ニュース

ついにレギュラー化! Technicsアナログターンテーブル「SL-1200G」にブラックが仲間入り

パナソニックは、Technics(テクニクス)ブランドのミドルクラスにあたる“グランドクラス”で展開しているアナログターンテーブル「SL-1200G」に、新色ブラック(SL-1200G-K)を追加。8月26日に発売する。価格は363,000円。

Technics「SL-1200G-K」

Technics「SL-1200G」(ブラック)

近年のアナログレコードブームも追い風となり、レコードをさらに高音質で楽しみたいというニーズが高まっているという。アンプやプレーヤーなどの購入の際には、使用しているほかのオーディオ機器と同じ色で合わせたいという要望も多いそうで、Technicsでも手持ちの古いオーディオ機器を活用しながら、オーディオ環境を再構築しようというユーザーに向けて、オーディオ機器で採用の多いブラックのカラーリングに合わせやすいように、プリメインアンプ「SU-R1000」とターンテーブル「SL-1500C」でブラックモデルを発売。ターンテーブルについても、「SL-1200」シリーズ発売50周年記念として2022年4月に発売した受注限定生産のブラックモデル「SL-1200GAE-K」を展開。こちらも計画を上回る販売で推移するなど、ブラックカラーを愛好するユーザーの支持を得ているという。

そういった背景もあり、今回、新たにレギュラーモデルである「SL-1200G」の追加色としてブラックを発売。発売中のシルバーとの2色展開にすることで、使用する機器にマッチする色を選べるようにしたそうだ。

Technics「SL-1200G-K」

Technics「SL-1200G-K」(真上)

Technics「SL-1200G-K」

Technics「SL-1200G-K」(正面)

Technics「SL-1200G-K」(カバー取り付け)

Technics「SL-1200G-K」(カバー取り付け)

なお、基本的なスペックについては、発売中のシルバーモデルと同じで、安定した回転と振動低減を実現するコアレス・ダイレクトドライブ・モーター、マグネシウム採用のトーンアーム、高い耐振動性を実現する3層構造プラッターや4層構造筐体などを採用。ブラックモデルでは、10mm厚のアルミトップパネルとマグネシウム製トーンアームのカラーがブラックに変更されている。

ちなみに、ブラックカラーを採用したTechnicsブランドの製品は、アナログターンテーブル「SL-1200MK7」「SL-1500C」、プリメインアンプ「SU-R1000」「SU-G700M2」、コンパクトステレオシステム「SC-C70MK2」に今回の「SL-1200G」を加えた全6モデルにまで拡大している。

ブラックカラーを採用したTechnicsブランドの製品

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る