新製品レポート
氷上・雪上性能をさらに高めた、シリーズ7代目が登場!

グッドイヤーのスタッドレスタイヤ「ICE NAVI 7」を体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本グッドイヤーは2017年6月30日に、スタッドレスタイヤの新シリーズ「ICE NAVI 7(アイスナビ・セブン)」を発表、8月1日より発売を開始する。発表にともなって開催された記者向けの発表会および、スケートリンクを使った氷上走行体験会の様子をレポートしよう。

「ICE NAVI 7」は、氷上・雪上性能をさらに高めつつ、エコ性能や製品ライフは従来シリーズ並みを保っているという

積雪地帯の多様な路面に合わせた、日本専用設計のスタッドレスタイヤ

「ICE NAVI 7」は、1997年に登場したスタッドレスタイヤ「ICE NAVI」シリーズ歴代7代目となる。日本専用に設計され、製造も日本の工場で行うメイドインジャパンの製品だ。日本の積雪地帯は、北は北海道、南は山陰地方までと範囲が広く、水分の多い牡丹雪から、パウダースノーまで雪質もさまざまだ。「ICE NAVI 7」は、そうした幅広い氷上・雪上環境に柔軟に対応するグリップ力とコーナリング性能を発揮しつつ、燃費や製品ライフなどのエコ性能も向上、または従来モデル並みを目指して開発されたという。

さまざまな工夫が施された新しいパターンによって、氷上・雪上での安定した加減速およびコーナリングを実現している

サイドウォールには、冬季製品であることを伝える雪の結晶をモチーフにしたデザインが刻まれている

サイドウォールには、冬季製品であることを伝える雪の結晶をモチーフにしたデザインが刻まれている

「ICE NAVI 7」のパターンデザインは、数字の7をイメージした「セブン・エフェクティブ・デザイン」。これにより、高い剛性を確保し、前後および横方向のグリップを高め、氷上・ドライ路面での操縦安定性の向上を図っている。また、中央部に4本配置される縦溝「アクア・スプラッシュ・グルーブ」が効率的に排水を行うことで、ハイドロプレーニング現象を抑制し、水分の多いシャーベット状の雪道でも安定した走行をもたらす。このほか、接地面に入れられた斜めの細い溝「イニシャル・エッジ・デザイン」によって、装着の初期からでも高い氷上性能を発揮できるようになっている。

コンパウンドにも改良が加えられた。路面温度の変化に強く、柔軟性も高い極小シリカコンパウンドを採用したことで、路面への密着性が高まり、氷上ブレーキ性能が従来シリーズ「ICE NAVI 6」と比較して7%向上している。なお、ドライ性能および、製品の寿命については、「ICE NAVI 6」と同等レベルをキープ。燃費に影響する転がり性能は、「ICE NAVI 6」と比較して4%低減されており、同社のラインアップでは、エコタイヤのスタンダードシリーズである「EfficientGrip ECO EG01」に次ぐレベルを達成しているという。

試乗用に用意されていたトヨタ「プリウス」および「C-HR」。いずれも前輪駆動モデルだ

試乗用に用意されていたトヨタ「プリウス」および「C-HR」。いずれも前輪駆動モデルだ

スラローム旋回を行う。四輪が路面をしっかりつかんでおり思った通りのルートをなぞることができた

スラローム旋回を行う。四輪が路面をしっかりつかんでおり思った通りのルートをなぞることができた

曲率の大きなコーナーを曲がりながらブレーキや加速を行うが、アンダーステアやオーバーステアは現れず、安心して走ることができた

15km/hからABSを効かせつつ緊急ブレーキを行った。停止距離はおよそ4mだった

15km/hからABSを効かせつつ緊急ブレーキを行った。停止距離はおよそ4mだった

サイズは、19インチが1種類、18インチが11種類、17インチが12種類、16インチが15種類、15インチが12種類、14インチが10種類、13インチが6種類の、合計67サイズが用意される。価格はいずれもオープンだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る