特集
逆光耐性や周辺光量などをチェック。手ブレ補正の効果も検証

純正VS.サードパーティー 大口径・標準ズームレンズ対決!【描写力編その2】

スペック編」「描写力編その1」に続いて、一眼レフ用の大口径・標準ズームレンズ(開放F2.8通し)を徹底比較。今回は「描写力編その2」として、逆光耐性、周辺光量、歪曲収差、ボケ味、手ブレ補正の効果をチェックする。なお、比較作例の撮影は、「描写力編その1」と同様、各レンズで差が出ないように条件をそろえて行った。

左上がニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(以下、ニコンNIKKOR24-70mm)、右上がキヤノンEF24-70mm F2.8L II USM(以下、キヤノンEF24-70mm)、左下がシグマ24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art(以下、シグマArt24-70mm)、右下がタムロンSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 (以下、タムロンSP24-70mm)。カメラボディにニコン「D850」、キヤノン「EOS 5D Mark IV」を使用して各レンズの描写力を検証した

逆光耐性(広角端、F16〜F8)

ここでは広角端24mmで撮影した作例を使って各レンズの逆光耐性をチェックしよう。撮影は各レンズ付属のフードを装着して行い、画面中央やや右側に太陽が入る構図とした。光源から少し離れたところを切り出した画像を掲載する。切り出し画像は、撮影画像の縦の長さをいっぱいまで使用して切り出して(D850は横2890×縦5504、EOS 5D Mark IVは横2352×縦4480ピクセル)縮小したものになる。

ニコン用切り出し画像

キヤノン用切り出し画像

どのレンズも、光源左側の少し離れたところでゴーストが直線的に伸びるように発生した。絞り込むことでゴーストが大きく目立つようになっている。なお、光源近くのフレアについてはどのレンズもよく抑えられており、気になるような出方はしなかった。

カメラボディとの相性もあるのだろうが、全体的にゴーストがよく抑えられているのは、ニコンNIKKOR24-70mmとキヤノンEF24-70mmの純正レンズだ。特にニコンNIKKOR24-70mmは絞った際にもゴーストがそれほど大きくならないのが高ポイントで、画像編集で消去しやすい出方だと思う。

サードパーティー製レンズでは、タムロンSP24-70mmが健闘している。ゴーストが薄く広範囲に発生する傾向があるのは気になるものの、極端に目立つような出方はしていない。ただ、タムロンSP24-70mmは、横から入る光にやや弱い傾向があって、ニコン用/キヤノン用ともに切り出した位置以外のところでゴーストが発生した。以下に、D850とタムロンSP24-70mmの組み合わせで撮影した絞り値F16の作例を縮小したものを掲載するが、光源の右側に長いゴーストが出ている。今回試した限りでは、この構図で光源の右側にゴーストが出たのはタムロンSP24-70mmのみだった。

タムロンSP24-70mmでは光源の右側に大きなゴーストが発生した

タムロンSP24-70mmでは光源の右側に大きなゴーストが発生した

周辺光量(広角端、F2.8〜F8)

絞りが開放に近づくほど気になるのが周辺部の光量が低下して暗くなること。ここでは広角端24mmでの周辺の減光具合をチェックしよう。各レンズでF2.8からF8までの絞り値で同じ被写体を撮影した作例の縮小画像を掲載する。

ニコンNIKKOR24-70mm

シグマArt24-70mm(ニコン用)

タムロンSP24-70mm(ニコン用)

キヤノンEF24-70mm

シグマArt24-70mm(キヤノン用)

タムロンSP24-70mm(キヤノン用)

どのモデルも開放だと周辺部の減光が目立つが、F5.6〜F8くらいまで絞ると中央部との明るさの差が気にならなくなる結果となった。この検証はカメラボディ内の周辺光量補正をオフにして行っている。周辺減光を生かした作品作りをする場合は別として、ボディ内の補正を利用できるのであれば常時オンしておいたほうがいいだろう。

純正レンズは、ニコンNIKKOR24-70mm、キヤノンEF24-70mmともに1段絞ってF4にすると大きく改善する。ニコンNIKKOR24-70mmについては開放で大きく光量が落ちるのが気になるものの、標準ズームレンズとしては安定した結果と言っていいだろう。

サードパーティー製レンズでは、シグマArt24-70mmの周辺光量落ちがやや目立つ。開放だと特に減光が強く、中央付近まで暗くなるのが気になるところ。いっぽうのタムロンSP24-70mmは明るさが安定しており、純正レンズと同じようにF4になると減光がかなり目立たなくなる。

