなどを自動で行える

4Kチューナー内蔵モデルのみBluetooth機能を搭載。あらかじめディーガとBluetoothペアリングしておけば、番組持ち出しやスマホの写真のバックアップなどを自動で行える

機能面では、録画の手間や見逃しのストレスがない視聴スタイルがネット動画配信サービスに近いというところに着目し、録画したテレビ番組をネット動画のように楽しめる新機能がいくつか搭載された。

そのひとつが、これまで全自動ディーガに搭載された「新着番組」機能にAI機能を追加してリニューアルした「おすすめ録画一覧」。新たに追加された「AIおすすめ」では、録画した番組を20種類以上のジャンルに分類、過去に視聴した番組から嗜好を解析し、マッチングの高い番組をおすすめし番組としてレコメンドしてくれるという。

過去に視聴した番組のジャンルデータをAIで解析し、録画済みの番組の中からマッチング度の高い番組をレコメンドしてくれる「AIおすすめ」

過去に視聴した番組のジャンルデータをAIで解析し、録画済みの番組の中からマッチング度の高い番組をレコメンドしてくれる「AIおすすめ」

また、従来から有料サービスとして展開している「シーン再生」に加え、1分ごとのプレビュー画面から見たいシーンにすぐにジャンプできる「プレビューサーチ」や、次のエピソードがある録画番組を再生すると、再生終了10秒前に次に再生するおすすめ番組を表示・そのまま自動で連続再生してくれる「次エピソード自動再生」など、動画配信サービスのように番組をサクサク視聴できる機能の2022年モデルの見どころのひとつと言えるだろう。

番組再生中にカーソル下ボタンを押すと呼び出せる「プレビューサーチ」。1分ごとのプレビュー画面から見たいシーンをサッと探せる。従来から展開している「シーン再生」は有料サービスとなっていたが、こちらは無料(※)で利用できる※ディーガ本体操作時のみ

番組再生中にカーソル下ボタンを押すと呼び出せる「プレビューサーチ」。1分ごとのプレビュー画面から見たいシーンをサッと探せる。従来から展開している「シーン再生」は有料サービスとなっていたが、こちらは無料(※)で利用できる※ディーガ本体操作時のみ

次のエピソードがある録画番組を再生すると、再生終了10秒前に次に再生するおすすめ番組を表示・そのまま自動で連続再生してくれる「次エピソード自動再生」はいっき見視聴に便利な機能だ。ちなみに、寝落ち対策として、3連続で無操作の場合は連続再生を止める機能も用意されている

次のエピソードがある録画番組を再生すると、再生終了10秒前に次に再生するおすすめ番組を表示・そのまま自動で連続再生してくれる「次エピソード自動再生」はいっき見視聴に便利な機能だ。ちなみに、寝落ち対策として、3連続で無操作の場合は連続再生を止める機能も用意されている

このほか、表示領域や1時間枠内の表示可能番組数を拡大した「新チャンネル録画一覧」や、ジャンル別ラベル機能や表示文字数を拡大した「新・ジャンル別録画一覧」、「1.3/1.6倍早見再生」など、ディーガ2021年秋モデルで実装された機能も追加。リモコンも、再生画面のUIをより操作しやすいように刷新するなど、使い勝手の面でも大きく向上している。

チャンネル録画一覧もアップデートされ、表示領域や1時間枠内に表示される番組数が拡大。まぶしさを抑えるため、背景色も黒に変更されている

チャンネル録画一覧もアップデートされ、表示領域や1時間枠内に表示される番組数が拡大。まぶしさを抑えるため、背景色も黒に変更されている

新しい付属リモコン(写真は4Kチューナー内蔵モデル)テンキーのかな印字が削除され、シンプルな見た目になった

新しい付属リモコン(写真は4Kチューナー内蔵モデル)テンキーのかな印字が削除され、シンプルな見た目になった

なお、全自動ディーガの新モデル発売に合わせ、専用アプリ「どこでもディーガ」のアプリロゴとUIデザインもリニューアル。最新バージョンでは、再生画面のシークバーが画面上部から下部に移動し、大画面スマホでも片手で簡単に操作できるようになったほか、再生ボタンなどもより大きなデザインに刷新。ディモーラ有料会員向けのプレビューサーチ機能も新たに追加されるという。

「どこでもディーガ」の番組再生画面の新旧比較。シークバーの位置や再生コントロールボタンのサイズなどが変更され、より使いやすくなっている

「どこでもディーガ」の番組再生画面の新旧比較。シークバーの位置や再生コントロールボタンのサイズなどが変更され、より使いやすくなっている

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る