レビュー

位置も距離も問わない不思議なBluetoothスピーカー! ソニー「SRS-XE200」「SRS-XE300」レビュー

ソニーの最新Bluetoothスピーカー「SRS-XE200」「SRS-XE300」が7月8日に発売された。Bluetoothスピーカー自体はすでに定番化しているジャンルでもあるので、独自構造「Line-Shape Diffuser(ラインシェープディフューザー)」搭載と説明されてもサラッと流してしまいそうなモデルと思っていたのだが……。

ソニーの最新Bluetoothスピーカー「SRS-XE200」と「SRS-XE300」

ソニーの最新Bluetoothスピーカー「SRS-XE200」と「SRS-XE300」

自宅にソニー「SRS-XE200」「SRS-XE300」を設置して音楽を聴き始めると「え、何これ!!」と声に出してしまうくらい、不思議なリスニング体験に衝撃を受けた。テーブルの上にワンボディのBluetoothスピーカーを置いて音楽を流しているはずだが、部屋の中を動き回ってリスニングポジションを正面ではなく横に大きくずれても同じ音質・音量で音楽が聴こえている……?

ソニー「SRS-XE300」をほぼ正面の位置で音楽を聴いてから……

ソニー「SRS-XE300」をほぼ正面の位置で音楽を聴いてから……

真横近い位置に移動しても音楽を普通に楽しめる

真横近い位置に移動しても音楽を普通に楽しめる

今回は、そんな新機軸のBluetoothスピーカー、ソニー「SRS-XE200」「SRS-XE300」を詳しくレポートしていこう。

ソニーの新機軸のBluetoothスピーカーを詳しくレポート

ソニーの新機軸のBluetoothスピーカーを詳しくレポート

幅広いリスニングエリアを1台でカバーする新機軸のBluetoothスピーカー

新製品の概要は編集部による発表時のレポート記事で知っていたのだけど、実際に「SRS-XE200」「SRS-XE300」を体験してみると、音楽の聴こえ方が不思議かつ面白過ぎるのだ。

改めて製品を紹介すると、新モデル「SRS-XE200」「SRS-XE300」はソニー独自の技術「Line-Shape Diffuser」を搭載するBluetoothスピーカーだ。

「Line-Shape Diffuser」とは、コンサート会場やライブ会場などで広く遠く音が届けられるように線音源を作り出すラインアレイスピーカーから着想を得た技術で、スピーカーの開口部から音が出る際にスピーカーの五角柱ボディに音を反射させることで音が外側に拡散され、広いリスニングエリアを実現するというもの。独特の五角形のボディには技術的な必然性があるというわけだ。ちなみに、このリスニングエリアを広げる効果は縦置き設置のみで有効だ。

縦にメッシュのラインが入っているところがスピーカー開口部

縦にメッシュのラインが入っているところがスピーカー開口部

「SRS-XE200」は90(幅)×208(高さ)×94(奥行)mmで重量は約0.8kgと500mlのペットボトルを太く六角形にしたくらいのサイズ感。「SRS-XE300」は105(幅)×238(高さ)×119(奥行)mm、重量は1300gとBluetoothスピーカーとしてやや大きめのサイズだ。連続再生時間は、「SRS-XE200」が約16時間、「SRS-XE300」が約24時間。IP67の防塵・防水、そして防錆(ぼうせい)にも対応している。

500mlのペットボトルよりひと回り大きい「SRS-XE200」

500mlのペットボトルよりひと回り大きい「SRS-XE200」

「SRS-XE300」はさらにひと回り大きいサイズだ

「SRS-XE300」はさらにひと回り大きいサイズだ

スピーカーユニットは、「SRS-XE200」「SRS-XE300」ともにソニー独自の非対称フルレンジユニット「X-Balanced Speaker Unit」×2を搭載し、デュアルパッシブラジエーターも備わっている。高音質アップコンバート技術の「DSEE」や、Bluetoothでハイレゾ級ワイヤレスを楽しめるLDACコーデック対応など、ソニーのBluetoothスピーカーでおなじみとなっている技術もしっかりと継承されている。

