ニュース

量子ドットをもっと身近に。TVS REGZAから2022年モデル第2弾が一挙登場

量子ドットをもっと身近に。TVS REGZAから2022年モデル第2弾が一挙登場

TVS REGZAから、4K液晶・有機ELレグザの2022年モデル第2弾が一挙発表された。ラインアップは以下のとおりだ。

【4K液晶レグザラインアップ】
4K量子ドット液晶レグザZ770Lシリーズ
75Z770L(75V型、8月発売、市場想定価格37.5万円前後)
65Z770L(65V型、8月発売、市場想定価格31万円前後)
55Z770L(55V型、8月発売、市場想定価格25.5万円前後)

■4K量子ドット液晶レグザZ670Lシリーズ
50Z670L(50V型、8月発売、市場想定価格19万円前後)
43Z670L(43V型、8月発売、市場想定価格16.5万円前後)

■4K液晶レグザZ570Lシリーズ
65Z570L(65V型、7月1日発売、市場想定価格26.5万円前後)
55Z570L(55V型、7月1日発売、市場想定価格19万円前後)
50Z570L(50V型、7月1日発売、市場想定価格15.5万円前後)
43Z570L(43V型、7月1日発売、市場想定価格13.5万円前後)

■4K液晶レグザM550Mシリーズ
75M550L(75V型、8月発売、市場想定価格25.5万円前後)
65M550L(65V型、8月発売、市場想定価格19万円前後)

【4K有機ELレグザラインアップ】
4K有機ELレグザX8900Lシリーズ
65X8900L(65V型、7月下旬発売、市場想定価格44万円前後)
55X8900L(55V型、7月下旬発売、市場想定価格31万円前後)
48X8900L(48V型、7月下旬発売、市場想定価格25.5万円前後)

“ミニLEDではない量子ドット技術搭載モデル”という第3の選択肢。4K量子ドット液晶レグザ「Z770L」「Z670L」シリーズ

同社はすでに2022年モデル第1弾として4K液晶・有機ELレグザのフラッグシップモデルを発表しているが、今回は売れ筋のセカンドラインを含む幅広いラインアップを投入してきた。なかでも注目したいのが、4K量子ドット液晶レグザ「Z770L」「Z670L」シリーズだろう。

4K量子ドット液晶レグザ「Z770L」「Z670L」シリーズ

4K量子ドット液晶レグザ「Z770L」「Z670L」シリーズ

TVS REGZAを含め、一部の大手テレビメーカーはミニLEDと量子ドット技術を組み合わせたモデルをすでに展開している。極小サイズの青色LED をバックライトとして敷き詰めるミニLEDは、通常のLEDバックライトが苦手とするコントラスト性能の向上で大きなメリットがある。さらに、青色LEDから発する光の波長を変えて色を取り出す量子ドット技術を加えることで、色の純度も向上。コントラスト性能と広色域の両方を実現できるということで、高画質を打ち出すハイエンドモデルを中心に導入が進んでいる。

いっぽう、ミニLEDと量子ドット技術、特に前者のミニLEDはコスト増がかなり大きいという。コントラスト性能という面では、すでに自発光デバイスの有機ELがあり、パネルの進化で画面が暗いという有機ELの課題も徐々に克服されつつある。

そこで同社は、コストを抑えつつ、ユーザーがよりわかりやすい画質面でのメリットを享受できる技術として量子ドット技術に着目。ミニLEDではない通常の直下型LEDに量子ドット技術を組み合わせ、液晶の明るい画面で圧倒的な広色域を体感でき、ミニLED+量子ドット技術液晶、有機ELに次ぐ現実的な値段で買える新たな高画質モデルとして“ミニLEDではない量子ドット技術搭載モデル”という第3の選択肢を提示してきたというわけだ。

4K量子ドット液晶レグザ「Z770L」「Z670L」シリーズでは、新開発の直下型高輝度ブルーLEDバックライトと量子ドット技術を搭載。43V型「43Z670L」を除くモデルは、バックライトのエリアコントロールにも対応し、広い色域と高コントラストを両立したという。

新開発の直下型高輝度ブルーLEDバックライトと量子ドット技術を搭載

新開発の直下型高輝度ブルーLEDバックライトと量子ドット技術を搭載

映像エンジンについては、2022年第1弾モデルとして発表された「Z870L」シリーズで導入実績のある1チップ構成の「レグザエンジンZR II」を採用。フラッグシップモデルの「Z875L」シリーズや「X9900L」シリーズのように、ハードウェアAIエンジンを活用した“ZRα”を冠した高画質技術こそ省かれているが、放送波のさまざまなノイズを低減して高精細な映像を再現する「地デジAIビューティZR II」をはじめ、人肌をリアルに再現する「美肌フェイストーンZR II」、ネット動画の特性に合わせて高画質処理を行う「ネット動画ビューティZR II」といった高画質機能を利用できる。もちろん、クラウドデータと連携して放送波の高画質処理が進化するおなじみの「クラウドAI高画質テクノロジー」も搭載している。

