交換レンズ図鑑

さらに高画質になったコンパクト標準ズーム、タムロン「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」レビュー

タムロン「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2(Model A063)」は、2021年10月28日に発売になった、ソニーEマウント用の大口径・標準ズームレンズ。コストパフォーマンスの高さで人気を集めた「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」の後継モデルで、小型・軽量はそのままに、従来モデル以上の高画質と高機能を実現した注目製品となっている。実写作例を掲載して、その特徴をレビューしよう。

コンパクトな大口径・標準ズームレンズの新モデル、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2(カメラボディは「α7 III」)

コンパクトな大口径・標準ズームレンズの新モデル、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2(カメラボディは「α7 III」)

サイズ感はそのままに光学系を刷新。AFも高性能化。機能のカスタマイズにも対応

タムロンといえば、「手ごろなサイズ」「高い描写力」「手に入れやすい価格」の3拍子が揃った、小型・軽量かつ高コストパフォーマンスなレンズを開発するのが得意なサードパーティーメーカーだ。

ここ数年はミラーレス用のレンズを中心に商品を展開するようになり、これまで以上にコンパクトで写りのよいレンズを数多くラインアップするようになっている。その中でも「タムロンらしさを凝縮したレンズ」として特にユーザーから人気を集めたのが、2018年5月に発売になった28-75mm F/2.8 Di III RXD。タムロンが初めて商品化したフルサイズミラーレス用(ソニーEマウント用)の標準ズームレンズで、焦点距離28〜75mmのズーム全域で開放F2.8の大口径ながら、重量550gの軽量ボディを実現。「コンパクトな大口径・標準ズーム」という新しいジャンルを切り開いたレンズで、価格.comでは、発売から半年以上にわたって「レンズ」カテゴリーの売れ筋ランキング上位をキープするという、異例の人気を誇った。

今回紹介する28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、そんな28-75mm F/2.8 Di III RXDの後継モデル。前モデルのスペック(焦点距離28〜75mm/開放F2.8)とサイズ感を維持しながら、光学系を刷新することで従来モデルを超える描写性能を獲得するなど、高画素化が進む最新のミラーレスにも対応できる高性能を実現しているという。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の主な特徴
・ソニーEマウント用のフルサイズ対応・標準ズームレンズ
・焦点距離:28〜75mm、絞り開放値:ズーム全域でF2.8
・レンズ構成:15群17枚(LDレンズ2枚、非球面レンズ2枚)
・最短撮影距離(最大撮影倍率):広角端0.18m(1:2.7)、望遠端0.38m(1:4.1)
・高速・高精度AFを可能にするリニアモーターフォーカス機構「VXD」
・質感、操作性が向上した新デザイン
・従来モデル以上にフレア・ゴーストの発生を抑える「BBAR-G2コーティング」
・9枚円形絞り
・簡易防滴構造、防汚コート
・「瞳AF」などソニー製カメラの主な機能に対応
・専用ソフト「TAMRON Lens Utility」でレンズのカスタマイズが可能
・フィルター径:67mm
・75.8(最大径)×117.6(長さ)mm/540gのコンパクト設計

光学系はゼロから設計を見直した15群17枚で、LD(Low Dispersion:異常低分散)レンズと非球面レンズを各2枚、最適な箇所に配置することで諸収差の発生を抑制し、ズーム全域で画面の隅まで高い解像性能を実現。その画質は、前モデルと比べて絞り開放から大幅に改善しているという。最短撮影距離も短くなっており、広角端は0.18m(最大撮影倍率1:2.7)、望遠端は0.38m(同1:4.1)と、広角端・望遠端ともに前モデルより1cm短縮している。

AFも進化し、駆動モーターに、レスポンスにすぐれ、高速・高精度かつ静粛に動作するリニアモーターフォーカス機構VXDを採用。AF速度は、ステッピングモーターRXD採用の前モデルと比べて約2倍に向上しているとのことだ。

こうした性能向上を実現しながらもサイズ感は前モデルから据え置きで、サイズは75.8(最大径)×117.6(長さ)mm、重量は540gという、開放F2.8通しの標準ズームレンズとしては非常にコンパクトな鏡筒に収まっている。前モデルと比べると、最大径は2.8mm大きくなっているものの、全長は0.2mm短く、重量も10g軽くなっている。

前モデルと同等のコンパクトな鏡筒を実現。フィルター径は、ほかのタムロン製Eマウントレンズの多くと共通の67mm

前モデルと同等のコンパクトな鏡筒を実現。フィルター径は、ほかのタムロン製Eマウントレンズの多くと共通の67mm

外観のデザインも大幅に変更になっており、レンズの外装には、より光沢度を高めた、艶のあるブラック塗装を採用。耐擦傷性の向上でキズが付きにくくなるとともに、指紋も目立ちにくくなっている。また、ズームリングとフォーカスリングのラバーは、ストライプパターンの凸量を増やすことで(より深い形状にすることで)グリップ感が向上。内部機構に金属パーツを追加することで、より滑らかなリング動作も実現しており、特にズームリングは剛性感・トルク感が向上している。

