ニュース

ハイセンスから Mini LED×量子ドット搭載の4K液晶テレビ最上位モデル 「U9H」シリーズ登場

ハイセンスから Mini LED×量子ドット搭載の4K液晶テレビ最上位モデル 「U9H」シリーズ登場

2022年6月2日、ハイセンスジャパンは東京都内で4K液晶テレビの2022年新製品発表会を開催。4K液晶テレビのフラッグシップモデル「U9H」シリーズと、高画質ハイコスパモデル「U7H」シリーズを6月下旬より順次発売すると発表した。各シリーズのラインアップ、発売時期、市場想定価格は以下のとおり。

■Mini LED 4K液晶テレビ「U9H」シリーズ
75U9H(75V型、6月下旬発売、市場想定価格35万円前後)
65U9H(65V型、6月下旬発売、市場想定価格25万円前後)

■倍速高画質4K液晶テレビ「U7H」シリーズ
85U7H(85V型、7月下旬発売、市場想定価格40万円前後)
75U7H(75V型、6月下旬発売、市場想定価格25万円前後)
65U7H(65V型、6月下旬発売、市場想定価格18万円前後)
55U7H(55V型、6月下旬発売、市場想定価格14万円前後)
50U7H(50V型、6月下旬発売、市場想定価格12万円前後)
43U7H(43V型、7月下旬発売、市場想定価格11万円前後)

Mini LED 4K液晶テレビ「U9H」シリーズと倍速高画質4K液晶テレビ「U7H」シリーズ

Mini LED 4K液晶テレビ「U9H」シリーズと倍速高画質4K液晶テレビ「U7H」シリーズ

発表会には、同社のブランドアンバサダーを務める綾野剛さんも登場し、「U9H」「U7H」シリーズの新CMが初披露された

発表会には、同社のブランドアンバサダーを務める綾野剛さんも登場し、「U9H」「U7H」シリーズの新CMが初披露された

Mini LEDバックライトと量子ドットを搭載した「U9H」シリーズ

「U9H」シリーズは、Mini LEDバックライトと量子ドットを搭載した4K液晶テレビのフラッグシップモデル。海外ではCES 2022ですでに披露されているが、CES 2022で披露されたモデルがGoogleのテレビ向けプラットフォーム「Google TV」を採用していたのに対し、今回発表された国内モデルでは、ハイセンス独自のプラットフォーム「VIDAA」となっている。

Mini LED 4K液晶テレビ「U9H」シリーズ

Mini LED 4K液晶テレビ「U9H」シリーズ

液晶パネルは、120Hzの倍速駆動に対応した広視野角なADSパネルを採用。バックライトに、従来モデルで使われているLEDよりも小型な「Mini LED」を採用し、バックライトをエリアごとに細かく分割して高精度に制御する「ローカルディミングPro」、星や照明、金属の輝きやハイライトなどを抽出して、その部分の明るさを引き上げることできらめきを表現する「輝き復元Pro」、バックライトと液晶パネルの間に挟んで光を反射させることで画面全体の輝度を高める「バックライトブーストフィルム」などを組み合わせることで、従来のLEDバックライトでは難しかった黒の締まりと明るさを両立させ、メリハリのある高コントラストな映像を実現したという。

また、バックライトから出た光の波長をナノサイズの半導体粒子で変換する量子ドット技術を導入することで、純度の高い3原色(RGB)を生成し、DCI-P3の97%をカバーする広色域を実現したのものポイント。「Mini LED」との組み合わせにより、より明るく色彩豊かな映像が楽しめるという。