なお、ほかの比較作例でも同様なのだが、今回使用した純正レンズとサードパーティー製レンズでは写真全体の明るさが異なる結果となった。屋外の晴天下で同じ露出値で撮ってみても、サードパーティー製レンズは純正レンズと比べて少し暗い仕上がりになった。

歪曲収差(F8)

一般的に広角では樽型、望遠では糸巻き型の歪曲収差が発生する。特にズームレンズでは収差が大きくなる傾向があり、周辺の歪みが気になる場合もある。各レンズの広角端と望遠端の歪曲収差を比較した。

ニコン用(広角端)

ニコン用(望遠端)

キヤノン用(広角端)

キヤノン用(望遠端)

カメラボディ内のレンズ補正をオフにすると、純正レンズ/サードパーティー製レンズともにある程度の歪曲収差が出る。こうした同じ被写体を撮り比べた作例を見ると両者に極端な違いはないようだ。サードパーティー製レンズは2本とも歪曲がよく抑えられている。

ただ、細かいところを見比べると、ニコンNIKKOR24-70mmは広角端/望遠端ともにわずかだが歪みが目立つ。光学設計の違いによるものだと思うが、同じ位置からの撮影だとニコンNIKKOR24-70mmはほかのレンズと比べて画角が少し狭くなる。今回の検証ではこのことも歪みが目立つ原因にはなっているが、それを差し引いてもほかのレンズより歪曲収差が強く出るように感じた。カメラボディ内のレンズ補正を前提に設計されているためかもしれない。

ボケ味(F8〜F2.8)

続いて、各レンズの広角端/望遠端でのボケ具合をチェックしよう。背景に円形ボケが得られた部分を切り出した画像を掲載する。

広角端で撮影した作例。赤枠が切り出した部分。なお、D850はEOS 5D Mark IVと同じ画素数(6720×4480)に縮小してから切り出している

ニコン用(広角端)

キヤノン用(広角端)

広角端では、わずかな違いではあるが純正レンズのほうがボケの輪郭の縁取りが少なく、リングボケが少ない結果となった。特に、画角が多少狭いという側面はあるものの、それでもニコンNIKKOR24-70mmはより大きくて滑らかなボケが得られている。

サードパーティー製レンズではシグマArt24-70mmは比較的ボケが大きい。見比べるとタムロンSP24-70mmタムロンは特に絞ったときのボケが硬い印象だ。

続いて、望遠端のボケを見ていこう。

望遠端の作例。赤枠が切り出した部分。D850、EOS 5D Mark IVともに横幅を2000ピクセルに縮小してから切り出している

ニコン用(望遠端)

キヤノン用(望遠端)

望遠端では各レンズで極端な違いは見られないが、広角端とは異なる結果となった。もっとも滑らかなボケ味が得られたのはキヤノンEF24-70mm。次いでシグマArt24-70mmのボケが滑らかだ。ニコンNIKKOR24-70mmとタムロンSP24-70mmは同じような大きさのボケとなった。タムロンSP24-70mmは広角端と同様、ボケが少し硬い感じになるのが気になった。

手ブレ補正の効果

最後に手ブレ補正機能の検証結果をレポートしよう。キヤノンEF24-70mmを除く3本のレンズは、レンズ内に手ブレ補正機能を搭載しており、手ブレを抑えて撮影することが可能だ。スペック上の補正効果は、ニコンNIKKOR24-70mmとシグマArt24-70mmは4段分、タムロンSP24-70mmは5段分となっている。

検証は広角端24mmと望遠端70mmで実施。1段ずつシャッタースピードを遅くしながら各レンズで10枚撮影(※ワンショットで1枚ずつシャッターを切る)。これを3回続けて(各シャッタースピードで計30枚の写真を撮って)、ピクセル等倍でチェックして手ブレが気にならない成功写真の枚数をカウントし、成功写真の割合を算出した。なお、撮影は、通常の手持ち撮影と同じように、両足で立った状態でカメラをホールドしてファインダーを覗きながら行った。

結果としては、広角端/望遠端ともにニコンNIKKOR24-70mmがもっとも補正効果が高くなった。広角端ではシャッタースピード1/6秒で70%超、望遠端では1/10秒で60%超の成功率になったのがすごい。さらに、広角端では1/1.6秒、望遠端では1/2.5秒という遅いシャッタースピードながら10%の割合で手ブレが発生しなかったのも性能の高さを感じるところだ。

