新製品レポート
ミニチュアみたいなデジカメに第2世代モデル登場

ソニー「RX0 II」はチルト液晶で4K動画の本体内記録対応! 超小型デジカメがパワーアップ

ソニーは2019年3月26日、デジタルカメラの新モデルとして、「サイバーショット DSC-RX0M2」(以下、RX0 II)を4月12日に発売すると発表した。防水・防塵性能と高い堅牢性を備えた小型ボディに1.0型センサーを搭載した「サイバーショット DSC-RX0」(以下、RX0)の第2世代モデル。チルト可動式の液晶モニターを搭載したほか、4K30p動画の本体内記録に対応した。市場想定価格は85,000円前後(税別)。

液晶モニターがチルト可動式となったRX0 II

液晶モニターがチルト可動式となったRX0 II

小型ボディにチルト可動式の液晶モニターを搭載

2017年10月に発売されたRX0は、ミニチュアのような小型ボディに、1.0型センサーを搭載した新しいスタイルのデジタルカメラだった。アクションカムのような見た目で、アウトドアフィールドで活躍できる防水・防塵性能とすぐれた堅牢性を備えてはいるが、アクションカムのような使い方は想定していない。本格的な写真撮影機能と、小型ボディ兼タフ性能を求める人に向けたモデルである。

第2世代のRX0 IIは、RX0の基本コンセプトを継承しつつ、操作性や使い勝手が改良されている。まず、背面の液晶モニターがチルト可動式となり、自分撮りなどがしやすくなった。モニターは下方向に90°、上方向に180°動く。Vlog(ビデオブログ)用にも使いやすそうだ。本体サイズは59.0(幅)×40.5(高さ)×35(厚さ)mm、重量は約132g(バッテリー、メディア含む)。液晶モニターを可動式にしたことで、RX0よりも本体は5mmほど厚くなり、重量は22gほど重くなっている。

本体サイズは59.0(幅)×40.5(高さ)×35.0(厚さ)mmの手のひらサイズ

本体サイズは59.0(幅)×40.5(高さ)×35.0(厚さ)mmの手のひらサイズ

液晶モニターは下方向に90°、上方向に180°動く

液晶モニターは下方向に90°、上方向に180°動く

なお、IP68相当の防水・防塵性能は、液晶モニターをチルトした状態でも有効。耐落下性能は、高さ2.0mからの落下衝撃に耐えられる。耐荷重性能は最大200kgf/2000Nで、カバンやポケットに入れてラフに持ち歩ける。耐落下性能および耐荷重性能は液晶モニター格納時の性能となるので気をつけたい。

「美肌モード」や最大2倍の全画素超解像ズームを搭載

撮像素子は、RX0と同じ有効約1530万画素の1.0型(13.2×8.8mm)Exmor RS CMOSセンサー。レンズは35mm判換算24mm・F4.0の「ZEISS テッサー T*」で変わっていないが、最短撮影距離が50cmから20cmとなり、セルフィーやテーブルフォトが撮影しやすくなった。画像処理エンジンの「BIONZ X」は、処理性能が1.8倍にアップし、解像感と低ノイズを両立。特に、ディテールリプロダクション技術の進化によって、細かな被写体のディテール再現が向上しているという。

静止画撮影機能については、「美肌モード」を新たに搭載。最大2倍の全画素超解像ズームにも対応した。レーティング機能や連写撮影画像のグルーピング表示なども追加されている。RX0にもあった瞳AFは検出精度・速度が向上。シャッターボタンを半押しすると同時に被写体を検出する仕様となり、より使いやすくなっている。また、左右どちらの瞳にフォーカスするかを選べるようにもなった。なお、瞳AFは静止画のみで、動画撮影時は使えない。

瞳AFは右目/左目の選択が可能になった。AF-SのみでAF-Cには非対応

瞳AFは右目/左目の選択が可能になった。AF-SのみでAF-Cには非対応

最大2倍の全画素超解像ズームに対応し、被写体をより大きく撮影できるようになった

最大2倍の全画素超解像ズームに対応し、被写体をより大きく撮影できるようになった

このほか、インターバル撮影への対応、RAW+JPEG記録時にJPEGの画質設定、AFエリアの循環設定、縦横フォーカスエリア切り替え、最大30個までカスタマイズできるマイメニュー登録機能など、細かな改良や機能追加もされている。

最高1/32000秒のアンチディストーションシャッターや最高16コマ/秒の連写撮影機能などは引き続き搭載される。

4K動画の本体内記録に対応

動画撮影機能も強化されている。RX0では4K動画の外部記録しかできなかったかったが、RX0 IIでは本体内記録に対応。画素加算なしの全画素読み出しにて4K30pの動画を記録できる(連続撮影時間は約45分、4K動画撮影時はWi-Fiは動作しない)。電子手ブレ補正機能も備え、ブレの少ない動画を撮影できるようになったのも見逃せない。

新しいアプリ「Imaging Edge Mobile」を使用すると、4Kを含む高ビットレート動画をスマホに転送可能。「Movie Edit add-on」という新アプリにも対応し、ジンバルで撮影したような強力な手ブレ補正効果を加えられる。クロップはされるが、16:9や1:1などアスペクト比の変更も可能。追従機能により、任意の被写体を画角の中央に置いたフレーミングで編集することもできる。

また、24p記録時最大40倍のスローモーション動画の撮影や、4KおよびフルHDでの非圧縮HDMI出力にも引き続き対応。MP4形式での記録機能がなくなった代わりに、4K動画とProxy動画の同時記録をサポート。低解像度でファイルサイズの小さいProxy動画をプレビューや編集に使うことで、4K動画編集時のパソコンへの負荷を減らせるという。

このほか、プリセットフォーカスに、約1m以上のスタンダードと約50cm〜1m以内のNEARモードが加わった。

別売の「VCT-SGR1」を使えば、自分撮りもしやすい

別売の「VCT-SGR1」を使えば、自分撮りもしやすい

上部に電源ボタンとシャッターボタンを備える

上部に電源ボタンとシャッターボタンを備える

バッテリーはRX0と同じ「NP-BJ1」。静止画撮影枚数は約240枚(CIPA準拠)、連続撮影時間は約60分(同)で、RX0から変わっていない

記録メディアはmicro MS Duo/micro SDXCメモリーカード。HDMIマイクロ端子、マルチ端子、USB充電/給電に対応

メニューはRXシリーズそのもの

メニューはRXシリーズそのもの

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る