注目コンテンツ

[PR]価格.comでも高評価の実力派。Technicsの完全ワイヤレス「EAH-AZ60」の魅力とは?

提供:パナソニック

価格.comでも高評価の実力派。TechnicsのノイキャンTWS「EAH-AZ60」の魅力とは?

いつでもどこでも快適なリスニング環境を構築できるノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホン・ヘッドホンの注目度が年々増している。価格.comの「イヤホン・ヘッドホン」カテゴリーの人気売れ筋ランキングでも、トップ20のうち半数の10製品(2022年11月7日現在)がノイズキャンセリング搭載モデルとなっているほどだ。

そんなノイズキャンセリング機能搭載イヤホン・ヘッドホンを大きくけん引しているのが、ケーブルレスで使える完全ワイヤレスイヤホンだ。最近では、さまざまなライフスタイルの変化により、静かな環境で思う存分音楽を楽しめるノイズキャンセリング性能やいい音で音楽を楽しめる音質、着け心地のよさといった部分だけでなく、テレワークにもしっかりと対応できるマイク性能のよさや、さまざまなデバイスに同時接続できるマルチポイント、スマートフォンとの充実した連携機能など、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンに求められるレベルもますます高まっている。

そういった背景もあり、さまざまなメーカーから高機能をウリにしたノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンが続々と登場してきているが、なかでもぜひ注目してもらいたいのが、パナソニックが展開する老舗オーディオブランド、Technics(テクニクス)から発売されているTechnics「EAH-AZ60」だ。コードレス電話機の開発で培った高性能なノイズキャンセリング機能やマイク性能、Technicsブランドならではの高音質、使い勝手のよい機能性をバランスよく搭載し、価格.comユーザーからもかなり高い評価を得ている。本稿では、そんなTechnics「EAH-AZ60」の魅力に迫っていく。

価格.comユーザーからも高評価。TechnicsのHi-Fiオーディオ機器開発で培った高音質と高精度ノイキャンを両立した1台

Technicsブランドのノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの第2弾モデルとして発売された「EAH-AZ60」は、5点満点の価格.comのレビュー評価で4.49(2022年11月7日時点)という高評価を獲得し、発売開始から半年以上たった今もなお根強い人気を誇っている。競合製品が非常に多い中、なぜ「EAH-AZ60」はこれほど価格.comで注目されているのか?

※2022年11月7日時点、価格.comの「EAH-AZ60」製品ページに寄せられたユーザーレビューを抜粋・編集して掲載

※2022年11月7日時点、価格.comの「EAH-AZ60」製品ページに寄せられたユーザーレビューを抜粋・編集して掲載

上記は価格.comの「EAH-AZ60」製品ページに寄せられたレビューコメントを抜粋したものだ。ノイズキャンセリング機能搭載製品というと音があまりよくないというイメージがあるが、「EAH-AZ60」は高精度なノイズキャンセリング機能だけでなく、ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホンとは思えない高音質という点が価格.comユーザーから高く評価されているようだ。

Technicsのノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンといえば、外からの騒音を打ち消すフィードフォワード側にデジタル制御を、フィードバック側にアナログ制御を用いた独自の「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」が大きな特徴だ。周囲のノイズに対して高精度に処理できるデジタル処理と、デジタルよりも高速に処理でき、ノイズキャンセリングの遅延を感じにくいアナログ処理を掛け合わせることで実現できた高精度で音ずれの少ない自然なノイズキャンセリングは、第1弾モデルの「EAH-AZ70W」にも搭載されており、ユーザーからも高く評価されている。

「EAH-AZ60」に搭載されている独自の「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」。高精度なデジタル処理と処理速度にすぐれたデジタル処理をかけ合わせることで、高精度で自然なノイズキャンセリングを実現している

「EAH-AZ60」に搭載されている独自の「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」。高精度なデジタル処理と処理速度にすぐれたアナログ処理をかけ合わせることで、高精度で自然なノイズキャンセリングを実現している

「EAH-AZ60」では、この好評だった「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」に加え、TechnicsのHi-Fiオーディオ機器開発で培った音響技術を投入。DSPによるデジタル処理だけではなく、ドライバーユニットの前方と後方の空間を活用して帯域バランスを整えるというアナログ的な手法をあえて採用し、バイオセルロースを振動板に採用した8mm径のダイナミック型ドライバーの特性を最大限引き出すことで、自然な高音質を楽しめるチューニングを狙ったそうだが、この狙いが見事に的中したのだろう。

「アコースティックコントロールチャンバー」と「ハーモナイザー」と呼ばれる独自の音響技術が搭載された「EAH-AZ60」。デジタル信号処理によるチューニングだけでなく、ドライバーユニット前後の空気や音の流れといったアナログ的なチューニングをしっかりと行うことで、ワイドレンジで深みと力強さを兼ね備えたリアルな音を実現したという

