レビュー
かゆいところに手が届く新機能が満載!

パナソニックのHDペットカメラ最新モデルを自宅のペット達と一緒にレビュー

ペットの飼い主にとって、留守中のペット達の様子は常に気になるもの。特に夏場はペットが熱中症で倒れていないかといつも以上に心配になる人も多いことだろう。そんな人にぜひ注目してほしいのが、スマートフォンやタブレットから自宅にいるペットの様子を遠隔で見守りできる“ペットカメラ”という製品カテゴリーだ。

パナソニックが8月20日に発売する「HDペットカメラ KX-HDN215」は、そんなペットカメラ特化型アイテムのひとつ。市場想定価格は25,000円前後(税別)だ。約1年前に価格.comマガジンでレビューした「HDペットカメラ KX-HDN205」の後継機種にあたる製品だ。

8月20日に発売される「HDペットカメラ KX-HDN215」。市場想定価格は25,000円前後(税別)

8月20日に発売される「HDペットカメラ KX-HDN215」。市場想定価格は25,000円前後(税別)

「HDペットカメラ KX-HDN215」は、HD画質(200万画素、1920x1080ドット)でペットの様子を遠隔モニタリングできたり、ペットの様子を自動で撮影してくれるペットカメラ。360度をカバーする水平約±153°、垂直約±29°の首振り、動作検知と赤外線の2種類のセンサーを使った自動追尾機能、温度センサーなどを搭載する。新モデルでは「転倒防止構造」「行動ログ」「一週間ダイジェスト」、そしてスマホ保存がリニューアルされている。

黒色一色でシックな外見。カメラ部分は上下左右に動く

黒色一色でシックな外見。カメラ部分は上下左右に動く

今回も昨年と同じく僕の自宅に「HDペットカメラ KX-HDN215」をセットして検証してみた。昨年と大きく違うのが、ペットの種類と設置場所。ここ1年で引っ越しをしたのだが、そのタイミングで愛犬のフレンチブルドッグに加え、アメリカンショートヘアーの猫も飼い始めて犬猫同居環境になった。今回は、一戸建ての広い部屋に設置し、犬猫用として改めてレビューしてみた。

ペットのフレンチブルドッグとアメリカンショートヘアーと一緒にレビュー

ペットのフレンチブルドッグとアメリカンショートヘアーと一緒にレビュー

予測不能なペットの行動にも万全の「転倒防止構造」を新搭載

まずは「HDペットカメラ KX-HDN215」のセットアップから。セットアップに使うのは、専用アプリ「ホームネットワークW」。専用アプリをインストールしたスマホやタブレットをWi-Fiに接続し、「HDペットカメラ KX-HDN215」を登録すれば完了。録画のためにはmicroSDメモリーカード(別売)も必要だ。

専用アプリ「ホームネットワークW」からセットアップ

専用アプリ「ホームネットワークW」からセットアップ

設置の際には「HDペットカメラ KX-HDN215」の置き場所も考えておきたい。前回レビューしたマンションの部屋は4畳程度の狭いスペースで愛犬と僕が同居していたのだが、引っ越した現在の家は愛犬が歩き回るリビングが30畳もある。今回は、ソファやキッチン等の死角は諦め、中央付近にセットして広い範囲を自動追従でカバーするようにセットした。

リビングを中心に部屋全体を見渡せる位置にセット

リビングを中心に部屋全体を見渡せる位置にセット

さて、「HDペットカメラ KX-HDN215」の新機能のひとつが転倒防止構造だ。特殊吸盤によって横に押しても動かず、垂直に引くと簡単に持ち上がる。我が家の愛犬も猫も設置後の「HDペットカメラ KX-HDN215」にまったく興味を示さなかったので、“それって重要なのかな?”と思っていたのだが、設置して1週間くらい経った頃に、猫が「HDペットカメラ KX-HDN215」の隣でくつろぎだした。これで触れて落下したらと思うと…やっぱりしっかりと固定できるギミックが必要だと改めて感じた。

垂直に上げる簡単に持ち上がるが、横にはズレにくい特殊吸盤を採用

垂直に上げる簡単に持ち上がるが、横にはズレにくい特殊吸盤を採用

万が一、ペットがカメラにじゃれても安心だ

万が一、ペットがカメラにじゃれても安心だ

ライブで見守りは夏場のペットオーナーも安心

「HDペットカメラ KX-HDN215」は、動作モードとして外出/在宅/オフの3種類が用意されている。プライバシーモード、動作検知による録画、スマホへの通知、音検知通知、温度検知通知を設定できる。ただ今回は僕が連日ステイホームしていたこともあって、在宅のままに動体検知を入れて、容量も気にせず録画しまくるという形で使ってみた。

「ホームネットワークW」の画面。セットアップを済ませるとこんな感じになる

「ホームネットワークW」の画面。セットアップを済ませるとこんな感じになる

動作検知による録画の有無、プライバシーモードなどはモードごとに細かく設定可能だ

動作検知による録画の有無、プライバシーモードなどはモードごとに細かく設定可能だ

まずはアプリを起動してライブ映像を視聴。見るだけでなくタップするだけでカメラを上下左右操作できる。また、ペットカメラとして重要な機能が、アプリ画面に表示される室温だ。夏場にエアコンの付け忘れがないかなどを確認するのに便利。指定した温度を超えたらスマホへの通知も可能だ。

