今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2019年11月18日〜24日)

【今週発売の注目製品】ニコンから、APS-Cミラーレスカメラ「ニコン Z 50」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、ニコンのAPS-Cミラーレスカメラ「ニコン Z 50」や、オリンパスのプロ向けミラーレスカメラ「OM-D E-M5 Mark III」、Deep SilverのPS4ソフト「シェンムーIII」を紹介する。

ニコン「ニコン Z 50」

2019年11月22日(金)発売

ニコンから、APS-Cサイズ(ニコンDXフォーマット)のミラーレスカメラ「ニコン Z 50」が登場する。

ラインアップとして、「Z 50」ボディ単体に加えて、「Z 50 16-50 VR レンズキット」(「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」付属)、「Z 50 ダブルズームキット」(「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」付属)を用意する。

ニコン初のDXフォーマットミラーレスカメラ。「Z 7」「Z 6」のエルゴノミクスデザインを踏襲した、小型・軽量ボディを採用する。小型ながらもしっかりとホールドできるグリップ形状や、右手で操作をすべて完結できるボタン配置を実現し、レリーズボタンまで、自然に指を伸ばせるよう配慮したという。

撮影面では、撮像素子が有効2088万画素の23.5×15.7mmサイズCMOSセンサー(ニコンDXフォーマット)を装備。画像処理エンジン「EXPEED 6」との連携によって、静止画撮影時には、クラストップ(2019年10月10日現在、発売済みのAPS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式カメラにおいて。ニコン調べ)という最高常用感度ISO 51200を実現する。また、多彩な効果を付けることができる全20種類の「Creative Picture Control」や、撮影シーンに最適な設定を簡単に選べ、初心者でもキレイに撮影できる「シーンモード」も備えた。

また、フォーカスポイントは209点(静止画モード、撮像範囲DX、シングルポイントAF時)で、最大で撮像範囲の水平約87%、垂直約85%という広い範囲をカバー。DXフォーマットセンサーに最適化したアルゴリズムで、像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切りかえてピントを合わせる。

加えて、動きのある人物でも瞳を正確に認識してピントを合わせられる「瞳AF」(静止画撮影、オートエリアAF[AF-S、AF-C]時)を搭載。「瞳AF」は、別売りの「マウントアダプター FTZ」を介したNIKKOR Fレンズ装着時にも使用できるという。

さらに、すぐれた低輝度AF性能を備え、クラス最高レベル(2019年10月10日現在、発売済みのAPS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したミラーレスカメラにおいて。ニコン調べ)という、−4 EV(F2.0レンズ使用時、ISO 100、20度、フォーカスモードAF-S時)までのAF撮影が可能だ。なお、約11コマ/秒(メカニカルシャッター使用、高速連続撮影[拡張時]、JPEGおよび12bit RAW記録時)の高速連続撮影時にも、AE、AFともに追従する。

背面には、タッチパネル対応のチルト式3.2型液晶モニター(約104万ドット)を装備。特に、さまざまな設定をワンタッチで変更できる「iボタン」「iメニュー」を使うと、メニュー画面を呼び出すことなく、画像モニター、EVF内で仕上がりを確認しながら操作できるとのこと。「Creative Picture Control」「スペシャルエフェクト」の設定変更も、仕上がりを見ながら行える。「自分撮りモード」も搭載した。

このほか主な仕様は、外部記録媒体がSD/SDHC/SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)に対応。0.39型で236万ドットの電子ビューファインダーを備える。動画撮影は、DXフォーマットベースでフルフレームの4K UHDに対応した。

本体サイズは126.5(幅)×93.5(高さ)×60(奥行)mm、重量は約450g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約395g(本体のみ)。

オリンパス「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」

2019年11月22日(金)発売

オリンパスから、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」が登場する。

ラインアップとして、ボディ単体に加えて、「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III 14-150mm II レンズキット」(「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」が付属)を用意する。

プロフェッショナルモデル「OM-D E-M1 Mark II」と同じく、画面内のさまざまなポイントでフォーカシングが行える、121点オールクロス像面位相差AFを搭載したモデル。アルゴリズムの改良により、従来機に対して、遠近の被写体が混在するシーンでも背景抜けを起こしにくくなっているとのことだ。

