注目コンテンツ
新開発センサー&画像処理エンジンで大幅なスペックアップを実現!

富士フイルムの最新ミラーレスカメラ「X-T3」の3大進化点に迫る[PR]

富士フイルムのミラーレスカメラ「Xシリーズ」の新モデル「X-T3」が2018年9月20日に発売される。外観は従来モデル「X-T2」からほとんど変わっていないが、新開発のイメージセンサーと画像処理エンジンの採用で大幅なスペックアップを果たしている。ここでは数多くの進化点の中から「オートフォーカス(AF)」「画質」「動画」の3つに絞って詳しくレビューしよう。

2018年9月20日発売の「X-T3」。ボディ中央に電子ビューファインダー(EVF)を装備する一眼レフスタイルの高性能モデルだ。装着しているレンズはレンズキットに付属する標準ズームレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」

<進化点1:オートフォーカス> 画面全体での位相差AFを実現! 低照度限界も-3EVに向上

「X-T3」は、いずれも4世代目となる新開発のイメージセンサー「X-Trans CMOS 4」と画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載したことであらゆる点が大きく進化しているが、実際に使ってみて特に性能の向上を実感したのがAF機能だ。

「X-Trans CMOS 4」センサーによって、像面位相差AFの画素数が従来モデル「X-T2」や、ボディ内手ブレ補正内蔵モデル「X-H1」の約4倍となる216万画素に増え、カバーエリアも画面全体(約100%)にまで拡大。画面のあらゆるところで高速な位相差AFが利用できるため、画面の周辺にいる被写体にも素早くピントを合わせられる。これまで以上にAF撮影での構図の自由度が高く、フレーミングと高速な位相差AFでのピント合わせを同時に行えるので、周辺に主要被写体を配置するような大胆な構図の写真も撮りやすくなった。

さらに、4つのCPUを搭載し、「X-T2」「X-H1」と比べて約3倍の処理性能を実現した「X-Processor 4」によって、AFの速度や動体追従性も向上。AF/AEのサーチ回数は「X-T2」「X-H1」の約1.5倍に増えており、画面全体を動き回るスポーツなどの撮影でも、より正確なフォーカシングが可能となっている。

「X-T3」は画面全体で位相差AFが可能。シングルAF時に選択できるフォーカスポイント数は、従来の最大325点(縦13×横25)から最大425点(縦17×横25)に増えた

ゾーンAF時、ならびにワイド/トラッキングAF時は最大117点(縦9×横13)のフォーカスポイントの利用が可能(※ゾーンAFは9×13のエリアから3×3/5×5/7×7を選択できる)。こちらも従来の最大91点(縦7×横13)からポイント数が増加している

「X-T3」の実際のAF速度については、シングルAFで使う限りでも、ピント合わせは「X-T2」よりもワンテンポ速い。特にシングルポイントでフォーカスエリアのサイズを小さくした際に、「X-T2」であればピント合わせが少し迷うようなコントラストが低い被写体でもスピーディーに合焦する。また、「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」などの望遠ズームレンズを使ってコンティニュアスAFで動く被写体を撮影してみても、AFの食いつきがよく、狙った被写体にしっかりと追従してくれる。従来と比べると、画面中央から周辺部に被写体が動いた場合でも位相差AFによってより確実にピントが合い続ける印象だ。「X-T2」もAFは十分なレベルにあるが、「X-T3」はそれ以上に高速かつ追従性にすぐれたAFシステムに進化を遂げている。

なお、動体撮影については連写性能の向上も押さえておきたいポイントだ。縦位置グリップを使わなくてもメカシャッターで最高約11コマ/秒の連写が可能なほか、電子シャッターではフル画素で最高約20コマ/秒、1660万画素の1.25倍クロップで最高約30コマ/秒の高速連写に対応している。

表示タイムラグ0.005秒、表示フレームレート最速約100フレーム/秒の滑らかな表示を実現した、倍率0.75倍/約369万ドットの高性能EVFを搭載

画面内に1660万画素(1.25倍クロップ)のフレームが表示される「スポーツファインダーモード」を新搭載。クロップ撮影にはなるが、通常時よりもブラックアウト時間が短いため、すばやく動く被写体を追いかけやすいのが特徴だ。メカシャッター時と電子先幕シャッター時に選択できる機能となっている

