ニュース

“王道でシンプル”。マランツCDプレーヤーの新しいミドルクラス「CD60」発表

マランツから、CDプレーヤーの新モデル「CD60」が発表された。2022年6月発売を予定しており、メーカー希望小売価格は11万円(税込)。同ブランドのCDプレーヤーとして、これまでになかったミドルクラスのモデルが新たに追加された形となる。「これからのCD再生のコアとなるミドルレンジのプレーヤー」として開発されたという、その特徴を見ていこう。

Hi-Fi的な王道を目指したシンプルなCD再生機

デジタルファイル再生や配信サービスが音楽再生ソースの主流となっている昨今だが、CD再生のニーズもいまだ根強いものがある。今回発表されたCD60でマランツが目指したのは、大型スピーカーと組み合わせてステレオ再生を十分楽しめる高いHi-Fiクオリティを実現すること。接続するアンプやスピーカーのグレードに応じて、その性能がしっかり発揮されることを狙うという、王道のHi-Fi的アプローチで開発された1台だ。デジタルファイル再生や音楽配信と合わせて手持ちのCDもよい音で楽しみたいという人から、CD再生をメインで楽しむこだわり派ユーザーも満足できるようなクオリティを備えたミドルレンジ機となる。

外観は、2020年に発売されたコンポーネント「30」シリーズや、2022年1月に登場したプリメインアンプ「MODEL 40n」と同じく、マランツHi-Fiの新世代デザインを採用。それらのモデルと組み合わせて、見た目にもマッチングするようになっている。また、30シリーズやMODEL 40nほどデザイン的な親和性はないが、グレードとしては同ブランドの「PM8006」「PM7000N」「NR1200」といった、既存のエントリー〜ミドルクラスのプリメインアンプと組み合わせるのもよさそうだ。

本体サイズは422(幅)×396(奥行)×129(高さ)mmで、重量は8kg。この筐体サイズは、同じデザインの30シリーズやMODEL 40nと共通している。さらにMODEL 40nと同じく、シルバーゴールドとブラックの2色をラインアップ

本体サイズは422(幅)×396(奥行)×129(高さ)mmで、重量は8kg。この筐体サイズは、同じデザインの30シリーズやMODEL 40nと共通している。さらにMODEL 40nと同じく、シルバーゴールドとブラックの2色をラインアップ

CDプレーヤーとしての基本機能はシンプルで、CDやCD-R/RW(MP3/WMA)の再生に加え、本体フロントに搭載するUSBポートから、USBメモリーおよびUSB-HDDを接続しての再生にも対応している。USB経由では最大192kHz/24bit PCMおよび5.6MHz DSDをサポート。出力インターフェイスはアナログ出力、光デジタル出力、同軸デジタル出力を1系統ずつ装備する。

なお、SACD再生には非対応。これについてマランツは、ピュアな音質を実現しつつ税込で11万円という価格を実現する、ミドルクラスのCD再生機として位置付けたためと説明。さらに、USB-DAC機能やネットワーク機能なども搭載しないが、これらは組み合わせるプリメインアンプ側に搭載されるパターンも多いということで、今回はシンプルさを優先に非搭載としたそうだ。

電源ケーブルは着脱式となっており、好みの電源ケーブルに変えるなどして、Hi-Fiコンポーネントとしての使いこなしができるようになっている

電源ケーブルは着脱式となっており、好みの電源ケーブルに変えるなどして、Hi-Fiコンポーネントとしての使いこなしができるようになっている

既存の上位モデルから高音質技術を継承

続いては、音質クオリティに関わる内部設計へのこだわりを、写真を交えながら紹介しよう。これまでの上位モデルで採用されてきた、いくつかの高音質設計を踏襲しているのがポイントだ。

まずDAC部には、上位モデル「ND8006」と同じく低ジッターで122dBの広ダイナミックレンジを確保する32bit DAC「ESS9016」を搭載。外付けのI/V(電流/電圧)変換回路を用いて、独自のサウンドチューニングを施している。加えて、マランツオリジナルのアルゴリズムによるデジタルフィルター「Marantz Musical Digital Filtering」を搭載しており、その特性はSACD 30nのディスクリートDAC「MMM-Stream」で使用されているものを踏襲。PCM信号を入力した際に、好みに合わせて2種類の特性を切り替えることができる。

DAC部のI/V変換回路とローパスフィルター、出力バッファーはHDAMとHDAM-SA2を使用したディスクリート回路で構成

DAC部のI/V変換回路とローパスフィルター、出力バッファーはHDAMとHDAM-SA2を使用したディスクリート回路で構成

DAC部以降のアナログ出力回路には、MODEL 40nに搭載されたマランツ独自の高速アンプモジュール「HDAM」と「HDAM-SA2」を用いたフルディスクリート回路を採用。特にHDAMについては、全高調波歪率を29.7%改善した低歪タイプのHDAMが採用されていることに注目だ。これは、MODEL 40nの開発過程で新規に設計されたものとなる。

HDAMとHDAM-SA2を採用したフルディスクリートのアナログ出力回路。ディファレンシャルFET入力のHDAMによる電流帰還型低ノイズアンプと、HDAM-SA2による高速出力バッファーアンプにより、ハイスピードで情報量豊かなサウンドを実現

HDAMとHDAM-SA2を採用したフルディスクリートのアナログ出力回路。ディファレンシャルFET入力のHDAMによる電流帰還型低ノイズアンプと、HDAM-SA2による高速出力バッファーアンプにより、ハイスピードで情報量豊かなサウンドを実現

高音質フィルムコンデンサーや高音質電解コンデンサー、メルフ抵抗、金属皮膜抵抗、導電性高分子コンデンサーなど、厳選された高音質パーツをふんだんに使用

高音質フィルムコンデンサーや高音質電解コンデンサー、メルフ抵抗、金属皮膜抵抗、導電性高分子コンデンサーなど、厳選された高音質パーツをふんだんに使用

アナログ回路の電源部には、エルナー社と共同開発した大容量2,200μFのカスタム・ブロックコンデンサーを2基配置している

アナログ回路の電源部には、エルナー社と共同開発した大容量2,200μFのカスタム・ブロックコンデンサーを2基配置している

ヘッドホンアンプは、HDAM-SA2を出力バッファーに使用。3段階のゲイン切り替え機能も備えている。なお、本機にヘッドホンを接続していないときはヘッドホンアンプの電源が自動的にオフになり、ほかの回路への影響を抑制する設計

ヘッドホンアンプは、HDAM-SA2を出力バッファーに使用。3段階のゲイン切り替え機能も備えている。なお、本機にヘッドホンを接続していないときはヘッドホンアンプの電源が自動的にオフになり、ほかの回路への影響を抑制する設計

ディスクドライブは、ND8006と同じ自社開発のオーディオ専用CDドライブを採用

ディスクドライブは、ND8006と同じ自社開発のオーディオ専用CDドライブを採用

というわけで、マランツのCDプレーヤー新モデル、CD60について見てきた。既存の上位モデルで採用された高音質設計を取り込みながら、シンプルな王道モデルとして開発された1台。ぜひ注目していただきたい。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る