「アコースティックコントロールチャンバー」と「ハーモナイザー」と呼ばれる独自の音響技術が搭載された「EAH-AZ60」。デジタル信号処理によるチューニングだけでなく、ドライバーユニット前後の空気や音の流れに対し、アナログ的なチューニングをしっかりと行うことで、ワイドレンジで深みと力強さを兼ね備えたリアルな音を実現したという

実際に「EAH-AZ60」のノイズキャンセリング機能を試してみたが、独自の「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」の効果は評判どおりで、ノイズに対しての追従性が高く、同じ方向から聴こえるゴォーとうなるエアコンのファン音はノイズキャンセリングをオンにするとスッと消えてくれるし、電車のガタガタという大きめの走行音や駅構内の雑踏のようなあらゆる方向から飛び込んでくるノイズに対しても遠くで鳴っているようなレベルまでしっかりとマスクしてくれる。耳にしっかりと収まるコンパクトなイヤホン本体と独自開発のイヤーピースによるパッシブノイズキャンセリングの効果ももちろんあるだろうが、これくらい効果的にノイズを低減してくれれば、どんな騒音下でも音楽にしっかりと向き合うことができるだろう。安価なノイズキャンセリング機能搭載製品を購入し、思ったよりノイズキャンセリングが弱くて失敗したということをたまに耳にするが、「EAH-AZ60」ならノイズキャンセリング機能の効果をしっかりと体感できるはずだ。

「EAH-AZ60」は耳に触れる面がフラットなデザインとなり、耳のくぼみにピタッとフィットしてくれるので、装着感がとても安定している。付属する合計7種類のイヤーピースは、周辺部と中心部でシリコンの硬さを変更しており、本体デザインとイヤーピースとの合わせ技で遮音性もかなり高く、ノイズキャンセリング効果をさらに高めてくれる

「EAH-AZ60」は耳に触れる面がフラットなデザインとなり、耳のくぼみにピタッとフィットしてくれるので、装着感がとても安定している。付属する合計7種類のイヤーピースは、周辺部と中心部でシリコンの硬さを変更しており、本体デザインとイヤーピースとの合わせ技で遮音性もかなり高く、ノイズキャンセリング効果をさらに高めてくれる

では、「EAH-AZ60」で高いユーザー評価を得ている肝心の音質はどうだろうか。今回は、「EAH-AZ60」が新たに対応したLDACコーデックでAndroidスマートフォンと接続し、音楽ストリーミングサービスのハイレゾ音源を中心に試聴してみたが、ノイズキャンセリング機能を搭載するイヤホン・ヘッドホンにありがちな、ノイズキャンセリングのオン/オフ切り替えによる違和感はまったくと言っていいほどなかった。ノイズキャンセリングをオンにした状態でも、ハイレゾ音源の解像感をしっかりと感じられるし、音がぼやけることなくメリハリもしっかりしているのに、長時間リスニングしても聴き疲れしにくいという絶妙なチューニングだ。

ボーカルも息遣いをしっかりと感じられるほどリアルで、高域も繊細で歪みなく素直に伸びてくれる。静寂の中に楽器の音色やボーカルがスッと浮かび上がる感じは、TechnicsのHi-Fiオーディオに通じるものがあり、音楽をしっかりと楽しむことができた。価格.comのユーザーレビューで音質面での評価が高いことも大いにうなずける実力だ。ここまで高音質な完全ワイヤレスイヤホンなら、音質を重視するオーディオマニアでも大いに満足できるだろう。

電話機開発のノウハウを投入し、マイク性能も一切妥協なし

ここまでノイズキャンセリング機能や音質についてチェックしてきたが、続いてはマイク性能にフォーカスを当てていこう。

最近は、スマートフォンのハンズフリー通話だけでなく、テレワーク中のオンライン会議などでも完全ワイヤレスイヤホンを使用する人が増えてきており、完全ワイヤレスイヤホンに求められるマイク性能も上がってきている。求められるマイク性能といっても“できるだけ周囲の騒音をカットし、クリアな声を届ける”という非常にシンプルな内容だ。

ただ、本体サイズの小さい完全ワイヤレスイヤホンは搭載できるマイクの数に限りがあり、たとえ多くのマイクを搭載してもそれらをうまく組み合わせて制御するノウハウも必要となってくるため、求められるマイク性能を満たす完全ワイヤレスイヤホンというのは意外に少なかったりする。

