特別企画
ワンランク上の性能を持つモデルを厳選

《2018年》この春に手に入れたい! EVF内蔵の小型ミラーレスカメラ5選

入学式シーズンを迎え、デジタルカメラの購入を検討している方も多いことでしょう。ここでは、エントリーから中級機のミラーレスカメラの中から、電子ビューファインダー(EVF)内蔵のコンパクトモデルを5つ厳選しました。いずれも小型・軽量で持ち運びやすいので旅行用としても大活躍間違いなし。さらに、どのモデルもワンランク上の性能を持っているので、より本格的な撮影を行いたい場合にも活用できますよ。

電子ビューファインダー(EVF)のメリット

エントリー向けのミラーレスカメラを選ぶ場合、より低価格なエントリーモデルだとEVFを内蔵していないものがほとんどです(※一部のモデルは外付けEVFの利用に対応しています)。そうしたEVFを内蔵しないモデルだと、背面のモニターの映像を見て撮ることになります。もちろんモニターでも撮影はできますが、EVFがあったほうがいろいろなシーンでより便利に使うことができます。

EVFが便利なのは、晴天下など明るい屋外でも映像を確認して撮れることです。晴天下の屋外でモニターを使うと、周りが明るすぎて、場合によってはモニターの映像がほとんど見えないことがあります。EVFなら、そうした場合でも外光に左右されずに映像をしっかりと見て、明るさや色、構図にこだわって撮れます。また、EVFを覗きながらだとしっかりとカメラをホールドして撮ることになるので、手ぶれを抑えるのにも役立ちますよ。

EVFを使えば明るい屋外でも被写体をしっかりと確認できます

EVFを使えば明るい屋外でも被写体をしっかりと確認できます

さらに、EVFは、子どもなど動く被写体を撮る場合にも便利。モニターを使う場合よりも被写体を追いかけやすいので、一瞬のシャッターチャンスを逃しにくいです。最新のミラーレスはEVFの表示のレスポンスがよくなっているので、気になるような表示の遅延もなく撮ることができますよ。

1.「EOS Kiss M(キヤノン)」最新の映像エンジン「DIGIC 8」搭載のニューモデル

“Kiss”ブランドのミラーレス「EOS Kiss M」。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色

“Kiss”ブランドのミラーレス「EOS Kiss M」。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色

エントリー向け一眼レフを代表する人気ブランド、キヤノンの“Kiss”がついにミラーレスになりました。「EOS Kiss M」というモデル名で、APS-Cミラーレス「EOS M」シリーズの新モデルとして2018年3月23日に発売になります。

一眼レフの“Kiss”と言えば小型・軽量で高性能なのが人気の理由ですが、EOS Kiss Mもその特徴をしっかりと継承。EVF内蔵のAPS-Cミラーレスとしてはクラス最軽量となる約387g(ブラックモデル、バッテリー・SDメモリーカード含む)の小型・軽量ボディに、最新の映像エンジン「DIGIC 8」をいち早く搭載。エントリー向けのモデルではありますが、現時点のEOS Mシリーズの中でもっとも高性能なカメラに仕上がっています。

画質面では、キヤノンのデジタルカメラとして初めて「DIGIC 8」を搭載したことで従来以上の高画質を実現。キヤノンらしい発色のよい画質はそのままに、高感度時の画質やハイライト側の階調表現などが進化しています。さらに、位相差AFによる高速なピント合わせが可能な「デュアルピクセルCMOS AF」も測距エリア・測距点が拡大。対応レンズであれば画面の幅約88%×高さ約100%の広いエリアで最大143点の測距点を使ったAFが可能になりました。キヤノンのAPS-C機として初めて4K/24pの動画記録に対応するなど、一眼レフの上位モデルにもない機能を数多く搭載しているのもこのモデルの特徴です。

やや流線形を帯びたデザインなどを見ても、“Kiss”ブランドのモデルらしくファミリー向けであることがうかがえますが、その性能は、現時点のキヤノンのミラーレスの中では最高レベル。価格はボディ単体が71,000円程度、標準ズームレンズキットが85,000円程度と、コストパフォーマンスの高さも魅力です。

●基本スペック
・イメージセンサー:有効約2410万画素(APS-Cサイズ)
・AFシステム:最大143点(※非対応レンズ最大99点)
・連写:最高約7.4コマ/秒(AF追従)、最高約10.0コマ/秒(AF固定)
・感度:ISO100〜25600(拡張:ISO51200相当の増感)
・最速シャッタースピード:1/4000秒
・電子ビューファインダー:約236万ドット
・モニター:3.0型バリアングル液晶(約104万ドット、タッチパネル対応)
・動画:4K/24p記録対応
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
・無線:Wi-Fi/Bluetooth内蔵
・サイズ(幅×高さ×奥行):116.3×88.1×58.7mm
・重量(バッテリー、メモリーカード含む):約387g(ブラック)、約390g(ホワイト)