映像エンジン「レグザエンジンZR II」

映像エンジン「レグザエンジンZR II」

放送波のさまざまなノイズを低減して高精細な映像を再現する「地デジAIビューティZR II」

放送波のさまざまなノイズを低減して高精細な映像を再現する「地デジAIビューティZR II」

人肌をリアルに再現する「美肌フェイストーンZR II」

人肌をリアルに再現する「美肌フェイストーンZR II」

ネット動画の特性に合わせて高画質処理を行う「ネット動画ビューティZR II」

ネット動画の特性に合わせて高画質処理を行う「ネット動画ビューティZR II」

音質面では、画面背面上部にダブルトップツイーターを搭載した「重低音立体音響システムZ」を採用。立体音響技術のDolby Atmosにも対応し、背面の重低音バズーカ、画面下部の2Wayバスレフボックスメインスピーカー(75V型「75Z770L」はダブルフルレンジスピーカー&ツイーター構成の2Wayメインスピーカー)と合わせて立体的なサウンドを楽しめるという。また、オーディオキャリブレーション機能も搭載。リモコンのマイクを活用し、テレビから発するテストトーンを測定することで、視聴環境に合わせた最適な音響特性に自動調整してくれるという。

「Z770L」「Z670L」シリーズのスピーカーシステム「重低音立体音響システムZ」

「Z770L」「Z670L」シリーズのスピーカーシステム「重低音立体音響システムZ」

画面背面上部にダブルトップツイーターを搭載

画面背面上部にダブルトップツイーターを搭載

テレビのプラットフォームについては、先に発表された2022年第1弾モデル同様、Android TVプラットフォームではなく、Linax OSベースの独自プラットフォームを採用。「Z770L」シリーズと「Z670L」シリーズの違いは録画機能で、「Z770L」シリーズは「タイムシフトマシン」に、「Z670L」シリーズは「おまかせ録画」対応となる。なお、ゲーミングスペックについては「Z770L」「Z670L」シリーズ共通で、4K/120p入力、VRR、ALLM、eARC、0.83msの低遅延処理などに対応。リモコンは、9つのサービスをダイレクトに呼び出せる「新レグザリモコン」が付属する。

「Z770L」シリーズは「タイムシフトマシン」にも対応

「Z770L」シリーズは「タイムシフトマシン」にも対応

4K/120p入力、VRR、ALLM、eARC、0.83msの低遅延処理など、強力なゲーミングスペックも健在だ

4K/120p入力、VRR、ALLM、eARC、0.83msの低遅延処理など、強力なゲーミングスペックも健在だ

9つのサービスをダイレクトに呼び出せる「新レグザリモコン」が付属

9つのサービスをダイレクトに呼び出せる「新レグザリモコン」が付属

通常の4K液晶レグザや4K有機ELレグザもラインアップを拡充

4K量子ドット液晶レグザ以外には、4K液晶レグザ「Z570L」シリーズと「M550L」シリーズ、4K有機ELレグザ「X8900L」シリーズが発表された。4K液晶レグザ「Z570L」シリーズは倍速液晶を搭載したミドルクラスの製品、「M550L」シリーズは等速液晶搭載のエントリーモデル、4K有機ELレグザ「X8900L」シリーズは昨年大ヒットした4K有機ELレグザのスタンダードモデル「X8900K」シリーズの後継モデルとなる製品だ。なお、4K液晶レグザ「Z570L」シリーズは、バックライトに直下型LEDを採用しているが、「Z770L」「Z670L」シリーズで採用された高輝度タイプではないので注意。

倍速液晶を搭載した4K液晶レグザ「Z570L」シリーズ

倍速液晶を搭載した4K液晶レグザ「Z570L」シリーズ

大画面モデルを展開する4K液晶レグザ「M550L」シリーズ。こちらは等速液晶を搭載

大画面モデルを展開する4K液晶レグザ「M550L」シリーズ。こちらは等速液晶を搭載

4K有機ELレグザのスタンダードモデル「X8900L」シリーズ

4K有機ELレグザのスタンダードモデル「X8900L」シリーズ

いずれも、映像エンジンは、「Z770L」「Z670L」シリーズと同じ「レグザエンジンZR II」で、「地デジAIビューティZR II」や「美肌フェイストーンZR II」、「ネット動画ビューティZR II」といった高画質機能も共通。音質面は、4K液晶レグザ「Z570L」シリーズが「重低音立体音響システム」、4K有機ELレグザ「X8900L」シリーズが「重低音立体音響システムXP」を採用(「M550L」シリーズはアンダースピーカーのみ)。いずれも、Dolby Atmosやオーディオキャリブレーション機能に対応している。エントリーモデルまでオーディオキャリブレーション機能を搭載している点はなかなか珍しいポイントだ。

4K液晶テレビのエントリーモデルまでオーディオキャリブレーション機能を搭載

4K液晶テレビのエントリーモデルまでオーディオキャリブレーション機能を搭載

プラットフォームは、Linax OSベースの独自プラットフォームを採用。4K液晶レグザ「Z570L」シリーズと4K有機ELレグザ「X8900L」シリーズは、4K/120p入力、VRR、ALLM、eARC、0.83msの低遅延処理など、上位モデルと共通の強力なゲーミングスペックも備わっている(「M550L」シリーズはALLM、eARC、0.83msの低遅延処理までは対応)。リモコンは、9つのサービスをダイレクトに呼び出せる「新レグザリモコン」が付属する。

2022年4K液晶・4K有機ELレグザのスペック比較表

2022年4K液晶・4K有機ELレグザのスペック比較表

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
SPECIAL
ページトップへ戻る