前モデルとのサイズ比較(左が新モデル28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、右が前モデル28-75mm F/2.8 Di III RXD)。最大径・全長にわずかな違いはあるものの、サイズ感は新旧でほぼ同じだ。新モデルでは、リング周囲のボディを絞るようなデザインになっており、レンズをホールドしたときのフィット感もよくなっている

前モデルとのサイズ比較(左が新モデル28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、右が前モデル28-75mm F/2.8 Di III RXD)。最大径・全長にわずかな違いはあるものの、サイズ感は新旧でほぼ同じだ。新モデルでは、リング周囲のボディを絞るようなデザインになっており、レンズをホールドしたときのフィット感もよくなっている

こちらは望遠端75mmでの新旧モデルのサイズ比較。前モデルのほうがレンズの繰り出し量が多く、全長が長くなっている

こちらは望遠端75mmでの新旧モデルのサイズ比較。前モデルのほうがレンズの繰り出し量が多く、全長が長くなっている

さらに、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2では、新開発の専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」を使って、レンズの各種機能をカスタマイズできるのも見逃せない。レンズに搭載した通信用のコネクターポート(USB-C端子)とPCをUSBケーブルで接続することで、「TAMRON Lens Utility」上にて、フォーカスセットボタンへの機能割り当てや、フォーカスリングの回転方向・レスポンスの設定が可能だ。最新ファームウェアへのアップデートも「TAMRON Lens Utility」経由で行うことができる。

鏡筒左手側に、各種機能を割り当てられるフォーカスセットボタンと、PC接続用のコネクターポート(USB-C端子)を搭載。別売オプションとして、USB Type-A to Type-C形状のUSBケーブル「TAMRON Connection Cable」も用意する

鏡筒左手側に、各種機能を割り当てられるフォーカスセットボタンと、PC接続用のコネクターポート(USB-C端子)を搭載。別売オプションとして、USB Type-A to Type-C形状のUSBケーブル「TAMRON Connection Cable」も用意する

「TAMRON Lens Utility」の設定画面。28-75mm F/2.8 Di III VXD G2では、フォーカスセットボタンにA-Bフォーカス(設定した2点間でフォーカスを一定速度で移動させる機能
)、フォーカスプリセット(設定したピント位置にフォーカスを移動させる機能)、AF/MF切り替えといった機能を割り当てられるほか、フォーカスリングの回転方向とレスポンス(ノンリニアもしくはリニア)を設定することも可能だ

「TAMRON Lens Utility」の設定画面。28-75mm F/2.8 Di III VXD G2では、フォーカスセットボタンにA-Bフォーカス(設定した2点間でフォーカスを一定速度で移動させる機能)、フォーカスプリセット(設定したピント位置にフォーカスを移動させる機能)、AF/MF切り替えといった機能を割り当てられるほか、フォーカスリングの回転方向とレスポンス(ノンリニアもしくはリニア)を設定することも可能だ

専用の花型フード「HA063」が同梱されている

専用の花型フード「HA063」が同梱されている

実写作例&レビュー

※以下に掲載する作例は、α7 IIIに28-75mm F/2.8 Di III VXD G2を組み合わせてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。すべての作例で、歪曲収差補正:オート、倍率色収差補正:オート、周辺減光補正:オート、の設定になっています。

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行っていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F11、1/320秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、14.4MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F11、1/320秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、14.4MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、75mm、F2.8、1/8000秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、10.1MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、75mm、F2.8、1/8000秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、10.1MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F4、1/800秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、10.3MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F4、1/800秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、10.3MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、75mm、F2.8、1/200秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、9.5MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、75mm、F2.8、1/200秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、9.5MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F11、1/200秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、15.5MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F11、1/200秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、15.5MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、49mm、F2.8、1/3200秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、9.8MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、49mm、F2.8、1/3200秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、9.8MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F2.8、1/1600秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、9.1MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、28mm、F2.8、1/1600秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、9.1MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、42mm、F8、1/80秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:夕景、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、11.3MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、42mm、F8、1/80秒、ISO100、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:夕景、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、11.3MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、46mm、F4、1/30秒、ISO200、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:夕景、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、8.9MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、46mm、F4、1/30秒、ISO200、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:夕景、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、8.9MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、63mm、F4、1/160秒、ISO1000、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:夕景、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG撮影写真(6000×4000、11.8MB)

α7 III、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2、63mm、F4、1/160秒、ISO1000、ホワイトバランス:オート、クリエイティブスタイル:夕景、Dレンジオプティマイザー:オート、JPEG
撮影写真(6000×4000、11.8MB)

前モデルの28-75mm F/2.8 Di III RXDは、コンパクトながらよく写るレンズとしてユーザーから高く評価されているが、新モデルの28-75mm F/2.8 Di III VXD G2では、画質がさらに向上している。特に違いを感じるのが解像力で、絞り開放から画面の中央だけでなく周辺でもシャープな描写が得られるようになった(※参考として、次項目で前モデルとの画質比較を行っているのでチェックしてほしい)。コントラストが高く、抜けのよいクリアな描写も特徴で、性能が向上した「BBAR-G2コーティング」を採用したことも大きいのだろうが、逆光にも強くなっている印象。ボケについても、輪郭の色付きが減ったことで、より高品位なボケ味を楽しむことが可能だ。