1660万画素(1.25倍クロップ)のクロップ撮影にはなるが、電子シャッター時は、60フレーム/秒の高速ライブビュー表示で、最高約30コマ/秒(AF/AE追従)のブラックアウトフリー高速連写が可能。電子シャッターのローリングシャッター歪みも「X-T2」「X-H1」と比べて約半分に低減しており、動体歪みを抑えて撮ることができる

電子シャッターでの高速連写時に利用できる新機能として「プリ撮影」を搭載。シャッターボタンを半押ししてから全押しまでのタイムラグで発生する撮り逃しを防ぐ機能だ。選択する連写速度によって記録枚数が変わるが、たとえば、1660万画素(1.25倍クロップ)での約20コマ/秒連写時は、半押し中最大20コマ、全押し後最大37コマの計57コマの記録が可能だ

「X-T3」では、像面位相差AFの低照度限界が-1EVから-3EVに約2段分拡張したのも見逃せない進化だ。低照度限界は値が小さいほどより暗い状況でもAFが動作する性能が高いことを意味するが、-3EVという値は、現時点で「Xシリーズ」の中でもっとも高性能というだけでなく、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載するミラーレス機の中でももっともハイスペックとなっている。低照度限界-1EVの「X-T2」と比較した限りでは、暗いところでのピント合わせで差が出た。暗い屋内で静止物をAFで狙ってみたが、「X-T2」では位相差AFがうまく働かずにピント合わせに少し時間がかかったものの、「X-T3」ではそういったことはなく、狙った被写体にスムーズにピントが合った。低照度限界-3EVの「X-T3」なら、屋内や夜間など光量の少ないシーンでも位相差AFによる高速なピント合わせが可能だ。

加えて「X-T3」は、顔検出/瞳AFの性能が向上し、瞳AFがコンティニュアスAFに対応するようになった。正面だけでなく横を向いた状態でも瞳にピントを合わせ続けてくれるのがすごいところで、従来以上に実用的な機能に進化している。この機能を活用すれば、ポートレート撮影時に、細かいピント合わせに神経質になる必要がなく、構図やポージングに集中して撮ることができる。

X-T3の顔検出/瞳AFの動作を収めた動画。AFの反応が非常によく、顔が斜めや横を向いた状態でも自動でカメラに近いほうの瞳にピントを合わせてくれている。右目/左目のどちらかを優先するように設定することも可能だ。

<進化点2:画質> シリーズ初の裏面照射型センサーでさらなる高画質を実現!

「Xシリーズ」の最大の魅力は、何と言っても「画質」にある。独自の仕上がり設定「フィルムシミュレーション」による豊かな色再現性と階調性で、画質にこだわって作品作りを行う目の肥えたプロやハイアマチュアから非常に高い評価を得ている。さらに高感度でもノイズが少なく、かつ解像感にすぐれた画質が得られるのも特徴だ。

「X-T3」では、そんな定評のある画質にさらに磨きがかかっている。新開発のイメージセンサー「X-Trans CMOS 4」は、「Xシリーズ」として初めて裏面照射型構造を採用したうえ、有効画素数は前世代の約2430万画素から約2610万画素に向上した。ISO1600〜ISO6400の高感度で「X-T3」と「X-T2」を撮り比べてチェックしてみたところ、「X-T3」は、従来と変わらないノイズ量で細かいところの解像感が高まっているように感じた。

「Xシリーズ」初の裏面照射型構造となる、有効約2610万画素の「X-Trans CMOS 4」センサーを採用。このセンサーによって、高感度画質だけでなく、長秒撮影時やダイナミックレンジ設定が400%のときの画質も向上している

「X-T3」では、常用の最低感度がISO200からISO160に下がったのもうれしい点だ。屋外など明るいシーンでも、大口径レンズを使ってのボケを生かした写真を撮りやすくなった

新しい画像処理エンジン「X-Processor 4」は、処理性能が向上しただけでなく、画質面でもいくつか新機能を実現している。まず、中判ミラーレス機「GFX 50S」に採用されている「カラークローム・エフェクト」を「Xシリーズ」として初めて搭載。この「カラークローム・エフェクト」は、高彩度で階調を出すのが難しいような被写体でも、より深みのある色再現や階調表現を可能にする機能だ。「X-T3」では、「GFX 50S」とは異なり、連写時やブラケティング撮影時にもこの機能を利用することができる。