2.「α6300(ソニー)」高速AFを実現した高コストパフォーマンスモデル

コストパフォーマンスにすぐれた中級ミラーレス「α6300」。ブラックカラーのみが用意されています

コストパフォーマンスにすぐれた中級ミラーレス「α6300」。ブラックカラーのみが用意されています

「α6300」は、ソニーのAPS-Cミラーレスのラインアップの中では中級機に位置付けられる高性能なモデルです。

特に高速性に特徴があって、画面のほぼ全域を高密度にカバーする425点の像面位相差AFセンサーを採用するなどして高速なAFを実現。200点以上の微細なAF枠を被写体位置に集中配置する「高密度AF追従テクノロジー」という、被写体追従性を向上する独自技術も搭載されており、動く被写体に強いのも魅力です。さらに、AF追従で最高11コマ/秒の高速連写を実現。最高約8コマ/秒であれば、ほぼタイムラグなしで映像を表示しながら表示タイムラグを気にすることなく連写撮影が行えます。

また、動画撮影も充実しており、最大約100Mbpsの高ビットレートでの4K/30p記録が可能。4K/24p記録時は、Super 35mmフォーマット(APS-Cサイズ相当16:9)での全画素読み出しに対応しており、4K映像に必要な画素数(約8MP)の約2.4倍の情報量を使ってオーバーサンプリングを行うことで精細感の高い映像を生成します。

2016年3月発売の少し古いモデルですが、発売から2年が経過したことで価格が下がってきています。価格はボディ単体83,000円程度、標準ズームレンズキット(パワーズームレンズキット)が92,000円程度。ボディ単体の発売時の市場想定価格は135,000円前後だったので、かなりのディスカウントです。

さらに、今ならキャッシュバックキャンペーンを実施中。2018年4月1日までの期間にα6300のパワーズームレンズキットとあわせて望遠ズームレンズ「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」も購入してキャンペーンに応募すると20,000円のキャッシュバックが得られます。

●基本スペック
・イメージセンサー:有効約2420万画素(APS-Cサイズ)
・AFシステム:最大425点(位相差AF)/169点(コントラストAF)
・連写:最高約11コマ/秒(AF追従)
・感度:ISO100〜25600(拡張:ISO51200相当までの増感)
・最速シャッタースピード:1/4000秒
・電子ビューファインダー:約235万ドット(35mm判換算・倍率約0.70倍)
・モニター:3.0型チルト液晶(約92.1万ドット)
・動画:4K/30p記録対応
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)、メモリースティック PRO /PRO-HG デュオ
・無線:Wi-Fi内蔵
・サイズ(幅×高さ×奥行):120.0×66.9×48.8mm
・重量(バッテリー、メモリーカード含む):約404g

3.「X-T20(富士フイルム)」上位モデルと同等の画質を楽しめるコンパクトモデル

「X-20」は富士フイルムのラインアップの中では下位に位置するモデル。シルバーとブラックの2色が用意されています

富士フイルムのデジタルカメラの魅力は、何といっても画質です。フィルムメーカーとして“色”に徹底的にこだわっており、記憶色を重視した表現力豊かな色描写は他メーカーのカメラでは得られないところがあり、多くの写真愛好家から支持を得ています。

「X-T20」は、EVFをレンズ光軸に配置する一眼レフタイプのミラーレス「X-Tシリーズ」の下位モデル。下位モデルではありますが、上位モデル「X-T1」と同じ画質スペックを採用しており、富士フイルムらしい色描写を楽しむことが可能。仕上がり設定「フィルムシミュレーション」は、上位モデルと同様、「PROVIA」「Velvia」「ACROS」など計15種類を選べます。91点(最大325点)の測距点を持つAFシステムなど基本性能にもすぐれています。

操作性にも特徴があり、ボディ上面にシャッタースピードダイヤル、露出補正ダイヤル、ドライブダイヤルの計3つのダイヤルを搭載するなどマニュアルの操作感を重視。フィルム一眼レフのような高品位なデザインも魅力です。また、ボディの重量は約383g(バッテリー、SDメモリーカード含む)で、X-T1と比べるとおよそ120g軽くなっています。よりコンパクトなボディで上位モデルと同等の画質が得られるのが魅力のモデルです。

価格はボディ単体が77,000円程度、標準ズームレンズキットが105,000円程度となっています。

●基本スペック
・イメージセンサー:有効約2430万画素(X-Trans CMOS III、APS-Cサイズ)
・AFシステム:91点(最大325点)
・連写:最高約8.0コマ/秒(メカシャッター時)、最高14.0コマ/秒(電子シャッター時)
・感度:ISO200〜12800(拡張:ISO100相当の減感、ISO51200相当までの増感)
・最速シャッタースピード:1/4000秒(電子シャッター時1/32000秒)
・電子ビューファインダー:約236万ドット(35mm判換算・倍率約0.62倍)
・モニター:3.0型チルト液晶(約104万ドット、タッチパネル対応)
・動画:4K/30p記録対応
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
・無線:Wi-Fi内蔵
・サイズ(幅×高さ×奥行):118.4×82.8×41.4mm
・重量(バッテリー、メモリーカード含む):約383g

