選び方・特集
使用用途に合った最適なカメラ選びがわかる

《2021年》Webカメラの選び方とおすすめ13選。テレワークや動画配信で大活躍!

パソコンと接続してリアルタイムで映像を録画・配信できるWebカメラ。テレワークやオンライン授業の普及で、その需要はますます伸びています。ただ、その画質やマイクなどの性能は製品によってさまざまで、購入した後に失敗したと思った人も多いはず。
そこでここでは、Webカメラの選び方をやさしく解説するとともに、コストパフォーマンスにすぐれたおすすめのモデルを厳選してご紹介します。

Webカメラの選び方

まずは、Webカメラを選ぶときに必ずチェックしたい5つのポイントをご紹介します。

1.画質・解像度

なるべくハッキリ、表情や共有した資料を見てもらうためにも、より鮮明に映せる高画質のカメラを選びましょう。

カメラの画質は「画素数」や「解像度」によって決まります。目安としては、100万画素レベルでも実用には十分ですが、200万画素以上あればホワイトボードなどの細かい文字なども問題なく読み取れるとされており、動画配信などで、より高画質な映像を流したい場合は、300万画素以上もしくは4K対応の高性能なWebカメラが向いています。ビデオ解像度は最低でもHD(720p)以上が好ましく、可能ならフルHD(1080p)のモデルを選ぶといいでしょう。

ただし、画素数や解像度に比例してデータ量も大きくなるので、通信環境やパソコンのスペックを考慮しておく必要があります。また、テレワークなどで広く利用されている「Zoom」や「Teams」などの会議システムでは、動画の解像度に制限がある場合がほとんどですので、無駄に高スペックなものを用意してもその実力を出し切れない場合があることは覚えておきましょう。

2.人数に応じた画角

「画角」は「視野角」とも呼ばれ、どれだけの範囲を映せるかを表します。画角が大きいほど、より広範囲の撮影が可能です。

テレワークなどで、Web会議にひとりで参加するような場合は、顔から肩までが収まる70〜90°程度の画角が向いています。60°以下の画角の狭いカメラだと、ズームしたような映像になり、体の一部が見切れてしまう心配も。また、Web会議やセミナーなど複数人で使用するなら、90°以上の画角を選びましょう。目安として、3人以上を映すなら110〜120°、5人以上を映すなら150°程度の画角が適しています。

なお、ひとりで広角カメラを使用した場合、背景が広く映りすぎてしまうなどのリスクもあるので、利用シーンや目的に応じて使い分けることが大切です。

3.フレームレート

映像のなめらかに影響するのが、フレームレート(fps)です。フレームレートとは「1秒あたりのフレーム数」のことで、数値が大きいほどカクつきの少ないなめらかな映像になります。
Web会議で使うレベルであればそれほど重要な要素ではありませんが、ある程度なめらかな映像を送りたいのであれば、30fps、動画配信などで使用するなら60fpsを目安に選ぶとよいでしょう。

4.内蔵マイクの性能

市販されているWebカメラは、マイク内蔵タイプがほとんどです。Web会議やチャットなどを行う際に、別途、ヘッドセットやマイクを用意する必要がなく便利ですが、ストレスなく会話するためにはマイクの種類をよく確認しましょう。

主にひとりで使用する場合には、「単一指向性マイク」で十分ですが、複数人で使用する場合は、広範囲の音を拾える「全指向性マイク」もしくは2か所で音を拾う「ステレオマイク」がおすすめです。そのほか、よりクリアな音質にこだわりたい場合は、周囲の雑音をカットする「ノイズキャンセリング機能」を搭載した製品を選びましょう。

5.最短撮影距離

最短撮影距離とは、被写体にピントを合わせることができる最も短い距離を指します。最短撮影距離が短ければ、手元の書類や素材感をより接写して映すことができます。
また、ピントの焦点を自動で調整してくれる「オートフォーカス機能」を搭載した製品であれば、カメラや物をわざわざ前後・上下に動かす必要がないので便利です。

