ニュース
CFexpress Type A/SD UHS-IIのデュアルスロット

ソニー、4K/120p対応の「α7S III」発表。有効約1210万画素の裏面照射型センサー採用

ソニーは2020年7月29日、フルサイズミラーレスカメラの新モデル「α7S III」を10月9日に発売すると発表した。超高感度かつすぐれた動画撮影機能を備え、映像クリエイターから高い評価を受けている「α7S」シリーズの3世代目のモデル。市場想定価格は409,000円前後(税別)。2世代目の「α7S II」の発売から約5年ぶりとなる新モデルだけに、動画撮影機能はもちろん、撮像素子や画像処理エンジン、オートフォーカス(AF)など多くの点が進化している。

新開発の撮像素子や画像処理エンジンを搭載したα7S III。動画撮影機能は4K/120pに対応する

7月16日からティザーサイトで発表が予告されていたα7S IIIが正式に発表された。動画撮影機能は4K/120pに対応する

裏面照射型COMSセンサーやファストハイブリッドAFを採用

α7Sシリーズの初代モデルは、最高ISO感度409600を実現した超高感度モデルとして2014年に登場。フルサイズセンサーでの全画素読み出しによる4K動画の外部出力を実現し、映像クリエイターからも注目された。2015年にはボディ内手ブレ補正を搭載した2世代目のα7S IIが登場し、現在も多くの映像クリエイターに利用されている。同シリーズ3世代目となるα7S IIIは、約5年ぶりの新モデルということで多くの点が進化している。

α7S、α7S II、新モデルのα7S IIIの主なスペック比較

α7S、α7S II、新モデルのα7S IIIの主なスペック比較

撮像素子は有効約1210万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを採用。感度はISO80〜ISO102400に対応し、ISO40〜ISO409600(静止画時)の拡張設定も可能となっている。画像処理エンジンも新開発の「BIONZ XR」となり、静止画フォーマットとしてHEIFフォートマットを新たにサポートした。

画像処理エンジンは新開発のBIONZ XR。リアルタイム処理能力にすぐれており、ボディ内手ブレ補正機能に追加された動画専用の「アクティブモード」の処理などにその能力が発揮されている

AFシステムは759点の像面位相差AF、425点のコントラストAFによるファストハイブリッドAFに進化。像面位相差AFの搭載は、α7Sシリーズとしては初となる。位相差測距点は、撮像画面の約92%に配置されており、その数は同社のプロ向けモデル「α9 II」の693点よりも多い。また、人物もしくは動物の瞳を追従する「リアルタイム瞳AF」と、被写体の色や模様、距離などの空間情報を高速に処理し、高精度な被写体追尾を可能にする「リアルタイムトラッキング」にも対応する。

AFシステムは、759点の像面位相差AF、425点のコントラストAFによるファストハイブリッドAF

AFシステムは、759点の像面位相差AF、425点のコントラストAFによるファストハイブリッドAF

連写性能はAF・AE追従で最高約10コマ/秒。連写持続性能は後述するCFexpress Type Aメモリーカードを利用すれば非圧縮RAW、非圧縮RAW+JPEGでも1000枚以上となる。

4K/120pはスローモーションの表現に重宝する

動画撮影機能は、全画素読み出しの4K/120pでの記録に対応。120pでの撮影は、24pでの編集が主流の動画制作の現場において5倍のスローモーション編集が可能となり、スローモーションを表現したい場合に重宝するという。4:2:2 10bitのサンプリングに対応しているほか、圧縮形式はLong GOPおよびIntra(All-I)方式が選択可能。記録ビットレート最大600Mbpsの高画質な4K動画を撮影できる。

また、最高ISO感度409600により、スタジオのように光量が担保されない外ロケなどの撮影シーンでも露出コントロールの自由度が高まるとのこと。ダイナミックレンジは15ストップ(S-Log3撮影時)に対応する。ユーザーからの要望が多かったという16bit RAWでの出力もサポート。HDMIケーブル経由でカメラから対応する外部レコーダーへの16bit RAW動画出力が可能となった。

ボディ内手ブレ補正はα7S IIと同じ5軸対応だが、補正効果が4.5段分から5.5段分にアップしている。さらに、動画専用の「アクティブモード」にも対応。画像処理エンジンのBIONZ XRが手ブレ量を高精度に検出して光学的に補正することで、撮影画角は少し狭くなるものの、4Kを含む各フォーマットで安定した動画撮影が可能になるという。

動画記録時間は、従来機種では1回あたり約29分だったが、α7S IIIでは最大1時間の4K/60p動画記録が可能となっている。新開発の放熱構造やカメラ全体の放熱システムの最適化などにより、長時間記録で問題となる熱問題を解消しているという。

放熱経路を最適化することで、小型軽量ボディと放熱性能を両立している。これにより、最大1時間の4K/60p動画記録を実現。なお、連続動画撮影時間は記録方式や記録設定、メモリーカード、温度環境、バッテリー充電状態により変動するという

スマートフォンなどに使われる熱伝導性にすぐれたグラファイト素材を独自のシグマ形状に加工して、手ブレ補正ユニットに組み込んでいる。これにより、従来の約5倍の放熱効果を実現しているという

このほか、撮影する静止画、動画を思い通りの雰囲気に仕上げられる「クリエイティブルック」という機能を新たに搭載。全10種類がカメラ内にプリセットされており、ユーザーの好みに合わせた画作りを選べるという。