また、リニアモーターフォーカス機構VXDの採用によってAFの動作も改善しており、前モデルよりもスピーディーにピントが合うようになった。新旧モデルを使い比べてみた限りでは、AF-C時に大きな違いがあり、特に望遠側でスピードに差を感じた。

参考画像 前モデルとの画質比較(夜景、絞り開放)

新旧モデル(28-75mm F/2.8 Di III VXD G2と28-75mm F/2.8 Di III RXD)を使って、同じ被写体を広角端(28mm)と望遠端(75mm)の絞り開放で撮り比べた結果を参考までに紹介しよう。被写体は夜景で、絞り値だけでなく、シャッタースピードやホワイトバランスなどの設定も新旧モデルで共通とした。

焦点距離28mm 絞り値F2.8

白枠(1〜3)が以下に掲載する切り出し部。ピントは切り出し1の部分(吊り橋)に合わせた。撮影設定は焦点距離28mm、F2.8、ISO100、1/1.3秒、WB:蛍光灯(白色)、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、歪曲収差補正:オート、倍率色収差補正:オート、周辺減光補正:オート

白枠(1〜3)が以下に掲載する切り出し部。ピントは切り出し1の部分(吊り橋)に合わせた。撮影設定は焦点距離28mm、F2.8、ISO100、1/1.3秒、WB:蛍光灯(白色)、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、歪曲収差補正:オート、倍率色収差補正:オート、周辺減光補正:オート

切り出し画像1

切り出し画像1

切り出し画像2

切り出し画像2

切り出し画像3

切り出し画像3

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の撮影写真(9.5MB)
28-75mm F/2.8 Di III RXDの撮影写真(9.4MB)

焦点距離75mm 絞り値F2.8

白枠(1〜3)が以下に掲載する切り出し部。ピントは切り出し1の部分(吊り橋)に合わせた。撮影設定は焦点距離75mm、F2.8、ISO100、1/1.3秒、WB:蛍光灯(白色)、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、歪曲収差補正:オート、倍率色収差補正:オート、周辺減光補正:オート

白枠(1〜3)が以下に掲載する切り出し部。ピントは切り出し1の部分(吊り橋)に合わせた。撮影設定は焦点距離75mm、F2.8、ISO100、1/1.3秒、WB:蛍光灯(白色)、クリエイティブスタイル:スタンダード、Dレンジオプティマイザー:オート、歪曲収差補正:オート、倍率色収差補正:オート、周辺減光補正:オート

切り出し画像1

切り出し画像1

切り出し画像2

切り出し画像2

切り出し画像3

切り出し画像3

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の撮影写真(9.5MB)
28-75mm F/2.8 Di III RXDの撮影写真(9.4MB)

上記の切り出し画像を見比べると、新モデルの28-75mm F/2.8 Di III VXD G2のほうが全体的に解像感にすぐれることがわかる。違いがわかりやすいのが周辺部で、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は非点収差やコマ収差がよく抑えられており、画面の隅でも流れるような描写にならず、解像感をキープしている。

まとめ 大幅な性能向上を実現。前モデルのユーザーでも買い替える価値のある高コスパなレンズ

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、ユーザー評価の高い前モデルの発売から約3年半経過して登場したフルリニューアルモデル。約3年半というのはレンズのリニューアル期間としては決して長くはないが、開放F2.8通しの大口径・標準ズームレンズとしてはコンパクトなサイズ感はそのままに、前モデルから大幅な進化を遂げている。

特に注目なのは画質で、画面の隅までシャープな描写が得られるようになるなどクオリティが大きくアップ。使い勝手もよくなっており、AFの動作がスピーディーになったほか、ズームリングの操作感なども改善。専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」上でレンズの機能をカスタマイズできるようになったのもポイントで、前モデル以上に使いやすいレンズに仕上がっている。前モデルを所有している人でも買い替える価値のあるレンズではないだろうか。

希望小売価格は123,200円 (税込) で、2021年11月2日時点での価格.com最安価格は93,781円。前モデルと比べると希望小売価格が1.3万円ほど高くなっているものの、その性能の高さを考慮すると納得できる。前モデルと同様、非常にコストパフォーマンスの高い製品だ。広角端が28mmスタートという点が気になるかもしれないが、その分コンパクトなサイズに収まっており、スナップや風景、ポートレートなどの幅広いシーンで、携帯性を生かして軽快に撮影が楽しめる。小型・軽量で写りのよい大口径・標準ズームレンズを探しているのなら、選択肢に入れておきたい1本だ。

真柄利行(編集部)

真柄利行(編集部)

フリーランスから価格.comマガジン編集部に舞い戻った、カメラが大好物のライター/編集者。夜、眠りに落ちる瞬間まで、カメラやレンズのことを考えながら生きています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る