テレワークやライブ配信で大活躍! おすすめWebカメラ13選

ここでは、コストパフォーマンスにすぐれたおすすめのWebカメラをご紹介します。価格.comで人気のモデルが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

1.ロジクール「HD Webcam C270n」
マイクの音声がクリアで、シンプルなつくりが魅力

解像度720pで、最大フレームレート30fpsの明瞭かつスムーズな撮影を実現するWebカメラ。テレビ電話やWeb会議で必要となる最低限の機能を備えたシンプルなつくりで、お手頃価格で入手できるのが魅力です。特筆すべきは内蔵マイクの性能のよさ。ノイズリダクションマイクを搭載しているので、騒がしい環境にいても会話がクリアに届きます。また、「自動光補正機能」を搭載しているので、暗めの環境でも明るくコントラストの高い映像を表現できます。

◆有効画素数:非公開
◆解像度:HD 720p
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:40cm
◆画角:60°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:71g

2.ロジクール「Pro Stream Webcam C922n」
フルHDとオートフォーカス機能で臨場感のある映像を再現

フルHD 1080p/30fpsまたは高速フレームレートのHD720/60fpsを選んで配信可能な本格派Webカメラ。78°の視野角で2人までフレームレートに入れることができるほか、専用アプリを使えば、ズームやパンなどの調整も簡単に行えます。カメラの両側に1台ずつ、計2基のステレオオーディオマイクを搭載し、あらゆる角度からリアルなサウンドを集音してクリアな音声を届けられます。
このほか、本製品には3か月間のXSplitプレミアムライセンスが含まれており、ライブ配信アプリ「XSplit Broadcaster」および「XSplit Gamecaster」の両拡張機能を利用できるほか、卓上用の三脚が同梱されているのも嬉しいポイントです。

◆有効画素数:非公開
◆解像度:フルHD 1080p
◆最大フレームレート:60fps(HD720p)
◆最短撮影距離:7cm
◆画角:78°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:162g

↓プライバシーシャッター同梱モデルもチェック↓

・ロジクール「HD Pro Webcam C920s」

カメラ性能は上記の「C922n」と同様ですが、三脚の代わりに「プライバシーシャッター」を付属したモデル。使わないときはシャッターを下ろしておくことでレンズを保護しつつ、プライバシーにも配慮できます。

3.ロジクール「StreamCam C980GR」
フルHD解像度(60fps)対応の配信向けハイスペックモデル

フルHD解像度(1080p/60fps)に対応し、AI認識によるオートフォーカスと露出補正で「自分を魅せる映像」を撮ることに強みをもつWebカメラ。カメラは縦・横両用で使用でき、縦方向で設置すれば、スマートフォン向けの9:16フォーマット撮影が可能です。視野角は78°で2人までフレームに収められるほか、カメラを上下左右に動かして、さまざまな角度から撮影が行えます。なお、接続端子は「USB Type-C」ポートとなります。

◆有効画素数:非公開
◆解像度:フルHD 1080p
◆最大フレームレート:60fps(フルHD 1080p)
◆最短撮影距離:10cm
◆画角:78°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:222g

4.エレコム「UCAM-C750FBBK」
USBで簡単接続できる500万画素のマイク内蔵カメラ

フルHDを超える最大2592×1944ピクセルに対応する、500万画素の高精細カメラ。カメラの角度は上下のみ調整可能で、クリップ式と設置式の両方で使えるマルチスタンドを搭載。高精細ガラスレンズで精細な動画撮影が可能なほか、2000万画素の静止画撮影も行えます。無料でダウンロードできる「WebCamアシスタント」をインストールすれば、YouTube投稿機能、動画の簡易編集などの機能も使用できます(Macは非対応)。

◆有効画素数:500万画素
◆解像度:最大2592×1944
◆最大フレームレート:30fps(フルHD 1080p)
◆最短撮影距離:30cm
◆画角:66°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:68g