4.「OM-D E-M10 Mark III(オリンパス)」オリンパスらしさが詰まった高品位な小型・軽量ミラーレス

小型・軽量ボディのマイクロフォーサーズミラーレス「OM-D E-M10 Mark III」。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色

「OM-D E-M10 Mark III」は、オリンパスの一眼レフスタイルのミラーレス「OM-Dシリーズ」のエントリーモデル。エントリー向けではありますが、フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」と同じ最新の画像処理エンジン「TruePic VIII」や、シャッタースピード換算で約4段分の補正効果を持つボディ内5軸手ブレ補正機能を搭載するなど、非常に高性能なカメラに仕上がっています。

しかも、ボディ内5軸手ブレ補正を搭載しながら、重量約410g(バッテリー、SDメモリーカード含む)の小型・軽量ボディを実現。クラシックな雰囲気を重視した高品位なデザインも、他のミラーレスにはない特徴です。オリンパスのミラーレスの魅力は、高品位デザインの小型・軽量ボディに高性能な手ぶれ補正を搭載していることですが、OM-D E-M10 Mark IIIは、それらの魅力が詰まったカメラとなっています。

このほかの機能面では4K/30pの動画撮影に対応。クリエイティブな撮影が楽しめる「アートフィルター」、ライブコンポジットや多重露出などの高度な撮影を手軽に行える「アドバンストフォトモード」といったオリンパスらしい多彩な撮影機能も搭載しています。

価格はボディ単体が73,000円程度、ダブルズームキットが88,000円程度(※標準ズームレンズキットは用意されていません)。なお、現在、ボディ単体で5,000円、ダブルズームキットで10,000円のキャッシュバックが得られるキャッシュバックキャンペーンが行われています(購入期間:2018年5月13日まで)。

●基本スペック
・イメージセンサー:有効約1605万画素(4/3型)
・AFシステム:121点(コントラストAF)
・連写:最高約4.8コマ/秒(AF追従)、最高8.6コマ/秒(AF固定)
・感度:ISO200〜25600(拡張:ISO100相当の減感)
・最速シャッタースピード:1/4000秒(電子シャッター時1/16000秒)
・電子ビューファインダー:約236万ドット(35mm判換算・倍率約0.62倍)
・モニター:3.0型バリアングル液晶(約104万ドット、タッチパネル対応)
・動画:4K/30p記録対応
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-II対応)
・無線:Wi-Fi内蔵
・サイズ(幅×高さ×奥行):約121.5×83.6×49.5mm
・重量(バッテリー、メモリーカード含む):約410g

5. 「LUMIX GX7MK3(パナソニック)」画質や操作性が大幅に進化した最新のマイクロフォーサーズ

パナソニックの新モデル「LUMIX DC-GX7MK3(GX7 MarkIII)」。ブラックとシルバーのカラーバリエーションを選べます

「LUMIX DC-GX7MK3(GX7 MarkIII)」は、コンパクトボディが特徴の「LUMIX GX」シリーズの最新モデル。シリーズ3世代目のモデルで、画質や操作性などが大幅にアップデートされています。

画質面では、静止画撮影のフラッグシップモデル「LUMIX G9 PRO」から採用した新しい画質思想を取り入れ、より質感描写にすぐれた画質を実現。モノクロ撮影機能も進化しており、階調性にすぐれた「L.モノクローム」のほかに、ハイライト・シャドウを強調してディテールを残す「L.モノクロームD」を追加。フィルム写真の粒状感を設定する機能も利用できます。

操作性では、従来モデルでは非対応だったチルト可動が復活。EVFを使った場合でも、少し目線を下げた位置からの撮影がやりやすくなりました。このほか、撮影モードダイヤルと同軸上に露出補正ダイヤルを追加。AF-S/AFFやAF-C、MFを切り替えられるフォーカスモードレバーも新たに備わっています。動画撮影は4K/30p記録に対応。5軸手ぶれ補正を内蔵しながら約450g(バッテリー、メモリーカード含む)の軽量ボディに仕上がっているのも魅力です。

価格はボディ単体が95,000円程度、標準ズームレンズキットが105,000円程度となっています。

●基本スペック
・イメージセンサー:有効2030万画素(4/3型)
・AFシステム:49点(コントラストAF)
・連写:最高約6コマ/秒(AF追従)、最高9コマ/秒(AF固定)
・感度:ISO200〜25600(拡張:ISO100相当の減感)
・最速シャッタースピード:1/4000秒(電子シャッター時1/16000秒)
・電子ビューファインダー:約276万ドット(35mm判換算・倍率約0.7倍)
・モニター:3.0型チルト液晶(約124万ドット、タッチパネル対応)
・動画:4K/30p記録対応
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
・無線:Wi-Fi/Bluetooth内蔵
・サイズ(幅×高さ×奥行):約121.5×83.6×49.5mm
・重量(バッテリー、メモリーカード含む):約410g

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

関連記事
ページトップへ戻る