位置も距離も問わない不思議なリスニング体験

改めてスマートフォンと接続して「SRS-XE200」「SRS-XE300」で音楽を聴いてみると、冒頭でも書いたが、「Line-Shape Diffuser」によるリスニング体験がなんとも不思議なのだ。

空間に音楽が浮かぶ不思議な音楽リスニング体験

空間に音楽が浮かぶ不思議な音楽リスニング体験

「SRS-XE200」「SRS-XE300」ともに、まるで空間の中に音が浮かぶような特徴的なサウンドフィールで、YOASOBI『三原色』を聴くと、「SRS-XE200」はダイレクトに伝わる音とはまったく正反対のイメージだ。中域はやや不鮮明で空間に響くようなサウンドが方向感もわからず聴こえる。「SRS-XE300」は、「SRS-XE200」と比べるとサウンドとしてグレードアップしていて、歌声のクリアさも出て、重低音の量感もあるリッチなサウンド。BTS『Dnynamite』の重低音がグイグイ響く感じはとても相性がよい。ちなみに、YouTubeなどの動画を流してみても空間上に音が浮かぶだけで、サラウンド的な音の広がりを感じられるというわけではないので、そのあたりは注意してほしい。

iPhoneとAndroidスマートフォンを接続して検証

iPhoneとAndroidスマートフォンを接続して検証

いずれにせよ“シンプルに音がよい”とは言い難い「SRS-XE200」「SRS-XE300」だが、独自の「Line-Shape Diffuser」のおかげでスピーカーの正面(スリットのように縦向きに開口部のある方向が正面)から横の幅広い位置まで、設置位置に対する音質変化が小さい。たとえば、スピーカーから音楽を流して真正面の距離で前後に移動してみても、音質や音量(正確には音圧)の変化がほとんどないのだ。試した限りでは、5メートル四方くらいの位置は移動しても変化がないようだ。ただし、1メートル以内に近づくと音の出どころ自体はわかってしまう。とはいえ、部屋の中でBGMとして音楽を流すなら理想的なリスニングスポットで音楽を聴くことはないわけで……「SRS-XE200」「SRS-XE300」のどの位置でもソコソコのいい音で楽しめるというのはメリットがある。

ラフな位置関係での音楽リスニングに最適

ラフな位置関係での音楽リスニングに最適

もうひとつ、近い距離で音楽を流したり、スマホで動画やゲームを楽しむようなケースも「SRS-XE200」「SRS-XE300」は使える。ワンボディのBluetoothスピーカーと言っても、毎回正面の正しい位置に置くことができるわけではないので、適当にズラして置いても自然な音で聴こえるというのはやはり便利だ。

真正面にはスピーカーを設置しにくいPCとの組み合わせもアリ

真正面にはスピーカーを設置しにくいPCとの組み合わせもアリ

機能的にはこのほかにも専用アプリ「Music Center」から設定を切り替えて単体でステレオ再生も可能だが……「Line-Shape Diffuser」の効果も失われるし、音質的なメリットはあまりない。複数台購入すれば広いリスニングエリアのままステレオ再生も可能だが、「SRS-XE200」「SRS-XE300」はラフな位置関係でのリスニングのほうが圧倒的に向いている。

このように、唯一無二の個性を備えたソニー「SRS-XE200」「SRS-XE300」だが、購入を検討しているなら、個人的には上位モデルの「SRS-XE300」を第一候補にあげたい。「Line-Shape Diffuser」の効果は「SRS-XE200」でも感じられるのだが、「SRS-XE200」は約1.5万円という価格に対して音質がやや物足りないのだ。「SRS-XE300」になると、価格は約2万円に跳ね上がるものの、音質は価格以上にアップしてくれる。伸びやかなボーカルの美しさ、豊かな低音で価格にも十分納得感がある。設置位置の影響が小さいサウンドに魅力を感じる人は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る