5.エレコム「UCAM-C520FBBK」
イヤホンマイクを使ったクリアな音声でマンツーマン通話が可能

フルHDを超える1600×1200ピクセルの高解像度でキレイな映像が楽しめる200万画素のWebカメラ。静止画であれば最大800万画素まで撮影・送信が可能なほか、相手の声が周囲に漏れずにマンツーマンで快適なビデオ通話が行える「イヤホンマイク」が付属します(その他の基本形状は、上記の「C750FBBK」と同様です)。

◆有効画素数:200万画素
◆解像度:最大1600×1200
◆最大フレームレート:30fps(HD720p)
◆最短撮影距離:30cm
◆画角:68°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:66g

6.エレコム「UCAM-C820ABBK」
オートフォーカス対応の200万画素Webカメラ

フルHD(1920×1080)の高解像度に対応し、遠景も近距離もくっきり鮮明に映し出す「オートフォーカス機構」を搭載した200万画素のWebカメラ。1/3型の大型CMOSセンサーとガラスレンズで低ノイズ・高精細な映像を実現しています。安全面に配慮して物理的にレンズを遮断できる「プライバシーシャッター」を搭載するほか、マルチスタンド底面には1/4インチ三脚穴が備わっていて、市販の三脚が使えるなど使いやすさにもこだわった一台です。

◆有効画素数:200万画素
◆解像度:最大1920×1080
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:5cm
◆画角:76°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:150g

7.バッファロー「BSW505MBK」
約120°の広角で大人数の撮影にもしっかり対応

フルHDで最大フレームレート30fpsのなめらかな撮影が可能な200万画素のWebカメラ。画角が約120°と広めなので、大人数の会議やホワイトボードなども見切れることなく撮影できます。また、被写体に合わせてカメラを前後左右に動かせる「フレキシブルネック」や、モニターと平面の両方で設置可能なマルチスタンドを搭載します。また、「プライバシーシャッター」も搭載しているので、万が一のハッキングによる盗撮や画像流出を防止し、傷や汚れからもレンズを守ります。

◆有効画素数:200万画素
◆解像度:最大1920×1080
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:60cm
◆画角:120°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:110g

↓流通違いモデルもチェック↓

8.ASUS「ROG Eye」
17mmに折りたたみ可能なコンパクトさが魅力

2020年の「価格.comプロダクトアワード」で金賞を受賞したモデルで、鮮明なフルHD/60fpsの出力により、なめらかで迫力のある映像を実現する配信向けのWebカメラ。内蔵マイクは「ビームフォーミングテクノロジー(デュアルマイク)」に対応しており、ファンの音やキーボード操作音などを遮断してクリアな音声を集音可能。わずか17mmの薄さに折りたたむことができるコンパクトさも魅力です。付属品なしでモニターに取り付け可能なほか、三脚にも設置可能なカメラマウントを備えたアルミニウム合金製台座が付属します。

◆有効画素数:非公開
◆解像度:フルHD 1080p
◆最大フレームレート:60fps(フルHD 1080p)
◆最短撮影距離:非公開
◆画角:非公開
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:195g

9.サンワサプライ「CMS-V51BK」
水平画角103°の会議用ワイドレンズカメラ

水平画角103°の広角レンズを採用した500万画素の高精細Webカメラで、大人数を映すビデオ会議に向いています。歪みが少なく自然な発光のガラスレンズに加えて、解像度はフルHDを大きく超える2592×1944で精細な映像を録画可能。また、「アクティブノイズキャンセル機能」を搭載したデュアルマイクを内蔵しているので、周囲の余分な雑音を遮断してクリアな音を集音できます。パソコンとの接続には、着脱可能なUSB Type-Cケーブル(3m)を採用。このほか、三脚に取り付けできる角度調節可能なカメラスタンドと、レンズやプライバシーの保護に役立つレンズカバーが付属します。