従来モデルで使われているLEDよりも小型な「Mini LED」を採用

従来モデルで使われているLEDよりも小型な「Mini LED」を採用

バックライトから出た光の波長をナノサイズの半導体粒子で変換する量子ドット技術も搭載

バックライトから出た光の波長をナノサイズの半導体粒子で変換する量子ドット技術も搭載

バックライトをエリアごとに細かく分割して高精度に制御する「ローカルディミングPro」。分割制御のエリア数は従来モデルからかなり増えているという

バックライトをエリアごとに細かく分割して高精度に制御する「ローカルディミングPro」。分割制御のエリア数は従来モデルからかなり増えているという

「U9H」シリーズの画面。明るいシーンでも色抜けが少なく、色鮮やかな映像が楽しめる

「U9H」シリーズの画面。明るいシーンでも色抜けが少なく、色鮮やかな映像が楽しめる

映像エンジンは、TVS REGZAと共同開発した「NEOエンジンPRO」を搭載。地デジやBSの放送映像を超解像処理により高精細な4K画質に復元するととともに、3次元ノイズリダクションでノイズを低減することでくっきりした映像に高画質化する「AI放送高画質処理」をはじめ、ネット動画のコンテンツを分析し、コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行うことで高画質化する「AIネット映像高画質処理」、5層のニューラルネットワークを用いて通常の映像とぎらつきが目立つ映像を自動判別、シーンごとに適した超解像処理を実施することで、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現する「AIシーン別超解像処理」、白飛びや黒つぶれを抑えて、色調をきめ細やかに描き出すことで透明感のある美しい肌の質感をリアルに再現する「美肌リアリティーPro」といったさまざまな高画質化機能が利用可能となっている。

TVS REGZAと共同開発した「NEOエンジンPRO」を搭載

TVS REGZAと共同開発した「NEOエンジンPRO」を搭載

地デジやBSの放送映像を超解像処理により高精細な4K画質に復元するととともに、3次元ノイズリダクションでノイズを低減することでくっきりした映像に高画質化する「AI放送高画質処理」

地デジやBSの放送映像を超解像処理により高精細な4K画質に復元するととともに、3次元ノイズリダクションでノイズを低減することでくっきりした映像に高画質化する「AI放送高画質処理」

ネット動画のコンテンツを分析し、コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行うことで高画質化する「AIネット映像高画質処理」

ネット動画のコンテンツを分析し、コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行うことで高画質化する「AIネット映像高画質処理」

さらに、サポートするHDR規格についても強化。従来モデルでサポートしていたHDR10やHLGに加え、新モデルではHDR10+やHDR10+ADAPTIVE、Dolby Vision、Dolby Vision IQにも新たに対応した。

音質面では、左右にメインスピーカーとツイーター、背面のサブウーハーに加え、テレビ上部に2つのイネーブルドスピーカーを搭載した「7スピーカー立体音場システム」を新たに導入。実用最大出力70Wの大迫力サウンドで、重厚かつ立体感のある音場を作り出してくれるという。さらに、高さ方向の音表現も可能な立体音響技術「Dodby Atmos」や、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく音響最適補正技術「Eilex PRISM」にも対応する。

テレビ上部に2つのイネーブルドスピーカーを搭載

テレビ上部に2つのイネーブルドスピーカーを搭載

このほか、4K 120P入力の最新ゲーム機でも約0.83msの低遅延を実現する「ゲームモードPro」、HDMI2.1のVRR/ALLM、AMD FreeSync Premiumといった多彩なゲーミング機能や、スマートフォンの画面を簡単にテレビに映し出すことができる「スクリーンシェア」機能、市販のBluetooth対応ヘッドホンやサウンドバーを接続できるBluetooth機能なども搭載。付属リモコンもBluetooth対応となり、ネット動画サービスのダイレクトボタンも、NETFLIX、Amazonプライム・ビデオ、Disney+、YouTube、dTV、hulu、ABEMA、Net.TV、U-NEXTの9種類へ拡大するなど、使い勝手も大きく向上している。

Bluetooth接続となった新型の付属リモコン

Bluetooth接続となった新型の付属リモコン

ネット動画サービスのダイレクトボタンも9種類に拡大

ネット動画サービスのダイレクトボタンも9種類に拡大

フラッグシップモデルと同じ映像エンジンを搭載した「U7H」シリーズ

「U7H」シリーズは、120Hzの倍速駆動に対応した液晶パネルに従来型の直下型LEDバックライトを組み合わせた同社の4K液晶テレビのラインアップではミドルクラスのシリーズだが、フラッグシップモデル「U9H」シリーズに搭載された最新世代の映像エンジン「NEOエンジンPRO」を搭載して画質面を強化することで、“高画質コストパフォーマンス”モデルとして訴求していくという。

「U7H」シリーズ(写真は43V型)

「U7H」シリーズ(写真は43V型)

画面サイズは、小型の43V型から超大型の85V型まで6サイズで展開。43V型、50V型、55V型、65V型はセンタースタンド仕様、75V型と85V型は安定感のある2本脚スタンド仕様でテレビラックに合わせてスタンド幅を2段階でカスタマイズ可能となっている。

小型の43V型から超大型の85V型まで6サイズの画面サイズを展開

小型の43V型から超大型の85V型まで6サイズの画面サイズを展開

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る