ニュース

「AQUOS史上最高」の輝きと色再現、「EP1」ライン

シャープは、4K液晶テレビの新モデル「EP1」ラインを発表した。本ラインはmini LEDバックライトを搭載した最高峰モデルと位置づけられ、「AQUOS(アクオス)史上最高の輝きと色の表現力」を身につけたとしている。

「EP1」ラインのラインアップは以下のとおり。
4T-C75EP1  75V型   市場想定価格73万7000円前後 (2023年1月28日発売)

4T-C70EP1  70V型   市場想定価格57万2000円前後 (2022年11月19日発売)

4T-C65EP1  65V型   市場想定価格49万5000円前後 (2022年11月19日発売)

4T-C60EP1  65V型   市場想定価格44万円前後 (2022年11月19日発売)

4T-C55EP1  55V型   市場想定価格36万3000円前後 (2022年11月19日発売)

シャープが初のmini LEDバックライト搭載モデル「AQUOS XLED(エックスレッド) DP1」ラインを発表してから約1年。「AQUOS XLED」の第2弾となる「EP1」ラインでは、サイズラインアップを大幅に拡充。5インチ刻み(横幅としては約10cm刻み)で計5サイズを展開する。

「AQUOS XLED」の大きな特徴は、mini LEDバックライト+量子ドット技術の組み合わせで局所コントラスト性能と色再現性を高めたこと。この特徴を引き継ぎつつ、ハードウェア、ソフトウェアの両面から画質をブラッシュアップしたのが「EP1」ラインだ。共通の基本スペックは以下のとおり。

●画素数:3,840×2,160画素
●バックライト:mini LED
●音響システム:AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS
●映り込みを抑える「N-Blackパネル」搭載
●HDMI入力4系統(入力3がeARC/ARC対応、入力3/4がVRR/ALLM対応)
●HDR10、HLG、Dolby Visionに対応
●左右30度の回転式(スイーベル)スタンド

「アクティブmini LED駆動」+「量子ドットリッチカラー」で色再現性能が向上

まずハードウェア面について、mini LEDバックライトに大きな変更は加えられていない。従来どおり「アクティブmini LED駆動」技術を使うことがポイントで、1,000以上の細かなエリアに分割されたmini LEDバックライトの明暗を個別に調整(ローカルディミング)する。「アクティブ」とは、つまるところ特定のエリアごとにICが入っていること。エリアごとの管理をより精密に行うことで画質を向上させようという意図がある。

従来モデルから進化したのは、「量子ドットリッチカラー」の部分だ。「EP1」ラインでは、量子ドットの赤の素材(粒子サイズ)を再検討し、波長をシフト。液晶パネル表面のカラーフィルターとの相性を最適化したという。これにより、通常LED光源モデル比で色再現範囲を約20%アップ。また、波長がシフトしたことにより、緑と赤の被りを防ぐ効果も生まれ、色の純度もアップしているそうだ。

「EP1」ラインの「量子ドットリッチカラー」技術では、色再現範囲が通常LED光源モデルよりも約20%拡大。「DP1」ラインではこの拡大幅を約10%としていた

「EP1」ラインの「量子ドットリッチカラー」技術では、色再現範囲が通常LED光源モデルよりも約20%拡大。「DP1」ラインではこの拡大幅を約10%としていた

【関連記事】
【2022年】テレビの注目技術、「量子ドット」のメリットとは?

液晶&有機ELに続く!「ミニLED」と「マイクロLED」って何?

視聴環境に合わせた映像処理に対応した「Medalist S4X」エンジン

ソフトウェア面では、映像処理エンジンが「Medalist S4X」へ進化。「Medalist」4世代目となるこのエンジンでは、「AIプロセッサー」「環境センシング」2つの新機能が追加された。なお、さまざまな映像ソースを4Kにアップコンバートすること、適宜超解像をかけること、映像に含まれる被写体をリアルタイムで解析し、輪郭や質感を“復元”する「オブジェクト プロファイリング」機能を持つことは従来どおりだ。

映像処理エンジンは「Medalist S4X」。ハードウェア的な構成は変わっていないそうだが、「AIプロセッサー」「環境センシング」という新機能が追加された。このエンジンが、mini LEDバックライトの明滅と映像処理(白ピークの伸び/黒の沈み込み)を同時に制御。高コントラストの映像再生を図る

映像処理エンジンは「Medalist S4X」。ハードウェア的な構成は変わっていないそうだが、「AIプロセッサー」「環境センシング」という新機能が追加された。このエンジンが、mini LEDバックライトの明滅と映像処理(白ピークの伸び/黒の沈み込み)を同時に制御。高コントラストの映像再生を図る

「AIプロセッサー」とは、シャープ流の自動画質調整モードのこと。放送番組情報を読み取って画質を自動調整するほか、AIが被写体を認識して色を補正する。さらに注目すべきは、ネット動画視聴時の挙動だ。回線状況で変わる解像度に合わせて画質調整を行う「ネット動画クリア補正」機能を搭載。昨今のテレビ使用環境に合わせた進化のひとつと言えるだろう。