バリアングル液晶モニターや約944万ドットのEVFを搭載

本体サイズは約128.9(幅)×96.9(高さ)×80.8(奥行)mm、重量は約699g(バッテリーとメモリカードを含む)。α7S IIよりもわずかにサイズアップしている。

正面

正面

背面

背面

操作性では、Eマウントとして初めてバリアングル液晶モニターを搭載。横方向に176°、上方向に180°、下方向に90°可動し、自分撮りやウェストレベルでの撮影など、さまざまなスタイルでの撮影が快適に行えるという。モニターは約144万ドット・3.0型のタッチパネル液晶。タッチトラッキングやタッチフォーカスに加え、新たにメニューやファンクションメニューのタッチ操作が可能となった。メニュー構成も一新されており、静止画と動画で独立したメニュー構成を採用している。

動画撮影に力を入れているデジタル一眼カメラで主流となっているバリアングル液晶モニターを搭載。バリアングル液晶モニターの採用はEマウントとしては初

電子ビューファインダー(EVF)は業界最高解像度という新開発の約944万ドット(QXGA)の有機ELを採用。倍率は0.90倍で、約41°の視野角を達成している。アイポイントは25mm。静止画撮影時のファインダーフレームレートは、標準(60fps)と高速(120fps)から選択できる。

業界最高解像度という約944万ドットのEVFを搭載。その解像度は「α7R IV」の約1.6倍

業界最高解像度という約944万ドットのEVFを搭載。その解像度は「α7R IV」の約1.6倍にもなる

音については、マルチインターフェイスシューにデジタルオーディオインターフェイスを追加。別売のショットガンマイク「ECM-B1M」やXLRアダプターキット「XLR-K3M」を装着することで、デジタル信号のままカメラに音を伝送することが可能となった。XLR-K3Mと組み合わせれば、αシリーズとして初めてデジタル4chや24bitでの音声収録もサポートするという。

また、MOVIEボタンをボディ上面に配置することで、ウェストポジションでの撮影時に押しやすいように配慮した。

ボディ上面に配置されたMOVIEボタン

ボディ上面に配置されたMOVIEボタン

本体のトップカバーやフロントカバーなどには剛性の高いマグネシウム合金を採用。厳しい環境でも利用できるように、防塵・防滴に配慮した設計となっている。バッテリーには高容量のZバッテリー「NP-FZ100」を採用。撮影可能枚数は600枚で、α7S IIの370枚から約1.6倍に向上している(液晶モニター使用時)。実動画撮影時間も60分から95分に伸びている(液晶モニター使用時)。また、αシリーズとして初めてUSB Power Delivery(USB PD)に対応。対応のACアダプターやモバイルバッテリーを使って給電またはバッテリーの充電ができるという。

外装の合わせ目全周や電池蓋にシーリング構造を採用するなど、α7S IIよりも防塵・防滴に配慮して設計されている

USB Type-Cを搭載し、USB PD対応のACアダプターやモバイルバッテリーから給電または充電が可能。USB-Ether有線LANアダプターケーブル(別売)を使っての有線LAN接続によりFTPデータ転送などもできる。無線LAN機能は5GHz帯での転送が可能なIEEE802.11acをサポートした

撮像素子前面に搭載したフィルターが70000回/秒以上の超音波で振動し、ゴミやほこりを除去する新しいアンチダストシステムを搭載する

小型形状と高速性能を両立した新規格メモリーメディアCFexpress Type Aをサポート

α7S IIIは記録メディアにSDXC/SDHC/SDメモリーカードとCFexpress Type Aメモリーカードの2種類をサポートする。CFexpress Type Aは、コンパクトフラッシュ協会が昨年2月にCFexpress 2.0として発表した新規格のメモリーメディアだ。ソニーはいち早く商品化し、α7S IIIに採用してきた。

SDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-II対応)または新規格メモリーメディアのCFexpress Type Aメモリーカードのデュアルスロット

CFexpress Type Aメモリーカードの特徴は、SDメモリーカード相当というコンパクトな形状と、UHS-IIのSDメモリーカードを超える書き込み最大700MB/s、読み出し最大800MB/sという高速性能を両立したこと。サイズは20(幅)×28(奥行)×2.8(厚み)mm。

α7S IIIでCFexpress Type Aメモリーカードを利用した場合に可能となる撮影条件は、動画が4K記録S&QモードXAVC S-I記録フレームレート120fpsの設定時とフルHD記録S&QモードXAVC S-I記録フレームレート240fpsの設定時。静止画は非圧縮RAW形式(RAWまたはRAW+JPEG)での1000枚以上の高速連写が可能となる。

そのほか、曲げ強度約15kgf、落下強度7.5m、IP57の防塵・防水など、規格値を超えるタフ仕様となっている。容量は80GBと160GBの2種類で、市場想定価格は80GBが24,000円前後(税別)、160GBが46,000円前後(税別)。合わせてCFexpress Type AメモリーカードとSDメモリーカードに対応したカードリーダー「MRW-G2」も発売する。市場想定価格は15,000円前後(税別)。CFexpress Type Aメモリーカードとカードリーダーは、α7S IIIと同じ10月9日発売予定だ。

CFexpress Type Aメモリーカードの「CEA-G80T」(80GB)と「CEA-G160T」(160GB)

CFexpress Type Aメモリーカードの「CEA-G80T」(80GB)と「CEA-G160T」(160GB)

CFexpress Type AメモリーカードとSDメモリーカードに対応したカードリーダー「MRW-G2」

CFexpress Type AメモリーカードとSDメモリーカードに対応したカードリーダー「MRW-G2」

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る