その点「EAH-AZ60」は、イヤホンの片側に発話検知マイクと3つの高性能MEMSマイクを搭載するとともに、パナソニックが長年手がけてきた家庭用電話機の開発で培った技術を応用した独自の「JustMyVoice™」テクノロジーを搭載。ビームフォーミング技術や音声解析技術などを組み合わせた独自の音声解析により、発話者の声とノイズを切り分け、ノイズのみを低減することで相手にしっかりと声が伝わる快適な通話が可能となっている。

「EAH-AZ60」は、イヤホン片側に発話検知マイクと3つの高性能MEMSマイク、左右合計で8つのマイクを搭載

「EAH-AZ60」は、イヤホン片側に発話検知マイクと3つの高性能MEMSマイク、左右合計で8つのマイクを搭載

「JustMyVoice™」テクノロジーでは、独自のアルゴリズムによる音声解析を1秒間に15,000回以上実施し、発話者の音声だけを高精度に検知。これに発話者の音声とそれ以外の音を区別しノイズを低減するビームフォーミング技術をかけ合わせることで、クリアな通話を実現している

「JustMyVoice™」テクノロジーでは、独自のアルゴリズムによる音声解析を1秒間に15,000回以上実施し、発話者の音声だけを高精度に検知。これに発話者の音声とそれ以外の音を区別しノイズを低減するビームフォーミング技術をかけ合わせることで、クリアな通話を実現している

実際の効果については以下に掲載した動画を確認してほしいが、周囲がかなり騒がしい環境でも、周囲の騒音をしっかりと抑え、声だけをしっかり届けられていることがおわかりいただけるだろう。

また、周囲のノイズを常に検出するノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンだと風切り音対策も気になるところだが、「EAH-AZ60」に搭載された「JustMyVoice™」テクノロジーでは、マイクから入ってくる音を分析し、検知した風切り音を低減する機能が用意されている。最近では換気のために窓が開放されている場所も多いが、そういった風が入ってくるような場所でも安心して使えるところは「EAH-AZ60」の大きな強みと言えそうだ。

フィードフォワード用マイクと通話用マイクの開口部には、金属メッシュによる風切り音低減構造を採用。これらのハードウェア的な対策に加え、「JustMyVoice™」テクノロジーを使い、検知した風切り音を低減する機能も導入されている

フィードフォワード用マイクと通話用マイクの開口部には、金属メッシュによる風切り音低減構造を採用。これらのハードウェア的な対策に加え、「JustMyVoice™」テクノロジーを使い、検知した風切り音を低減する機能も導入されている

ほかにも、専用アプリ「Technics Audio Connect」を活用し、「JustMyVoice™」テクノロジーを通じて相手に届けられる自分の声を事前に確認できる機能もユニークだ。相手に届く自分の声を事前に確認できるという機会はなかなかないので、周囲が騒がしい環境で通話する際の事前確認などでぜひ積極的に活用したいところだ。

マルチポイントや低遅延モードなど、便利で使い勝手のよい機能が満載

価格.comの「EAH-AZ60」製品ページに投稿されたユーザーレビューを詳しく見てくと、ノイズキャンセリング性能や音質に並び、機能面のバランスのよさも評価されている。なかでも、2台のBluetooth機器と同時に接続できる「マルチポイント」への対応は、複数のデバイスを使い分けて仕事を行うテレワークシーンで特に便利な機能ということで、高い評価を得ている。

そんな「EAH-AZ60」のマルチポイントだが、製品発売後のファームウェアアップデートで、LDACコーデック接続時でも利用できるようになったのは意外と知られていない。ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンでマルチポイント対応というだけでもなかなか貴重な存在だが、「EAH-AZ60」ならマルチポイントを利用しつつLDACコーデックの高音質な音楽リスニングを楽しめるというわけだ。高音質な音楽リスニング環境を整えるため、スマートフォンとオーディオプレーヤーを2台持ちしているというオーディオ好きのユーザーも、LDACコーデックを使ってマルチポイントできる「EAH-AZ60」ならより快適な音楽リスニングに貢献してくれるだろう。

また、完全ワイヤレスイヤホンで動画コンテンツを楽しんでいるというユーザーには、映像と音のずれを抑える「低遅延モード」が便利だ。こちらもマルチポイントのLDACコーデック対応同様、発売後のファームウェアアップデートで提供された機能。出荷時の設定のままだと多少気になる動画視聴時の音ずれが大幅に低減されるので、動画視聴をする際はぜひ試してみてほしい。

ほかにも、テレワークで利用することの多いユーザーには、「EAH-AZ60」の左右どちらか片側だけでも音楽再生や通話を利用できる機能に注目だ。「EAH-AZ60」は、イヤホン単体で約7時間(ノイズキャンセリングON、AAC接続時)と元々のバッテリー性能のポテンシャルも高いが、テレワークでオンライン会議が多いという人は、片方を充電しておきながらもう片側を利用するといったように、バッテリーを節約しながら運用することができる。「EAH-AZ60」は前述の通りマイク性能も高いので、組み合わせればかなり便利に使えるはずだ。