◆有効画素数:500万画素
◆解像度:最大2592×1944
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:30cm
◆画角:水平103°/対角118°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:110g

10.サンワサプライ「CMS-V53BK」
水平画角150°の会議用ワイドレンズカメラ

左右150°までの広視野角のワイドレンズを搭載した200万画素のWebカメラで、フルHD画質に対応します。広いスペースで大人数を映す会議などの用途に向いていますが、超広角なため魚眼レンズのような歪みのある映像になってしまう点には注意が必要です。付属のマルチスタンドは上下左右に角度調節が可能で、ノートパソコンやモニター上部への取り付けはもちろん、カメラ用三脚穴を使えば市販の三脚にも固定できます。

◆有効画素数:200万画素
◆解像度:最大1920×1080
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:3cm
◆画角:水平150°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:156g

11.サンワサプライ「CMS-V46W」
ZoomやTeamsにも対応するUSB書画カメラ

授業や会議などで、机の上に置いた資料を投影するのに便利な800万画素の書画カメラ。解像度は4Kに迫る3264×2448で、資料などをクリアに撮影できます。オートフォーカス機能搭載なのでカメラや投影物を上下させる必要がなく、周囲が暗いときはカメラ本体に備え付けられたLEDライトも使用可能。自由に角度調節できるアームを折りたためば、高さ約8cmにまでコンパクトに収納でき、持ち運びに便利なほか、手持ちの顕微鏡に付属のアダプターを取り付ければ、本製品をデジタル顕微鏡のようにも使用できます。

◆有効画素数:800万画素
◆解像度:最大3264×2448
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:10cm
◆撮影範囲:400×300mm
◆マイク内蔵:×
◆設置方式:スタンド式
◆重量:620g

12.アイ・オー・データ機器「GP-UCAM2FA」
コンパクトボディに必要十分な機能を備えたカメラ

コンパクトながらもデジタルマイクを内蔵し、200万画素でフルHD/30fpsのなめらかな動きを撮影可能なWebカメラ。ピント合わせが不要なオートフォーカス機能を搭載し、視野角は75°のワイドアングルなので、Web会議や家族間のテレビ電話などの用途にぴったりです。マルチスタンドにはネジ穴が備わっているので、市販の三脚にも装着可能です。

◆有効画素数:200万画素
◆解像度:最大1920×1080
◆最大フレームレート:30fps
◆最短撮影距離:5cm
◆画角:75°
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式、クリップ式
◆重量:93g

13.エルモ「MX-P2」
16倍のデジタルズームを実現した、4Kコンパクト書画カメラ

1,300万画素かつ最大解像度4160×3120の超高画質カメラで、USB接続で4K/30fps、フルHD/60fpsの出力に対応しています。アームと左右に90°回転するカメラヘッドを活用すれば省スペースで設置可能なほか、底面にはマグネットを搭載しているので、黒板やホワイトボードなどの垂直面に固定した状態での撮影も可能。
台座部分に操作ボタンを装備しており、ワンプッシュオートフォーカスや16倍までのデジタルズームにも対応。折りたたみ時は薄さ約2.2cmのA4サイズに収まり、重量もわずか500gなので持ち運びも簡単です。USBでパソコンと接続できるほか、HDMI、アナログRGBなどの映像出力も行え、プロジェクターとも直接接続して利用できます。

◆有効画素数:1300万画素
◆解像度:最大4160×3120
◆最大フレームレート:60fps
◆最短撮影距離:10cm
◆撮影範囲:374×281mm
◆マイク内蔵:○
◆設置方式:スタンド式
◆重量:500g

【関連記事】
>>ネットワークカメラ・防犯カメラの選び方とおすすめ9選を紹介!(価格.comマガジン)

>>価格.comユーザーのおすすめは? Webカメラ人気売れ筋ランキング
>>価格.comでそのほかのWebカメラをチェックする

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る