実際にHDペットカメラの映像を視聴してみたが、画質も上々。明暗やホワイトバランスの適正さも含めて十分にキレイ。夜間など低照度では赤外線センサーによる白黒画像になる。

ライブ視聴の画面。右と下にあるカーソルでカメラを操作できる

ライブ視聴の画面。右と下にあるカーソルでカメラを操作できる

離れた場所からいつでもペットの愛らしい姿を見ることができる

「HDペットカメラ KX-HDN215」では、動体検知で首振りをして被写体にある程度追従しているので、アプリから覗くとほぼペットが映っている。アプリを起動すると探すまでもなくペットを見守れるのは心強い。マイクボタンを押すと声で話しかけられ、声の出どころを探す愛犬のキョトンとした顔も見られたりする。

アプリ経由で声をかけると、ちゃんと愛犬が反応してくれるのが面白い

アプリ経由で声をかけると、ちゃんと愛犬が反応してくれるのが面白い

愛犬はだいたいカメラ任せで簡単に見守れるのだが、猫は高所も含め移動範囲が広いので、すぐ見つかることは稀。そんな場合には3つまで登録できる「撮影位置リスト」を活用したい。猫ケージやキャットウォークを写せるように登録しておくと、瞬時にカメラを動かして探せる。

自動追尾しづらい位置は「撮影位置リスト」に登録

自動追尾しづらい位置は「撮影位置リスト」に登録

時折、高い位置に陣取っている猫の撮影に大活躍

アプリ操作では手動でビデオ撮影、写真撮影も可能。ここから先が「HDペットカメラ KX-HDN215」の新機能で、撮影した動画はスマホやタブレット本体に直接ダウンロードして保存、SNSやYouTube投稿なんて流れも可能だ。

動画はスマホやタブレットへ直接ダウンロードできる

動画はスマホやタブレットへ直接ダウンロードできる

「行動ログ」と「一週間ダイジェスト」が意外に便利

「HDペットカメラ KX-HDN215」は動作モードを外出などに設定しておけば、動作検知による録画も常に動き続ける。録画した動画はアプリから「録画リスト」の画面を開くと日別に整理されているので動画を選べる。

アプリ画面ではカメラ映像と同時に録画リストも並ぶ

アプリ画面ではカメラ映像と同時に録画リストも並ぶ

今回は在宅しながら動体検知をオンにしていたので、1日あたりの撮影本数は約500ファイル、1本ファイルは10秒〜2分程度ながら合計2時間以上、容量にして3GBにもなってしまった。ちなみに、microSDメモリーカードの容量を超えると自動消去される。

あまりに撮影される動画が多すぎる! とツッコミたくなるかもしれないが、まず録画はすべてを再生する前提ではなく、静止画サムネイルで内容を把握して、気になる動画のみタップして楽しむのが正解。愛犬は家の中を歩き回っていたり、家族が歩く後ろを付いて行ったり、家の外に向けて吠えているシーンがほとんどだったりする。

愛犬の日常は外を見て吠えるのがほとんどのようだ

録画リストは時間別にまとまっているのでわかりやすい

録画リストは時間別にまとまっているのでわかりやすい

とにかく録画を回していると、掘り出し物的な動画も出てくる。まったく意図せず映っていた動画が、キャットウォークで猫がくつろぐシーン。また早朝に猫が寝室を抜け出して、階段を下りて水を飲んでいたナイトカメラのシーン。こうした映像を見られただけでも「HDペットカメラ KX-HDN215」の導入は大正解だった。

深夜、リビングへと降りてきた猫。こういった普段の生活だと気が付かないようなシーンを撮影できるのも、ペットカメラのいいのところだ

動画多すぎ問題に対する「HDペットカメラ KX-HDN215」による公式解答が、新機能「行動ログ」と「一週間ダイジェスト」だ。

「行動ログ」は特定位置を事前に登録しておき、後でその位置の動画のみをフィルタする機能。今回は普段から愛犬のいる寝床を登録したため膨大な数になってしまったが、その位置の回数までカウントされるのがユニーク。ペットが立ち入り禁止にしている部屋に入っていないかなど、行動記録目的で使うと面白そうだ。「一週間ダイジェスト」は、1週間分の動画を1日5秒ずつ集めた35秒にまとめてくれるというもの。録った動画を細かく見るのは面倒という人でも、この機能なら使い続けられそうだ。

「一週間ダイジェスト」をタップするとランダムで35秒の動画を再生してくれる

「一週間ダイジェスト」をタップするとランダムで35秒の動画を再生してくれる

今回、「HDペットカメラ KX-HDN215」を自宅でいろいろと試してみたが、昨年レビューした「HDペットカメラ KX-HDN205」から確実に使いやすくなっていた。元々ライブカメラや動作検知といった基本機能は昨年時点で完成していたが、新機能の「転倒防止構造」に、録画した動画再生時の「行動ログ」「一週間ダイジェスト」、そして動画のスマホ・タブレットへの直接保存などが追加されたことで、かゆいところにもしっかり手が届くモデルとなっていた。ペット愛好家向けに完成度を高めた新定番のペットカメラとして人気が出そうだ。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る