最後に専用アプリ「Technics Audio Connect」についても触れておこう。最新の完全ワイヤレスイヤホンは高機能すぎて逆に使いこなせないという人もいるかもしれないが、Technicsの完全ワイヤレスイヤホン向けに提供されている専用アプリ「Technics Audio Connect」は、製品ごとに使える機能に絞ったシンプルなUIを採用し、デジタルガジェットが苦手な初心者でもタップ操作で簡単に機能を使いこなせるようになっている。

もちろん、シンプルなUIといっても「EAH-AZ60」で利用できる便利な機能はしっかりと網羅されており、ノイズキャンセリング機能の強さを100段階で調整できる機能や、イコライザー機能、イヤホン本体のタッチセンサー操作のアサイン機能変更など、ユーザーの使い方に合わせたさまざまなカスタマイズが可能となっている。「EAH-AZ60」を手に入れたら、ぜひダウンロードして活用してほしい。

専用アプリ「Technics Audio Connect」を活用すれば、ノイズキャンセリング機能ややアンビエント機能、イコライザー調整、タッチセンサー操作のアサイン機能変更など、さまざまなカスタマイズが行える

専用アプリ「Technics Audio Connect」を活用すれば、ノイズキャンセリング機能やアンビエント機能、イコライザー調整、タッチセンサー操作のアサイン機能変更など、さまざまなカスタマイズが行える

まとめ さまざまなユーザーにフィットしてくれる完成度の高い1台

今回、価格.comユーザーからも高い評価を獲得しているTechnics「EAH-AZ60」をレビューしてみたが、ユーザーからも高評価なノイズキャンセリング性能や音質はもちろん、高品質なマイク性能や、使い勝手のよい機能をバランスよく搭載し、ノイズキャンセリング性能や音質にこだわる人だけでなく、さまざまなユーザーにフィットしてくれる完成度の高い1台であることを改めて確認することができた。製品の出来にシビアな価格.comユーザーからも高い支持を得ているというのも大いにうなずける。

ノイズキャンセリング性能だけや音質に特化した製品というのは世の中にたくさんあるが、1台でいろいろな使い方をカバーできるモデルというのは数少ない。ノイズキャンセリング性能も音質も妥協したくないし、できることなら1台でオールラウンドに使えるノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンが欲しいという人は、「EAH-AZ60」をぜひチェックしてみてほしい。きっと期待以上の満足感をもたらしてくれるはずだ。

なお、Technicsの完全ワイヤレスイヤホンのラインアップには、よりコンパクトでフィット感も高く、コストパフォーマンスにすぐれた「EAH-AZ40」も用意されている。ノイズキャンセリング機能こそ搭載されないが、TechnicsのHi-Fiオーディオ機器開発で培った音響技術や独自の「JustMyVoice™」テクノロジーなど、「EAH-AZ60」と共通する技術はしっかりと搭載されている。ノイズキャンセリング機能が不要でコスパの高い完全ワイヤレスイヤホンを探している人は、こちらをチョイスするのもアリだろう。

デジタルギフトがもれなくもらえる! Technics「ジブンに。あの人に。いい音を贈ろう。」キャンペーン

パナソニックでは、2022年11月1日(火)〜2023年1月15日(日)までの期間限定で「ジブンに。あの人に。いい音を贈ろう。」キャンペーンを開催中。購入対象期間中にTechnics・パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン対象商品を購入し、キャンペーンサイトから応募すると、もれなく全員に、選べるデジタルギフトがプレゼントされるので、ぜひ活用してほしい。

【キャンペーンサイト】
https://jp.technics.com/tws/campaign/2022tw_autumn/
※応募方法などの詳細はキャンペーンページにてご確認ください。


【キャンペーン期間】
◎購入期間:2022年11月1日(火)〜2023年1月15日(日)
◎応募期間:2022年11月1日(火)〜2023年1月31日(火)16時59分まで


【キャンペーン対象製品】
Technics「EAH-AZ60」
Technics「EAH-AZ40」
パナソニック「RZ-S30W」


【応募方法】
応募フォームサイトより必要事項を記入の上、レシート(領収書)と保証書/品番・製造番号を撮影しアップロードしてご応募ください。


【キャンペーンに関するお問い合わせ】
キャンペーン事務局 電話:03-6386-5675
開局期間:2022年11月1日(火)〜2023年2月28日(火)
受付時間:10:00〜18:00 ※土・日・祝日を除く。2022年12月29日(木)〜2023年1月3日(火)は休業

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る