ここまで高い補正効果が得られたのは、手ブレ補正の性能の高さもあるが、レンズが持ちやすく撮影しやすいということも大きい。筐筒が細くて長い設計のためレンズをしっかりとホールドできるのだ。望遠でも安定した構えで撮ることができるレンズだと感じた。

タムロンSP24-70mmも補正効果にすぐれており、広角端ではシャッタースピード1/6秒で70%超、望遠端では1/10秒で50%の成功率となった。ニコンNIKKOR24-70mmほどの結果ではないものの標準ズームレンズとしては非常に高い手ブレ補正性能を持つレンズだ。

まとめ

以上、3回にわたって、ニコン/キヤノンの純正レンズと、シグマならびにタムロンのサードパーティー製レンズという構図で一眼レフ用の大口径・標準ズームレンズの比較レビューをお届けした。

サードパーティー製レンズと比べて純正レンズのよさは、画像の中央だけでなく周辺まで描写力にすぐれていること。そもそもの光学設計が高いことに加えて、カメラボディ内のレンズ補正をフルに活用できるため、JPEG撮って出しについてはサードパーティー製レンズよりも高いクオリティが得られる。今回の比較でも、細かいところを見るとニコンNIKKOR24-70mmとキヤノンEF24-70mmの純正レンズがサードパーティー製レンズを上回るところが多かった。JPEG撮って出しを活用することが多い(もしくは撮影はJPEGでしか行わない)のであれば、純正レンズを使ったほうが高画質な結果になるのは間違いない。さらに、防塵・防滴設計による信頼性の高さも純正レンズのメリットだ。

いっぽうのサードパーティー製レンズは、純正レンズよりも安く、それでいて十分な性能が得られるのが魅力。今回の比較でも、全体的にサードパーティー製レンズがかなり健闘していた。今回試したタムロンSP24-70mmとシグマArt24-70mmは、純正レンズを上回る結果というわけではないが、描写力や機能性で肉薄するレベルにあるのは間違いない。RAWで記録して撮影後に「Adobe Lightroom」などのRAW現像ツールでの編集でカバーするのであれば十分なクオリティが得られると思う。また、本特集では比較しなかったが、タムロンSP24-70mmとシグマArt24-70mmは、ワンショットでの使用に限られたものの、オートフォーカス(AF)も純正レンズと変わらない速度であった。ピントの歩留まりでも差があるようには感じなかった。

最後に、今回試したレンズの特徴をまとめておこう。

ニコンNIKKOR24-70mmは、長くて重い筐筒(長さ154.5mm、約1070g)ではあるが、その分すぐれた描写性能を持つ純正レンズ。特に広角端では開放からシャープな特性で色収差が少なく、周辺の描写力も高い。望遠端の開放でやや描写が甘くなるのが気になったが、それ以外は安定した性能を発揮する。手ブレ補正の効果が高いのも特徴で、価格.com最安価格(2018年5月17日時点)は約21.8万円と高額だが、その価値のあるレンズである。

キヤノンEF24-70mmは、高性能な「Lレンズ」らしく、広角端でも望遠端でも高い描写力を持つ純正レンズ。特に望遠端では開放からシャープで周辺の写りも十二分。手ブレ補正が非搭載なのは残念だが、その分軽く、重量はサードパーティー製レンズよりも軽い約805gとなっている。価格.com最安価格(2018年5月17日時点)は約16.5万円。描写に徹底的にこだわって作品作りを行いたい場合に選びたい高性能レンズだ。

タムロンSP24-70mmは、今回試したレンズの中でもっとも印象的だった。全体的に解像力がもうひとつなところがあるのと色収差が出やすいのは気になったが、画像周辺まで安定した描写は好印象。手ブレ補正の効果も高く、とても使いやすいレンズだと感じた。価格.com最安価格(2018年5月17日時点)はニコン用が約9.9万円、キヤノン用が約10.3万円。純正レンズと比べておよそ半額というのは非常にコストパフォーマンスが高い。

シグマArt24-70mmは、今回の検証では周辺部の画質でややクオリティが出なかったものの、中央部の解像力の高さやボケの大きさなどでは純正レンズを上回るところがあった。シグマらしいキレのあるレンズというわけではないが描写力は十分だ。価格.com最安価格(2018年5月17日時点)はニコン用が約12.5万円、キヤノン用が約11.9万円。タムロンSP24-70mmと同様にコストパフォーマンスにすぐれたレンズだ。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る