また、スポーツなどの動きの激しい被写体に対応する、AF/AE追従で最大10コマ/秒の高速連写が可能。ライブビュー画像だけでなく、撮影した画像からのAF情報を活用するため、不規則に動く被写体や、被写体の速度変化に素早く追従できるという。

仕様面では、有効約2037万画素の4/3型Live MOSセンサー、最新の高速画像処理エンジン「TruePic VIII」を装備。さらに、小型・軽量なボディと高い手ぶれ補正効果を両立させるため、5軸手ぶれ補正ユニットを新開発した点が特徴だ。

高感度のジャイロセンサーと画像解析による手ぶれの情報をもとに、画像処理 エンジン「TruePic VIII」が補正ユニットを正確に制御して、最大約5.5段分の手ぶれ補正効果を実現。ボディ内5軸手ぶれ補正機構によって、「OM-D E-M5 Mark III」では、装着したすべての「M.ZUIKO DIGITAL」レンズで手ぶれ補正が働くとのことだ。

機能面では、長時間撮影をサポートする「ライブコンポジット」、決定的瞬間を記録する「プロキャプチャーモード」、ピントの位置を細かくずらしながら1回のシャッターで最大999 コマ撮影できる「フォーカスブラケット」(マイクロフォーサーズAFレンズ対応)、カメラ内で写真を自動的に合成する「深度合成モード」、5000万画素相当の高解像度撮影を行う「三脚ハイレゾショット」などを搭載する。

さらに、手ぶれ補正ユニットに代表される搭載パーツの小型化と高密度実装、消費電力の改善によって、小型のバッテリー「BLS-50」を使用し、さらなる小型・軽量化を実現。「オリンパス OM-1」(1972年発売)の特徴である、ファインダー部分の「デルタカット」を採用した、高級感のあるフォルムに仕上げた。さらに、ボディ各部にシーリングを施し、高い防塵・防滴・耐低温性を備えたという。

このほか、3型の2軸可動式液晶モニター(約104万ドット)、アイレベル式電子ビューファインダー(約236万ドット)も装備。動画撮影は、4096×2160(C4K)/24pの動画記録に対応。外部記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I、II対応)をサポートする。

本体サイズは125.3(幅)×85.2(高さ)×49.7(奥行)mm(突起部含まず)、重量は約414g(付属バッテリー、メモリーカード含む。アイカップなし)、366g(本体のみ)。ボディカラーは、シルバー、ブラックを用意する。

Deep Silver「シェンムーIII」

2019年11月19日(火)発売

Deep Silverから、プレイステーション4ソフト「シェンムーIII - リテールDay1エディション」発売される。

「シェンムーIII」は、1999年にセガの家庭用ゲーム機・ドリームキャスト向けに発売されたアクションアドベンチャー「シェンムー」シリーズ18年ぶりの完全新作。2015年にクラウドファンディングしてスタートした「シェンムーIII」のプロジェクトは、700万ドルを越える出資金額と8万人を越える支援者を集め、世界的な注目を集めたという。

また、3Dオープンワールドの先駆けであり、ゲームの歴史を大きく変えた作品のひとつともいわれる「シェンムー」の最新作にふさわしく、本作でも広大な世界を心ゆくまで「体感」できる。

プレイヤーは若き武術家・芭月涼となり、目の前に広がる豊かな自然と生活感あふれる街並みを隅々まで歩き、個性的なキャラクターたちと会話し、さまざまなアクティビティを楽しむことができる。また、行く手を塞ぐ強敵に立ち向かうため、新たな技を習得し、自身を鍛えることも可能だ。

なお、「シェンムーIII」に決められた「攻略法」は存在しないとのこと。この世界に足を踏み入れたプレイヤーは、あたかも自分の人生と同じように、自ら旅の道筋を決めることができる。

「シェンムーIII - リテールDay1エディション」は、「シェンムーIII」のゲーム本編に、ダウンロードコンテンツ「上級技書 烈火脚」と、「スネークスピリット スターターパック」がセットになったパッケージ。ダウンロードコンテンツを使用することで、ゲームを有利に進められる。

このほか、プレイ人数は1人。CERO表記はB区分(12歳以上対象)。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る