番組情報や映像解析により、画質を最適化するのが「AIプロセッサー」。最新テレビの多くは「オート」や「おまかせ」といった名称の画質モードを持っている。能動的に映像調整をせずともいつでも最適画質を提供してくれる、この精度が現代テレビに問われる重要性能のひとつと言える

番組情報や映像解析により、画質を最適化するのが「AIプロセッサー」。最新テレビの多くは「オート」や「おまかせ」といった名称の画質モードを持っている。能動的に映像調整をせずともいつでも最適画質を提供してくれる、この精度が現代テレビに問われる重要性能のひとつと言える

「環境センシング」は、周囲の明るさに応じて画質を最適化する機能。従来は映像の明暗調整のみを行っていたところ、環境に合わせたダイナミックレンジ(映像の明暗差)の補正や階調の見やすさに踏み込んで補正をかけるようになった。具体的には、部屋が明るい場合は暗部の階調表現よりも輝度ピークの伸びや中間調の見やすさを、暗い場合は暗部階調のなめらかさを重視した補正をかける、といった具合だ。

部屋の明るさに応じた画質の最適化も、昨今のテレビで注目すべき機能のひとつ。メーカーや製品によって、何を調整するかは異なる

部屋の明るさに応じた画質の最適化も、昨今のテレビで注目すべき機能のひとつ。メーカーや製品によって、何を調整するかは異なる

音響システムは「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS(ARSS+)」。画面の上下にスピーカーを配置して、音響の中心が画面内にくるように設計している。映像の中で人が話す場合、人の声が画面内から聞こえてくるよう配慮されている。「EP1」ラインでは、ミッドレンジとウーハーユニットに新設計品を採用。従来はフェライトだったマグネットを、より強力な磁気を得られるネオジムに変更。低音と人の声の表現力強化に努めたという。

「EP1」ラインの「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS(ARSS+)」は、画面上下/背面に配置された11スピーカーで構成される

「EP1」ラインの「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS(ARSS+)」は、画面上下/背面に配置された11スピーカーで構成される

「EP1」ラインには新設計のミッドレンジ(右)、ウーハー(左)「パワーボイススピーカー」が搭載される。手前が「EP1」ラインに搭載されたユニットで、奥が従来品。マグネットにネオジムを採用したことがポイントだ

「EP1」ラインには新設計のミッドレンジ(右)、ウーハー(左)「パワーボイススピーカー」が搭載される。手前が「EP1」ラインに搭載されたユニットで、奥が従来品。マグネットにネオジムを採用したことがポイントだ

画面上部のスピーカーはいわゆる「イネーブルドスピーカー」。音を上方へ発して、天井からの反射音で「イマーシブ」(没入感のある)体験をもたらす

画面上部のスピーカーはいわゆる「イネーブルドスピーカー」。音を上方へ発して、天井からの反射音で「イマーシブ」(没入感のある)体験をもたらす

そのほか、リモコンにNetflix、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXT、ABEMA、Hulu、Paravi、YouTube、Disney+という合計8つの動画サービスに瞬時にアクセスできるダイレクトボタンを搭載したほか、外付けUSBカメラの接続でビデオ通話アプリ「Google Duo」を利用可能など、“スマートテレビ”的なフィーチャーも存分に盛り込まれた。HDMI入力は2.1仕様でVRR、ALLM、eARCに対応、無線LAN規格はWi-Fi 6に対応するなど、外部機器との接続性にも配慮されている。

左から、通常のLEDバックライトを搭載した液晶テレビ、mini LEDバックライトの「EP1」ライン、自発光の有機ELテレビ。あくまで店頭モードでのデモンストレーションだが、明るい環境下でも力強い“輝き”を出せる「EP1」ラインの長所がわかる。ただし、暗い部屋で局所コントラストを見るならば有機ELに分があることは間違いない。使い方に応じて製品を選び分けるのがよいだろう

左から、通常のLEDバックライトを搭載した液晶テレビ、mini LEDバックライトの「EP1」ライン、自発光の有機ELテレビ。あくまで店頭モードでのデモンストレーションだが、明るい環境下でも力強い“輝き”を出せる「EP1」ラインの長所がわかる。ただし、暗い部屋で局所コントラストを見るならば有機ELに分があることは間違いない。使い方に応じて製品を選び分けるのがよいだろう

こちらは映像エンジンの進化についてのデモンストレーション。「DP1」ラインに搭載された「Medalist S2X」の映像(左)と「EP1」ラインの「Medalist S4X」の映像(右)を比べると、特に雲の明部の階調表現に差異を感じられた

こちらは映像エンジンの進化についてのデモンストレーション。「DP1」ラインに搭載された「Medalist S2X」の映像(左)と「EP1」ラインの「Medalist S4X」の映像(右)を比べると、特に雲の明部の階調表現に差異を感じられた

柿沼良輔(編集部)

柿沼良輔(編集部)

AVの専門誌を編集して10年超。「(デカさ以外は)映画館を上回る」を目標にスピーカー総数13本のホームシアターシステムを構築中です。映像と音の出る機械、人が一生懸命つくったモノに反応します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る