ニュース

ソニーノイキャンTWS「LinkBuds S」発表。常時装着で没入感と外音取り込みを1台でカバー

ソニーノイキャンTWS「LinkBuds S」発表。常時装着で没入感と外音取り込みを1台でカバー

周囲の音を直接取り込むことができる穴のあいたユニークなデザインが特徴的なソニー「LinkBuds」。今までにない音楽リスニングスタイルを提供する非常にチャレンジングな製品として、発表直後から大きな話題を呼んだ。そんな「LinkBuds」のシリーズ展開がついに始動し、兄弟モデルが新たに追加される。

今回ソニーが発表したのが、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S(WF-LS900N)」。今までにない音楽体験を提供するというコンセプトはそのままに、ノイズキャンセリングによる“Silence”、ハイレゾワイヤレス対応による“Superior sound”、自然な外音取り込みやセンシング技術による“Seamless”という3つのSをプラスした注目機種だ。

ソニー「LinkBuds S(WF-LS900N)」。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、エクリュの全3色。6月3日発売で、市場想定価格は26,000円前後

ソニー「LinkBuds S(WF-LS900N)」。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、エクリュの全3色。6月3日発売で、市場想定価格は26,000円前後

【関連リンク】
外の音はどれくらい聞こえる? 穴のあいたソニーの完全ワイヤレス「LinkBuds」実機レビュー
ながら聴きに最適!ソニーから穴のあいた完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」が登場

常に身に着けていられる小型・軽量ボディ。ノイキャンと自然な外音取り込みで周囲の音をコントロールしながら使える

今年2月に発売となった「LinkBuds」は、振動板の中心部に穴を設けたリング型ドライバーユニットを搭載することで、耳をふさがずにあらゆる音に常にアクセスできるという、どちらかというと外音取り込みを重視した製品となっていた。

今年2月に発売された「LinkBuds」。穴のあいたデザインで、周囲のあらゆる音が自然に入ってくるのが大きな特徴だ

今年2月に発売された「LinkBuds」。穴のあいたデザインで、周囲のあらゆる音が自然に入ってくるのが大きな特徴だ

いっぽう、今回登場する「LinkBuds S」は、音楽にじゃまな周囲のノイズをカットするノイズキャンセリング機能と、周囲の音を自然に取り込む外音取り込み機能の両方を搭載。イヤホンを常時装着しながら、ノイズキャンセリングと自然な外音取り込みで周囲の音をコントロールすることで、没入感の高い音楽リスニングと外音取り込みを使い分けたいというニーズにも対応できるのが大きな特徴となっている。

「LinkBuds S」のイヤホン本体。穴はなく、オーソドックスなイヤホン形状だ。IPX4の防滴性能も有しており、突然の雨でも安心して使える

「LinkBuds S」のイヤホン本体。穴はなく、オーソドックスなイヤホン形状だ。IPX4の防滴性能も有しており、突然の雨でも安心して使える

常時装着スタイルを実現するため、イヤホン本体のサイズは小型・軽量を徹底的に追求するとともに、長時間の装着でも疲れにくく安定したフィット感を得られるよう、「WF-1000XM4」や「WF-C500」にも用いられている「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用。下記に掲載した写真を見てもらうとわかるが、イヤホン本体はとにかく小さくて軽い。厚みもかなり抑えられており、耳からの飛び出しも最小限となっている。ちなみに、「LinkBuds S」は、ノイズキャンセリング機能搭載、LDACを活用したハイレゾワイヤレス対応の完全ワイヤレスイヤホンとして世界最小・最軽量(※)を実現しているという。

※2022年5月9日時点、ソニー調べ。LDAC対応完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホンにおいて。

イヤホン本体の重量は片耳4.8g。ノイズキャンセリング用のマイクやチップ、各種センサーを搭載したイヤホンとは思えないほどコンパクトだ

イヤホン本体の重量は片耳4.8g。ノイズキャンセリング用のマイクやチップ、各種センサーを搭載したイヤホンとは思えないほどコンパクトだ

イヤホン本体の厚みもかなり抑えられている。ソニーロゴが側面で主張しすぎないデザインなのもうれしいところ

イヤホン本体の厚みもかなり抑えられている。ソニーロゴが側面で主張しすぎないデザインなのもうれしいところ

イヤホン本体が非常に小型・軽量で、厚みも抑えられているので耳からの飛び出しも少ない

イヤホン本体が非常に小型・軽量で、厚みも抑えられているので耳からの飛び出しも少ない

ノイズキャンセリングのプラットフォームについては、完全ワイヤレスタイプのフラッグシップモデル「WF-1000XM4」と同じ統合プロセッサー「V1」を採用し、性能的には「WF-1000XM3」と同等レベルのノイズキャンセリング性能を実現。外音の取り込み機能についても、取り込む外音の量を増やし、環境音の音がよりクリアになるようにチューニングしたそうだ。ちなみに、ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能は、イヤホン本体を1タップで簡単に切り替えできるほか、ソニーの完全ワイヤレスイヤホンらしく、スマートフォンアプリ「Headphones Connect」を組み合わせることで、ユーザーの行動や場所に連動した「アダプティブサウンドコントロール」も利用可能となっている。

完全ワイヤレスタイプのフラッグシップモデル「WF-1000XM4」と同じ統合プロセッサー「V1」を採用

完全ワイヤレスタイプのフラッグシップモデル「WF-1000XM4」と同じ統合プロセッサー「V1」を採用

ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能は、手動のタップ操作に加え、ユーザーの行動や場所に連動した「アダプティブサウンドコントロール」で自動切り替えも可能

ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能は、手動のタップ操作に加え、ユーザーの行動や場所に連動した「アダプティブサウンドコントロール」で自動切り替えも可能

ノイズキャンセリング機能や自然な外音取り込みの切り替えで常時装着するというスタイルを提案する「LinkBuds S」にとって、周囲のノイズや通話で活用するマイクの性能も重要な要素だ。外側のマイクは、屋外での利用を考慮し、ノイズキャンセル時、外音取り込み時の風ノイズを最小限にするよう、内蔵マイクをメッシュで包む風切り音低減構造を新たに採用。通話性能についても、人(装着者)の声とそれ以外の環境ノイズを分離するフィルターアルゴリズムにAI技術を活用した高精度ボイスピックアップテクノロジーを導入し、ヘッドホンの外側/内側両方のマイクを適切に制御することで、発話音声の明瞭度を高めたという。

外側のマイクは、ノイズキャンセル時や外音取り込み時の風ノイズを最小限にするよう、内蔵マイクをメッシュで包む風切り音低減構造を採用

外側のマイクは、ノイズキャンセル時や外音取り込み時の風ノイズを最小限にするよう、内蔵マイクをメッシュで包む風切り音低減構造を採用

音質回りでは、LDACコーデックによるハイレゾワイヤレス対応、圧縮音源をハイレゾ級の音質に引き上げる独自のアップコンバート技術「DSEE Extreme」に加え、ハイコンプライアンスな振動板を採用した独自開発5mmドライバーユニットを採用し、小型のイヤホンとは思えない豊かな低音再生を実現したという。なお、Bluetooth音声規格については、ファームウェアのアップデートで「LE Audio」にも対応予定とのことだ。

ドライバーユニットには、独自開発5mmドライバーユニットを採用

ドライバーユニットには、独自開発5mmドライバーユニットを採用

Bluetoothコーデックは、SBC/AACに加え、ハイレゾ相当の音質の伝送が可能なLDACにも対応する

Bluetoothコーデックは、SBC/AACに加え、ハイレゾ相当の音質の伝送が可能なLDACにも対応する

イヤホン本体同様、専用充電ケースも非常にコンパクトに仕上げたそうで、テーブルに置いた際にじゃまにならないよう、ケース自体が自立するように工夫したのもポイントだ。バッテリー性能は、ノイズキャンセリングONでもイヤホン単体で6時間、ケース込みで20時間を確保しており、長時間の利用でも安心だ。

イヤホン本体同様に、非常にコンパクトな専用充電ケース

イヤホン本体同様に、非常にコンパクトな専用充電ケース

テーブルに置いた際にじゃまにならないよう、ケース自体が自立するようになっている

テーブルに置いた際にじゃまにならないよう、ケース自体が自立するようになっている

通話終了後に自動で音楽を再生。独自のセンシング技術を活用した新しい音楽体験にも注目

今までにない音楽体験を提供するというコンセプトを持つ「LinkBuds」シリーズ。「LinkBuds」の発売タイミングで、ソニーが提案する音を使って現実世界を拡張する「Sound AR」を体験できる「Locatone」というアプリへの対応がすでに始まっているが、「LinkBuds S」の発売に合わせ、新たに「Auto Play(β版)」というアプリにも対応することが発表された。

「Auto Play(β版)」では、通話や歩行といったユーザーの行動の変わり目をセンシング技術で検知し、イヤホンやスマートフォンを操作しなくてもそのタイミングに応じて音を使った新しい体験を提供するという。

具体的には、イヤホンを装着するだけで連携している音楽サービスのコンテンツを自動的に再生してくれる「Wear to Play」、通話が終わったタイミングで音楽を再生してリラックスをうながす「After Call」、イヤホンを装着したまま歩き始めると音楽を再生する「On the Move」、スマートフォンに通知が届いた際、自動的に通知を読み上げてくれる「アプリの音声通知」という4つの機能を提供。「アプリの音声通知」では、カレンダーの通知などの重要な通知はリアルタイムに読み上げ、SNSやメッセージは、スケジュールに予定が入っていたり、装着者が会話している場合は通知をいったん保留し、歩き出したタイミングで読み上げを開始するなど、連携するデータとセンシング技術を組み合わせ、最適なタイミングで通知するように作り込んでいるそうだ。

イヤホン本体の内側に用意された装着検出センサーをはじめ、マイクや加速度センサーなどを活用した独自のセンシング技術も「LinkBuds」シリーズの大きな特徴

イヤホン本体の内側に用意された装着検出センサーをはじめ、マイクや加速度センサーなどを活用した独自のセンシング技術も「LinkBuds」シリーズの大きな特徴

「Auto Play(β版)」の画面。「Wear to Play」「After Call」「On the Move」「アプリの音声通知」の4つの機能が利用できる

「Auto Play(β版)」の画面。「Wear to Play」「After Call」「On the Move」「アプリの音声通知」の4つの機能が利用できる

自然な外音取り込みと小型・軽量のイヤホンで、穴のあいた「LinkBuds」同様、イヤホンを常に身に着けることができることに加え、「LinkBuds」にはなかったノイズキャンセリング機能が加わったことで、周囲の音をコントロールしながら、さまざまな使い分けができるようになった「LinkBuds S」。「WF-1000XM4」のようにノイキャンに突き抜けたわけではないが、LDAC対応による高音質化や、センシング技術を用いた新しい機能の追加などもあり、ノイキャンや外音取り込みなどの機能性を重視する人、音質を重視する人、ヒアラブル機能を重視する人など、さまざまなタイプのユーザーにフィットしてくれる製品になりそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る