さらに、新機能として「モノクロ調整」を搭載。フィルムでは印画紙と現像液の選択で表現していたモノクロの色調(温黒調・冷黒調)をデジタルで忠実に再現する機能だ。デジタルカメラでのモノクロ写真の作品作りにおいては、撮影後の画像編集で色調を変えている方も多いと思うが、「X-T3」は撮影時やRAW現像時に選択することが可能。「フィルムシミュレーション」で通常の「モノクロ」モード、もしくは「ACROSS」モードを選択した際に利用できるようになっている。

「カラークローム・エフェクト」の効果は「弱」「強」の2段階から選べる。RAW現像時にも選択可能だ

「カラークローム・エフェクト」の効果は「弱」「強」の2段階から選べる。RAW現像時にも選択可能だ

「モノクロ調整」は、温黒調と冷黒調でそれぞれ9段階から調整できる

「モノクロ調整」は、温黒調と冷黒調でそれぞれ9段階から調整できる

<進化点3:動画> ミラーレス機として初の4K/60p 4:2:0 10bitカメラ内記録に対応!

「X-T3」は静止画だけでなく動画撮影も大幅に向上している。具体的には、カメラ内のSDメモリーカードに4K/60p 4:2:0 10bitの4K動画を記録できるうえ、HDMI出力では4K/60p 4:2:2 10bitでの出力が可能になった。これまでミラーレス機のカメラ内記録では、ビット深度8bitでの4K/60p 4:2:0記録はあったが、8bitの64倍の色情報を持つ10bit対応は世界初(※2018年9月6日時点)。4K/60p 4:2:2 10bitのHDMI出力も、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載するミラーレス機としては世界初だ(※2018年9月6日時点)。より階調性にすぐれた、本格的な4K/60p動画の撮影が可能となっている。

SDメモリーカードへの動画の記録方式は、汎用性の高いH.264/MPEG-4 AVCに加え、圧縮効率の高いH.265/HEVCにも対応。H.265/HEVC選択時は4K/60p 4:2:0 10bit映像の記録が可能で、ビットレートも200Mbpsの高ビットレートを利用できる。また、圧縮方式ではLong GOPとALL-Intraの選択が可能に。ALL-Intra選択時は4K/30p、24p映像を400Mbpsで記録する。

また、イメージセンサーの読み出し速度が「X-T2」「X-H1」から約1.5倍高速化したことで、4K/60p記録時に約17ミリ秒の高速読み出しを実現。ローリングシャッターによる動体歪みを抑えて撮ることが可能だ。動画撮影時の顔検出/瞳AFにも対応している。

カメラ内での4K/60p 4:2:0 10bit記録を実現。H.265/HEVC選択時はビットレート200Mbpsを選択できる

カメラ内での4K/60p 4:2:0 10bit記録を実現。H.265/HEVC選択時はビットレート200Mbpsを選択できる

動画撮影時の画質面では、ノイズ判別精度を高めた新しいノイズリダクション処理と、直前のフレームとの差分情報をもとにノイズ低減を行う新機能「4Kフレーム間NR」を採用することで高感度画質が向上。ISO12800でのノイズを約2段分改善したとしている。

このほか、2018年中のファームウェアアップデートにより、ハイブリッドログガンマ(HLG)方式での動画撮影にも対応する予定。あわせて、「フィルムシミュレーション」の映像とF-Logの同時出力にも対応するとのことだ。

「X-H1」と同様、映画用撮影フィルムを再現したフィルムシミュレーション「ETERNA」の利用が可能。落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴のモードだ

ボディ上面や背面のボタンレイアウトは従来から変わらないが、大型化したボタンやクリック感のあるダイヤル類の採用によって操作感は向上している。3方向チルト式の3.0型(約104万ドット)タッチパネル液晶モニターは、タッチAFなど直感的な操作に対応する

モニターはロック機構がスライド式からボタン式に変わったため、縦位置撮影時の上方向へのチルトが従来よりもやりやすくなった

EVFの視度調整ダイヤルはノブを引き上げてから回転するロック機構が新たに採用された。持ち運び時やカバンからの出し入れ時などに発生しやすい誤操作を防いで使える

「X-T3」専用の縦位置バッテリーグリップ「VG-XT3」を用意。防塵・防滴・耐低温-10度に対応し、カメラボディとあわせて計3個のバッテリーで最大約1100枚(ノーマルモード)の撮影が可能だ。付属のACアダプターを使えば2個のバッテリーを同時に約2時間でフル充電できる

カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されている

カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されている

実写作例

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行っていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR、F6.4、1/1900秒、ISO200、WB:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード
コンティニュアスAFとゾーンAFを組み合わせて、レンズ焦点距離230mm程度の望遠で追従撮影した1枚。追従性が高く、飛行機が飛び立った瞬間を画面いっぱいに捉えられた
撮影写真(6240×4160、11.6MB)

XF35mmF2 R WR、F2.8、1/58秒、ISO160、WB:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード
ほとんど光が入ってこない食器棚の中のグラスを撮影。かなり暗い状況で光を拾うようにして撮ったが、X-T3は暗所でのAFに強く、狙った位置にピントがしっかりと合った
撮影写真(6240×4160、10.7MB)

XF35mmF2 R WR、F2.8、1/160秒、ISO160、WB:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、カラークローム・エフェクト:強
「カラークローム・エフェクト」を利用して彩度の高い被写体を撮ってみた。赤色の花の階調がしっかりと出ている
撮影写真(6240×4160、11.1MB)

「カラークローム・エフェクト」の効果を比較した画像(※上の作例から一部を切り抜いた画像)。赤色の花のディテールに注目してほしい。「カラークローム・エフェクト」を使ったほうが階調性にすぐれ、細かいところまで表現できているのがわかる

XF35mmF2 R WR、F2、1/280秒、ISO160、WB:オート、フィルムシミュレーション:ACROS+Rフィルター、モノクロ調整:+4(温黒調)、グレイン・エフェクト:弱
新機能の「モノクロ調整」で温黒調の色調にしたモノクロ作例。「グレイン・エフェクト」を弱にすることで粒状感も高めた
撮影写真(6240×4160、16.1MB)

4K/60p 4:2:0 10bit(ビットレート200Mbps)で記録した4K/60p動画。60p記録によって自動車の動きが滑らかな映像に仕上がった。感度はISO1000で撮っているが、ノイズが非常に少なく、クリアな画質となった。そのほかの設定はシャッタースピードが1/60秒、ホワイトバランスが太陽光、フィルムシミュレーションがETERNA/シネマ。

まとめ:あらゆる点が進化したAPS-Cミラーレスの本命モデル!

以上、「X-T3」の大きな進化点である「オートフォーカス」「画質」「動画」の3つについてその特徴をレビューしてきた。AFについては、画面全体で位相差AFの利用が可能になり、従来モデル以上に使いやすいAFシステムに進化を遂げている。あまりスペックでは語られていない部分だが、実際に使ってみるとAFの速度は従来よりも速くなっており、動体撮影時の追従性も向上している。本格的な動体撮影をストレスなく行えるAF性能を実現したと言っていいだろう。1660万画素(1.25倍クロップ)にはなるものの、最高約30コマ/秒(AF/AE追従)でのブラックアウトフリー高速連写が利用できるのも、動体撮影では便利なところだ。

画質は、有効約2610万画素に画素数がアップしたうえ、裏面照射型構造になった「X-Trans CMOS 4」センサーによって、高感度でもノイズを抑えたまま解像感の高い画質が得られるようになった。さらに、「カラークローム・エフェクト」に対応したことで、高彩度な被写体に対して色再現性・階調性を保って高画質に撮れるようになったのもポイントだ。

動画撮影は、カメラ内で4K/60p 4:2:0 10bitの記録が可能になったのが大きい。プロを意識した細かいところでの機能性の向上も実現しており、静止画だけでなく、動画でも本格的な撮影が可能なミラーレスに進化を遂げている。

「X-T3」のこうした進化を支えているのは、新開発のイメージセンサー「X-Trans CMOS 4」と画像処理エンジン「X-Processor 4」だ。「X-T3」は、この新しいデバイスの組み合わせによって、今回紹介したところ以外にも細かいところのレスポンスなどが向上しており、さらに使いやすくなっている。

「X-T2」も完成度の高いミラーレス機だったが、新デバイスを搭載した「X-T3」はそのレベルがさらに上がった。クラス最高レベルのAFや画質、動画性能を実現しており、これといった穴は見当たらない。APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載する高性能ミラーレス一眼カメラの本命モデルが誕生したと言っていいだろう。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ページトップへ戻る